1: しじみ ★ 2018/12/25(火) 17:00:39.37 ID:CAP_USER
 体重が気になりつつも、「どうしてもお腹が一杯になるまで食事を取らないと気持ちが悪い」と感じてしまう人も少なくありません。そんな肥満に悩む人のために、「胃の中にセットすると電気パルスが発生し、脳を満腹だと錯覚させるデバイス」が開発されました。

Effective weight control via an implanted self-powered vagus nerve stimulation device | Nature Communications
https://www.nature.com/articles/s41467-018-07764-z

Implantable device aids weight loss - College of Engineering - University of Wisconsin-Madison
https://www.engr.wisc.edu/implantable-device-aids-weight-loss/

2017年の調査によると、世界中で実に7億人以上の成人や子どもが肥満であり、肥満になる人の数は年々着実に増加しているとのこと。ウィスコンシン大学の材料工学教授であるXudong Wang氏は、バッテリーが不要でわずか1cm以下の大きさのダイエット用デバイスの開発に成功したとしています。

デバイス本体は硬貨程度の大きさしかなく、デバイスを使用したい人の胃の中に直接移植して使われます。デバイスはそれ自体にバッテリーを搭載していないため、一度設置したらバッテリー交換のために取り出す必要がありません。その代わりに料理やお菓子を食べた時に発生する胃の自然な動きに応じて電気パルスを生成し、胃と脳を結ぶ迷走神経に伝えるとのこと。この電気パルスが脳に「今は満腹だ」と錯覚させるため、デバイスの使用者は必要以上に料理を食べることがなくなり、ダイエットすることができるそうです。


「胃が動いた時に発生する電気パルスは通常の体内でも発生する自然な現象であり、開発したデバイスはこの動きを増強します」とWang氏は語っています。ラットを使った実験では、デバイスを移植してから25日間で急激な体重減少が発生し、その後安定して約100日間はデバイスを付けたラットは対照群よりも体重が38%減った状態をキープし続けたとのこと。

ダイエットのために胃そのものの大きさを変える胃バイパス手術などの外科的治療法もありますが、Wang氏が開発したデバイスは可逆的な効果をもたらすものだそうです。実験では、デバイスを移植したラットから12週間後にデバイスを除去すると、すぐに食物摂取量がデバイス移植以前のレベルに戻り、体重も元に戻りました。

Wang氏はナノ発電機に関する世界的権威でもあり、今回開発されたデバイスも「胃壁のうねり」というわずかな動きを電気に変換し、神経に伝える構造が要点となっています。今後はさらに大きな動物での実験を進め、やがて人間にも応用されることを期待しているとWang氏は述べています。

https://i.gzn.jp/img/2018/12/25/implantable-device-aids-weight-loss/01_m.jpg

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181225-implantable-device-aids-weight-loss/

引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1545724839/

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:05:53.62 ID:QgM94Nn2
胃が空腹以外の動きで収縮しても満腹感出て健康被害起こしそうだな
8: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:14:21.86 ID:ZLCxAKyM
いいね
9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:15:31.14 ID:vXUZI6Zn
胸焼けして食えなくなるんじゃないか?
10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:20:58.63 ID:1m1kCXly
電気を食うのか
12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:24:00.00 ID:xDoBtJXZ
燃費の悪い体で良かったわ
なんぼ喰っても脂肪が貯まらん
55: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/28(金) 15:37:37.27 ID:X+9tBP1p
>>12
体内に虫飼ってるんちゃうの?
14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:26:32.55 ID:Z3jNMEZm
動物実験なんて無意味
論理的に思考する人間には効かないよ
食い過ぎるデブは
空腹だから食うわけじゃないから
26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 20:21:45.18 ID:mgaC+N9i
>>14
空腹満腹は関係ない空腹感が問題なんだよ
16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:30:24.12 ID:DM/JFVAc
>>1

すでに、

動物であろうと人間であろうと、
「満腹中枢が刺激されたら食欲は無くなる」というのが幻想であったことは証明されてるよな。

たとえば、犬や猫でさえ、食い物を与え続ける限り
腹が裂けそうになるまで食べ、最終的にブクブツ太った肥満猫や犬になってしまう。

人間にしても、幾ら腹が満腹状態であっても、美味しい物が目の前にあると食べてしまう。

食欲のコントロールは別の方法でなければ無理。
17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:30:54.39 ID:vKk7GeJ/
これ拒食症にならないか心配
18: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:31:39.11 ID:vKk7GeJ/
拒食症というよりも摂食障害といった方がいいかも知れんが
20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 17:48:12.28 ID:v3pk1Ukh
130kg近くあるからこれ付けてほしいな
毎食人の倍以上食べておやつもモリモリ食べてる
彼女ほしい
40: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/26(水) 02:47:17.82 ID:4Czuqd1F
>>20
最後の行は要るかそれ?w
41: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/26(水) 04:33:19.95 ID:KbJFfRMf
>>40
切実な問題だと想うよw
21: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 18:12:17.28 ID:MrG4gti6
若い頃はどれだけ食べても平気だったのに、
30後半になったら、食べ過ぎると胃が痛くなるようになって痩せた

このデバイスが実現するのは、満腹になったシグナルじゃなくて……
22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 18:48:44.50 ID:CHfjwSdk
満腹でも食べるのがデブなんだよ
25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/25(火) 20:00:18.71 ID:YsW4dFNM
デバイス外したら元の食欲に戻って体重も戻るんじゃリバウンドは避けられないのか
ずっと付けながら過ごす必要があるんだな
39: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/26(水) 02:08:30.06 ID:ntfCKuJq
カロリー足りない時は腹が減るよりも、意識が薄くなって食わなきゃやべえってなるわ

空腹感カットするだけで充分とはちょっと思えんな
43: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/26(水) 12:40:34.70 ID:iySExm7o
>>39
糖尿病のインスリン過剰投与による低血糖でいきなりバッタリみたいなもんだな
49: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/27(木) 00:26:37.35 ID:R3KKDpKG
いいね、早く市販してくれ
51: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/27(木) 02:26:33.81 ID:wndvR7dL
内部に移植はハードル高いな
お腹に貼り付けて動くやつ開発してくれ
52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/27(木) 03:06:01.56 ID:r2jU2HeL
手術じゃない方法考えてくれ
58: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/29(土) 10:09:17.90 ID:6uD9JZwS
手術なんて面倒なことでは解決は無理だな

体外から出ないと、リモコンのようにボタン一つで脳か胸に体外から信号 ハイ満腹
でもならないと 出きれば一変にダイエット業界も激変する。
59: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/12/29(土) 10:22:11.63 ID:niDsXQwu
満腹感から体重減少したのかこれ

ネズミの小さな胃に硬貨サイズ埋め込まれたら
手術と異物感と痙攣信号でぐってりしてしまっただけじゃないのかこれ