富士重工業(スバル)とタンチョン・グループ(Tang Chong International Limited)傘下のTC Subaru Sdn.Bhd (以下、TCS)は、マレーシアにあるTan Chong Motor Assemblies.Sdn.Bhdの工場でフォレスターのKD生産(現地組立生産)を開始したと発表しました。
2016_0226_02_1
TCSのリザ・ムタリブ取締役、富士重工業の近藤潤代表取締役副社長が出席してラインオフ式も盛大に執り行われた。
 

同工場におけるスバル車のKD生産は、2012年12月に生産を開始したSUBARU XVに加えてフォレスターで2車種目となる。

TCSはフォレスターのKD生産を年間10,000台規模で行うことを計画しており、KD生産車はタンチョン・グループのスバル販売網を通じて、2016年春よりマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売を予定している。
2016_0226_02_2 
マレーシアで生産を開始したフォレスター

富士重工業の近藤副社長はラインオフ式に際し、「スバルのアセアン地域における更なる拡販に向けて、今後もタンチョン・グループとともに協力し発展させていく。」と述べた。

富士重工業は、2014年5月9日に発表した中期経営ビジョン「際立とう2020」において、強い事業構造を創る取り組みの1つとして、東南アジア地域での強固な事業基盤の構築を掲げている。
マレーシアにおけるフォレスターのKD生産はその一環をなすものとなり、今回のKD生産の追加により、成長著しいアセアン地域においても、スバルの「安心と愉しさ」を提案し、拡販を目指していく。とのこと

※富士重工業より



スポンサーリンク