“新”じょうがんじブログ

じょうがんじ って 誰だっけ? ((((;゜Д゜)))

jyouganji“新”じょうがんじぶろぐへようこそ


・当ブログは一個人が運営する自己満足なものです(_ _)
・記事内容について、事業者様へのお問い合わせはご遠慮ください。
・コメントは受け付けておりませんが、リンク大歓迎です。
・写真だけの無断転用はお断りいたします。
 (稀に違う場面で使用している画像は許可済です)
・記事は予告なしに加筆・修正・削除する場合があります。


←←管理人(なんか色々晒されてる?

IMG_8256

このところご案内ばかりで申し訳ございません。

夏の妙高高原を楽しむ・・・「大人の夏休み」をイメージした、妙高高原観光バスの乗車会を7月24日(日曜日)に計画いたしました。

現在はスクールバスとして活躍する2台・・・長岡200か823号車(元朝日自動車のエルガミオ)、長岡200か834号車(元茨城急行のRJ)に午前・午後それぞれ乗車する予定です。
(関東方面からの日帰りが可能です)

上越妙高駅を発着とし、事業者様での車庫訪問(バス撮影会)に加え、夏だからこそ味わえる昼食、体験、そして温泉を満喫するような行程で、皆様をお待ちしております。


大変申し訳ございませんが、トラブル防止の観点より、お問い合わせいただいた方へ詳細の情報(行程、内容、参加費等)をご連絡をいたします。

お手数をお掛けしますが、下記のアドレスよりご連絡ください。
※今回から共通のアドレスにてご案内となります。
jyouganji_blogあっとyahoo.co.jp
(あっとの部分を半角記号にて送信ください)

メールを送信する際は、お名前(ハンドルネールがある方は併せてお願いします)、緊急連絡先(電話番号)、上越妙高駅までの移動手段を明記願います。

※なお、行程の都合上、募集人数を15名程度に設定させていただきます。


自然たっぷりの高原で、大人の夏休みを満喫しちゃいましょう!!
お待ちしております。

DSC_0055

24327981_2212556101_144large

新潟県上越地方でバス事業を展開するマルケーグループ。
地元愛好家の「師」であります、おかコ1126|∀・)ノ様より、乗車会のご案内です。

くびき野バスで巡る「趣ある久比岐路の旅」
マルケーグループで一番地味な存在?な「くびき野バス」。
旧高田市を起点とした路線を受け持っており、それぞれの路線で懐かしい山里の風景が色濃く残っています。
今回は「くびき野バス」に在籍する7E・992号車(現在は予備車両)を使い、エリア内のバス路線や終点を巡り、点在する回転場の停泊バスとのコラボ撮影などを散りばめました。
また、同車の新製配置先である浦川原(現、東頸バス)まで足を延ばし、当時を再現します。



■日時 平成28年6月26日(日)

■行程 高田駅または上越妙高駅を出発。
   ※関東方面からも日帰りで参加が可能です。
    (コース、終着地は現在調整中)

なお、参加をご希望される方または興味ありの方に詳細をご連絡いたします。
お気軽にお問い合わせください。


おかコ1126|∀・)ノ様のアドレスとなります。
twilightexpress.800116あっとgmail.com
(アットマークは半角記号にて送付ください)

メールを送付する場合、〇疚勝↓緊急連絡先(携帯電話番号)、始発地までの移動手段(北陸新幹線?、JR→トキめき鉄道? )についても、お伝えくださいませ。

なお、折り返しのメールがお送りできない事象があるようです。
Gmailが受け取れる設定をお願いいたします。



終点の風景・・・北坪山上
24327981_2212556191_189large



皆様のご参加、お待ちしております。

今日は久々にバスでフラリ旅へ。
自家用車で移動するとなると「目と鼻の先」であるエリアでも、バスで回るとちょっとしたお出かけになる不思議。
ゆったりとした時間の流れ、目に入る景色が違って見える感覚、プロの運転士さんに任せるひとときは、とても贅沢なものです。

