2011年05月31日

同人バブルの思い出~リターンズ~

21 :スペースNo.な-74 2009/06/05(金) 21:26:52
高そうで派手なスーツ着た人は、みんな大手様だと思っていたあの頃・・・


24 :スペースNo.な-74 2009/06/09(火) 14:14:34
がゆんの水入り表紙ってどんなんですか。
水?水が入って表紙?



26 :スペースNo.な-74 2009/06/09(火) 21:36:41
もう手放しちゃったから詳細忘れたけど、
表紙にビニールが貼ってあって、その中に液体とキラキララメが入ってた


29 :スペースNo.な-74 2009/06/10(水) 07:54:20
今、手書き小説とかあったら斬新で思わず買うと思う。綺麗なら。


32 :スペースNo.な-74 2009/06/10(水) 22:39:13
そういや手書きの頃は、小説って横書きだったよな
字も大きくて、一頁の字数的には今スカスカpgr対象と同じくらいかもしれない
あの頃は、マンガに比べて小説がラストスパートがきくという事はなかっただろうな
むしろ綺麗な字を書き続けるには限界があるから、ギリギリになると小説の方がキツかったかもしれない


35 :スペースNo.な-74 2009/06/25(木) 11:35:13
昔イベント会場に花屋が出てて
差し入れで花束貰うのが夢だったなあ。

今貰ったら迷惑でしかないけど。




36 :スペースNo.な-74 2009/06/27(土) 19:29:22
花屋はいつ頃まで出てたんだろうね?
10年程前に貰ったきりで、それ以降はさすがにないな…


37 :スペースNo.な-74 2009/07/08(水) 20:12:10
当時未成年だった知人は、同人の2年分の売上だけで家2件建ててたよ
その後多少ゆるやかになったとはいえバブルは続いていて
外車2台くらい買って、しかも親兄弟養ってた

当時私は地方にいてバブルの実感はなかった(上記は後で聞いた話)が
今思えば地方のマイナーイベントでも島中が札束数えてたりしてたなー
今じゃ東京や大阪でしか見られない、イベントの開場前の長蛇の列(時には徹夜)も
よく見る光景だった


38 :スペースNo.な-74 2009/07/14(火) 11:37:43
家(土地付き)1軒5000万として
1億のお金を未成年が持っていることに対して
親がどう思ってたのか気になるなw


39 :スペースNo.な-74 2009/07/16(木) 11:47:35
親には全部事情話して公認くさかった
むしろこれで老後は安泰だと喜んでいたっぽい


40 :スペースNo.な-74 2009/08/05(水) 17:30:52
良スレage

2年で家2軒は凄いなー
まだ税務署に目つけられなくて丸々儲けになったころだよね?
一度その頃の会場の雰囲気体験してみたかった


45 :スペースNo.な-74 2009/08/24(月) 12:11:34
島田ひろかずとかが商業誌に
「大手は1回で何百万とか儲けるけど、税金払ってない」とか堂々と書いてた時代かw
(※出典『りてーくぐらふてい』)

平塚税務署出身の、あさりよしとおの用心深さの爪のアカでも飲ませてやりたかった


46 :スペースNo.な-74 2009/08/24(月) 14:33:02
>>45
あさりよしとおって税務署勤めだったのか
すげー



48 :スペースNo.な-74 2009/08/24(月) 15:08:33
あさりを知らん世代か…(悪い意味ではなく)

昭和は遠くなりにけり、だな。


49 :スペースNo.な-74 2009/09/06(日) 11:15:25
バブルの何がおかしかったって、93年頃に20~50部レベルだった
ドピコサークルでも高級チョコたっぷり詰め合わせやでっかい花束、
桃家のフルセット等々貢いでくれる人が複数人いたことだと思う。
しかも貢いでる人も普通の学生だった。
本の内容でお返しできてるとは思えなかったから
毎回お返しをどうしようと頭悩ませてた。


51 :スペースNo.な-74 2009/09/06(日) 21:12:00
C翼時代の売れっ子字書きさんのフリートークで
「同人誌の売り上げでマンション買ったなんて噂広めるのはやめてください
頭金を作っただけです」
というのがあった。

結構怒っていたみたいだけど、奥付の住所が都心一等地に変わったらそりゃ邪推されるよなー
んで、頭金作っただけでもすごいのではないかとw


57 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 01:49:45
すげーな。
俺なんか今、商業原稿やりながら同人やっても
せいぜい50万が精一杯なのに。
早く7桁に行きたいわ。


58 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 02:22:35
ボーナス全額握りしめてコミケに挑む猛者の買い専がいた時代だからね
いくら持ってきた? アタシ60万~、みたいな会話が耳に飛び込んでくる様な。
お金も舞ってたけど、何かしよう・してあげようの交流自体が
華やかさをもりたててたと思う


59 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 05:41:09
>>58
そういや昔は段ボール1箱~2箱くらい買い物して会場から自宅に送ってた
今思うとなんであんなに買ってたのか不思議だw



60 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 08:42:08
今だって、本があるならそのくらい買いたいよ!


61 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 11:56:22
同人バブルが弾けた頃ってどんな感じだった?
世間と同じでいきなり売れなくなったりしたのかな
それともゆるやかに失速?



62 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 12:00:11
>>61
世間より遅れて弾けた



63 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 13:15:14
衰退はネットの隆盛と被るね
自分の世代的には911のテロ以降、2003年まで実体経済が冷えた辺りだった
その前後にネット回線が定額になって若い人でも気軽にPCでサイトを
作れるようになったから、たぎる萌えが分散され始めた。
お金も使わずリアルタイムで供給があるから自分もイベント行く回数減ったよ



65 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 16:59:31
衰退時期はネット隆盛と、あと大きいジャンルがなかなか出てこなくなったのもあるんじゃないかな
バブル時代は同人の書き手側から発信して作り出したジャンルが華を競ってたからなぁ
好きと勢いだけで流れを作った人たちはほんとパワーが違ってた
今はそういう仕掛ける側になる書き手が不在&「売れそうなジャンル」に175がたかる構図で
食い散らかしたら移動してジャンル終了だもんね
あらかじめ仕掛けられたものに喰いつくのと好きと萌えだけで走っていくのは
まったく別のものだなって思うわ


67 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 19:06:55
ページ数も60くらいなら薄い方みたいな感じで、自分もあの頃は100ページの漫画本とか
頑張って出してたよ
今だとへぼんとか痛いとか言われそうなネタも、あの頃はやりまくってた
A4の本も結構作ってたし、値段は結構高い本多かったけど、そのかわり分厚かったり
豪華だったりしてたし
買う方もいちいち値段気にせず段箱いくつも買いまくってたしなあ
ただ、東京の散在っぷりに比べると、当時から地方ではそこまで激しくなかったと思う


68 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 20:27:49
当時の同人誌って1,000円だと「安い」と感じた
中身も充実してたな
小説あり漫画あり作者たちの対談ありキャラ同士の恋愛フォーチュンありと
対談つっても修羅場の実況だったけどw


69 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 21:07:31
良い意味で暑苦しかったよね


70 :スペースNo.な-74 2009/09/07(月) 21:24:31
まあ昔はあまり書き込んでない人が多かったから
分厚い本をばんばん出せたような気がする。
今は昔より絵のハードルが確実に上がっている。


71 : 2009/09/07(月) 21:31:13
翼の頃初版一万部刷ってるサークルがあった
予約が七千部前金で。
今思うと恐ろしい時代だよね


73 :スペースNo.な-74 2009/09/09(水) 17:59:22
今からは想像も出来ない話ばっかりだww興味深いなあ。

確かに今は言われてるように厚い本少ないよね。
トーク→サイトの日記にでも書いてろ
殴り書き→何それふざけてんの?
自分設定入れて話膨らます→あの、、原作読んでる…?
いやここまでギスギスした言い方じゃないけどまあそんな感じだもんな。厚い本は出にくいだろう。
不況で会社の人が減り描き手の多くが本業で忙しくなってるってのももしかするとあるかも。


75 :スペースNo.な-74 2009/09/09(水) 19:28:07
本文紙替えで特殊紙何種類も使ってたよなあ
ああいう本は今開いたら背割れするから恐くて開けないw


77 :スペースNo.な-74 2009/09/10(木) 15:51:30
今はそうでもないしありふれた想定だと思うけど昔の紫宸DENの再録本とか
売ってる本みたいで子供心にびっくりしたもんだ
分厚くてカバーつきとか


78 :スペースNo.な-74 2009/09/11(金) 05:34:32
印刷・製本関連の実験場だった時代だな
特殊加工などもいろいろあった
蛍ピ入れるのも同人の方で定着化したものが商業へ、だったな
どことは言わないけど漫画雑誌の本文カラーが3Cってところもあったくらいで
採算的にあまり冒険できなかった商業より同人誌の方がやったもん勝ちで華やかだった



79 :スペースNo.な-74 2009/09/11(金) 12:41:44
大手はハードカバー上製本とかもあったなあ
箱入りとかも


80 :スペースNo.な-74 2009/09/11(金) 19:43:50
自分が大台刷れるようになった頃、周囲はみんなカラーは5cに更に特色プラスは当たり前
色校出すのも当たり前、すげー特殊な紙を使うなら本紙校正だってやるよ!
なノリだったので、自分もそれが当然だと思ってやってた
色校が上がって来た時のわくわく感とかなつかしいな

……今は、完全版下で入稿、セットの4cカラー、本文墨いち


81 :スペースNo.な-74 2009/09/11(金) 21:39:39
5c蛍ピでもエヴァのカヲルの肌だけは
蛍ピを入れない指定をした



85 :スペースNo.な-74 2009/09/14(月) 07:16:37
壁大手以外はオプションなんかつけれませんでしたよ


86 :スペースNo.な-74 2009/09/14(月) 19:37:29
ピコ手にはグラデーションという強い味方があったじゃない…!


87 :スペースNo.な-74 2009/09/14(月) 21:14:51
フルカラーよりも3色刷りが上手いサークルさんに憧れてた
今よりもデザインや装丁で凝ってる人は多かった気がする


88 :スペースNo.な-74 2009/09/15(火) 15:29:05
グラデなつかしいなー!
まだ便箋界では若干残ってるみたいだけど
グラデ印刷の本はほぼ絶滅したねー



89 :スペースNo.な-74 2009/09/15(火) 15:30:08
グラデ便箋リアの時に作ったw


90 :スペースNo.な-74 2009/09/15(火) 16:06:44
若輩者なのでグラデ印刷がわからなくてぐぐった
確かに最近見かけないけど、珍しくなっただけにこれはこれで
上手く使えばおしゃれな気がする



92 :スペースNo.な-74 2009/09/18(金) 16:11:34
でも流行が一周したのか、
最近センスいいグラデの本ぽつぽつ見るようになった。
フルカラーの疑似グラデかもしれないけど。

バブルって言うか、単に思い出話なんだけど、
お菓子の箱やブロックノートが島中を回っていたのが
懐かしいな。


93 :スペースNo.な-74 2009/09/18(金) 16:19:31
全然知らない隣の席の子と仲良くなって
その子達のグループに混ぜて貰って
そのままご飯食べに行ったりとか普通にあったな





95 :スペースNo.な-74 2009/09/18(金) 17:48:31
ブロックノート懐かしいwww
そういやそんなのあったなあ。ノート廃止の時にも
コミケでいろいろ議論されてたよな


106 :スペースNo.な-74 2009/09/20(日) 16:47:57
上でも上がってた話だけど客も自分も目が肥えちゃったから
原稿1枚にかける手間が増えたのをしみじみ感じる
トーンはデジタルで楽になったのにおかしいな



107 :スペースNo.な-74 2009/09/20(日) 19:59:21
トーンも書き込み量が増えてちっとも楽になっていない


112 :スペースNo.な-74 2009/09/21(月) 02:43:41
昔中学生くらいの時にはじめて行った地元イベントで
委託で来てた本にラムちゃんのエロ本があったの思い出した
ラムちゃんがひたすら裸なイラスト集だった
毛も書いてあったから衝撃だったよ



113 :スペースNo.な-74 2009/09/21(月) 08:09:01
昔の男性向け大手のエロ同人誌何冊か手元にあるけど、確かに無修正だったね
でもって、すげー手抜きでトーンも背景も何もなし、ベタも最低限、みたいな本でも
局部のみリアルに描きこんで、トーンも重ね貼りしてあるよw

当時その手の本を買える年齢だった自分は笑ってみてたけど、確かにリアの子が見たら
トラウマものかも


114 :スペースNo.な-74 2009/09/21(月) 11:37:53
そうそう、んで大昔の女性向けって
朝チュンが多くてエロシーンも今見るとたいしたことない描写
今では割と見かける局部モロ描き(もちろん修正ありだが)なんてほぼ無かったと思う
主流は白く抜くかビームサーベルww
上半身であっあっみたいな…
エロよりもそこに至る過程が大事系っつーか

今の女性向けはエロ描写は格段に進歩して
(絵柄が)ソフト傾向にある男性向けのエロにさほど抵抗が薄れてるんじゃないだろうか
特殊な嗜好ジャンルは過激だけど、女性向けも過激な描写をするサークルも多いし
BL商業でのエロ描写に目が慣れたのかもね


115 :スペースNo.な-74 2009/09/21(月) 18:39:09
まあ女子小中高生が買えるような
エロ少女漫画雑誌が反乱してる世の中だもんな


116 :スペースNo.な-74 2009/09/22(火) 00:45:01
>>114
ネットで映像や画像を拾えるようになってからティンコをはっきり描く人が増えたと思う


