◆育美さんの場合◆

まさか自分が風俗の世界で働くことになるとは夢にも思いませんでした
私はこの世界が未経験というだけでなく、男性経験も少ないのに

お店の人が「お客様がリードしてくれるから大丈夫」って言うから、とりあえず体験入店だけはしました

結論から言いいますと、かなり大変でした
実際、仕事中に逃げ出そうと思ったぐらいです

まず、50歳ぐらいの優しいおじさんと聞いていたのに、二十代前半の若い男性でした
しかも新規の方でした

風俗自体もあまり遊んだことがないらしく、全くリードしてくれませんでした
お風呂に入るタイミングとか、ベッドに入ってからのプレーとか流れが全くわかりませんでした
ほんとに何をしていいのかさっぱりで
泣きそうになりました

とりあえず、面接のときに漫画でみたマニュアルを参考にしてプレーしました
フェラも初めてでしたが頑張りました

最後はお客様に言われるがまま手コキをして発射させたのを覚えています

体験入店が終わって、お店の人に「どうだった?」と聞かれたので「騙されました!もう働きません!」と伝えました

何があったのか聞かれたので一部始終をお話したら、「ほんとにごめん」と謝られ、
もう一度チャンスがほしいと言われたので、会員様でおじさん限定だったらとOKしました

とにかく、お金が必要だったので

それから三カ月がたちますが、お仕事にはだいぶ慣れました
新規の方でも問題ありません

 01 (8)

■綾さんの場合■

未経験でこの業界に入った貴重なお話を聞かせてくださいとのことだったので、時間は経ってしまいましたが、覚えている範囲で書き留めます
今更ですが・・・(笑)
 
私が面接、体験入店してから半年は経過します。
初めて会うお客様、本指名で呼ばれるお客様、どの方々の前であっても未だに脱ぐことに恥ずかしさがありますが、体入の時は、今以上に脱ぐことに躊躇してましたから、お客様ももどかしいと思っていたのではないでしょうか・・・
上は手で隠して、下はパンツを中々下せずいたので(笑)
 
ただ、裸になったあとは、何だか不思議と清々しい気分になって、緊張と恥ずかしさが薄くなり、目の前のお客様に満足してもらうにはどうすれば良いかなって考えるのに必死でした
遊び慣れているお客様からすれば、私の精一杯くらいでは満足していただけないと思ったので、どれだけ好きという気持ちを伝えられるか、そこが全てだと考えて接していこうと考えてました☆
 
お部屋に入ってからの流れとかは、HPにも載っている漫画を見て頭に入れては居ましたが、漫画だけでは分からなかったので、お客様にゆっくり教わりながらご一緒させていただきました
身体、陰部を洗っているうちに、アレがムクムクと大きくなっていってたので、「私も女の子に見られてる!よかったぁ」と安堵しながら心の中で喜んでました
 
真冬の時期だったのでシャワー上がった後寒かったので、暖房をつけようとしましたが、「これから熱くなって丁度良くなるからこのままで良いんだよ」と言われたので、言われるがまま、いっそ身を任せようと思いました。
熱くなるって聞いて、ざっともみくちゃにでもされるのかなって考えましたが、ソフトにキスから始まったことに驚きました
 
かなり紳士的な感じだったので、私がその気にさせなきゃいけない立場なのに、そのお客様の事が頭から離れないくらい、私がその気になってました

キスだけで熱くなるなんて、って考えると恥ずかしいですが、「それだけ純情ってことだ」ってフォローされて、これで良いんだって安心
その後も、上から下へと徐々に責められるポジションがシフトしていき、全身が性感帯になっているような、そんな気持ちの良い感覚になっていきました
 
自分のイヤらしい感度が段々と育っていってるのが分かるくらい、凄くエッチな気分になって、自分では恥ずかしくて確認出来ませんでしたが、かなり濡れ濡れになっていたかと思います(/ω\)

受けるだけだったので、何も出来ませんでしたが、反応をみてお客様も喜んでくれてたので良かったです
これからも勉強しつつ自分のペースで頑張っていきたいと思ってます 
01 (4) 

〇杏樹さんの場合〇

こんにちは、杏樹です☆
スタッフさんから頼まれたので、わたしの体験入店のお話を簡単にします。

もともと、人見知りなほうだから、 お仕事をすと決めたまではよかったのですが、お客様のお部屋に入るのに時間がかかっちゃって・・・
わざと、ウロウロとあちこち歩いて、お店から心配の電話が何度か来たんですが、迷子になって・・・とごまかしてたんです。

そしたら、お客様からもう5分待って来なかったらキャンセルで!って連絡が入ったそうなんです。
わたしも、なにか罪悪感のようなものを感じてしまって
これはいかなければと・・・

覚悟を決め
ドアをノックしたんです
そしたら、部屋の中から温かみのある優しい声が

笑顔の男性の方が
「よく来てくれたね、どうぞ!」って言って
中に招き入れてくれたんです。

怒っているのかと思いきや
まったくそんなところがなくて
思い出したようにお店に電話をし

コスチュームに着替えて
いざ、お客様の前へ
「可愛いね!」「とても似合ってるよ!」
いっぱい褒めてくださって

なんか、お客様にのせられているって感じで
すっかり、緊張感もなくなり、お客様のアドバイスもあって
気持ちのいい時間を過ごせたって感じで

あっという間にタイムアップでした!
いったい何に戸惑っていたんだろう?
こんなことなら、お客様にご迷惑を掛けずに
早くお部屋に入ればよかったと
お客様に謝ったのですが

招かれた君が謝る必要なんてないよ!
と、温かいお言葉までいただいて
反省しちゃいました(>_<)

お二人目のお客様もとてもいい方で
歯科医の先生とのことで、ゴム付手コキじゃないと
潔癖症の自分には無理とのことで
お客様自身でのゴム着けてのプレーでしたが、なかなかいかず、ちょっと焦りました。
でもいい方ばかりではないとは思いますが

これなら自分でも大丈夫とお二人のお客様を相手にして自覚したので
今に至ってます!
受験まであと半年、頑張ります★

hp27073杏樹

 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード