1: ごまカンパチ ★ 2019/05/17(金) 01:59:41.72 ID:u5gV1XrB9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00010003-afpbbnewsv-int 
 火山の多いアイスランドで、21世紀の錬金術師たちが気候変動を引き起こす二酸化炭素(CO2)を永久的に石に変えようと試みている。
これは多孔質の玄武岩にCO2を注入し石化させて貯蔵する技術で、何千年もかかる自然界の工程を模倣しているが、技術の力により数年で石化可能だという。

 国連(UN)の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、世界の平均気温の上昇を1.5度に抑える目標の達成に向けて、
さまざまな二酸化炭素回収貯留(CCS)方法を推進している。

 アイスランドのCO2石化プロジェクト「カーブフィクス(CarbFix)」には、同国の発電会社レイキャビク・エナジー(Reykjavik Energy)や
アイスランド大学(University of Iceland)の他、フランス国立科学研究センター(CNRS)と米コロンビア大学(Columbia University)の研究者や技術者が参加している。

 氷河と火山、間欠泉が多いアイスランドでは、エネルギー生産の少なくとも半分が地熱源に由来している。
カーブフィクスに関わる研究者にとってこれはまさに大鉱脈で、世界最大級の地熱発電所ヘトリスヘイジ(Hellisheidi)発電所が彼らの実験室となっている。
アイスランド南西部にある火山、ヘインギットル(Hengill)山に位置するヘトリスヘイジ発電所は、溶岩が冷却されてできた玄武岩層の上に立ち、
ほぼ無限に水を利用できる環境にある。
30キロ離れた首都レイキャビクに電力と熱を供給するため、この発電所では火山の地下水をくみ上げ、6台のタービンを回している。

 プロジェクトでは、発電所から排出される蒸気に含まれるCO2を回収し、圧縮・液化させ水に溶かす。
プロジェクト責任者のエッダ・シフ・アラドッティル(Edda Sif Aradottir)氏は「基本的にCO2から炭酸水を作っているだけだ」と説明する。
この炭酸水は送水管によって数キロ離れた、灰色のドームが並ぶ、月面のような景観をした地域に送られ、地下1000メートルの岩層に注入される。
CO2溶解液が石の細孔を満たすと、ガスが玄武岩内のカルシウムやマグネシウム、鉄などと化学反応を起こし、凝固が始まる。

■数千年が2年に
 プロジェクトに参加する地質学者のサンドラ・オスク・スナイビョルンドッティル(Sandra Osk Snaebjornsdottir)氏は、
「試験注入では、注入したほぼすべてのCO2が2年以内に石化した」と語った。
一度石化したCO2は、ほぼ永久的にその場に閉じ込められるという。

 アイスランド大学の地球化学者シグロウル・ギスラソン(Sigurdur Gislason)氏は
「火山噴火が起きて石の温度が極度に上がれば、鉱物の一部が崩壊し、水に溶けだす可能性はある」と話す。
だが、「炭素を貯留する方法としてこれが最も安全で安定している」と言う。
この地域で最後に火山が噴火したのは、約1000年前までさかのぼる。

 カーブフィクス・プロジェクトによって、ヘトリスヘイジ発電所のCO2排出量は3分の1に削減された。
1トン当たり約25ドル(約2700円)で、これまでに約1万2000トンのCO2を回収貯留した。一方、アイスランドの火山群は毎年100万~200万トンのCO2を吐き出している。

 この回収貯蓄法の欠点は大量の脱塩水を必要とすることで、CO2を1トン注入するために必要な脱塩水は約25トンに上る。
アイスランドでは脱塩水は豊富だが、世界の多くの地域では希少だ。スナイビョルンドッティル氏は「これがアキレスけんだ」と話す。
そのため現在、この方法を塩水に適応させる実験が行われている。

映像は4月11日撮影。

※映像はソースでどうぞ

引用元: ・【CO2】「数千年が2年に」 二酸化炭素を石に変え、ほぼ永久的に閉じ込める、アイスランドの気候変動対策

2: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 02:00:23.10 ID:by23Mvu90
いつか溶けたらどうなるねんやろ?
4: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 02:02:07.86 ID:AIY9gbLm0
>>2
地質年代レベルで言えば昔は今よりずっと二酸化炭素はいっぱいあった
132: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 11:09:29.21 ID:cr4goWlA0
>>2
玄武岩が石灰岩になるんだから、溶けたら鍾乳洞ができて上が崩れたら石林になる
最終的には全部崩れて海に溶け込んで海底に沈殿するが、そこまで早くとも万から十万年の時間が経つだろな
そのとき人類の文明があるかすらあやしい
11: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 02:10:47.55 ID:ZSmz3dCA0
太古の地球の大気はほとんど二酸化炭素
10億年で1/1000になった
このまま減らすと植物が育たなくなり砂漠化が進む
地中から掘り出して大気に放出できるのは唯一人間だけである
20: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 02:23:58.50 ID:hGuwNOCg0
>>11
太古は植物の存在が二酸化炭素の吸収元になってた
太古の昔は植物のリグニンを分解する微生物がなかったから
朽ちた植物は腐敗分解されることなく泥炭にそしてやがて石炭という生物化石になった
現在はリグニンを分解する微生物が存在するからこの地球上では二度と石炭は正々堂々されない
太古の昔のように二酸化炭素が固定化されないから新しいアプローチで二酸化炭素を固定化する必要がある
38: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 03:12:53.89 ID:vRoPkMEv0
>>20
正々堂々w
66: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 05:30:21.27 ID:+3M5MJHe0
>>20
なるほど。

確かに木は腐敗するのになんで大量に化石化して埋蔵されてるんだろうとは思ってたが昔は腐敗させられるものがいなかったからなのか。
74: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 06:21:17.76 ID:UUyJlOCp0
>>66
ということはもう石炭は作られないのか
79: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 06:32:30.37 ID:TmJuqzfN0
>>74
おそらくたぶん、
海洋深層の堆積物が石炭になるんだと思うんだ。
33: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 02:54:42.75 ID:XsBJOPgJ0
塩水でも育つ木があればいいんだね
128: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 10:42:51.84 ID:zWe9Gves0
>>33
地球上に生命体が繁殖できるほどの酸素を供給したのはストロマトライト
この珪藻類が今の大気の成分バランスを作った貢献者
42: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 03:17:11.83 ID:LD9qRvcY0
酸素と炭素に分離すればいいのに
46: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 03:23:28.71 ID:5s4bwIzb0
トータルリコール
49: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 03:30:32.63 ID:8kb4RKJS0
そもそも温室効果ガスは水蒸気だからな
51: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 03:37:14.74 ID:CcIgLE350
塩味の炭酸水はつくりにくいってこと?
53: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 04:11:26.10 ID:t97qo0NC0
二酸化炭素を吐き出して
あの子が呼吸をしているよ
116: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 09:24:06.99 ID:0Zbh+leE0
炭酸水を有効活用できればな。
118: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 09:55:26.01 ID:ypgzOXSH0
CO2 を C と O2 に分離するのってどうなの?難易度、コストは?
120: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 09:59:29.78 ID:qzFMALOw0
>>118
それ光合成やん
137: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 11:37:36.58 ID:FrxN0iH20
そんなことはサンゴさんに任せておけばいい。
143: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 11:53:33.48 ID:K15/5ffG0
二酸化炭素を吐き出して~

石を吐き出して~
181: 名無しさん@1周年 2019/05/17(金) 21:27:26.12 ID:T3Xi5lTX0
CO2「✳︎いしのなかにいる✳︎」