117 :スペースNo.な-74 2009/09/22(火) 17:01:03
あと18禁表示の義務付けで、どうせ18禁にするならとことんやっとかなきゃ
みたいな線引きの強い風潮になったんではないか


118 :スペースNo.な-74 2009/09/24(木) 13:26:36
テリンコははっきり書いても濡れ場は普通になった気がする。
女豹様の木×受とかとんでもない本があったよな…。



119 :スペースNo.な-74 2009/09/24(木) 14:10:51
それは特殊な例

といいつつ
C翼の飼い犬ジョン×若林って見たなあ…



122 :スペースNo.な-74 2009/09/25(金) 00:22:07
>>119
自分も見たわw
バカだったwww


123 :バブル 2009/09/25(金) 22:08:55
札は全部黒いゴミ袋に投げ入れてた
金融系な常連客に札勘定してもらってた。勿論扇で
帰りの打ち上げは銀座一択。
今思うと阿呆っぽいとしか。


124 :スペースNo.な-74 2009/09/26(土) 11:30:22
それもひとつの時代の証明。
あの頃だからこそのカオスも必要な流れだったかもしれんさ。


125 :スペースNo.な-74 2009/09/29(火) 10:59:13
生活にゆとりのない今の子がキレそうなカオスな時代だったなあ


126 :スペースNo.な-74 2009/09/29(火) 12:22:53
キレててもネットがないから
その嫌な思想がネットを介して蔓延しないから
キチガイ孤立時代だった


127 : 2009/09/29(火) 12:36:45
でも情報伝達が遅いからハンパない偽者が地方には横行もしてたね
がゆんだのイモノヤマだの女豹様だの何人いたことか。


128 :スペースNo.な-74 2009/09/29(火) 15:41:56
そういや自分もアホな中学生だったから
地方に大手が委託出来てたのを
売り子が本人だと思い込んで厚く話しかけた事があったw


129 :スペースNo.な-74 2009/09/29(火) 16:22:01
地方の人が漫画家と友達、自分は大手って騙るのどこでもあったんだw


130 :スペースNo.な-74 2009/09/29(火) 16:23:13
柴田亜美が○○(県名)に友達なんかいねーよ!って抗議してた


133 :スペースNo.な-74 2009/10/01(木) 12:33:56
大阪都市で壁サークルが新刊ダン箱積み上げて要塞作ってた思い出
壁を背にコの字型にしてて高さ2メートル位あった
今じゃ普通の都市程度であんな搬入あんまり見ない気がする
左右にスゲー迷惑になってたし。
ちなみに本はハードカバーで厚さ3センチ位


134 : 2009/10/02(金) 12:52:04
印刷屋に金曜夕方に入稿して日曜に売ってたなあ
これは今でもいけるのかな。してないけど



137 :スペースNo.な-74 2009/10/04(日) 14:36:08
最近は1日本のセットがある。


138 :バブル 2009/10/04(日) 14:48:24
超大手の為に先に入稿済のピコ手をまとめて落とす印刷屋なんて日常茶飯事だったよね
今ならでかい祭だよなあ


139 :スペースNo.な-74 2009/10/04(日) 16:27:13
ピコが口うるさくなったとも言える


140 :スペースNo.な-74 2009/10/04(日) 17:23:55
口うるさいってか普通だろう…
落とされたのが印刷代踏み倒してるようなサークルならともかく

そういや印刷代踏み倒して印刷所1件潰したサークルがあるって
昔聞いた事があるけど本当かな


141 :スペースNo.な-74 2009/10/06(火) 12:48:28
印刷屋潰すって何万円滞納したら潰れるんだろうな
二百万くらいなら払いためてるサークル見たことあるけど。
自転車でとんでもない冊数まわしてたよね。みんな。


142 :スペースNo.な-74 2009/10/10(土) 18:57:47
晴海時代にサークル参加とかじゃなくて普通にコスプレしていたら
「ちょっとだけここで待っていてもらえますか!?」と言われて
了承して待っていたら薔薇の花束貰ったことがある。
多分、2~3千円はしたと思う。
自分にとっての同人バブルらしい思い出です。



143 :スペースNo.な-74 2009/10/11(日) 07:27:41
確かにレイヤーさんも綺麗な人はプチアイドルだった気がする


145 :スペースNo.な-74 2009/10/25(日) 16:14:23
色々と信じられない時代もあったんだなぁ、今からじゃ考えられない

自分としては男性向けの話題も聞きたい
こみパはバブル崩壊後だよね?



150 :スペースNo.な-74 2009/10/26(月) 11:53:08
>>146
昔のレヴォはイベント内にランキング表が張りだされていた



157 :スペースNo.な-74 2009/11/17(火) 01:46:59
今でもたまに好きな大手のダンボール箱を持って帰る人いるよ
貰ってるのか、ゴミ箱からとってきてるのかは分かんないけど
でもたまーにで、自分も今シャッター前売り子してるけど、一回出くわしただけw

銀行の人が来てたり、高級外車で会場に乗り付けたとか本当なのだろうか…


158 :スペースNo.な-74 2009/11/17(火) 02:02:43
銀行の担当者が休日返上でイベント会場まで来てたのは知ってる。
高級外車は知らないけど
差し入れが多すぎて差し入れ運搬用に
もう1台(人間が乗らない)タクシーをチャーターして
ホテルまで帰ったことならある。
花とかはそのままホテルの部屋に置いて帰ったな。


159 :スペースNo.な-74 2009/11/17(火) 04:03:51
銀行にコミケの売上を持って行ってたらなんか担当がついた。
会場までは来なかったが、コミケ終了後、家に計算係と二人で
集金に来てくれた。
マンションの出口には警備係として男性行員が待機してた。
銀行はすぐ隣のビルだったんだけども。
その担当に外で会うと「せんせーい!!!」と叫ばれるのが
嫌だった。
オタクでも彼にとっては上客だったのだろうな。
引越してずいぶん経つが、ふと思い出す。

昔は夏冬のコミケしかなかったようなもんだから売上も
でかかった。
新刊も複数出し易かったし。
今はイベントが多すぎるな。


161 :スペースNo.な-74 2009/12/13(日) 03:54:37
バブルの頃は赤豚がイベント開催し始めた頃で東京文芸だかなんだかとイベント名は同じ名前で
主催が二つとかなかったっけか
ウチもとりあえずコミケメインでやってたな
なのでコミケ毎に5冊新刊とかかなり頑張れたイマゲ
グッズ製作してる会社がなくて一般企業に依頼したらロット数が
一万個からとかなんで少ない数で作れないか交渉した思い出がw
オタク絵が珍しかったのか担当者が面白がって色々聞かれた


163 :スペースNo.な-74 2009/12/20(日) 02:34:34
昔は今みたいにオンリーなんてボコボコ無かったしね


164 :スペースNo.な-74 2009/12/21(月) 02:42:49
4月はオンリー含めて何かしらあったから毎週イベントに参加してた覚えがあるな
月2回はイベ参加してた気がする


165 :スペースNo.な-74 2009/12/22(火) 12:35:58
確かにイベントは多い筈なんだけど
毎週、隔週でイベント参加してるってサクルは減った気がする
せいぜい東京大阪の転戦ぐらい
まあ本人不参加売り子のみなイベントが
まるっと書店委託へ移行したんだろうけど


166 :スペースNo.な-74 2009/12/22(火) 23:18:13
個人で連続参加するとして今のイベ参加代は高いからなぁ


168 :スペースNo.な-74 2010/01/14(木) 23:29:52
大手のペーパー今読み返すと
イベント参加予定、
商社マン並みに日本飛び回ってね?
バイタリティあるな~。



169 :スペースNo.な-74 2010/01/15(金) 01:30:23
旅行や観光も兼ねてたし、道具持って行って修羅場してたりもしたね
名産の旨いものとかペーパーやエッセイ本のネタにしてたし
いい回転だったなと思う


172 :スペースNo.な-74 2010/01/18(月) 14:58:32
主将翼の時
サークル名と同じ名前のバンドを組んでライブやってた
すごい綺麗な漫画描きさんいたなあ。
カプ愛をハードに歌ってた。



173 :スペースNo.な-74 2010/01/18(月) 15:21:39
>>172-173
す、すごい・・・今じゃ考えられないですね
ネットがあるから目立つことしたら粗探しされて叩かれそうだし



174 :スペースNo.な-74 2010/01/18(月) 22:27:33
ネットって相手が見えないからか
リアルではチキンな人でもあら探しして叩いたりするけど
当時はリアルの熱気しかないから相手に直接ぶつかる根性がなければ
表だって無意味に叩いたりする人はそうそういなかった
(もちろんカプなど嗜好性の違いでたたき合うのはあったよ)
よほどの粘着気質以外は嫌いなものに延々くっついてるのは無駄、
作るのも買うのも好きな対象に向かっていくのが普通だったから
作る・買うというサイクルが上手くまわってて良かったんだと思うよ
エネルギーが前方に向かえばいいことに繋がるのは自然な流れなんだけど
それがいまはひん曲がって迷走してるのも同人界不調の一因かなと思う



182 :スペースNo.な-74 2010/01/19(火) 23:46:35
>>174
でもマジモンのアレな手紙とか届いて困惑してる作家とか少なくは無かった気が…


175 :スペースNo.な-74 2010/01/19(火) 02:40:33
まるっと同意。
A館制度なんか今あったらどうなる事やら。
あの当時は他がやってない事を探して、やるのが楽しかったなあ。
しかしあの頃の流行ジャンルの本ってなんであの厚さで月刊とか
出来てたのか不思議だ。
自分だけじゃなく周りも。
午前は東京のイベントに出て、その日の新刊持って午後は大阪の
イベントへ、とか何回かやったよ。
新刊が出来たのがイベント当日の朝だったから。
ケイタイもなかったから突然現れた自分に大阪の売り子がものすごく
びっくりしてたな。
どれもこれも今なら叩きのネタにしかならないね…。


177 :スペースNo.な-74 2010/01/19(火) 14:06:07
バブルで儲けた人って今何をやってるの?


178 :スペースNo.な-74 2010/01/19(火) 14:27:39
六本木ヒルズの豪邸でニートやってます


180 :スペースNo.な-74 2010/01/19(火) 20:51:21
女豹様のことだよ


183 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 00:56:50
ニートじゃないだろうけどかつての大手で
儲けた金でマンション買ってサクル相方と同居しながら
悠々自適に専業同人(たまに商業)ってのはちょこちょこいるような


184 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 01:20:16
その人達ってヲバ絵になってないの?
絵柄を今風に変えてるのかな


185 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 02:06:41
おおむねオバ絵だよ
絵柄も作風も昔のままうまく売れてる人もいればピコになってる人もいる

今でもブログの中身が猫とゲームとうまいもの食った買った豪遊記と
旅行だけみたいな羨ましいニート生活を満喫している人とかもいる

今の大手だと先行き不安定な世の中だし兼業大手の方が目立つ気が


187 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 08:59:35
当時を知らない若造だが、同人でバブれたのは世の中が景気がよかったのに加え
ネットがなかったってのがやっぱり大きいのかな
萌えを満たしたかったら本を買うしかないという・・・

今じゃよほどのマイナーでなければネットである程度満たされるし
そもそもジャンル自体がネット発ってのもあるよね
あとネットがあるから流行が細分化されてる気がする
昔(~幽白、GWのころ)は1つの人気ジャンルに一極集中という印象がある


188 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 10:09:06
買い手側にも選択肢がないというかそんな感じ


189 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 20:53:30
発信するまでは行けなかったが、自分オンリーワンジャンルの本が
3版まで行って完売出来ちゃったりした。
あの当時はたいした部数じゃなかったが、今そんなに刷ったら書店に出しても
半分以上残っちゃうな。
ペットや芝居生物とか旅行記とか日常本が出て来たのもこの頃だよね。
そんなけったいなものでも読んでみたい、まずは買ってみようと思ってもらえた。
ネットも同人書店も同人古書店もない、世間では既にバブルはじけてたが
漫画は最も安上がりな娯楽と言われてたしゲームまでやる人は少なかった。
誰もが手軽に作家になれて、他人とコミュニケーションも取れるような気もする
同人誌は新鮮だったしブームだったんだろうな。バブルというよりも。


190 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 21:06:44
加えて商業誌で読めないような妄想や毒、またはほのぼのライトな作風も
新鮮さの一つだったと思う。
その後同人作家が次々商業デビューしてって商業誌でもそういうのが
読めるようになって希少性がなくなった。


191 :スペースNo.な-74 2010/01/20(水) 23:56:05
女豹様の商業連載漫画を1回見た事があるだけなんだけど
あの絵で大人気だったなんて信じられない
特定のワンシーンの見せ方が抜群に上手かったのかな



192 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 02:32:54
当時はあの絵がかっこいいとされてたような
あとタイトルとかセリフとか独特の陶酔感wが当時のツボをついてたと思う



193 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 02:43:50
秋葉原がふつうに電気街だったな(笑)
イベントがキャラの誕生日に近かったから、会場に酒樽持ち込んでお祝いに鏡割りした
サークルがあったっけ。
今ならイタイ扱いだろうがみんな楽しんでたなー。
まあそれ以前に会場でアルコールは駄目だっけか。
イベント閉会時間まで列が途切れなかった記憶も…決して牛歩じゃなかったんだけど。
確かこの頃にコミケで搬入物の制限が出来た気がする。
それまではあちこちに高さ3メートル横5メートル超えの段ボール要塞が
当たり前な壁並びだった。

