2006年12月18日

ゲーム・戦国ランス1週目

当blogでのエロゲに関しての記念すべき初レビューは
戦国ランス」こと「ランス7」です。

一応、うちの訪問客は客層が違うかもしれないので説明すると、
当ソフトは西のエロゲの老舗「アリスソフト」の主力ソフト
「ランス」シリーズの7作目です

一応シリーズものではあるのですが、パソコン黎明期の1989年に
一作目が出ているので、初代からプレーしている人間なんてほとんどいませんw

自分の場合、「鬼畜王ランス」「ランス5(5D)」「ランス6」しかやってないですけど
さすがエロゲ最大のシリーズもので、なんていうか、ファンタジー?というか
独特の世界設定が深く面白いので、毎回楽しみにしています

前作「ランス6」はロールプレイングゲーム(RPG)だったのに、
今回の「ランス7」はシミュレーションゲーム(SLG)な辺もいかにもアリスらしいです(^^

今回は戦国ものなので、若干人を選ぶのですが、
一番のサプライズは...やっぱり上杉謙信が女だったことでしょうか(^^;
しかも萌えオーラがめちゃくちゃ出てたあたりにワラタ

「萌えわかり!戦国時代ビジュアルガイド」の織田信長子ちゃん並みに
わかりやすいコンセプトに脱帽ですよ

しかもなんでしょ?ツンデレとは違うような??
普段凛々しい軍神なのにランスの前に出るとデレてしまうあたり
まねた感はまったくないのですが、よく考えるとこれどこのセ○バーって感じですww
別に那須さんは「ランス6」を日記で絶賛していたので問題ないかも知れないですけどw


システム的には「鬼畜王ランス」「大悪司」「大番長」につづくSLG系列ですが
まず感想としては...難しいです!!!!
いやSLGシリーズのとき、いつもそれ言ってる気もするんですが(^^;


●周回1週目

最初はやっぱり勝手がつかめないうちに時間が過ぎて、
終盤の強力な敵にボコボコといういつもの王道パターンで
81ターンでアレな島津四兄弟に東西から攻められてギブアップ
事実上のGAMEOVER(ガメオベアw)

攻略順序は、

原→足利→伊賀→天志教→浅井朝倉→伊賀→上杉→徳川→今川→明石→巫女機関

の感じです。

自分は織田家のある尾張から北から東に攻めてますが、
多分、西の毛利側に攻めてもいいことを考えると
自由度はかなり広いんじゃないかと思います

1週目ベストキャラクターは
文句なく「乱丸&柴田勝家」ですね
絵的に好みじゃないのですが、最初から最後までうちの主力でしたよ

イベントを全部こなしキャラクターが幸福になると
「キャラクリ」と呼ばれるボーナスがつくのですが、乱丸だけついてたし

後は、「上杉謙信」かな
普通にかわいかったし、JAPAN最強の武士の名に恥じない強さではありました

あと、絵的に期待していた「雪姫」とか、あと「香姫」には
ちょっとそのリョージョク展開はないでしょうと思った_| ̄|○

いや別にそういう展開でもいいけど、強制じゃなくて
イベントで幸福にも不幸にもできるといいんだけど...
探せばフラグがあるのかな?

いや、アリスソフトっぽいダークな展開は全然ありだし、
個人的にはアリスの特色っていうと「夢幻抱擁」とか「アンビヴァレンツ」みたいな
とりさんとかの書く「退廃」のイメージが強いので全然構わないけどね

あとは...本能寺の白虎がしんどすぎ
リズナの「絶対魔法防御」で削りつつ、
「活性転移→ランスアタック」のコンボでしのいでいますが
いまのところ正直ギリですw

あーあと「美樹ちゃん」を無理矢理襲うと
今回は蒸発して跡形も残らないとこも何気にヒドイw

2週目は2大巨頭の「武田」と「毛利」を攻略したいところです

ちなみに、ランス世界でのNo.1好きキャラは
「”完璧なる”魔人ホーネット」様ですが
...いつになったら出てくるんでしょーかw

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 戦国ランス プレイ日記1  [ おもちやさん ]   2006年12月23日 05:12
プレイしすぎて眠い!眠すぎる! あまりに面白すぎて金曜徹夜、土日とも3時間睡眠のため本当にもうフラフラです。 アニメ見る時間をもプレイに回してしまってます。 流石にもうそろそろちゃんと寝ないと無理だ(苦笑??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