午前中は雨に打たれてしまいましたが・・・(苦笑)
詳しい話は抜きにして、以下写真をペタペタと。

最寄り路線、出だしはキュービックなH28-I。
IMG_0357


土砂降りだったので、濡れる心配のないバスセンターで乗り換えます。
万代シテイ10:40発、S94系統・二本木経由秋葉区役所行は国際興業バスよりやってきたエルガ、H943-I。じっくり乗車するのはこれが初めてだったり。
DSC_0471


通し乗車の方はおらず、亀田を境に数人が入れ替わる程度。
新津駅まで乗車です。
DSC_0476

IMG_0363


10分程の待ち時間で、今度は新津駅11:55発、SW1系統・臼井経由潟東営業所行。
こちらはお初なH935-Iの登場。北港観光バスからやってきたエルガノンステとなります。
IMG_0369

IMG_0367


スモークガラスがイカしています!
DSC_0481


乗降時に点滅できる仕様ですが、残念ながら稼働せず・・・。
IMG_0375


南区の中心部、能登で下車。
新津の市街地から乗車した数名の乗客は臼井までみんな下車してしまい、南区内は貸切状態でした。
DSC_0490


こちらも10分程の待ち合わせで、能登12:43発のW74系統・急行8号線新潟駅行。
急行車両の中では最新鋭となるH361-I。個人的にはあまり見かけないガンダムガーラの急行運用でラッキー。
(ガンダムガーラで呼び方って新潟だけ?)
DSC_0494~01


新潟ふるさと村で下車します。
IMG_0383


ささっと昼食を済まし、今度は味方線。
新潟ふるさと村13:41発、W81系統 木場・味方経由潟東営業所行。土日は1本だけの運行です。
またまた登場!もと国際興業バスのエルガ、H936-I。
(写真は大野仲町の時間調整時に特別に許可をいただき撮影)
IMG_0384


木場経由は新潟市の新バスシステム開業時に新設された系統。以前は木場学校前線、その前は升潟経由曽根線(さらに前は新潟と巻を結んでいたり)なんかが走っていました。
今は木場の集落をかすめて通り、かつての集落道はスルーとなります。
IMG_0392


対向から先程乗車したH935がやってきました。
IMG_0400


潟東営業所に到着です。
DSC_0513



折り返して戻るのも面白くないので、少し足を伸ばしてローカル線へ。
潟東営業所14:56発の庄瀬線の加茂行には、新潟交通観光バスでは最古参級のキュービック・G1108-I。
昔ながらの広告に、地元の愛好家には「大手薬局号」なんて呼ばれたり。
IMG_0401


旧型の運賃表が残るのも珍しくなりました。8トラテープの案内と併用しているのはこの1台だけだそうで。
IMG_0411


庄瀬本村にて時間調整。
(特別に許可をいただき撮影)
最終便であるこのバスには、片手で数えられる乗客だけ・・・
IMG_0414


加茂の市街地まで乗り通し、穀町にて下車。
加茂駅まで歩き、列車に揺られます。
E129系も増えましたね(モハE129-5)
DSC_0528


新潟駅に戻ってきました。
あとは帰るだけ。H285-I。
DSC_0538



いすゞのバスだけの乗り継ぎ旅でした。

DSC_0001


新潟の名物バス「なまず」。
新潟市の北村製作所に製造されたなまずは、最後の1台が2011年のラストランツアー「なまず感謝祭」にて現役を退いたあとは、綺麗にお色直しをして、今は中央区の鳥屋野交通公園にて静態保存されています。
現役時代からお世話になった(私含む)愛好家でもなにかできることは無いか・・・ということで、整備完了後の2013年より、管理者様(新潟市中央区建設課様ならびに指定管理者:新潟市開発公社様)の許可をいただき、参加者を募ったうえで、清掃・修繕などの保全活動を年4回程度実施しています。
(今までご参加いただいた方、大変ありがとうございます)

本年度も引き続き許可をいただきましたので、当方が窓口となり、活動を継続したいと思います。


第1回
平成27年5月28日(土)9:00より

参加費は無料です。
だれでも参加可能です。

なお、清掃道具は持ち寄りとなります。
雑巾1枚でも構いませんので、ご協力くださいませ。


ご参加される方は、あらかじめ下記専用アドレスにご連絡いただきたく存じます。
namazuclean@yahoo.co.jp
(従来と同じです)