しかし男性向けトップがリングバインダーの中に下敷きみたいな紙?プラスチック?に
カラーイラストを印刷したやつを3枚、500度数のテレカを5枚台紙に
セットしたやつを一万で売っててあの頃から世界の違いを感じてたな。
それを何部作ったかは知らないけど知り合いが挨拶に行ったらあっさり貰ってて
それにも驚いた。
あの頃でもそんな高額なグッズは知り合いには渡せん……。
貰った知り合いもおののきながら報告に来たんだけど。


195 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 10:25:11
>>193
女性向けでバブルだったら、男性向けなんてそりゃすごいよな…
市場規模の差も今以上だったろうし
女性向けでマンション買ってるくらいだから、男性向けでは島くらい買ってたりして…まさかね…



197 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 12:49:12
>>195
バブル当時は、実は男性向けは大したことなかった
もちろんいくつか「大手」はいたけど、数は全然少なかった
大したことないと言っても当時の女性向け全体と比べてだけど
セラムンまで男性向けの大きいムーブメントもなかったしね
男性向けがどんどん規模拡大してきたのは、同人的にもバブルが完全にはじけた大分後からだと思う

当時の女性向け大手より、今の男性向け大手の方がずっと売り上げてると思うけど
女性向けはバブル時代、今じゃ誰も覚えてないような小さいサークルでも
今と比べれば武勇伝wの一つや二つ語れるくらいには売れていた
だから思い出を語る人も多いんだろうけど、男性向けはサークル数も少なかったし
ずっと男性向けにいた人には「バブルの思い出」って同人に関しては大してないみたい


196 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 10:36:52
そういえば以前からこれ関連のスレあるけど
男性向の話は聞かないね
聞いてみたい



205 :スペースNo.な-74 2010/01/22(金) 19:17:41
>>196
男性向けバブルは90年代半ば辺りだと思うけど
その頃シャッター大手は打ち上げ渋谷のクラブ貸し切ってやってたよ
今もブログ大手の打ち上げはホテルとかだったりするね


198 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 14:19:48
バブル時代の男性向け大手っていうと、やっぱりA館にいたサクルなんじやない?
アニキとか歌田寝氏とかがゆん旦那とか…
漏れ聞いてた所だと友達や手伝いの人連れてパーッと使っちゃう感じだったな。
あとゲストの原稿料出とか。


199 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 14:29:20
晴海世代に男性向けやってた人と本の価格の話になったら当時の文化の違いを感じる
中古で好きな作家の同人誌を買った範囲の印象では
昔の男性向けの本ってつまんなかったな
最近はアタリレベルで酷い下描き本とかあまり見なくなった気がする


200 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 16:53:27
個人的には今のほうが鉛筆描き、下書き以前の本が多い気がするなあ。
デジタル導入、印刷技術の向上とか印刷価格が安くなったとかの理由だと思うんだけど。
鉛筆・薄墨だと価格上乗せとかやられた時代…。
女性向はジャンルに男性向は作者にファンがつくと言うし世間のバブルとは
違う、マイバブルを持ってる人がいるイマゲ。
そしてどんな大手でも男性向といえば無修正。うたた寝氏やがゆん旦那さんの
本まだ持ってるよ。二人の合同誌とか。
ほぼ海鮮だった頃だから色々おおらかな時代だったな~と思う。
男性向大手に並ぶには今の方が周囲はおおらかかもしれないがw


201 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 18:34:11
今の男女市場格差が10倍だっけ?
グッズ収集は男のが好きだし純粋に経済力でも男のが上だしね


203 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 20:27:26
>>200
鉛筆書きで当たり前に出してた人達が最近はグレー処理くらいするようになってたから
手抜き過ぎると売れなくなってるのかと思った
うたた寝氏の鉛筆は画材として使ってる感じで気にならないけど


204 :スペースNo.な-74 2010/01/21(木) 22:38:29
鉛筆画で通常の3倍上手く見えるとか色気の出る絵ならともかく、
たいていはそうじゃないって鉛筆画の氾濫でわかっちゃったんじゃないかな
あとペンやトーンを使って描けない人の底上げの役には立ったけど、
PC使ってても魅力がなければ高いし買わないという人が増えたんだと思う
少なくとも描いてる作品の熱気や執念に負けて買うことはなくなった気がするわ
点描で絵を描いてる人やひとりで半端なく描き込んで画面を作ってた人のは
その熱意に頭が下がったよ
これはバブルとは対極の話だな すまん

バブル期はともかく刊行ペースが速いし、月に何冊も新刊を出す大手がいたから
買う方も楽しかったよ


206 :スペースNo.な-74 2010/01/22(金) 19:51:43
昔の男性向けの本って
漫画よりもエロい絵が1Pにどーんと描いてあるイラスト本のイマゲ
漫画が読みたいなら成人向け本でも買え!っていうスタンスだったのかな


208 :スペースNo.な-74 2010/01/31(日) 13:03:14
バブルの時代の話をここで見てると、羨ましいレベルを超えてただ「すげえ」としか言えないなwww

何度も書かれてるけど、昔の大手ってホント本出すペースが半端ないよね。
昔から大手で今も同人(その長寿ジャンルでトップ)やってる友達がいるんだけど
その人も描くのが本当に早い。0から始めて2日で20p本出してる。

ただ、昔って 絵の丁寧さ<<<勢いだから、ある程度は今の同人屋よりペース速いというのは
さもありなん、とは思う。今の大手って皆絵が綺麗だからその分時間掛かってるだろうね。



209 :スペースNo.な-74 2010/01/31(日) 13:20:33
バブルの頃かちょい後くらいに出た本のトークに
2週間で80Pだか70Pだか描いたと書いてあって、専業だとしても随分早いな~と思ったが
それは普通だったのか・・・
(大手だからアシ入れてたとは思う)


210 :スペースNo.な-74 2010/01/31(日) 13:35:30
反面というか当然というか入稿〆切りブッチのトークもデフォだったよね。

特上紙の紙替えで3段組に渡る中書き内容が「しんどい、〆切り破った、疲れた、
印刷所サーセン、辛い辛い辛い辛い……」の愚痴垂れ流しオンリーで、
こんなページ作らなきゃ少しは楽だろうし、価格もちょっとは下がるのに
と毎回思ったサークルがいた。他にも買う本は山とあったから4冊目から切ったな。


211 :スペースNo.な-74 2010/01/31(日) 14:29:34
2~3日で100P本作る漫画描きもいたよ
尾崎南とかJETさんとか早かった
ユンケルあおって描いてるんだけどね


218 :スペースNo.な-74 2010/02/01(月) 18:24:34
>>211>>214>>217
そうやってユンケルとか飲んで徹夜して無茶した結果、
30代以降に体にガタがくる元大手が多かったイマゲ
肝臓に悪いよなああいう栄養剤


213 :スペースNo.な-74 2010/01/31(日) 19:44:52
そういやがゆんが編集に1ヶ月に300ページぐらいいけるって言って仰天されたって読んだな。


214 :スペースNo.な-74 2010/01/31(日) 20:12:50
年で体力落ちてるせいもあるだろうけど昔は量産してそうだった人が
今は30p本になったりするもんな


216 :スペースNo.な-74 2010/02/01(月) 12:09:31
ただ今時分は、大量のアシ代わりにパソコンが手伝いしてくれるからなあ。
消しゴムもトーンも楽チンで堪らん。
ありがとう、文明の利器!!って感じだ。


219 :スペースNo.な-74 2010/02/02(火) 00:01:42
あの頃は新幹線の中で書いてますトークや
入稿デッドまであと何時間トーク、
バイク便頼みましたトークを普通に見てた気がする

まさにユンケルのCM世界そのまんまだったんだよね
(同人だけじゃなく時代全体がそうだったのかも)
本も買い方も服装も、すべて気合が最重要視されてた感じ
晴海に来ていくから「晴れ着」とかよくマンレポで見た


223 :スペースNo.な-74 2010/02/11(木) 05:10:18
イベントのたびに万単位の化粧品を作家へ捧げてた儲が今も日本のどこかに生きてるんだよなあ
今ごろ何してるんだろ
今でも同人誌読んでるかなあ



224 :スペースNo.な-74 2010/02/16(火) 21:57:36
ゆとりからすると狂ってるとしか思えないな


226 :スペースNo.な-74 2010/02/17(水) 22:21:33
>>224
後世からみた歴史なんてそんなことの連続だよ
つまり同人バブルってそれだけ遠くになっちゃったんだよねえ



241 :スペースNo.な-74 2010/05/18(火) 16:14:34
まだコミケが春にもあった時代、有名デパートの外商が差し入れを持ってきた。
昼前に「○○様からのお届けものです」って料亭のお弁当10人分。
あの頃は当たり前のようにもらってた。外商の人はどうやって中に入ったんだろう。

本の代金はダンボールに黒ビニールをセットしたものに投げ込んで2/3くらいに
なったらガムテで閉じて後ろに積んでいく。14時くらいになると銀行員3人がきて
ダンボールのお金を勘定してもらって受領書をもらった。

当時の流れでダンパやお茶会やバスツアーをやったんだけど長崎や青森から
来る人もいた

家族が結構重い病気になったんだけど、それをどこからか聞いた海鮮の子が
父親が勤めている大学病院を紹介してくれた。御礼にA3のイラストボードを渡したら
彼女の父親(教授だった)が病室に来て御礼を言われた。謝礼を渡そうとしたら
固辞された

あの時代はなんだったんだろうか
今アパートと駐車場を持ってますがスーパーで品出しのパートもやってます


243 :スペースNo.な-74 2010/05/18(火) 19:47:06
黒ビニール袋(要するに当時のゴミ袋)に売り上げ金を放り込んで
それを銀行の人に勘定してもらう話と
ダンパや茶会やツアーなら実際あったな…

それ以外は知らんけど


244 :スペースNo.な-74 2010/05/18(火) 20:46:32
黒ビニール袋までは私もやった
一袋で終わった程度のレベルでしたが
で、まだのんびり同人やってます
銀行の人が来た人も二桁は居たよね


245 :スペースNo.な-74 2010/05/18(火) 22:31:42
面白いなー
その時代知らないから物語みたいで楽しい


246 :スペースNo.な-74 2010/05/19(水) 21:28:12
前の方に仕事場を持っていたという話がでていたけど
もしかして高校生ぐらいでもマンション借りていたりした?

自分は地方者&小学生だったんでイベントは行ったことがなく
どのくらいお金が動いてるが知らなかったんだけど
よく通販を利用していた高校生サクルさんの本の奥付が
マンションぽい住所と緊急連絡用として別の住所(自宅とのこと)が載ってて
下宿先から通学してるのかなと思ってた
今思えばあれは仕事場を借りてたんだろうか


247 :スペースNo.な-74 2010/05/19(水) 21:39:52
通販するのにでっかいポストが入用だった時代だから
私書箱代わりに別の場所を借りていたのかもね
住んでいたかどうかまではわからないけど
みんな住所を明かしていたけど、ファンの人が
プレゼントを玄関先にこっそりおいていったりと
ある意味フリーダムだけどいい時代だった


248 :スペースNo.な-74 2010/05/19(水) 23:36:28
>ファンの人がプレゼントを玄関先にこっそりおいていったりと
今同じことをやったら「押し掛け厨ktkr!!!」と騒がれたりとか
気味が悪いとか不審物ということで破棄されたりとか通報とか
そんな辺りがオチなんだろうな
バブル時期を知らない世代ながら、物騒だから仕方ないのかもしれないけど
色んな「温かさ」が無くなったなと思うわ


254 :スペースNo.な-74 2010/05/20(木) 18:06:25
手書きとか考えられない
読みにくそう



255 :スペースNo.な-74 2010/05/20(木) 18:22:36
読みにくかった。
ま、漫画の吹き出しもほとんど手書きだったけどね。



256 :スペースNo.な-74 2010/05/20(木) 20:42:32
字の上手な人に清書してもらうというのもあったな
「清書さん」とか「リライターさん」と呼ばれていた
ワープロが登場して消えた


258 :スペースNo.な-74 2010/05/20(木) 23:38:21
人間写植機かっこいいな


260 :スペースNo.な-74 2010/06/08(火) 21:47:08
今は新規イラスト+トークでもイラネって言われる
イラスト入れるならその分ページ減らして安くしろとか事務なくせとか
昔は見開きトークとか前書き後書き見開きに
更に本文トークとか珍しくなかった
全部読むと結構な量でなんか満足してた
今思うと騙されてたなーw



261 :スペースNo.な-74 2010/06/08(火) 23:18:22
騙されてた、ねえ…


265 :スペースNo.な-74 2010/06/12(土) 12:20:35
自分はトークや前書き後書きの類が超苦手なので
そういうのを一切廃してもOK(というかその方が歓迎される)
今の風潮はありがたい

個人的になくなってくれてよかったと思うのは
マンガの余白に「このキャラは○○ちゃんに捧ぐ」とか
「これあたしの~♪ちょうだい」「いいよー」「わーい嬉しい!」
なんて身内同士の「ちょうだい・あげる」系の馴れ合い書き込みだな
あれほどシラけるものはなかった


268 :スペースNo.な-74 2010/06/12(土) 17:59:51
欄外書込みはいまだ健在のとこもある。


269 :スペースNo.な-74 2010/06/13(日) 16:26:16
トークといえば「あそこで攻めが~するとわ」「でわでわ。ミ」
みたいに は→わに置き換えるのが流行ってたな
ふざけて崩す文化はネットスラングに受け継がれている気がする


271 :スペースNo.な-74 2010/06/14(月) 17:21:01
マンガの後のトークページで「このコマは~」「このシーンは~」と
逐一事細かに説明する作者が多かった…気がする
説明というのは技法的な事だったり
自分の狙った効果(ここが伏線で!とか)について
ちなみにジャンルは創作少女
説明したがりな性格の人が多かったのか
そういう風潮が普通だったのかわからないけど
そこまで説明されたら萎えるよ…
読者の好きに解釈させてくれよ……と一読後疲れた

