お菓子とじゃいことフランスと

30才パティシエール仕事を辞めてフランスへワーキングホリデーしにいきます。 日常のちょっとしたことやこれからフランスで出会ういろいろなことを綴ります。 食べることが大好き♡♡♡

2017年03月

20170208_210944

高知県安芸産の柚子

1kg 60ユーロ約7200円でレストランにやってきました。

立派すぎて驚きましたが、同時に値段にも驚きます。

最近のフランスは雑誌の裏表紙などに柚子とすだちのピューレが二大巨頭のようにたくさん宣伝されています

フランス人も

『ゆず』

やら

『すだし』

フランスだsudachiのchiを『し』と発音する法則があるのですが、フランス人みんなどういうものか知っています。

なので、もちろん柚子のことも知っていて、

でも、あまりに最高級がきたので、わたしはそこにも驚きました。

日本からこんないい状態の大きさや色、かたちなど

とっても美しく。
(私の電子辞書と比べてもこの大きさ!)

日本人としてなんだか誇らしく思いました。

いい状態で届けてくださり、ありがとうございます。

すだしもフレッシュがいつの日かフランスに来るかしら?

フランスのフルーツもとても個性的な子たちが多いですが

日本のフルーツも負けず劣らず美味しいものが多いですから。




20170303_154544


私がパティシエールになる前苦手だったお菓子がアップルパイでした。

なぜ嫌いかというと。

昔食べた、しなしなでくたくたのうまみの抜けたリンゴとそのりんごの水分を大量に吸い込んだべちゃべやのパイが美味しくなかったからです。(どんなまずいお菓子を食べていたんだってかんじですね。)笑

パティシエールとなり、美味しいパイに出会い。

それでも苦手だった煮込んだリンゴ。。。

しかし、そんな私の印象をくつがえしたのがこのタルトタタンでした。

およそ100年前のフランスでタタン姉妹が失敗しかけていたアップルタルトをなんとかお客に出せる状態にした、いわば失敗から生まれたお菓子がタルトタタン

基本は砂糖とバターでリンゴを煮込み型に敷き詰めオーブンで1時間ほど焼成する。

パイ生地も焼成し、型にパイを乗せひっくり返せば完成。

温かいままでもつめたいままでもOK



この作り方以外にもたくさんアレンジの仕方がありますし、美味しければ問題はありませんよね。

私の働いているところでは、キャラメルを炊いてそれをドーム型に流し。そこにフレッシュのりんごを1つどんっつ!とのせる。
20170224_112945


2時間焼成。
20170224_055122


シンプルすぎてびっくりしますが、

たまらなく美味しいです。
20170224_201115


パイの代わりにサブレブルトンヌにのって、温かい状態でサービスしています。写真にはありませんが冷たいアイスクリームと共にサービスしています。
20170224_201121


くたくたになってしまった林檎もバターと砂糖でしっかり火を入れることで余分な水分がとび

うま味が凝縮します。


日本のりんごは水分が多くてフランスで仕込むよりも水分を飛ばすのに時間をかけていました。

ちなみに日本では比較的扱いやすい紅玉とゆう品種を使っていました。

それでも十分すぎるほどおいしかったのですが。

フランスにきて仕込みのシンプルさに唖然としました。簡単すぎる!!!

しかも、水分を日本ほどとばさなくても。うま味が濃いんです。(リンゴも特にグラニースミスとかでもないですし。)
20170227_173733


私は温かい、くたくたの林檎が苦手でしたが

完全にタルトタタンで克服しました。

むしろ私が好きなフランス伝統のお菓子トップ3にははいります。

meilleur めいゆーる  最上級です。

フランスに来ることがあれば、是非とも食べていただきたい一品です。









お店に卵がたくさんおかれています。イースターの始まりです。

IMG_20170323_140509[1]




フランスに来る前も、今現在もですが日々フランス語と格闘する毎日を送っております。

勉強をする中であまりの果てしない、終わりが見えない、まるで大海原の真ん中にぽちゃんと

独りぼっちでどこへいけばいいのやら、ぐるぐるさまよっているようです。

海ならば私はとっくに溺れ死んでいるでしょう。

実際は死なないけど気持ちは、、、ね、、、笑

きっとこんな気持ちになっているフランスで働く日本人パティシエールやパティシエの方多いと思うんですよね。



そして、日々仕事をするうえで常々現場に特化した辞書がないものだろうかと、考えております。

私がフランスでよく耳にする日常会話でもない、パティシエールの仕事をしているときに

よく使う単語を私なりに少しづつまとめていけたらと思います。



現場でフランス語パティシエール編①



実際働いてみて、むしろ現場で多い言葉の一つが

『oh putain ! ! ! 』おっぴゅーたん!

この言葉、本当によく聞きます。。。

日本語にすると『くそ!』『ちぇ!』驚き、軽蔑、怒り、失望などの感情を表す言葉です。

putain(f)⇒とは、売春婦、尻軽女

などの意味になるので、目上の人にはもちろん友達にも使わないに越したことはないんですが、

私はフランスにきて数カ月で何百回も聞いています。

よく聞くのがフランス人が自分自身が失敗してしまい。

日本でもよくある。

『あちゃー!』とか『やっちまった!』とゆう場面

ちょっと自分自身に失望してしまっている時の言葉ですね。

そんな時によく聞きます。

そして、私もよく使っています。全く売春婦の意味はなく。。。

そして、私が『oh putain!

を使うとたまーに笑われます。

もしかしたら、使うタイミング少しおかしいのかしら?

それは使いながら実験していきたいと思います。

フランス人と働いていて彼らは人が失敗していることも基本はあまり責め立てません。

しょうがないねー、

次々!

みたいな。

ただ、失敗したことを見るとみんなで茶化している感じがします。

私も生クリームを火にかけていて吹きこぼしてしまい。『じゃいこ!寝てるのか!』と突っ込まれたりしております。笑

少し陽気なかんじですね、

こんな陽気な彼らが私は大好きです。


私自身数か月フランス語を勉強していましたし、少し学校にも通っていましたが、一度たりとも『oh putain!』

を見たことがありませんでした。

ただ、机の上の日本でしていた勉強と

今フランスで話されている言葉は時代の流れなどもあって、辞書にのせていても、積極的に教えていなかったり、

でも、そんな言葉を話しているのがフランス人ですし、今のフランスとゆう国だと思います。

おしゃれで、かっこよくて、

それだけじゃない、そんな彼らのこともこれから伝えられればと思います。


長くなりましたが、お付き合いいただきましてありがとうございました。

よければ応援よろしくお願いいたします。

人気ブログランキング







先週の日曜日にサマータイムとなり、日本との時差が7時間になりました。

みなさんサマータイムってしっていますか?

ヨーロッパのほとんどの国とカナダやアメリカでも実施されている夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効活用する目的で

標準時を1時間進める制度、または進められた時刻のことです。
緯度が高く夏の日照時間の長い欧米諸国などで多く実施されているようです。

サマータイムの導入効果として、明るい時間が長いので照明の節約や交通事故、犯罪発生率の低下
など、あります。(ほんまですか?wiki先生?)

日本も第二次世界大戦敗戦後連合国軍に統治された少しの間サマータイムがあったようですが、東西南北に広い国の地形と湿度の高い気候が結局合わずにすぐなくなりました。

なるほどね、日本には合わない制度みたいです。




そして、今回の時差変更すーっかり忘れていて

仕事が終わりかけた夜中の0時。。。

シェフから『maintenant une heure』じゃいこ、今フランスは1時なんだよ。

と言われ、忘れていただけに???

???

???

2分くらい考え込むじゃいこ。

時計の時間を1時間進めておいて、気を付けるんだ!と、手順の説明を聞いているときに、、、


『あー!!!』

となりました。
20170326_000042506[1]


こんな紙も配られました。
今回の変更1時間ってなかなか大変で。

仕事の始まりも1時間早まる。とゆうことで、、、つらいー!

絶対寝坊しちゃいけない気持ちで眠りにつきます。

怖ろしいのでアナログの時計を一応1時間はやめておいて、、、

準備万端。

次の日

スマホの時計も自動更新なのでちゃんと変更されていました。

ほっと一息。

と思っていたら、上の階に住んでいる人が寝坊していて朝からドタバタ。。。

やっぱり恐ろしいですね。

ま、フランスは、、、

とゆうか、私の働いているところは寝坊に関してかなり寛容です。笑

ある人は前日飲みすぎてしまい、2時間遅刻してる人もいましたし。二日酔いで仕事していて機嫌がえらく悪かったり。

そんな人に対しても。

ま、仕方がないよね、ってかんじです。

もちろん遅刻も二日酔いもしないにこしたことはないですよ!



