今年のGWは大物来日ラッシュになってますが、ポール・マッカートニー大先生だけは絶対外せないですね。
23日と27日を観に行ってきました。
偉大すぎます。


☆★☆新企画 音と映像と乳と尻が織り成す大スペクタクル!!☆★☆

↑↑↑↑↑↑↑↑↑さあミュージックスタート!!
(注 必ず音楽をスタートしてからみてネ♡♡♡)

ヤスさんのリクエスト
ロザンナちゃんのえげつな〜〜い♡野外露出ざんす〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSC01541


m2


ぼんさんのリクエスト
ニコルちゃん
DSC00568

ジェニファーちゃん
m1


☆★☆永遠の歌姫オリヴィア・ニュートン・ジョン☆★☆

Olivia-Newton-John-olivia-newton-john-13094441-269-266

28日と30日行って来ました。
DSC00608_1(1)

観客席が異様におっさん率の高いコンサートでした。
オリヴィアの全盛期は70年代中頃から80年代中頃までなので無理もありません。
当時、全世界のスーパー・アイドルで世界中が彼女に恋してるって感じでした。
おっちゃん♡も小学生の頃ラジオから流れてきたオリヴィアの「カントリーロード」を聴いて恋に落ちましたよ。


当時の小遣いではレコードなんて買えなかったので、もっぱらラジカセにかじり付いてエアチェック(古っ)する毎日でした。
あの頃は「そよ風の誘惑」「カントリーロード」「ジョリーン」などヒット曲を連発していたのでラジオの音楽番組を掛けると毎日オリヴィアの歌声が聞こえてきたもんです。

高音の透き通った甘い声で
「クリスタルヴォイス」とか
「天使の歌声」とか
「気絶するほど美しい」
なんて言われてました。



「天使の歌声」を聴きながら天使のようなチチとケツをお楽しみくださいませ〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
↑↑↑↑↑↑↑↑↑さあミュージックスタート!!
(注 必ず音楽をスタートしてからみてネ♡♡♡)

ディータちゃん
パイズリされてるとこ想像しながらみてね♡
pc1

うっひょっひょ〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
m1


80年代に入り「フィジカル」などの大ヒットを放った後、彼女自身の結婚、出産、乳がんの発病などがあり次第に第一線から退いていき、おっちゃん♡自身もハードロックに夢中になっていったので全く興味を失っていきました。


それから20数年経ち、オリヴィアのことなどすっかり忘れていた2006年のある日、友人から
「今度オリヴィア・ニュートン ジョンが来るんだって。観に行こうよ」
いつもピンクフロイドの話ばかりする男なのでオリヴィアの名前が出てきたのは意外でした。
彼も子供時代オリヴィアから洋楽の世界に入ったようです。

「何が今更オリヴィアだよ。もう57歳のお〇さんだろっ!」なんて今思えば失礼な事言ったりしてたんですが、「でも懐かしいなぁ。ちょっと観たいかも」と思えてきたのです。


そしてコンサート当日、
「もはやクリスタルヴォイスなんて無理だろうけど、せめてダミ声とかはマジ勘弁して欲しい」とか失礼な事考えながら開演を待っていました。

まず彼女の人生を振り返るスライドショーから始まり、「愛の告白」のイントロに続き永遠のスタンダードナンバーとなった「そよ風の誘惑」。
彼女が歌いだした瞬間、体に電流が走りました。

「気絶するほど美しい」と評された歌声が20数年の時を経て、まるで時が止まっていたかの様にあの時のままの「クリスタルヴォイス」で歌われたことに驚き、子供の頃にタイムスリップしてしまいました。
人生で10本の指に入る感動の瞬間でしたね。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑さあミュージックスタート!!
(注 必ず音楽をスタートしてからみてネ♡♡♡)

ナナちゃんのえげつな〜〜いストリップショーざんす〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSC01574

うっひょっひょ〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
m1


haraさん、バーローさんのリクエスト
ヴィアネちゃん
むっちむちのふとももが美味しそうざんす〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
DSC01672


m2



ゆニバースVIPさんのリクエスト
ジョニー・クレッグ&サブーカ
SCATTERLINGS OF AFRICA

↑↑↑↑↑↑↑↑↑さあミュージックスタート!!
(注 必ず音楽をスタートしてからみてネ♡♡♡)

ジーナちゃんのえげつな〜〜いパイズリざんす〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
m2


新人セレナちゃん
pc1

ミスユニ太郎さんのリクエスト
新人アリアナちゃん
pc1

マーシャちゃん
野外露出プレイ第三弾だっ!!
DSC010551


そして今回の公演、彼女もすでに66歳なのでさすがに少し心配だったのですが、やはり変わらぬ歌声でした。
正確に言えばかつての繊細さを残しつつも、やや線が太くなり表現力が増しています。
まだまだ歌手として成長しているのでしょう。
偉大な人です。