今ここまで解説したらヲチスレでpgrされそうな気がする


273 :スペースNo.な-74 2010/06/15(火) 15:23:15
創作少年にもそういう人多かったよ
つか少年・少女問わず(書き手も男女問わず)今もいるね

イラスト本にもいたなそういう人
「これのBGMは~」とか「これのイメージは~とか」
「これ描いてたときプライベートが最悪で~」とか
自分の中では絵の多いエッセイ本と分類してて結構好き
ただし好きな作家に限る


275 :スペースNo.な-74 2010/07/06(火) 23:56:38
>(キャラ名)~。ッみたいな○に…が三つついたの
がわからない



276 :スペースNo.な-74 2010/07/07(水) 10:17:59
>>275
○の上に ''' がついたような奴だと思う

文末に意味なくついてて、今だと☆に相当するような感じの
ポップで親しみやすい文体にしたい時などに使用された記号かと



277 :スペースNo.な-74 2010/07/07(水) 11:05:26
猫の足跡簡易版みたいなヤツだな


278 :スペースNo.な-74 2010/07/07(水) 11:35:10
>277
その説明でやっとわかったw



281 :スペースNo.な-74 2010/07/07(水) 21:28:03
その記号が入力できるフリーフォントがあるw


291 :スペースNo.な-74 2010/08/08(日) 20:06:53
オルゴール付き同人誌とか
香水付きとか聞いたことある


294 :スペースNo.な-74 2010/08/09(月) 00:17:49
鎧の頃は島中の本でも本文フルカラー差し込み遊び紙3種盛り本文色替とかあった
でも本文の紙がやたら豪華で分厚い為にわりとすぐ分解したw



296 :スペースNo.な-74 2010/08/09(月) 02:27:00
薄くてカラー豪華装丁の本は確かに高かったけど
普通の分厚い本は安かったかなぁ
今はフルカラー28Pで500円だからね…


297 :スペースNo.な-74 2010/08/09(月) 02:39:29
>293
A役商会(一応伏せる)が☆矢の時に中閉じA4本出してた
印刷所からこういうのやれるんだけどどう?って言われる懇意な人たちが
印刷や加工を試して他に流行る流れはC翼からあったし
がゆんやそのへんがはしりだったと思う


298 :スペースNo.な-74 2010/08/09(月) 09:48:27
オルゴール本はC翼で見た 健小次だったかなあ
アンソロか大量ゲスト本で2cmぐらいの厚みがあった
上製本でたぶん元はカバー付きかケース入りじゃないかと思ったけど
自分の見たのは本体だけで全体がピンク色の本だった
(カバーもしくはケースがない状態だったので絵はなかった)
オルゴールっていうのはグリーティングカードなんかで
開くとハッピーバースディとか電子音で音楽流れるのあるじゃん?あれの事
ちょっとでも開くと「愛の賛歌」が鳴り出すのでうるさくて閉口した
本当にオルゴールみたいな音ならまだしもだけど…
あれを鳴らさないように読むのがめんどくさかった思い出


301 :スペースNo.な-74 2010/08/09(月) 12:43:05
豪華な装丁だと「印刷も高そうだから高くてもしょうがないな」と思って
財布に痛くても払えるけど、実際は大手なら部数が多いから単価はさして
かかってないんだよね。
がゆんは戦略的に無料配付でC翼に参戦したとエッセイに書いてたね。


303 :スペースNo.な-74 2010/08/09(月) 20:15:07
>>301
普通は1000円は取るページ数で、殴り描きじゃないちゃんと仕上げた本を一万部無料配布して
大手の仲間入りした
と書いてたね
一万部配る前も準大手だったんだろうけど


304 :スペースNo.な-74 2010/08/09(月) 23:36:01
無料配布本ってゲストありだったような
まぁがゆん主催だったのは間違いないが
ああいう景気のいいことする人が今出て来たら
少しは盛り上がりそうだけどね
ていうか思い切ったことをする人がいる、面白いことしてる人がいるっていうのは
いま思えばみんな影響されたりしてたしいい起爆剤だったなと


306 :スペースNo.な-74 2010/08/10(火) 00:53:30
>>304
今だと転売の餌になったり
煽って混乱をまねく真似やめろって叩かれそうだね
最近だと男性向けだけどフェイトのジャンプ風合同誌は面白かった


312 :スペースNo.な-74 2010/08/10(火) 17:28:58
夕泊までが同人バブル?


313 :スペースNo.な-74 2010/08/10(火) 18:27:15
癌翼・絵場までは入るんじゃない?
その後からジャンルが一極集中じゃなく分散していったから
爆発力がなくなったわけだし。



320 :スペースNo.な-74 2010/08/13(金) 00:51:33
翼・☆矢で見た目重視サクルと内容重視サクルが分かれた気がする
ゲーム系で後者は難しいのかなとも思うけど、長編妄想力が薄れてきた時期と近いだけかもしんない


321 :スペースNo.な-74 2010/08/13(金) 01:36:51
そういやほぼオリジナルのパラレルファンタジー長編
見なくなった


325 :スペースNo.な-74 2010/09/03(金) 08:51:15
>>321
自分はたぶんそれに当たるんだけど
飛翔・連載終了ジャンルでそれやってるよ。
見る人いるのかと心配になったりするんだが
オンデマで刷る位は需要ある不思議。

昔からリアタイのネタ出しが苦手だったので
連載終了してもまったり活動できるのは嬉しい。


323 :スペースNo.な-74 2010/08/24(火) 00:37:45
>321
飛翔系の連載終了ジャンルと、トルーパーでは今でもいっぱいある
昔、本を買っていたサークルが結婚出産を終えて出戻ってきていたので
興味があって立ち読みしたら、それだった


329 :スペースNo.な-74 2010/09/14(火) 10:59:51
バブル時代は、グッズが売れてたのを思い出した。
便箋とかレターセットの類。
今はメールがあるから、その手のグッズって
あんまり売らなくなったんだけど
マイナージャンル、地方イベント参加+コミケだけ(年4~5回参加)で
1000枚刷っても大丈夫だったな。その当時。
今ではちょっと考えづらい。

便箋集めるの好きだったので
当時は引き出しにあまる位、便箋持ってました。
今は殆ど使い切ったので、あまり残ってないけど。



330 :スペースNo.な-74 2010/09/15(水) 18:39:27
便箋類は通販の時に使ってた人が多いんじゃない?
為替の手数料が上がった数年前までは手紙と為替郵送してたから
今は郵便振替とか銀行振り込みが主流っぽいし


331 :スペースNo.な-74 2010/09/16(木) 06:33:30
雑誌で文通相手募集とかお盛んだった時代か
郵政省も儲かってたんだろうな


340 :スペースNo.な-74 2010/09/19(日) 20:38:58
イベントでいつも寄ってくれるリーマン風味な人がいたんだけど
ある日差し入れでオサレスタイリッシュ風味なポーチを貰った
でも使い道無くそのまま放置
数ヶ月して姉に見つかり何処で手に入れたか問い詰められた後に
お前には高価すぎるから私が使ってやるといって持っていかれた

当時オタ全開高校生にPラダのポーチ差し入れするくらい
バブルって景気良かったんだよな…むしろ今くれよ!!


346 :スペースNo.な-74 2010/09/20(月) 23:25:37
当時は「差し入れに一万円以下のものは失礼」って言われてたよ
まあ主に対大手の話だけど、普通に差し入れの礼儀として言われてた
>>340に差し入れした相手も特に下心があったわけじゃなくて
当時の礼儀に乗っ取って差し入れしたんだと思う
というか、当時下心のある差し入れにリア相手でも3万以下ってことはなかったと思う


343 :スペースNo.な-74 2010/09/20(月) 21:59:34
プラダが流行ったのって世間ではバブルはじけてねーか?

でも世間がバブル崩壊しても数年くらいは同人ではバブル影響なしって感じだったからなあ…


349 :スペースNo.な-74 2010/09/21(火) 08:49:19
バブル世代すごいなあ
経済観念ぶっ壊れてそうだけど



355 :スペースNo.な-74 2010/09/22(水) 04:49:56
自分もバブル時高校生の買い専だったけど
ブランドアクセとか香水の差し入れをしょっちゅう目にしたな
今なら差し入れが香水とかひんしゅくものだろうけど


361 :スペースNo.な-74 2010/09/23(木) 02:24:13
>バブルかどうかは知らないけどファッション講座?みたいなページがあって
>そのファッション講座は高河ゆんの旦那だ…
初めて買ったカタログに載ってたなあ


362 :スペースNo.な-74 2010/09/23(木) 16:03:38
当時のオタはものすごいのがいっぱいいたからね…。

男は臭くて、バンダナ巻いてて服はよれよれで、Tシャツやキャップにキャラの缶バッチが
ジャラジャラついてて、街中なのになぜかトランシーバーで会話してたり。
女もデブ率が高くて、すっぴん眉ボーボー、黒髪一本縛り、スエット素材でウエストゴムのスカート。
こういう人がいっぱいいて、はじめて行ったコミケで衝撃受けて帰ってきた記憶がある。

あのファッション講座以降、「まず清潔にしよう。あと小奇麗な格好して来い」って内容のマンレポが増えたし
内容がオシャレだったかは置いといて、呼びかけとしては良かったんじゃない?



364 :スペースNo.な-74 2010/09/23(木) 20:16:23
でっかく「尾崎南命」って書いた着物の女性の目撃談とかも聞いたことある
当人の列に並ぶときは良いとして、他のサークルの買い物はどうしたんだろうと
人ごとながら気になった



365 :スペースNo.な-74 2010/09/23(木) 22:43:44
最近このスレ動きが活発で嬉しい

ここ2年くらいで同人始めたんだけど、イベント行ってもオシャレな人が多い
ちょっとスレチかもしれないけど、いつぐらいから「普通っぽい人」が増え始めたんだろう


366 :スペースNo.な-74 2010/09/23(木) 23:16:29
>>365
私見だけど、ネットが普及してオシャレ情報も入手しやすくなった90年代終わり頃?
あとはネトヲチが活性化し始めた頃かな
オシャレ願望以外に「イタイ奴と思われたくない」という理由から
言動や外見に気を配る人が増えた気がする


369 :スペースNo.な-74 2010/09/24(金) 23:40:10
>>365
男ヲタの場合、2000年代初頭にWEB版の一から始めるファッションマニュアルと脱ヲタクファッションガイドあたりのの影響が大きい。
その周辺の時期にあった男子向けのトートバックブームで、リュックが男子から完全駆逐され、
同じ時期に中高男子の間で細眉ブーム&髪を切るなら美容室かオサレ床屋みたいな雰囲気があって、
オタク含め男子にも身だしなみが必須みたいな空気があって、最後、電車男が決定打みたいな感じはあるな。

脱ヲタと(当時としては)新しいファッションの潮流が合わさった感がある


367 :スペースNo.な-74 2010/09/23(木) 23:26:43
ユニクロ(安価でそこそこの服)と、KY(空気嫁)の普及に伴った感はある


373 :スペースNo.な-74 2010/09/26(日) 20:25:48
バブルのせいかどうかは知らないけど
やたらピンクハウス系の服装の人を見かけた
胸にコサージュ?を付けた格好。
ここ数年見てないけど


374 :スペースNo.な-74 2010/09/26(日) 21:24:23
90年代はピンハ全盛期だったねえ…


377 :スペースNo.な-74 2010/09/27(月) 12:56:30
本人+売り子全員のイベント制服がぴんくはうす
売り子の服代はサークル主もち

というのを聞いた事がある


378 :スペースNo.な-74 2010/09/27(月) 14:10:44
正に舞踏会だなあ・・・


394 :スペースNo.な-74 2010/09/29(水) 19:19:10
「ジャンル」や「カプ」じゃなく、「サークル」のオンリーがあった、っていう話は本当?
女豹様さまかがゆんだったと思うけど、サークルはそこ一つだけで他の参加者は全て買い手。
同人の世界を知って数年の身としては想像もできなくて



396 :スペースNo.な-74 2010/09/29(水) 20:27:34
>>394
それはダンパとかじゃなく?
主催が当日限定本を出して踊りまくるというカオスな予想だが
実際どうだったんだろう


397 :スペースNo.な-74 2010/09/29(水) 22:28:00
いやあった。
がゆんの発表会とかいうやつじゃなかったかな。
レシピに少しだけ報告まんががあったんじゃなかったか。
参加して無いけどチラシだけもらってイラスト集にはさんで保管してたな。
もう処分してしまったけど。女豹様もやってそうだよね。
絵味苦里の上映会なんかもそれに入るかな。
こっちは大阪旅行ついでに行って来たよ。サービス満点で楽しかった。懐かしい。


399 :スペースNo.な-74 2010/09/29(水) 23:51:07
>>397
会場もサンシャインとかの有名所だった気がする
サークル一つなのに買い手も多くて、かつ周囲は皆同じサークルのファンだから
参加者の一体感が凄かった、とか。

>>398
今は買い手もジャンルに着いてて、同じ書き手でもジャンル違えば追いかけないってのが
当たり前になっちゃってるしねぇ


401 :スペースNo.な-74 2010/09/30(木) 02:24:45
>>399
サンシャイン近くのビルの1Fだったよ
当時がゆんさんと付き合いのあったサークルが知人で、便乗した
確か、併設して原画展もあった様な…うろ覚え


402 :スペースNo.な-74 2010/10/03(日) 01:50:23
回線の同人初心者にはここにあげられてる本がどんなもんなのか想像もつかない…
今でもそういう本売ってるようなところってあるの?
オークションもみてみたけどいまいち見つからず…写真だけでもみてみたいな



403 :スペースNo.な-74 2010/10/03(日) 04:01:03
>402
だらけみたいな中古屋にもあるし、その頃の大手のサクル名やPNでヤフオク検索すればたくさん出てくるよ



404 :スペースNo.な-74 2010/10/03(日) 20:31:45
夢のような世界の話美味しいです…

自分は同人始めたのが数年前で同人バブルは全くわからないけど
ジャンルバブルに2年位前にあたってそれまでドピコだったのにいきなり壁に
飛ばされるわ、列が捌いても捌いても終わらない、一日に数リットルの水を
飲んでもトイレにいきたくなくてもいいくらい売って、帰りはタクシーで銀座で
売り子さんたちに飯奢ってたな
2年前が自分は懐かしい・・・
今は完全にジャンル収束しちゃって中手レベルだ
仕事やめて専業にならなくてよかったと思った・・・


434 :スペースNo.な-74 2010/10/10(日) 19:33:08
売り子に全員デザイン衣装とかかっこいいと思うけどな
今やったら激しくヲチされるんだろうか


437 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 00:23:58
今でこそお揃いのTシャツやジャンパーが作りやすくなったけど
オンリーイベントのスタッフとかだったらアリだけど、イベントに
参加しているいちサークルの売り子がお揃いの服でって
なにそれw力入り過ぎwそんなことより本をryってなっちゃうと思う
女性向けは特に
本を作ること以外の部分特に買い手に還元されないことで
サークルが目立ったりパフォーマンスするのは許されない感じ



438 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 11:06:26
デザインTシャツくらいなら、センスが良くて日常使いできそうなのならいいなと思う

今は紙バッグやメモ帳のような無配グッズを見るけど
バブル期の無配グッズはやっぱり豪華だったの?


