◆ゆかりさんの場合◆

皆様、初めまして
この度、品川女子大生クラブでお世話になることになりました
源氏名は「ゆかり」です

もちろん、本名ではないのですが、
私にとっては縁ある名前で(ダジャレじゃないです
とても親近感を感じさせてくれるお名前です

先日、体験入店したときの感想を伝えさせていただきます
その前に、このお仕事を始めたキッカケからいいでしょうか

キッカケは新聞の記事です
内容は省きますが、大まかに説明しますと、
風俗で働いている女子大生が増えているといった記事でした

私はその記事にとても興味をそそられました
働く理由としては、学費や生活費など、ほとんどお金のためという結論でしたが、
私はそれだけでは絶対ないと思います

どこか出会いを求めている女の子も絶対にいるはずです
実際、私がそうだからです(笑)

サークル活動しているのなら、まだ出会いはあるかも知れませんが、
私みたいな勉強ぐらいしか取り柄のない学生は意外に男性と出会うことってないものなんです
特に私は女子大ですし

だから、私はここで色んな男性な方とお話するのが本当に楽しみです
恥ずかしいですが、イチャイチャするのも・・・

それはそうと体験入店の感想ですね

私の初めてのお客様は何度も風俗を利用されたことのあるという優しい方でした
年齢は30代後半と言ってましたが、私には20代前半にしか見えませんでした

お世辞だとわかってますが、私の外見をすごく褒めてくださって
最初からすごく気分が良かったです(笑)

特に中学生の頃からのコンプレックスでもあるおっぱいを
「今までで一番きれい」と言ってくださったのは恥ずかしくもあり、嬉しかったです

今までは街を歩くと、男性の目線がいつもおっぱいばかりなので本当に嫌でした
でもこれからは自信を持って歩けそうです

肝心のプレイに関してですが、正直あまり記憶にありません
お客様に身を任せていたらあっという間に時間が過ぎておりました

お客様は「一生懸命で良かった」と言ってくれましたけど
そこは今後の課題ですね

お金をいただいている以上、しっかりと満足いただけるサービスをできるように頑張ります
まだまだ未熟者ですが、これからも宜しくお願い致します 

01

◆真央さんの場合◆

皆様、初めまして。
真央です。

今日は体験入店についての感想をお伝えします

ここに面接にくるまで、たくさんの風俗の仕事に関する資料を拝見しました。
それはもう念入りに

それでも、すごく緊張しました
自分でも驚くほど

最初のお客様のお部屋の前に着いた瞬間、本当に逃げ出そうかと思いました
到着コールが遅すぎて、お店の人が心配して電話してくれましたね
その電話のおかげで決心できた私は、勇気を出してお部屋のインターフォンを鳴らすことができました。

(怖い人だったらどうしよう)

(ガッカリされたらどうしよう)

いろんな不安が頭をよぎって心臓がバクバクでした

ドアが開くと、そこには40代前半の大人しそうな方が立ってました。
安心した私は笑顔で対応することができました

逆にお客様の方が緊張されていた気がします(笑)
目もあまり合わせてくれませんでしたから

お客様に話を聞くと、風俗を利用するのが初めてとのこと。
終始何をしていいかわからないといった様子でした

それは私も同じで、面接の時にスタッフの人から、
色々教えなくてもお客様がリードしてくれるから大丈夫って言われたのに

お客様が全然リードしてくれないので・・・
(私がリードしなきゃ)と思い本能のまま行動しました

キスもフェラもしっかりできたと思います
お客様もおっぱいが好きようで、いっぱい触られてました(笑)

終わった後、スタッフの人にアンケートを聞いてもらったところ100点と言われ嬉しかったです
続ける自信が少しだけでました

これからも宜しくお願いいたします

01 

■静江さんの場合■

静江です
先月体験入店後、正式に入店する旨をお伝えして品女のキャストとして新たに働くことになりました

私の家庭の話になりますが、親が優しくも厳しく指導してくれるだったので、
学校が終わったら、塾または家で勉強するって毎日を小学校から続けてました
部活動をやることは無かったんですけど、家に講師を呼んで音楽系の習い事をすることもありました

それに伴って自分の時間はほとんどありませんでした
しかも学校では休み時間はほとんど読書して過ごしていたので、誰に声をかけることもかけられることもありませんでした

ただ、成績はほとんど上位だったので、その時周りに褒められることは快感でしたね
それだけしか達成感を得ることができませんでしたが

中学校くらいになって、周りが色んな子と付き合ったりするという話を聞いて、羨ましいなあって思うことはありましたが、正直恋する時間はほとんどなく学生生活を過ごしました
そのうち恋愛に対する気持ちが薄くなってしまっていった自分が居ましたが、大学に入って再熱したのです

それは、周りで仲良くなった女の子にみんな彼氏がいたのです
みんな可愛いし、居ても当たり前だなって思ったんですけど、友だちと遊ぼうと思っても彼氏と予定があるからっていつも断られてばかりで、一人ぼっちの寂しさを実感しました

机上の勉強ばかりしていて、自分を見つめてこなかった結果なので仕方ないんですけどね
それからはちょっと女子力というのを意識して、服装から振る舞いから頑張ろうって思いました

ただ、周りの子は長年見られることに慣れているので、付け焼刃の私の意識では敵わないのかなって思ってこのままじゃ出会いがないまま終わってしまうと危機感を覚えました
解消できない気持ちを一人家に帰って自慰で済ますことばかりしてたのですが、それだけじゃ飽き足りず。。。
入店することにしました

体験入店だけでも良いってことだったので、肌に合わなかったらその日限りにしようかと思って、品川女子大生クラブさんに応募することになりました
 
大切な最初のお仕事。
お客様は2まわりくらい年上のおじさまでした

髭から何からもじゃもじゃの方だったんですけど、不思議と不快感はありませんでした
もしかしたら私にも出来るかもしれないってそのファーストコンタクトで予感しました
キスから手コキ、フェラ、素股。
ぎこちなかったと思うんですけど、私にできる精一杯のプレイをさせていただきました

お客様からもかなり攻められて、経験豊富なアタックをされて、自慰では感じることの出来ない領域の快感を得ることができました

もっと変な世界なのかなって思っていたんですけど、お互いのことを気遣いする究極の恋愛の形なのかなって思いました
お金が発生してますので、実際はお仕事なんですけど、プレイ中は恋人気分でお仕事とは離れた一時を過ごしている自分が居たので、体験入店の日から今まで、風俗のお仕事をビジネスだと思ったことはありません
自分の欲求を打ち放つことの出来る場所だと思います

しかもウチのシステムは自由出勤なので来たい時に、来て帰りたい時に帰ることが出来る良き環境だと思います
良いことばかり書いてると思いますが、自分にとってメリットばかりなので、綴っている気持ちは私の正直な気持ちです

これからよろしくお願いします

01 (3) 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