トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパ(TME)は、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー16において、『プロエース バーソ』を初公開すると発表した。

2012年7月、トヨタモーターヨーロッパとPSAプジョーシトロエンは、欧州でPSAの小型商用車をTMEにOEM供給することで合意。
この契約に基づき、2013年の半ばから、プジョー『エキスパート』とシトロエン『ジャンピー』をベースにした商用バンを、PSAがトヨタに『プロエース』として、OEM供給してきた。
20160224-10239886-carview-000-1-view

このプロエースが2015年12月、2世代目にモデルチェンジ。
引き続きPSAからOEM供給を受け、生産はPSAのフランス・バランシエンヌ工場で行う。プ
ロエースは前後にトヨタのエンブレムが装着されるほか、フロントバンパーやグリル、ヘッドライトのデザインも、プジョーとシトロエン版とは異なる。

ジュネーブモーターショー16で初公開されるプロエース バーソは、新型プロエースの乗用版。
欧州市場では、大型サイズのMPVカテゴリーに属し、最大で9名が乗車できる。

20160224-10239886-carview-001-1-view
た、全長は3種類を設定。先進の安全装備や便利装備を採用する。
トヨタモーターヨーロッパは、「プロエース バーソがファミリーやグループにとって、理想的なトラベル&レジャーのお供になる」とコメントしている。

※レスポンスより


スポンサーリンク