439 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 11:28:33
ジャンル初参入時に顔を売る為に
同人誌を一万冊無料で配った
高河ゆんという人がおってな…

配る方もすごいけど
一万人も無料で持って行ってくれる読者が
存在するというのもすごい


441 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 14:10:55
がゆんの時代はテンバイヤーとか横行していなかったし、
売り手も買い手も仲間意識の高かった時代だから
一人で何冊も持って行くような奴は少なかったんだろうな
もちろんいたとしても転売のためっていうのはなかったと思う
同人誌がそこでしか手に入れられない宝物だった時代だ


442 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 14:25:50
んなこたーない。
転売屋はいた。
ただ、今みたいにネットであからさまにならないだけ
中古書店でペラ本が万超えてるのとかザラにあった。
当時は再録本の存在がほとんどなかったから高騰し放題だったよ
中古屋以外だと、ぱふの欄外の譲りますで、○円為替同封で譲るリスト送りますとかが多かった。
それでオークション形式とかもよくあった。売るほうも2冊買いしてますって人もいたしね。


443 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 16:18:47
ここでよく名前の出る、がゆんと女豹様は仲良いのかな?年齢は近いみたいだけど…。


444 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 18:12:07
>>443
今も交流あるかは知らないけど、女豹特集のぱふだったかにがゆんがコメント寄稿してた
全盛期がゆんがイベント会場で、他の人が買った女豹の本を読ませてもらって衝撃受けて
女豹スペースに走ったら完売してて、通販をその場で頼んでそれを応対したのが女豹本人
後日届いた本と一緒に女豹がその時のことへのメッセージ入れてたとかで交流始まったらしい


453 :スペースNo.な-74 2010/10/18(月) 04:05:43
>>443
ちょうど数日前に最近具に度はまりしたツイッターはじめたばかりの女豹様が
具のカカシ受けについてがゆんと語り合ってたよ


445 :スペースNo.な-74 2010/10/11(月) 18:17:52
仲は悪く無いだろうが、翼の頃の大手ってアンソロ(ゲスト本)よりも
個人誌でばーーーんと100P超える本作るのが主流だったイメージ
中手とかピコがゲスト本やる感じ

トルーパー以降は普通に大手のゲスト本見かけたけど


451 :スペースNo.な-74 2010/10/18(月) 00:19:30
噂でしか聞いた事ないんだけど、1枚1000円以上するお姫様トーンていうのがあったらしい
定着とか再現率とか普通のトーンより格段に良かったって話なんだけど
最近は都市伝説のたぐいのような気がする



454 :スペースNo.な-74 2010/10/18(月) 04:44:35
>>451
レトラトーンの最高値は一枚1000円超えてたんじゃなかったかな
あの当時はほぼレトラとICしかなかった。あとマクソン
ICはいくらだったかなあ
値段はIC<マクソン<<レトラ
でも品質は確かにレトラが格段によかった
削りやすさとかも全然違った


452 :スペースNo.な-74 2010/10/18(月) 01:12:58
レトラが一枚800円だったよね?それ以前に1200円という値段をみたようね…?


459 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 13:39:24
バブル期って知らないんだけどやっぱり大手さんの本はトーンばんばん使ってる
感じの本が多かったの?
プロのアシさんとかいたみたいだし


460 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 13:51:56
クランプなんかは貼り込んでた。商業並み。
でも印刷技術が今より悪かったのか
トーンの下になっちゃった線がかすれちゃったりしてた。
自分が買った本はトーン多めの女性作家が多かった。


461 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 13:57:22
昔は漫画の背景を商業誌からトレスしたり
コピって貼り込んだりっていうのが当たり前だったから
今よりもずっと背景・効果・トーンは入ってたような気がする
今はなんというか背景なしの雰囲気漫画が多いイマゲ
デジタル化のおかげでトーンは満遍なく貼られてるけど
効果は自分で手描きしてるんじゃなくて
既存のものをそのまま使ってるっぽい気ガス


462 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 14:19:59
トーンといえばクランプという感じ
一冊だけ自ジャンルの本を出してたから買った
当時にしてはお手軽価格だったけど萌えはまったく感じられない外れ中の外れの本だった
高河ゆんも一冊だけ出して値段普通だったけどドマイナーカプで驚いた


463 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 16:21:18
クランプは一ジャンル一冊を規定にしてたサークルだからな
あんまり萌えてないジャンルに手を出して描いたのがよくわかる本だったな


464 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 16:33:23
> 一ジャンル一冊を規定

どのジャンルも一度きり(一種限り)しか本を出しませんって事?


465 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 18:26:27
そだよ
巨人の☆とかマイナーアニメの本とかも出してたな
話題づくり&お祭りノリのチャレンジ精神ぽかった


466 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 20:13:59
>>465
でもクランプの
> 話題づくり&お祭りノリのチャレンジ精神ぽかった
ってところは嫌いじゃなかった最近の大手にはいないよね
ジャンルはオリジナルのえみくりもたまに二次出してた?


467 :スペースNo.な-74 2010/10/20(水) 22:27:10
えみくりは翼も星矢もガスガス出していたよ
たまにどころか明らかにメインの時期が長くあった


468 :スペースNo.な-74 2010/10/21(木) 03:28:41
>461
やってる人はいたけど当たり前じゃなかったよ>背景トレスやコピ貼り
いまより広義の意味でのパロがあったからね

>466
そもそもオリジと平行してトラ球団の本を量産してたよ
お揃いのスタジャン作りませんか?なんてやってたし


469 :スペースNo.な-74 2010/10/21(木) 06:23:29
味っ子もジャニもヅカもやってた


471 :スペースNo.な-74 2010/10/21(木) 14:03:17
そのクランプの1ジャンル1冊って何が楽しいの?
普段から「○○が好きで~」って言ってる別ジャンルメインの人が
プチがあったから出してみましたっていうのとは違うよね?
作る側の心境はともかく、話だけ聞いてると全然買う気になれないんだけど



474 :スペースNo.な-74 2010/10/21(木) 19:25:23
>>471
サークル自体がブランド化してたから
どこまで読者がついてくるのか挑戦してた感じ?



473 :スペースNo.な-74 2010/10/21(木) 14:51:52
クランプは王道175って感じだったけど
えみくりはパロディになると、なんでそれ?っていう茨カプだったな
主張を聞くと納得しないでもないけど、王道は味っ子と星矢くらいだったかも
ある意味周りに流されずに己の好きなものをやる!っていう意味では好感が持てたのがえみくり
あざといなーって思ったのはクランプ


475 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 00:30:54
そういやがゆんも
自分の力でどこまでジャンルをブレイクさせられるか、プロデュースの力試し
みたいなのをやったってなんかで言ってたな
確か魔界都市


476 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 01:04:56
話聞いてると
がゆんやクランプはたまたまアニメや漫画が好きだったから同人を舞台に選んだだけで
ビジネスをやりたかったのかな?
商業で成功してる現在を考えると興味深い話


477 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 01:32:57
クランプは分からんけどがゆんは萌えでやってたと思う
でなきゃニトロ飲んでまで漫画描かない気がする


478 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 02:42:07
>>477
ニトロって!?


479 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 03:59:01
>475
正確には魔王伝な

>476
どっちにもちくらさんが絡んでるね
当時の、何かを起こそうという気概は好きだったし
彼女たちは熱かったわ

>478
心臓疾患の人が飲むやつ
モカも効かないからとどこからか入手して飲んでたもよう
すぐやめたみたいだけど


480 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 09:47:53
作家は好きにしたらいいと思うけど
海鮮がよく買うなと思って不思議だったんだ
作家>ジャンルって感じだったのか

今はあんまり見ないからおもしろいな


484 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 18:04:14
今だとちょっと考えられない本の出し方だけどそれは楽しそうだな
バブルの時の同人誌買ってみたいわ



485 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 18:20:31
今の肥えた目で見たらすげーがっかりすると思うよ
思い出はうつくしいものです



486 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 18:42:04
初めて行ったコミケ(幕張)で
クランプの同人引退ペーパー(新聞サイズ)を貰った覚えがある



489 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 20:02:54
クラムプの当時の本手元にあるけど
昔から画力もあったし、背景の描きこみやトーンもばっちり
表紙のカラーもキレイ
話も元ネタ良く読み込んでるし笑えるギャグ満載
考察も文章でしっかり書いてる

ワープロの文字がかくかくしてるのと
印刷技術が今一だったのを差し引いても
今時の女性向け大手よりぜんぜん完成度が高いよ。


491 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 21:04:36
クランプは一時期まで特殊効果でなんとなく上手く見えるってイメージだったんで
その頃男性作家陣のゲストに混じるとトーン多いだけで画力は中途半端に見えたなあ

今の若い人はもっと色んなアングルを描けるから
どれぐらい見劣りに感じるかは今常駐してるジャンルによると思う
絵だけ見ればだけど


492 :スペースNo.な-74 2010/10/22(金) 21:52:34
クラソプといえばまず異様な肩幅
そして最近の絵見たら等身まで変になってた


503 :スペースNo.な-74 2010/11/06(土) 10:24:21
今は女性向けでもNLが一定数あるね
少女漫画読んでおいたらいいじゃんと思って興味持てないけどw
女の子って作品の添え物だったのになあ


506 :スペースNo.な-74 2010/11/06(土) 16:17:11
公式男女カプが好きでよく本探すが、確かに昔は今ほど見かけなかった気がする


510 :スペースNo.な-74 2010/11/06(土) 23:23:52
昔って今ほどカプが細分化してなかったからなあー
503じゃないけど、例えばC翼の頃にNLカプやりたいなんてなったら
えっwwなんで同人でNLやるのww原作か少女漫画でも読めばwwwて
言われたと思う。
原作ではありえないことを説得力と洗練された絵で再現することこそ
同人の醍醐味というか、火のない所に煙をたてて~とか言われていたよね


511 :スペースNo.な-74 2010/11/07(日) 03:39:30
>510
翼ならそもそも半年やそこらで急激に801が正義!みたいな波が来ただけで
その前後にも見過ぎくんとマネのほんわりラブ話とか描いてる人がいたし、
その前はイラストやカット描いて満足の○○くんが好き!みたいなFC的なものとか
原作準拠なサイドストーリーや友情ものばかりだったんよ……
ノーマルカプ好き+ホモ・エロ嫌いとキャラをBLにしたい後発サクルとの間で対立もあった
本を細かく切り裂いて描き手に送りつけるとか、カッターの刃をたくさん折って送り(ryなんて闘争もあった時代さ……

そんな感じで801こそ正義!な流れが二次で一通り定着した後かな
ノーマルカプ好きや801エロ秋田→ノーマルストーリーに移動な人達がじんわり増えてきたのは


512 :スペースNo.な-74 2010/11/07(日) 06:39:24
★矢のリアル時にはノマはあったよ。
ただ801が圧倒的人気の中の少数だったけど。
劇場版に出てきた兄×女神とか龍×中華とか獅子×鷲とか。
でもほんのり程度で作品のボリュームも薄く、もはや原作とは何の関係もない大手の出す
ぶ厚い本には勝てなかったというのもあった。
当時はどのジャンルでも「あんなカプありえねーwww」というのを漫画にしたり
フリートーク(多かったな、これも)で語ったりしてたから怖かったと当時やってた人は言ってた。


514 :スペースNo.な-74 2010/11/07(日) 13:20:27
あの頃男女カプといえば「公式通りかそれに毛が生えた程度の接触」で、健全括りだったよね


520 :スペースNo.な-74 2010/11/27(土) 13:39:06
ネタないかな~
一応保守


521 :スペースNo.な-74 2010/11/28(日) 04:19:31
バブル期かどうかわからないけど、95年ごろの中古本買ったら
中にそのCP者でライブハウス借りてパーティーみたいなチラシが入ってた
パーティー記念合同誌なんてのも…
現在落日なジャンルなので、鼻くそが飛び出すほどびっくりしたけど
ここ読むとたいしたこと無さ気だ



