1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/28(日) 11:00:03.07 ID:CAP_USER9
https://mainichi.jp/articles/20181028/orc/00m/200/005000c

今年で40周年を迎えた、児童文学シリーズ『ズッコケ三人組』。1978年に第1巻が発表されて以来、
“中年篇”と合わせて、現在までに実に61冊を刊行。老いも若きも、学校の教室や図書館で本シリーズを
目にした人は多いのではないだろうか。“お金儲け”など、児童文学としては異例の題材を取り上げ、
「それを読んでベンチャー企業を立ち上げた読者もいた」という巻もある本作。著者の那須正幹氏に、
本作が与えてきた影響、そして現在の子どもたちに思うことを聞いた。

■ライバルは江戸川乱歩? 「最長不倒を目指したい」

2018年、区切りの誕生40周年を迎えた大ベストセラー『ズッコケ三人組』シリーズ。
ほぼ年2冊という刊行スケジュール、さらに他の作品も抱えた執筆活動は多忙を極めていたと思われるが、
作者の那須正幹氏は「スランプに陥ったことは一度もなかった」と平然と語る。

1978年に刊行された『それいけズッコケ三人組』から40年。『ズッコケ三人組』シリーズは50巻、
三人が40代になった姿を描いた『ズッコケ中年三人組』は10巻、さらに50歳になる最終巻『ズッコケ熟年三人組』を合わせると、
実に61巻という壮大なシリーズだ。

「足掛け37年『ズッコケ三人組』を書いていますが、僕にとって三人(ハチベエ、ハカセ、モーちゃん)は
実在の人物と同じぐらい心の中に生きている。ある意味で人生の半分以上、三人と付き合ってきているわけで、
本当に長い関係性になりました」。

多くの子どもたちに愛された作品だが、スタート当初はここまで長く続くとは思っていなかったという。

「当時、日本の児童文学の中で、同一キャラクターのシリーズものはなかった。だから『ズッコケ三人組』はシリーズにしたいという
希望はありました。ただ、良くても10巻ぐらいだろうという思いはあったんです。でも続けていくうちに、江戸川乱歩さんの
『少年探偵団シリーズ』を抜かしたいと思うようになってきて、30巻ぐらいから、最長不倒を目指したいなと意気込みました(笑)。
いずれにしても、読んでくれる読者がいたから、ここまで続けてこられたんですけれどね」。

『ズッコケ三人組』シリーズは、ほぼ年2冊というペースを守り、50巻まで刊行された。しかも那須氏は、
本シリーズ以外にも数多くの作品を執筆しており、多い年には1年で17冊も作品を刊行したという。

「確かに分量的に大変でしたが、不思議とスランプに陥ったことはなかった。自分でも天才じゃないかと思いました(笑)。
というのも、『ズッコケ』に関しては、5巻目ぐらいから三人のキャラクターが定着していたので、彼らを追いかけていけば
ストーリーは出来上がる。苦しむことはなかったですね。それと、編集者のアイディアだったのですが、あとがきに次の作品の
タイトル予告を入れていたんです。次に書くものを強制的に決めてしまうわけですが、これはある意味でやりやすかったですね」。

■常識覆す題材、「ベンチャー企業を立ち上げた読者もいた」

また、『ズッコケ三人組』シリーズが、他の児童文学と一線を画していたのは、題材として取り上げるテーマだ。
40周年を記念して発表された人気投票『ズッコケ50巻総選挙』で1位になった『うわさのズッコケ株式会社』(1986年)は、
三人がお弁当会社を設立してお金儲けをする話だ。

「子どもがお金儲けする話なんて、児童文学では絶対描かないですよね。普通は“そんなことを考えてはいけません”じゃないですか。
そういう意味で『ズッコケ』は、当時の常識をひっくり返すことばかりやっていました。危ない遊びもいっぱいしました。
殺人事件に遭遇し解決する話もあったけれど、普通の児童文学なら、せいぜい泥棒を捕まえるぐらいですよね。
とは言っても、“常識を覆してやろう”みたいな気概があったわけでもない。ただ面白そうだなと思ったことを書いていただけなんです。
でも、『株式会社』を読んでベンチャー企業を立ち上げた読者もいたから、少しは役に立っていたのかもしません(笑)」。