昨年度の最終回では、現役以来となる「床専用の薬剤」を塗布いたしました。
特徴である木の床の輝きが復活した上、懐かしい匂いが漂う車内となりました。
水垢落としやワックス掛けなどもバッチリ! ボディは引き続きピカピカです。

なまずが好きな方、お世話になった方、ぜひご参加くださいませ。お待ちしています。
DSC_0006


07619741.jpg


間髪入れずのご案内で恐縮です。

0612EKK

※画像はイメージです!


当ブログでは、6月12日(日)に越後交通の乗車会を企画しております。
今回お借りするのは、都営バスよりやってきたエルガノンステップ。
自然豊かな中越地方をぐるりとまわる行程を考えております。
(乗車や沿線での撮影メインの企画となっています)

続行車両も決定! 越後交通自社発注のいすゞ車を手配しました!!

毎度同じフレーズではございますが、参加されない方やバス事業者様とのトラブル防止の観点より、お問い合わせいただいた方に詳細のご案内をお知らせいたします。
お手数をお掛けしますが、下記アドレスまでお問い合わせくださいませ。
(ご質問等はお気軽にどうぞ!)

ekk160612あっとyahoo.co.jp
(アットマークを半角記号に変えてお送りください)

※募集人員に達しましたら、受付を終了させていただきます。満席となった場合はご了承ください。
また、「正式な参加希望の方」を優先的にご案内とさせていただきます。

5月24日現在、残席わずかです


皆様のご参加、お待ちしております!

IMG_0101

4月24日(日)に、新潟交通グループ最古参の観光車「G997−M」を中心とした乗車会を催行いたしました。

当日は天気に恵まれ、とてもまったり楽しむことができました。
ご参加された皆様、お疲れ様でした。

詳細については、追って報告いたします!

◆前半に軽く乗車したG1262−N。
 数を減らし乗車が難しくなりつつある銀屋根のRMです。
IMG_0052

IMG_0087


◆今回のメインはG997−M。
 新潟交通グループ最古参、P−規制のラスト1台の観光車です。
IMG_0161

IMG_0139




最後になりましたが、新潟交通佐渡様ならびに当日ハンドルを握っていただいた乗務員様に厚く御礼申し上げます。

DSC_1058

すでに告知させていただいております、4月24日(日)に催行する新潟交通佐渡乗車会のご案内(再掲)です。

今回メインでお借りするのは、観光車のG997-M号車(P-MK517J)。
DSC_3339

新潟交通グループ最古参車で、かつ、P-規制車の最後の1台でもあります。佐渡オリジナルの「おけさ柄のシート」が残る貴重な車両です。
新潟交通グループを語るには欠かせない1台!
予備車両である性質上、普段はあまり稼働しない車両ですので、この機会に是非ご堪能ください。


その他、昔ながらの路線車や、今時の移籍車などに少しずつですが乗り換えしつつ、春の小佐渡をひとまわりします。
また本社営業所にお邪魔して、ベテランな観光車からバラエティ豊かな路線車まで撮影のご配慮をいただいています。
DSC_1050
(写真はイメージです)


トラブル防止の観点より、参加を希望される方ならびに興味ありな方のみ、個別に詳細の行程などをお知らせ致します。お気軽にお問い合わせください。
ご質問などもごさいましたら、同じアドレスにて承ります。

専用アドレス
sado997@yahoo.co.jp

本乗車会について、事業者様へのお問い合わせはご遠慮ください。
また、1台しかない車両ですので、万が一の場合は代車での催行となりますこと、申し添えいたします。

募集人数は15名様です。申込順にお受けいたしますので、満席となりましたらご了承下さい。
(4/3時点で残席わずかです)

ご参加お待ちしています!