522 :スペースNo.な-74 2010/11/28(日) 11:43:44
1995年ならまだ同人バブル期だ
そういうのあったな…


523 :スペースNo.な-74 2010/11/29(月) 02:46:34
ダンパ(ダンスパーティー)はバブルよりちょっと前の方が盛んだった記憶があるな
オンリーイベントとか開くよりずっと簡単に開催できたし
だいたいディスコ貸し切りでやってたけど、世間がバブルに入ってディスコ=ジュリアナなイメージになって
あんまりオタクな女の子でも気軽に遊びに行くような所じゃなくなった頃には見なくなったと思う


524 :スペースNo.な-74 2010/11/29(月) 10:48:57
ダンパっていうけど、当時の今よりももっさりしていたであろう
オタクたちがアニソンに合わせて踊ってたりしたの?
何か想像できないんだが



528 :スペースNo.な-74 2010/11/30(火) 00:56:53
当時ジュリアナにも行ってた当時隠れオタクですが
渋谷あたりだとレディースデイなんかで半額で食べ放題飲み放題があったりするんで
仕事帰りに行くバイキング感覚でした。
七夕は浴衣着ていくとタダとかあって、タダメシ喰うために着付け覚えたわ。

オタクだからフロアで踊る人もいないだろうし、
アニメソング流して、立ち食いのバイキングを想像したがちがうんかな。
コスプレとかもいたんだろうか。


529 :スペースNo.な-74 2010/11/30(火) 04:54:57
>オタクだからフロアで踊る人もいないだろうし
なんでそう思うんだw普通に踊ってたよ
踊るって言っても、適当に体動かすだけだし
ジュリアナ以前のディスコは、今でいえばカラオケボックスくらい気軽な場所だったし
少なくとも東京のイベントに来るくらいの子で、一度も行ったことない人の方が少なかったと思う
だから、かかってる曲がアニソンやJPOPだっていうくらいであとは別に普通
自分が行ったダンパはコスプレはあんまり印象ないな
「コスプレダンパ」というのはまた別に開催されてたと思う


530 :スペースNo.な-74 2010/11/30(火) 12:23:16
バブル終わりかけの頃ってダンスミュージックが流行ってたから
よっぽどリズム感がない子以外は普通に踊ってたよ


531 :スペースNo.な-74 2010/11/30(火) 13:14:57
自ジャンルでは「バレーボール大会」っていうのがあったわ
大手サークルが呼びかけて仲良しサークルさん達が集まったっぽい
自分は遠隔地在住だから観戦には行かなかったけどw



533 :スペースNo.な-74 2010/12/01(水) 02:08:19
バレーボール、自分は行ってないけど、知り合いの大手が主催してたんで覚えてるわ
あの頃は色々企画イベントあったなぁ…


535 :スペースNo.な-74 2010/12/02(木) 02:44:11
翼の時に、サークル名と同じ名前のバンドで
カプのイメージソングを歌ってライブしてた美人サークルさんがいたなー。

あと女豹様には感謝をしている。
隠れオタとはいえ、どうしても引け目みたいなものがあって
流行のものとか、華やかな場所で遊ぶとか出来なかったんだけど
女豹様のBDダンパでいろんなクラブに行けた。
毎年、当時の最先端クラブでの開催だったよ。
King&QueenとかJTRIP BARとかジュリアナとか。
原画展は、代官山や出来たばかりの恵比寿ガーデンプレイスとかだった。




537 :スペースNo.な-74 2010/12/02(木) 05:42:27
あのへryな絵で原画展…


538 :スペースNo.な-74 2010/12/02(木) 08:02:35
原画展で油絵も描いてたよね女豹様
何かイエスキリストみたいな南条に絵の具ぶちまけて
キャンバス突き破って針金がウジャっと出てた
カオスな代物だったけど


539 :スペースNo.な-74 2010/12/02(木) 11:24:59
女豹様は突き抜けてんなあ…


540 :スペースNo.な-74 2010/12/02(木) 11:55:06
道なき道を行く人は石ころだらけの原っぱや茨の生えた林を抜けていくんだろうなあ


541 :スペースNo.な-74 2010/12/02(木) 13:22:56
もう荒野は開拓し尽くされたような気もするけど
思いがけないところにまだ未開の地はあるのだろうか



545 :スペースNo.な-74 2010/12/03(金) 11:36:02
女豹様は今見ると画力はアレなんだけど
目力のある絵描くからな



546 :スペースNo.な-74 2010/12/03(金) 13:23:03
えっ


547 :スペースNo.な-74 2010/12/04(土) 01:56:45
目と顎のインパクトはすごいよ


548 :スペースNo.な-74 2010/12/04(土) 02:01:34
あの人の場合、絵は二の次で一番はあの意味不明なパワーだと思う
ストーリーも、冷静になったらなんでそんな理由で手首切るの!とか思うけど当時はなんかよくわからない力量で読んでしまった。


549 :スペースNo.な-74 2010/12/04(土) 03:10:13
悩み多き年頃には女豹漫画に出てくる淀みないキャラが魅力的に映るんだよね
だいぶマイルドだけど最遊記とかも


593 :スペースNo.な-74 2011/01/24(月) 04:34:07
>>549
中学生のころ最遊記が大好きだったという男性がいたの思い出した
女子がセーラームーンにあこがれるように最遊記のキャラがかっこよく見えてたと


550 :スペースNo.な-74 2010/12/04(土) 09:31:33
顎が…になる前は好きだったよ女豹様の絵
当時は今でいうオヴァ絵頭身もありふれてたし技術的なことは考えたことなかった

絶愛読んだことない時マーガレットの表紙になってたのが気になってたわ
ホントに意味不明なパワーとしか言いようがないw


551 :スペースNo.な-74 2010/12/04(土) 10:22:14
当時の女豹様のパワーが物凄かったのは紛れも無い事実だよ。


552 :スペースNo.な-74 2010/12/04(土) 11:03:30
なんだろ、カリスマ?


554 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 03:54:49
C79のカタログのまんレポに
「バブリーな本をあんまり見なくなったなあー」
というネタが載ってた
そこで上げられていた例だけど

・本文全ページPP貼り
・香りつき
・重量アルバム級なハードカバー
・本文箔押し

自分は同人バブルの頃買い専だったけど
「重量アルバム級なハードカバー」ぐらいしか見たことがない


555 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 08:09:48
全ページPP貼りってなんぞ
フルカラーかモノクロなのかも気になる

美弾紙が誕生した瞬間が懐かしいな
あの頃はもう弾けた頃かな…


556 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 08:16:26
今は高い装丁にするとデザイン面に求められる敷居も高そうだね
同人出戻りの人が特殊紙使っただけで自己満足してる本出してて
昔はそれだけですごいって思ってたのになあって見る目変わってるのを自覚した


557 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 08:31:08
今は安い画像ソフトがいくらでもペンタブについてくるし試される装丁
ヲバセンスが爆発しないように、無理して流行追うより美術系チェックしてる


558 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 11:30:28
ここはいっそ80年代・90年代センスをとことんまで追求してみるとか


561 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 14:46:28
ギャグ調ならあり
上手い人がわざとダサさのきわみな表紙を作ってて芸が細かすぎて感動したことがあるw


562 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 20:07:12
ありありw
80年代アイドルパロみたいなやつを
ガチ世代にしかウケないかと思いきや
リアの子もおもしろがって結構買ってた


563 :スペースNo.な-74 2010/12/07(火) 21:32:54
80年代来てるよね
当時の野暮ったさを洗練すれば結構いける
デザインも80年代半ばから90年代半ばくらいは参考になるものが多い



565 :スペースNo.な-74 2010/12/08(水) 11:45:22
聞いた話だけど「飛び出す絵本」式の同人誌があったとか
印刷なのかハンドメイドなのかわからない
でもそれなりの数が出たらしいのでやっぱり印刷なのかな


566 :スペースNo.な-74 2010/12/08(水) 16:26:23
飛び出す絵本が高いのは、全部手作業で飛び出させてるからだと聞いたことがある。


567 :スペースNo.な-74 2010/12/08(水) 23:24:02
20年前の厨房だった頃は同人ってお金持ってるお姉さまの趣味ってイメージだったなあ


568 :スペースNo.な-74 2010/12/09(木) 03:48:41
今じゃ小学生もポンポン同人誌出す時代^p^


569 :スペースNo.な-74 2010/12/11(土) 09:51:58
二色刷りでも「sugeeeeeeee!!!」だったのに
今では小学生でもFC+PP貼りできるような印刷代だもんな


570 :スペースNo.な-74 2010/12/11(土) 20:09:42
今は2色刷りでもセンスがないと貧乏くさいpgrされる難儀な時代


573 :スペースNo.な-74 2010/12/12(日) 17:55:24
そういえば女豹さまは自分のライブビデオとか出してたな。
歌声とかうへぇってカンジだったけど、スタジオ撮りとかしててバブリーだった



574 :スペースNo.な-74 2010/12/13(月) 19:39:17
今の女豹様ってその頃の自分どう思ってるんだろ
ライブビデオとか写真集とか自分で見返したりするのかな


580 :スペースNo.な-74 2011/01/05(水) 19:24:42
801書いたら売れる時代だったのがものすごくうらやましい


581 :スペースNo.な-74 2011/01/06(木) 11:45:08
いや昔でも「801書いたら売れる」とは限らなかっただろ…
うまい人は売れる ヘタレは売れない これはいつの時代でも変わらん
まあバブル期は今とヒトケタ違ってたというのはあるけど


582 :スペースNo.な-74 2011/01/06(木) 14:15:27
上手い人、のレベルが当時と今じゃ段違いだと思う。
年末の大掃除で昔(☆矢とか主将翼とか)の本が出てきたから懐かしくて見てみたけど
今だったら絶対買わないようなへryの本が山ほどあった。
当時はへryと思わず普通に買っていたけど、カプ中手の本でも
線汚いし骨折デッサンだし話のつじつまがめちゃくちゃで、見直したら驚いた。

本当に上手い人は当時でもいたけど、全体のレベルが低すぎて
ちょっと描けてるように見えてエロシーンもありだと飛ぶように売れてたし、
ジャンル一極集中だったから売れるケタが違ったよね。


583 :スペースNo.な-74 2011/01/06(木) 14:23:25
昔買ってた人の名前でググったら昔の本の表紙だけ確認できたりする
そのときにいつも思うのは「今だったら絶対売れないなこの人」っていう…
出戻りでマイナーカプ好きだから今でいうピコの人の本でも全然買うw
昔と比べたら上手いもん逆に大手さんが整いすぎててつまんなくて買わない



584 :スペースNo.な-74 2011/01/09(日) 15:18:20
うーん、正直当時でも上手くはないなと思いつつ、でも魅き付けられるものがあって
並んでまで買ってたというのはあった。あの人とかあの人とか…。
逆にこの人何でこんなに絵も話しも上手いのにそんなに売れてないのかなと
思う所もあり、結局今も昔もキャッチかどうかとエロ有りにはかなわないなというかな。
昔は本当に絵自体が上手い人は地味だった。見せ方とか色とか装丁とか。
今はそういうのもある程度フォーマットが出来てしまってるのかな。


585 :スペースNo.な-74 2011/01/09(日) 17:17:53
手探りな分バリエーションに富んでた時代と、売れてる大手やプロみたいな手本が相当数あって
近い物を作ればそこそこ見栄えがする+ツールやソフトの発達による見栄えの底上げ
これはかなり違いが出てると思うよ
描線ひとつとってもコミスタで描いた綺麗な線は画面全体に綺麗な印象をもたらすけど
繰り返しじっくり見たい絵という点からは離れていく不思議
逆に絵自体は上手くなくてもタッチや迫力から熱気や気合いを感じる物もあったから
いま見たら下手な絵でも昔は本を買ってしまったんだと思う
形になってる物でもないし、感覚的な個人差もあるだろうから
一概には言えないけど自分はそんな感じだった

大手というかスタンプスキルで思い出したけど、こうしたらある程度売れる、みたいな大手になるための狙い方というか、そういうパターンが確立したのは悠履くの頃?
聖夜の頃はまだ混沌としてた気がするんだ


586 :スペースNo.な-74 2011/01/20(木) 15:41:02
保守ついでに
次号のコーラスで女豹様がブロンズ外伝?を描くよ
今の大手さんでこんな待遇してもらえる人ははたしているんだろうか



587 :スペースNo.な-74 2011/01/21(金) 22:00:25
女豹様すげえな
ライブビデオとか写真集とか

同人作家なんだよね、ふつうの
そこにいきつくのがありえないw


588 :スペースNo.な-74 2011/01/22(土) 00:33:20
>>587
確かに同人作家だが
「ふつう」ではない
当時も決して「ふつう」ではなかったw


589 :スペースNo.な-74 2011/01/22(土) 22:43:25
自己顕示欲の塊だな


590 :スペースNo.な-74 2011/01/23(日) 00:26:23
物を作り出す人間は、もれなく自己顕示欲のかたまりだろ
差はあるだろうけど
バブルから少し外れるが、知り合いが女豹様の信者だった
それこそ「読む用」「保存用」「布教用」の勢いで、女豹様の
本もグッズも関係した物は一種につき複数揃えていて
保存庫専用の部屋まで借りていたな
そんな信者の懐に今でも支えられているんだろうと思うと
やはり「ふつう」じゃないと思う


595 :スペースNo.な-74 2011/01/24(月) 12:37:15
昔はお茶会とかあった気がするが
あれはいったい何をする会だったんですか
ひたすら交流?



