♡♡♡今月の特選生尻♡♡♡
天使の笑顔ローラちゃんおかえり〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
スチュワーデスのコスプレしてもらいました♡♡♡
DSC004234


DSC004294


♡♡♡今月の特選生尻しょの♡♡♡
siriさんのリクエスト
ウェンディちゃんの生尻
DSC005201


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ヴィアネちゃん写真館*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

「WACCA」でお買い物中のヴィアネちゃんだぁぁぁ〜〜
美しすぎるぅぅぅ〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
皆の視線を一身に浴びてました。
DSC005241


引き締まったナイスバディが眩し過ぎるぅぅぅ〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSC004002


DSC003911


久々登場!美脚のクロエちゃん
DSC004081

今日はこれで許してやっけど、今度こそおっちゃんの手でパンツ脱がしちゃるかんね ぶへへへへへへへへへへへ
DSC004121



むぅらくんさんのリクエスト
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜イタリア美女特集*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

おっとりやさしいシャーデーちゃん
DSC004141


新人バレンティーナちゃん
へそ出し.。゚+.(・∀・)゚+.゚パンティのひもがはみだしてるぅぅぅ〜〜!!
DSC004371


ジーナさん
DSC003821


ルシアーナちゃん
DSC0003311

☆★☆夏の思い出写真館☆★☆

ルシアーナちゃんが撮った富士山八合目(3400メートル位)から見た雲の上の月
la foto4

おっちゃんが登った埼玉県日高市にある日和田山の男岩。
標高305メートルですから富士山の12分の1位ですけど、立派な岩場もあって人気の高い山なんですよ。
DSC00463


今年のサマソニ、無理してプラチナチケット買いましたぁぁぁ〜〜!!
DSC002981

クイーンとエリー・ゴールディングちゃんを出来るだけ前で観たかったんで奮発しました。
確かに前方だけど左端で観ずらいぞ。
これでは通常チケット15500円の倍、30000円の価値ないぞぉぉぉ〜〜

当日16時頃到着し、バンクス、メトロノミー、エリー・ゴールディング、アヴリル・ラヴィーンと見て回って、いよいよ19時30分大トリのクイーン+アダム・ランバート登場。
DSC00335

フレディ存命中のライブも2回観ましたが、日本びいきな彼らの事、またすぐに来日するだろうなんて思ってたらフレディ死去。

それから14年の時を経てクイーン+ポール・ロジャースとして来日。
おっちゃんはポール・ロジャース(元フリー、バッド・カンパニー)の大大大ファンでもあるので、これはかなり嬉しいコラボでした。
だけど、これはクイーンとはちょっと違うなとは思いましたけど。

ポールはロック史上最強のボーカリストですけど、ブルースがベースの男くささが持ち味でフレディのオカマちっくな女々しさとは正反対ですから。


9年振りとなる今回の来日、フレディと同じくオカマのアダム・ランバート君が加入したわけですが、これが想像以上にイイ!!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

フレディとは容姿も声質も似て無いんですが、フレディがそこにいるような錯覚を覚えてしまいました。

おかま同士、共通する何かを持っているっ!
DSC00341

「僕はフレディの代わりを演じるつもりも、フレディの上を行くつもりも、フレディと競うつもりもまったくないし、そんなことはまるで考えてないんだ。フレディとバンドとで書いた音楽を歌って、それをステージに持っていっていいショーをやるように請われたってことはすごい光栄なことだと、そう思ってるんだ。でも、観てるみんなが比較することばかりに気を取られると、きっとライヴを楽しめなくなるとも思うよ」
アダム・ランバート

フレディの物まねをしている訳ではなく、自分の色を出しつつクイーンをリスペクトしている。
非常にクレバーな男だと感じました。


前半は初期のナンバー中心で、中盤はブライアン・メイとロジャー・テイラーのソロタイム。
後半はオールタイムグレーテストヒッツな構成。
DSC00350



中盤のブライアンのソロ。
天国のフレディが突然降りて来てゲスト出演するのが感動的でしたね。

あまりにも唐突に出てくるので皆びっくりしてますが、胸が熱くなるシーンでした。
おっちゃんの隣にいたおっさんは「フレディ〜〜!!」と叫びながら号泣してましたから。



後半は怒涛の展開、ヒット曲の乱れ打ち。
若いお客さんは「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラブ・ユー」で一番盛り上がってましたね。
キムタクのドラマの主題歌に使用され、第2次クイーンブームが起き、それがきっかけでファンになった人が多い観たいね。

おっちゃん世代は「サムバディ・トゥ・ラブ」とか「ショー・マスト・ゴー・オン」なんかも聴きたかったな〜。

DSC00356


ラストはお馴染みの「ボヘミアン・ラプソディ」
フレディとアダム君がデュエットするシーンが観れます。



アンコールは「ウィー・ウィル・ロック・ユー」「ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ」
偉大なるワンパターンですが、何度聴いても怒涛のような感動に襲われます。


やっぱ彼等は伝説です。
その辺の若造バンドが束になっても敵いません。
DSC00357




最後、花火を見た後はメッセに戻ってクラフトワークです。
ラストのこの曲、メンバーひとりずつステージを去っていって誰もいなくなったステージに音楽だけが鳴り続けるというラストがクール!!


ほぼ毎年行ってるサマソニですが、今年はメンバーが弱いかなーなんて思ったりしましたけど結果的には今までで一番楽しかったなぁ〜。

本当は女の子の思い出写真集をやるつもりだったんですけど、集まらなかったんでおっちゃんの夏の思い出になっちゃいました〜 すいませ〜んm(_ _)m

DSC00364