そんなこんなでサマータイムがはじまりますます春の陽気をますます感じる今日この頃

お昼は半そででも気持ちがいいくらい。むしろ暑いかも。

夜の7時で
20170328_185026[1]

これだけ明るいと時間の感覚がかわりそうです。

みんな芝生にごろーんってしてます。外国っぽいですね(私は犬のふんがそこらへんに落ちていて、げげげ!と思ってしまうんですよねー)

夕方は日差しが和らいでとても気持ちがいい。。。サマータイム最高。

これからは明るいフランスの夜も楽しみたいと思います。


free画像


SIMロックを解除してもらったGALAXY S4を手にフランスへと渡ったじゃいこ。

フランスへ入国してまずしたかったことがネット環境の整備。もちろん旅行予定の方にも。Freeの一か月プランがあります。

住むにしても旅行にしてもネットがないとやっていけません。

日本にいる間にまずはパリにあるfreeの店舗を調べておきましょう。

パリの場合の購入できる場所マドレーヌ寺院の近くに。
Free Center 8 rue de la Ville l’Evêque ,75008 Paris

マップ


いろいろな通信会社がフランスにもありますが、ここFreeかなりおすすめします。

なんたって50G(ほぼ使い切れない量だ)が19.99ユーロ(約2500円)安すぎてびびります。

日本へも固定電話へは無料(ですが、これは10分数十円かかりました。)

フランス国内無料みたいです。(まだ試していないです。)

ネットの通信速度は日本の感覚とほとんどかわりません。すごい!それでこの安さ。この通信料

田舎の方に行くと3G速度になりますが、ある程度の街であれば4Gキープされています。


SIM購入方法

店舗に行けばスタッフのかたが一緒に操作してくれます。

とゆうより、強制的に一緒に操作。

そして、無駄なところはだいたい押してくれます。

スタッフのことに聞かれることはだいたい決まっているので、少し予習しておくと安心できると思います。

●確認しておくこと⇒自分のスマホのSIMサイズ

●クレジットカード番号(フランス国内で使えるもので毎月カード料金引き落とし時に使われます。念のため2枚のクレジットカードがあれば安心できます。)

●住所(住む場所がきまっていればその住所を記入。決まっていなければ泊まっているホテルの住所を。郵便番号も必要です。)正直テキトーでもわからないかも?

●メールアドレス(gmailなどのフリーメールを日本で作っておこう。後でパスワードが送られてきます。)

●SIMフリースマホもってますか?(なくてもいけますが、日本で準備しておくほうがいいと思います。)

●契約期間(一か月や永久契約。これは、好きな時に解約できるもの。)


契約に関してはこちらの方がかなり詳しく書かれていて、私もコピーして参考にさせていただきました。
フランスFreeの契約方法

解約方法はハガキでできるようですが、また試した後に情報更新しますね。



SIMフリースマホもっていますか?と上では書きましたが、私のGALAXY S4 日本でSIMロックは解除していたんですが、

それ以外にもいろいろと問題がありました。

普通は上の作業をして、あとはFreeのSIMカードさせば使えます。

とだいたいのネットのページには書いてあるのですが、使えなかったんです。

その後Freeのスタッフと私のスマホとの格闘。フランス語!と少しの英語。。。

スマホを英語表記にして、管理者ページからいじくりまいた。

そして、やっとこさ使えるように


しかし、なんとまあ通信速度の遅いこと。

しかも

わたしのGALAXY S4デザリングできないんですね。

初めはずっとこんな状態で最近まで使い続けていました。



しかし!

最近フランスで新しいスマホを買いました。

このスマホにSIMをさして今はデザリングしています。

そうすることにより、日本と変わらない通信速度をキープすることができました。

GALAXY S4が悪いのか、たまたまSIMとの相性が悪いのか。そういえば日本にいたころDocomoショップのお姉さんに、海外で使える保証はありませんよっていわれていたなー。。。と思い出しました。

原因はわかりませんが

なんとか約4カ月たとうとするところで、ネット環境整いました。

やはり、きちんとした通信があると安心感がいがいますね、

購入したスマホ情報はまた改めて使用感覚を書きたいと思います






少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。


日本の格安SIM情報
おすすめはFREETEL私も日本に帰ったらここに戻る予定です
FREETELについてまとめてみました。


よければ応援よろしくお願いいたします。じゃいこ

人気ブログランキング








このページのトップヘ