596 :スペースNo.な-74 2011/01/24(月) 21:28:32
今で言うオフ会


601 :スペースNo.な-74 2011/01/25(火) 22:00:52
あー、私も行ったことあるわ、お茶会
市民会館だか文化会館だか忘れたけど、そんな感じの公共施設の会議室みたいなとこで
会議机にお菓子とジュース並べて今でいうMAD見たの覚えてる
当時はビデオしかないはずだからデッキ二つ使って編集したんだろうなあ…
普通の家にピデオデッキ二つなんて滅多にない頃だったから、びっくりした思い出
逆にそれ以外ほとんど覚えてない
お茶会っていうより、高校の部活の打ち上げみたいだなと思ったのは覚えてる


602 :スペースNo.な-74 2011/01/25(火) 22:17:32
バブルの思い出にしちゃショボいと思われそうなので補足
時期としては同人バブル以前の一般的なバブルが弾ける前で
主催は当時、たしか大学生になったばかりくらいの年齢
いわゆる地方大手ってサークルで、地元イベントでは常時壁だけど他の地方のイベントでは壁落ちもあり、
ミケとか大規模になると誕生日席が精々ってクラスのサークル主催で
他地方の人も含め50人くらいは集まってたと思う

ファンの集いといえば、えみくりの自カプ声優よんだっていう集いは
(当時も引いてる人はいたけど)今だと明確に批難されそうだよね
私は、女性声優だったからまだマシだったけど男性声優だったら明確に引いただろうなと思う
まだBLCDとかもあんまりない頃だったし…


603 :スペースNo.な-74 2011/01/25(火) 23:51:15
その自カプ声優に自分たちの脚本のドラマ演じてもらって、カセットも出してたよね。
自分達のオリジナルならまだしも、二次だったのによく出来たよなぁ、と
いくら今と違ってゆるゆるな時代とはいえ、当時でさえ不思議だった。

で、そのドラマでよせばいいのに自分達でナレーションなんかもやっちゃたんだけど
プロのお二人の喋りの間に、滑舌がなってない素人の語りが入って聞き苦しいこと
この上なかった。


604 :スペースNo.な-74 2011/01/26(水) 06:31:46
>603
スラダンで同人CD出した人いたよね
好き声優のBLCDデビュー作なんだぜ……orz
もちろんアニメとは違うキャスト


605 :スペースNo.な-74 2011/01/26(水) 07:10:10
でもあのサークルの特に片方の人のパワーがなければ、あんな企画実現しないと
思うし、企画自体あの人達のイメージの押し付けだからねえ。
癌ダム翼では主人公で受けの人がお茶会来てプレゼンターとかしてくれてたよ。
主催の人の知り合いみたいだったからかもしれないけど。


607 :スペースNo.な-74 2011/01/26(水) 17:18:09
金出せばやるのかね今でも
企業の話だけど声優着ボイスとか
あのキャラまんまだろってのでピロートークみたいなエロくささやくのとかあるなあ


618 :スペースNo.な-74 2011/01/27(木) 15:55:49
あの頃は子供だったから、つまんない本だけどみんな買ってるから
もっと深い読み方があるはず!私がバカでそれに気がつけないだけ…と
大手の雰囲気本見て思ってたんだよな…



623 :スペースNo.な-74 2011/01/27(木) 19:47:40
>>618
> もっと深い読み方があるはず!私がバカでそれに気がつけないだけ…と

大手人気に流されて買ってた自分はそんな考えすらなかったよ…orz
でも絵が綺麗なだけとかエロ度高いとかwはジャンル移動で手離す時に
あまり抑止力にはならないんだよね。
最後まで手元に残るのは、やっぱり話として面白い本だった。

選別して買うようになった今は、片手で足りる数になり、ネット通販で済ますこともある。
そう思うと、友人達と分担してリスト片手に買い回ったバブリーな時代はいい思い出。
もう、あの頃みたいにダン箱一杯の新刊を宅配に出す日は2度とないんだろうな。


632 :スペースNo.な-74 2011/01/29(土) 13:23:18
侍ブームの頃に商業デビューした人って多いけど
その後鳴かず飛ばずの人が大半なイマゲ



633 :スペースNo.な-74 2011/01/29(土) 13:37:10
パロとしては面白かったけど、オリジナルだとつまんないのが多かった。
その後の癌翼だと、まんまキャラのパクリ(編集側の指示もあったんだろうけど)で
やっぱりつまんないのが多かった。

主将翼の蚊帳田砂子は逆に成功例ともいえるし、デル戦は名作だと思うけど、
異世界舞台のオリキャラ・オリ設定が多すぎて、あれパロとしては個人的に微妙だった。


634 :スペースNo.な-74 2011/01/29(土) 17:40:07
>>633
その流れで、茅田砂子を成功例と言われると違うんじゃないかという気がする
オリジナルで書きたかったけどオリジナルだと売れないので
当時人気の主将翼のパロって体裁にして本だしてたんだから

逆に、オリキャラをパロキャラにあてはめて書いて成功したとは言えると思う


635 :スペースNo.な-74 2011/01/29(土) 18:23:09
え!?売上狙いでパロってたの?ジャンル人気に便乗して?
うわー、引くわ、そりゃ……

あんな呑気な時代でも、そんな萌えや愛抜きで本を出す
ジャンル175もどきっていたのか。世知辛いのぅ。


636 :スペースNo.な-74 2011/01/29(土) 20:09:00
女豹様もそうじゃないの?
むしろ当時の同人→プロってパロ焼き直しや売り上げ狙いパロばっかのイマゲ
逆に今は公式パロ(ミクや東方系)でそのまま堂々(良し悪しは別として)と
セミプロって感じがする。

今も昔も根っこは一緒>175


638 :スペースNo.な-74 2011/01/29(土) 21:43:53
>オリジナルで書きたかったけどオリジナルだと売れないので
>当時人気の主将翼のパロって体裁にして本だしてた
本人が(スペース内で)そう力説していたという目撃談を読んだことがあるが
今だったらヲチャーがすごいことになってそうだ

しかし違和感ありありでも大手にのし上がったなら
それはそれで凄いな。>カヤタン
今も一応レーベルじゃ売れっ子だしなあ


641 :スペースNo.な-74 2011/01/30(日) 06:05:31
売れないプロなんかよりよっぽど稼いでた、もう固定の読者が着いてる大手中堅を
出版社が次々に引き抜いていったのが80年代終わり頃
同人市場が莫大な市場になってると企業が認識した後からは青田買いで売れそうな
サークルへ片っ端から声かけて営業してたらしい
同人上がりと言われた、特にBL作家なんか今でも現役いるんだろうか


642 :スペースNo.な-74 2011/01/30(日) 09:33:27
有名所でははちクロとアンティークの人


643 :スペースNo.な-74 2011/01/30(日) 13:21:31
がゆんとクランプは自作品外のアニメのキャラデザまでこなしたのは大快挙だと思う。

デビュー前から固定ファン持ってる同人あがりは、売上は一般の新人より見込めたけど
同人気分のまま〆切破りや原稿落としをやらかすわ、ベテランへの敬意や礼儀に欠けて
トラブル起こすわ、相当手を焼かせてたとも言われてるよね。



644 :スペースNo.な-74 2011/01/30(日) 13:29:37
中堅だと、たまにBL小説のカットで見かけることもあるけど、当時は気にならなかった
絵や線やデッザンや一枚絵のセンスが、目を疑うほど崩れて悪化してるのがほとんどだ。



655 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 01:33:49
高之原と綾瀬って同一人物だよね?
本人は妹妹言ってたけど



656 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 02:02:30
アヤセとタカノハラが同一人物

母親が双子でアヤセ母が本妻、タカノハラ母が妾
アヤセ妹からいじめられるタカノハラをアヤセだけがかばってたって設定wだったよ

そのアヤセに香港土産の菩薩型のチョコレートをやったら
「どうして私の前世がわかるの…?」と言われたのが田中U子(でん)
みろく菩薩→源義経→アヤセ
弁慶→田中と転生して同人界で再会した設定だった



657 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 06:59:35
>>656
どっちかの名前で検索したら割と最近でも「人が教えてくれたけど私達が同一人物って言われてるそうですね。
本当に姉妹なんですよ」とブログ書いてて吹いたw



660 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 13:15:44
>>656
テラ黒歴史www
>>657
書いてたね
サクルブログはバブルの香りが充満していた


658 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 08:46:42
冬コミでレジェンド様がぼったくりセット
(新刊+既刊+グッズで8000円、しかも新刊バラ売りなし)の
強制販売したのを
同カプサークルが暴露したマンレポが翌年夏コミに掲載
それに対するレジェンド様側の反論を次の冬コミマンレポに掲載~と
今じゃ考えられないくらいスローな揉め方してたよね
今だったら会場からツイッターで暴露されて
その日の夜には専スレ立って
3ヶ月後には「そんなこともあったねえ」ってなりそうなのに



659 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 09:19:41
今だったら本名から住所から小学校の文集まで晒されて写メ拡散されてるな


663 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 14:02:42
レジェンド様は専スレなかったっけ?
そっちでやった方がいいと思う

バブルの時って大手様が黒いゴミ袋に札をぽんぽん放り込んで
イベント後に銀行の人を呼びつけて金勘定させてたようなイマゲ


664 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 21:22:49
それでゴミと間違えて売り上げ捨てちまったりな
集積所まで探しに行ったけど見つからなかったサークルいなかったっけ?



665 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 21:28:28
「一袋だし、ま、いーやー」ってのは聞いたような。


666 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 22:59:30
いくらなんでも捏造だと思う


667 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 23:02:33
がゆんの有名な話だったような


669 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 23:32:45
一袋いったいいくらだよw
バブルはしらないがジャンルバブルになったときでお札数えてまとめたら自立した!すごい!
とか言ってたちょい前の自分カワイソスw


670 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 23:55:12
あの頃のがゆんの勢いを知ってるとそう対応したと聞いても納得できるw


671 :スペースNo.な-74 2011/02/03(木) 23:56:43
「ま、いっか」のオチまで私が小さい頃聞いた噂と全く同じで
ちょっと感動した


686 :スペースNo.な-74 2011/02/04(金) 23:25:15
なんでみんなそんなに売上捨てるんだ
当時の流行なのか



687 :スペースNo.な-74 2011/02/04(金) 23:27:19
そのせいでゴミ袋は半透明になったんだ


688 :スペースNo.な-74 2011/02/04(金) 23:39:46
なるほどwww


690 :スペースNo.な-74 2011/02/05(土) 02:08:43
捨てた事にして脱税したんじゃ…


691 :スペースNo.な-74 2011/02/05(土) 03:17:03
当時は誰も税金払ってなかったので
脱税という意識すらなかった


694 :スペースNo.な-74 2011/02/05(土) 10:47:18
税金の事が意識にのぼるようになったのって1998年頃だったっけ?
千葉県と神奈川県で税務署の捜索が入ったとかなんとかあった記憶が…


695 :スペースNo.な-74 2011/02/05(土) 11:52:58
昔みたいにオリジで税金払うほど売れてるだけならともかく
今は版権で税金払うほど売れ続けてるとそろそろ出版社が介入してきそう
出版業界不況どころの騒ぎじゃないし


696 :スペースNo.な-74 2011/02/05(土) 13:07:15
同人誌のダウンロード販売とかあっちの方がやばい気がする


697 :スペースNo.な-74 2011/02/05(土) 21:26:01
同人の税金が騒がれだしたのは夕伯の頃じゃなかった?
マグ南無が外車を買ったことから税務署に入られて
「もっと稼いでるサークルがいる!」と他の大手の名前を
沢山出したのがきっかけにあちこち調査が入ってるという噂を
「ナディアを作った会社が今作ってるのは箱根が舞台のロボットアニメなんだって」
という話題と同時に聞いた覚えがある
その時誰かが
「日本が東西に分断されて箱根の国境で戦うような話かな」と言ったのを
公式情報だと思い込んでしまってたw


あの頃、好きで買ってた飛翔系の島中サークルが小学校の教師で
児童が描いてくれたキャライラストを同人誌に載せてたり
色んな意味でフリーダムだった


699 :スペースNo.な-74 2011/02/05(土) 22:05:25
80年代後半には騒がれてたよ
同人誌は小部数発行の趣味の集まり、それが漫画なら子供(中高校生)が趣味で描いてる遊びって
のが世間の認識で、まさか一日で個人が数百万から数千万稼ぐ世界なんて知らない人は知らないだろう
世間的バブルの頃は税収にもそんなに血眼になってなかったのもあるかも


700 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 00:17:21
ミケ準備会や印刷所からの周知徹底が始まったのは97年~99年のどこかだ
紙媒体の資料があるはずだけど当時の印刷物はしまいこんじゃってるから
発掘しないとちょっと正確な年代がわからん
狂信印刷のAIDE新聞の過去ログをあされば何か記載があると思う
http://www.kyoshin.net/aide/index.html


701 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 00:20:59
昔TVに出ていた★矢のサークルって誰だったんだろうなあ


702 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 00:32:33
えぬえちけーのなら知ってる


703 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 00:41:58
この番組のやつ
http://slashdot.jp/~SS1/journal/497870

違う話だったらスマソ



704 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 00:52:51
こんなの一体どうやってみつけてくるんだwww

すごいけど88~90年くらいに放映のやつだった筈
93年じゃなかったな…



706 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 04:51:00
ンHKの中の人にヲタと美形好きのゲイがいると言われてた頃かw
いまじゃ品ageばかりゲフンゴフンッ