オマケ

手書き文字のバス停の取り替えがさらに加速。英字入りに更新を進めているそうです。
新潟市内と同一タイプも数多く見かけるようになりました。
DSC_1060

都営バスより嫁いできたLV834系エルガは気づけば3台に増殖。
長岡200か836号車に続き、長岡200か840号車と長岡200か845号車がデビューしました。
3台とも東長岡営業所に配置され、長岡市内外で活躍しています。

捕獲するべく長岡へ行ってみたら、運用入りしてましたよ!

長岡200か840は長岡駅で待っていたら14:35発柏崎駅行に登場。
DSC_0976~01


長岡200か845は目の前を走っているのを発見し、しばらく待機してGET!
DSC_0979~01


夕方にも運用入り。長岡駅17:35発柏崎駅行でした。
DSC_0996


後ろのステッカーはそのままですね!
DSC_0990


その他。
最近2台が嫁いできた、もと神奈川中央交通のエアロミディ。お初の乗車となりますが、こちらの長岡200か833号車は、なんと中央循環くるりんの代走!
DSC_0970~02

DSC_0972


くるりんサボ付きでした。
DSC_0974


絶滅危惧種に近いエアロスターK。
残り3台になってしまいましたが、今日は珍しく代走に入ってまして、長岡22か918号車に運良く乗車できました。
DSC_1011


稼働しているのを見るのは久々ですね。
DSC_1004


帰ろうと思ったところでしたが、ちょい乗りで。
DSC_1016

3/20(日)頸城自動車グループの頸北観光バスに所属する長岡200か827号車を使用した貸切乗車会を催行いたしました。

本日の主役 長岡200か827号車。
IMG_8407


2015年冬頃、相鉄バスよりやってきました。
頸北観光バスが近年導入する車両は、頸城自動車系の旧塗装と言われる「渋い緑色とクリーム色」を纏います。復刻版ですので正式には「リバイバルカラー」となりますが・・・
大型サイズの車両での旧塗装は何十年ぶりでしょうか。当方が一目惚れして今回実施に至ったわけです。(ちなみに、リバイバルカラーは3台が在籍します)
IMG_8410


頸北観光バスの本社があります「柿崎バスターミナル」より乗車会はスタート。
少し離れた車庫で休んでいた、同じくリバイバルカラーの長岡200か739号車と並べていただきます。
IMG_8382


最初の訪問地は「森本転回場」。
平日のみ運行する柿崎〜森本線で使用される車両が駐泊されているのですが、この長岡200か775号車もリバイバルカラー! ということで、こちらでも並べて撮影です。
IMG_8387


改めてこのカラーはイマドキの車両でも似合うってことを再認識しました。
IMG_8389


続いて「海洋センター駐車場」へ。こちらは平日運行の頸城巡回バス(頸北観光バスが運行委託しています)の駐車場で、割と新しい専用車が3台と予備車両が1台が駐泊します。
IMG_8395


巡回バスの予備車両として留置している7Eの長岡22か1021号車は旧観光色。頸北観光バスは元々旧観光色を自社の標準色として導入していました。しかも布製手書き方向幕が残存するのはこの1台という希少価値の高い車両です。
表示している「上直海」は、この3月末でデマンドバス化され、従来の路線が消滅してしまいます。
IMG_8399


次は「くびき野バス(高田)営業所」。
個人的に好きな古参車両と肩を並べます。
IMG_8438


普段はスクールバスとして活躍する7Eの長岡22か992号車は、事務所の方の計らいで、かつて存在した方向幕にセットいただきました。
IMG_8442


ローカル線の専用車である観光格下げ路線車。長岡22か970号車は旧観光色に加え、側面のkubikiロゴが残ってカッコいいですね!
IMG_8425


昼食休憩場所の「バロー上越店待機場」にて。
柿崎表示で並んだ955号車は、頸城自動車グループの最古参級の7E。実は、先ほどの「くびき野バス本社営業所」最寄からバロー上越店までの区間、955号車が充当する路線バスに便乗OKという行程だったりします。
象さんブザーの「チンッ!」に、扉ブザー音の「ギーッ!」をお楽しみいただきましたか?(笑)
IMG_8451