引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540692003/

9: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:06:36.20 ID:hIF9oMsq0
株式会社は確かに面白かった
後は修学旅行も好き
12: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:08:30.36 ID:1JxuQ0/s0
中年編て初めて聞いた
15: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:10:15.24 ID:V5HLPm+n0
実際まとまった話を短期間隔で長く書き上げられるんだから天才だろうな
22: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:14:02.31 ID:ME09y6em0
>>15
これな
十数ページの短編じゃないからなぁ
それを何十年も続けてんだから間違いなく天才でしょ
17: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:10:57.76 ID:FO4zcGes0
子供の頃2冊くらい読んだな
20: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:12:33.83 ID:4MX6g4kS0
子供の頃、読書感想文を書くために読んだなぁ。親から
もっとちゃんとした本を読んで感想文を書かなきゃ駄目だ
と言われて、代わりに芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読ま
された。こんな深くて深刻でしかも短い話で原稿用紙を
埋められるかー!と思ったな。
23: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:14:41.18 ID:Zfbqb0al0
ストーリーはたいしたことない
キャラクター造形の勝利
要するにそれだけで、逆に言えばそこがすごい
29: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:18:27.23 ID:SFyok6eA0
>>23
つーかストーリーまったく記憶に残ってない
スポーツ行動力短絡チビ、ヒョロメガネ、肉屋の息子(イメージ)のキャラクターと絵柄だけ
図書室小学生の暇つぶしの娯楽作品ニーズをがっちり掴んだだけだったな
なんか木に登ってるシーンがあったようななかったような…
33: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:24:57.85 ID:AOVGwG6K0
ズッコケシリーズは図書室で全部読んだのに内容全然覚えてないんだよなぁ 挿絵を見ると懐かしい気持ちになるけど
ばあちゃんの付き合いでチラ見してた時代劇は結構細かい内容覚えてるのになぁ
34: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:25:32.92 ID:zozY3gUz0
株式会社のラーメンで儲ける話本当に好き
天候で客の入りが違うとか、子供には新鮮だった
71: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 11:56:38.30 ID:o/T0TPfy0
うちの子たちの愛読書は、怪傑ゾロリだった。
全巻ある。
108: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 12:29:18.09 ID:oGNUsng+0
40年前ったら、定年した頃か どうりでこの漫画知らんかったわ
121: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 12:45:50.66 ID:jV8TfzWA0
>>108
漫画じゃなく児童文学な
125: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 13:05:14.15 ID:M3n2pdSi0
三匹のおっさんがいるからいいよ、あんな感じだろ
128: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 13:17:18.14 ID:rs+aT3kO0
続ける事は、難しい。そういう意味で尊敬するわ。
131: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 13:42:43.17 ID:rvZpt8720
学研・学習科学の別冊の児童文学集に載ってたな
あと、アメリカから博多に寿司修行に来た日系アメリカ人のジミーって奴もなんとなく覚えてる
134: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 14:06:08.03 ID:ohjMnBLB0
クラスで頭のいい人は伝記シリーズ読んでいて、アホな俺や友人達はズッコケシリーズ読んでたなw
ズッコケシリーズ面白くて何冊も読んだおかげで、本を読みながら次第に挿絵のないページのキャラクターも頭の中で動き出して、風景も頭に浮かんで来て、各キャラクターの声とかも勝手に自分の中で出来上がって来た。
本を読みながら映像見てるみたいに情景が頭に自然に浮かぶようになったのもこの作品のおかげだわ。
135: 名無しさん@1周年 2018/10/28(日) 14:16:16.27 ID:fEHF+ERC0
これは読みたい