707 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 08:13:37
別スレで、昔は通販申込で郵便受けが溢れるほどだった~って話が
ネタ扱いされてて時代を感じてしまった
郵便受けに入りきらない話は同人バブルが弾けてネット出始めた頃でさえ
よく聞いた話だから
バブル期の大手の通販ってどんな世界か想像できない…
今は大手もピコも通販は全部書店にお任せってサークルも多いよね



709 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 08:28:34
>>707
バブル期に投稿雑誌の通販コーナーに載って軽く4桁の申し込みが来たよ
毎日3桁の封筒の束が来て開封するのだけで大変だった
書店もネットもない時代だったからねえ…


710 :スペースNo.な-74 2011/02/06(日) 08:41:01
昔は同人の書店と言ったら小さなものだったよ
小さな1フロアのみの店舗で、幅の狭い階段を上る時にすれ違う人とぶつかったりした
9割方男性向けだったと思う


716 :スペースNo.な-74 2011/02/07(月) 19:54:26
九州の人の動画探してたらこんなの拾った

コミックマーケット28~伝説の晴海時代~ 前編
http://say-move.org/comeplay.php?comeid=88542
コミックマーケット28~伝説の晴海時代~ 後編
http://say-move.org/comeplay.php?comeid=88543

そして九州の人はまだ見つからない…



742 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 14:32:35
>>716の番組みたいなのの方が多かったから
サークル側も警戒して取材お断りが増えた
宮崎事件の後は特に

昔は同人がマスコミに取り上げられるのって
ろくなのがなかったからまだ今の方がマシに思える


750 :スペースNo.な-74 2011/02/10(木) 01:37:33
>>742
今はヲタ産業に擦り寄らないとならないほど「確実に売れるもの」が無いからなー


718 :スペースNo.な-74 2011/02/07(月) 22:29:01
この映像から億稼いで脱税っていうイメージが全く湧かないわ


728 :スペースNo.な-74 2011/02/08(火) 16:33:29
A4本は保存に邪魔なんで
あの流行はすたれてくれてよかったわ
なんではやったんだろあんなでかいサイズ



729 :スペースNo.な-74 2011/02/08(火) 16:40:41
本当にな…あれ作るならA5本2冊出したほうがいいだろっていうw


730 :スペースNo.な-74 2011/02/08(火) 17:02:19
A4本作ってたわww 雑誌やパンフみたいな作りにするのが面白くてなw
B4やしまいにはA3の本も見かけたなぁ・・


731 :スペースNo.な-74 2011/02/08(火) 17:16:07
A4本は印刷代が跳ね上がるので見積もりを見て絶望した…
お金持ちばかりだったんだなー


735 :スペースNo.な-74 2011/02/08(火) 20:40:43
A4は90年代後半くらいまでの大手ステータスみたいな
内容は頭にも残らない漫画とフリートークとかなのに、商業の画集なんかより無駄に豪華で
大手とかあんま買ってなかったから、大手様()の本しか買わない当時のオタ友に値段聞い
て吃驚した
かろうじて本文と言えるものが20~30Pなのに1500円1800円て…



736 :スペースNo.な-74 2011/02/08(火) 21:06:03
はじめは絵の上手い人が出すステイタス的なところがあったのに、
じき壁大手のぼったくり手段のひとつに堕ちていったね>A4本
中とじのA4本は好きだったな


737 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 11:16:18
九州の人見つけた…個人情報だだ漏れ
コミケ32(1988年)東京流通センター(TRC)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2721373

コミケ36(1989年)晴海
http://www.nicovideo.jp/watch/nm6161486

コミケ48(1995年)晴海ファイナル
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1186539

個人的には1990年代がバブル爛熟期って感じ



738 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 12:10:45
A4の本は箔押しが多かった気がする
てか、持ってるA4の本は10割箔押し付きだ

>>737すごーい


739 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 13:55:57
>>737
タイムリーなのか、この九州の方次回のプレスの裏表紙担当らしい。


744 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 22:30:26
>>737

……………………自分が映って…た………



745 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 22:39:56
>>744
まじかよwwww


746 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 22:43:06
マジ
悲鳴も出ないほど驚いた



747 :スペースNo.な-74 2011/02/09(水) 23:18:49
記念に保存汁w
よかったなwww


752 :スペースNo.な-74 2011/02/21(月) 12:15:41.78
今の若い子遠征しないよね
やっぱりネットも書店もあるし通販も昔よりしやすいからかね
自分はバブル時代はイベントでかけられる年齢じゃなくて少し大きくなってから
近所のお姉さんでバブル時代を知ってて友白まで活動してた知り合いに色々聞いたけど
その人も当時高校~大学の時は遠征しまくてったって
サークルもやっててそこそこお金が入ってくるから金曜日学校が終わってすぐに新幹線→
ホテルに2泊→新幹線って言うのをしょっちゅうやってたみたいだ
リア工でおうちは公務員だったから家は金持ちではない、
よくそんな金高校生が持ってた&使ってたもんだ
自分は今帝都で大学生やってるが年に2回大阪行くと貯金が大変なことになるわ
サークルもやってるけどバブルとか…味わってみたいもんだ…


754 :スペースNo.な-74 2011/02/21(月) 21:59:59.54
今は支部で満足しちゃう子もいるからますます遠出する子は減ってるんだろうね


755 :スペースNo.な-74 2011/02/22(火) 05:49:00.34
>752
当時はバイト代も安かったけど、今みたいにゲームや携帯のパケ代みたいな無駄金を払っていないから
使い道さえはっきり決めてたらそれに突っ込めた
それに今の子みたいにとにかく貯めないと、みたいなのもなくて
目的のために貯めてしっかり使ってまた働くってローテだった気がするよ
金は天下の回り物というか、人もモノもなにかにつけ停滞してるようなことはなかったと思う
商業との棲み分けがしっかりしてたから書店委託もほぼなかったし、通販か遠征して買う、行く友達に買ってきて貰うのが一般的だったよね
サークルも遠征してる人多かったけど、その頃知り合った友人と長くつきあってる人も多いんじゃないかな
地方の友人もたくさんいたなぁ

面白い漫画や好きなものにたいして熱い思いを語ってる本が読みたい人がイベに足を運んだり熱心に買ってたイマゲ
いまは上手い絵とかで満足するんだろうから支部やネットで事足りるんだろうな


756 :スペースNo.な-74 2011/02/22(火) 07:04:59.31
>>755
> 面白い漫画や好きなものにたいして熱い思いを語ってる本が読みたい人がイベに足を運んだり熱心に買ってたイマゲ

今は愛情あふれてる本もあるけど壁は専業が多くて万人受けするように作ってるから内容薄い
濃いのもあるんだろうけど薄いものにばかり当たったよ自分orz
昔は壁のが狂ってるのかwというぐらいに愛が暴走していたw

熱い思いはツイッターで語ってるんだろうか
厨二病やアイタタ発言で自爆してる人が多数いると聞く



757 :スペースNo.な-74 2011/02/22(火) 13:12:58.08
万人受けっていうかそういうのしか描けない人が華やかさで壁になるという感じ


758 :スペースNo.な-74 2011/02/22(火) 16:44:04.32
今は 突き抜けてる=痛い みたいな風潮だからなー
痛さも含めて面白がればいいのに、余裕がないっつーか
詐欺とか犯罪が周知されやすくなったのはいいんだけどさ



759 :スペースNo.な-74 2011/02/22(火) 17:24:08.84
>>758
> 痛さも含めて面白がればいいのに、余裕がないっつーか

昔は痛さを面白がっても各個人の中で終わってて書き手にはなかなか伝わらなかったけど
今は2ちゃんのヲチなんかも含めて読み手側も考えを共有しやすいからなあ

最近がゆんとクランプが失速気味に感じる
突出したものがなくなってありきたりになってきた


763 :スペースNo.な-74 2011/02/24(木) 14:20:02.75
昔は大手のフリートーク本とかすごかったな
今もうちにA4のフリートーク本表紙勿論フルカラー中身二色刷りとかいうのある
中身は原稿に関する自分のストイックな姿勢だけならともかく
ほとんど名指しできる程度に匿名にしてある他サークル作家への悪口w
そんなに周囲の友達に煮詰まってたのか


764 :スペースNo.な-74 2011/02/24(木) 14:41:36.73
今はそういうのネットでやっちゃうからあっという間に広まって
保存されて晒されるんだな
自分の若い頃にネットがなくてほんとに良かったw


765 :スペースNo.な-74 2011/02/24(木) 14:57:58.97
嫌なお客の愚痴実録漫画とか、フリートークでデザパク糾弾とか
本当に自由だったよなあ
でも弾けたトークが面白いと感じる方が多かったから、ちょっと残念に思ってるw
引く様な内容見ても友達と噂する程度で
大規模に騒ぎ立てる方が野暮って感覚もあったような



792 :スペースNo.な-74 2011/03/04(金) 19:28:44.42
>>765
>引く様な内容見ても友達と噂する程度で
>大規模に騒ぎ立てる方が野暮って感覚もあったような
あるあるあるあるある
仲間内で言っても流される事も多かったし


766 :スペースNo.な-74 2011/02/25(金) 00:34:54.02
昔の本はバンバン実名出してたよな
差し入れくれた人に
「○○さん、いつも○ディバのチョコレートありがとうございます!」とか
「△△さん、きれいなグラスありがとうございます…ってバ○ラ!?」とか
お礼欄だけでびっくりするようなお金が動いてるんだと当時リア高だった自分は戦慄した

本棚漁ってみたけどバブル以前の地味でわきあいあい的な
新聞の切り抜きしか見つからなった(´・ω・`)


789 :スペースNo.な-74 2011/03/04(金) 14:03:02.13
無配なのに便箋だけ断られた時の恥ずかしさは異常
一応相手の子も気を使ってくれてるのが分かったからさらにみじめだったorz
時代は変わったんだな…



790 :スペースNo.な-74 2011/03/04(金) 14:47:38.76
便箋もだけど
バブル期に作ったテレカもまだ在庫あるぜorz
自分で使うしか…



795 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 03:11:24.10
>790-791
病院あたりじゃまだ現役だよ>テレカ



796 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 08:48:07.98
ペーパーも廃れてしまったのかな?
懐かしいなぁペーパー○○部発行☆とかペーパー配布者様とか書き連ねた記憶があるよ。
そして印刷所はぷりんと林檎


797 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 10:39:00.57
今ってペーパーは新刊落としたサークルがお茶にごし用に作ってる印象だなあ
あとはちょっと歳いってる地方サークルのお家芸みたいな


802 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 11:34:05.82
バブル時代の自分の本のトーク読むとかなりヤバイ
今だったらヲチスレで祭り上げられてもおかしくないレベル
感想くれた人の名前とかそのまま書いてたし本当にすみません


803 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 12:48:30.58
今のジャンルで買う本は
前記5~10行+漫画or小説+後記5~10行+奥付(メアド、サイト)
前記がないことも多く再録以外は薄い


812 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 21:59:02.18
しかしマンガや小説はクソつまらないのに
対談だけが最高に面白い本もあった
前記後記や対談やトークもあの頃は一つの実力の発揮場所だった気がする



813 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 22:05:45.04
バブル期の大手で今は老害扱いされてる弗なんか
ぼろくそ言われてる割に「でもトークは面白かった」で住人の意見が一致してて
なんだみんなファンなんじゃんwと思ったよ



815 :スペースNo.な-74 2011/03/05(土) 23:29:12.31
>>812
あれ不思議だよね。
対談が面白いってことは相手の呼吸を読む掛け合いも筆力もセンスも勢いもあるはずなのに。


816 :スペースNo.な-74 2011/03/06(日) 01:42:28.22
いやー…申し訳ないがネタとして読むなら面白いというのもあるからな。
他人の揉め事や厨自慢とか…。
そういうのを面白いと言うと友人に怒られたけど。


818 :スペースNo.な-74 2011/03/06(日) 10:47:06.28
>815
マンガや小説ではなく、エッセイとかの才能があったのかも


819 :スペースNo.な-74 2011/03/06(日) 11:04:53.73
そういやリアの頃ちびまるこちゃんでは笑った事ないがさくらももこのエッセイでは爆笑した覚えが


822 :スペースNo.な-74 2011/03/06(日) 16:20:12.49
当時は「この人はどんな人なんだろう」って興味がすごくあったよね
全然同人と関係ないことでも面白かった、むしろ同人と関係ないからこそ
作品からうかがい知れない部分って感じで面白かったかも
今でも興味がなくなったわけじゃないけど、Webの日記で簡単に充足できるからなあ


824 :スペースNo.な-74 2011/03/06(日) 19:38:02.67
今ブログやpixivで実録漫画書いてる人が本出したようなもんだよね
オフにするからだろうけど、今の実録より練ってあっておもしろかったと思う


828 :スペースNo.な-74 2011/03/07(月) 15:05:22.06
最大手ジャンルの難民で旅行記がフルボッコされてた


830 :スペースNo.な-74 2011/03/08(火) 13:31:15.94
昔はキャラに自分や友人の代理させる実録マンガなんてたくさんあったのになあ


844 :スペースNo.な-74 2011/04/03(日) 16:37:26.79
バブル期にネットなくてよかったと心底思ってる四十路


845 :スペースNo.な-74 2011/04/03(日) 16:54:45.35

今の厨房報告なんて目じゃないくらいの暴れっぷりでした…○| ̄|_



866 :スペースNo.な-74 2011/04/10(日) 00:11:08.14
ここにでてるような今じゃ信じられないバブリーな実録漫画なら読みたいなぁ






カテゴリ:同人


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索


style="display:inline-block;width:120px;height:600px"
data-ad-client="ca-pub-8717819848705171"
data-ad-slot="5697378041">

ランキング
人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