昼食どころではなく、写真撮影に熱中です!!
IMG_8456


午後の行程は「板倉区総合事務所駐車場」より。
たまたまデマンド便の予約が無く待機していた頸南バスの8Eと並べて撮影。
IMG_8470


中型との組合せもなかなかですね。
IMG_8475


2回目の路線バス便乗として、板倉コミュニティプラザより新井バスターミナルまで、こちらの長岡200か45号車と続行します。
一見、普通の8Eなのですが、KK-規制でツーステ、棒ギア、前後扉で後折扉という仕様は全国でもこの1台だけ・・・
IMG_8480


そのまま「頸南バス(新井)営業所」にて撮影会です。ここでも事務所の方の計らいで、いろいろな方向幕を掲示していただきました。
唯一の存在、大型キュービックの長岡200か667号車。猿供養寺の幕がシブい!
(この車両はスクール専用で、通常は路線バスの運行には入りません)
IMG_8482

IMG_8487


先ほど乗車した長岡200か45号車。
西野谷はかつて存在した路線で、旧新井市の西部へ伸びるローカルバス。現在は妙高市営バス化されました。
IMG_8489


こちらは旧妙高村を結ぶかつての関山線の小野沢行。地元のタクシー業者による乗合タクシー化され現在に至ります。
IMG_8492


長沢は長野県との県境付近。朝晩のスクール需要で市営バスが残っていますが、車両はハイエースでしたっけ?
IMG_8494


昔を知る参加者からは歓声があがりました(笑)
IMG_8497


長岡200か40号車。新潟県内初のエルガミオで、ツーステップ、棒ギア、前後扉で後折扉という仕様も、この40号車と頸城自動車の長岡200か62号車くらいだけの存在です。
方向幕には、以前頸南バスが担当したMt,Myoko。
IMG_8500


少し前まで側面に妙高のラッピングが施されていましたが、現在は剥がされてスッキリしました。
IMG_8507


さらに山を進んで、「頸南バス妙高高原車庫」へ。
3年前までは長野県のアルピコ交通の妙高営業所として存在しましたが、路線を頸南バスに移管して今に至ります。
IMG_8512


小型バスの長岡200か76号車。エルガミオのこの手は新潟県内でも頸南バスだけの導入。妙高病院乗り入れ用に新井から転属したんでしたっけ?
IMG_8531


そんな妙高高原管内ですが、4月より妙高市営バス化されることが決まり、事業者はもとより車両も市のマイクロバスに切り替わることが決定しています。
頸南バスがこの地より撤退するため、車庫機能も不要となることから、この光景もまもなく見納めに。

頸南バスホームページ
http://keinanbus.com/

IMG_8539


妙高高原駅に並ぶ3台。
お名残乗車も兼ね、路線バスへの便乗3回目として杉野沢線に乗車です。真ん中の長岡200か664号車が充当です。
IMG_8542


鬱蒼とした林の中を進む827号車を。664号車の後部より。
IMG_8559


終点の杉野沢上に到着。
IMG_8564


バス停と車両のツーショットを。
IMG_8565


路線バスは少し休んだのち折り返して発車。
乗車会もあとは柿崎へ戻るだけ。名残惜しいですが出発です。
IMG_8569


最後の立ち寄り先として「旧関山車庫」へ。旧妙高村内には頸南バスの路線網がいくつかあったのも過去の話。現在は建物を建設会社が車庫として使用していますが、今回は特別に許可をいただき訪問させていただきました。
IMG_8582


遡ればこの関山地区は長野県の川中島バスエリアだったそうで・・・頸城自動車旧塗装との組み合わせは過去に見られたのでしょうか?
IMG_8586


どんより曇り空で冬っぽく寂しい感じになりましたが、田んぼの真ん中で撮影して、
IMG_8590


日も傾き始めた18時少し前に、柿崎バスターミナルに到着です。
IMG_8597



最後になりましたが、相談から調整まで何から何までお世話になりっぱなしだった頸北観光バスのご担当者様、当日ハンドルを握っていただきリクエストに応じてくださった運転士様、撮影にご協力くださった各立ち寄り先の皆様、大変ありがとうございました。
また、当日ご参加いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

このページのトップヘ