event11


新イベント「ルーレットチャンス」
ルールは簡単
赤か黒どちらか予想して頂きます。
当たれば3000円引き
はずれても2000円引き
当たりもハズレも2分の1
緑の0か00に止まれば大当たり4000引き
0、00の大当たり確率は19分の1

サイコロチャンスに比べて当たりの確率が大幅にアップ!!

「ルーレットチャンス」テーマソングはこれだ!!
Rolling=回るにちなんで

今回のツアーはミック・テイラーさんが帯同してました(数曲の参加ですが)。
私にとってストーンズの基準はミック・テイラー期ですから。
この「ミッドナイトランブラ―」ではまさに「ゲットヤーヤーヤズアウト」の演奏が再現されていて大感動もんでした。
「かっちょいぃ〜〜!!」って叫んでる人もいましたからね。

ア‐ニャちゃん
上向きの純白美乳がかっちょいぃ〜〜☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
KIMG00702

KIMG00722

KIMG00752

ナディアちゃん
ミニスカでまんこおさえてかっちょいぃ〜〜☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
KIMG00451

ナスタちゃん
レザーパンツのデカ尻かっちょいぃ〜〜☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
KIMG00602



昨年暮れ12月30日大瀧詠一さんが亡くなられました。

大瀧詠一さんを初めて知ったのはアルバム「Long Vacation」が大ヒットしていた頃。
あっちこっちで「君は天然色」なんかが流れまくってましたね。
当時ハードロックに凝り固まっていた少年の私の大瀧さんに対する印象は「澄んだ声で無難なポップソングを歌う人」という程度のもので、さほど興味を抱きませんでした。

その後初めて「はっぴいえんど」を聴いた時、激しい衝撃を受けました。
こんな美しい日本語で歌われたロックがあったなんて。
40年以上たった今も色褪せません。
大瀧さんの歌がけだるくブルージーでたまんなくイイ!
「大瀧さんってこういう人だったの?」って驚きました。

春よ来い
作詞 松本隆
作曲 大瀧詠一


1969年雨の夜、ぼくは初めて君の部屋を訪ねた。

六本木通りでタクシーに手を上げながら、

濡れた路面が鏡のように映す街の灯に見とれていた。

布団と炬燵しかない部屋に寝転んで、

来る途中、見てきた光景をぼくは紙に書いた。

君は時々、ギターを弾きながら、漫画を読んでいたが、

詞を二つ書き上げる時分には、うとうと眠ってた。

炬燵の上に、書き上げたばかりの詞を置いて、

ぼくは帰った。

「曲がついたよ」と君が言うので、

西麻布のぼくの部屋に楽器を抱えて四人集まった。

聴きながら、ぼくは「あ、できた」と思った。

それが「春よ来い」と、「十二月の雨の日」である。

北へ還る十二月の旅人よ。ぼくらが灰になって消滅しても、残した作品たちは永遠に不死だね。

なぜ謎のように「十二月」という単語が詩の中にでてくるのか、やっとわかったよ。

苦く美しい青春をありがとう。

3月21日お別れ会での松本隆の弔辞より抜粋。

「12月の雨の日」
作詞 松本隆
作曲 大瀧詠一


3月21日お別れ会の席で細野晴臣さんは昨年秋からはっぴいえんど再結成を画策していたことを明かしました。
大瀧さんが首を縦に振るかどうかは今となってはもう分かりませんが、もし実現していたらと思うと悔やまれてなりません。

これ一番好きな曲です。
「抱きしめたい」
作詞 松本隆
作曲 大瀧詠一


はっぴいえんど解散後は趣味性の高いマニアックな音楽作りをする一方、作曲家として森進一「冬のリビエラ」、小林旭「熱き心に」、松田聖子「風立ちぬ」、などの大ヒット曲やうなずきトリオ「うなずきマーチ」などのコミックソング、CMソングなど幅広い音楽性を発揮していました。

近年は音楽制作からは遠ざかり、ポップス研究、日本映画研究、演芸研究など趣味の世界に没頭しメディアに出演するのは年数回のラジオ出演のみ。

奥様によると亡くなる1週間ほど前から体調を崩し、その数日前から回復していたそうですが、夕食前リンゴを剥いてあげていると突然「ママありがとう」と大声で叫び、そのまま息絶えたそうです。

享年65歳 御冥福をお祈りします。

「うなずきマーチ」
作詞 大瀧詠一
作曲 大瀧詠一


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚皆様のリクエストコーナー゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ぼんさん、びっちょんちょんさん、ニコルファンさんのリクエスト
ニコルちゃん
KIMG00022

20140326162246

20140326161645


haraさんのリクエスト
ジュリアちゃん
KIMG00791

ムフフさんのリクエスト
ジェイダちゃん
KIMG00101