1: Ikh ★ 2022/09/19(月) 10:56:59.24 ID:CAP_USER
熱帯の地域には多種多様な生命があふれており、例えば熱帯雨林は面積が地表のたった2%なのに動物や植物の種の50%がそこに生息していると言われています。カラフルな生き物や奇妙な見た目の動物など、熱帯にさまざまな生き物がいる理由について、科学系ニュースサイトのLive Scienceが解説しました。

Why is there so much biodiversity in the tropics? | Live Science
https://www.livescience.com/why-so-many-species-in-tropics

有名なドイツの探検家であるアレクサンダー・フォン・フンボルトが1807年に、「熱帯に近づくほど構造の多様性、形の優雅さ、色の混合の度合い、生命が持つ若々しさや活力が増していく」と報告するなど、熱帯には多様な生物が住んでいることが古くから知られています。

アメリカ・プリンストン大学のアンドリュー・ドブソン教授によると、「生物多様性の緯度勾配」として知られているこの現象を説明する仮説は、大きく分けて次の3つあるとのこと。

◆1:エネルギーが豊富だから
この仮説は、熱帯地方の日照時間が長く太陽光エネルギーが豊富なため、降水量や土壌の栄養分が多いことも相まって植物の成長が促され、それが生態系を支えているという説です。進化論の観点から見ると、植物の繁殖が盛んであればあるほど動物の多様性も高まるとのこと。

その理由についてドブソン教授は「植物が多様になると植物を食べる生き物も増えて、特定の植物を食べるスペシャリストやさまざまな植物を食べるゼネラリストなどが生まれます。そして、そうした草食動物を食べる肉食動物もスペシャリストやゼネラリストになっていくのです」と説明しています。

◆2:氷に閉ざされないから
2つ目の仮説は、熱帯地方は大規模な凍結に見舞われにくい環境であるため、生物種が長い時間をかけて進化することができたという考え方です。現代の生物のほとんどは過去2億年の間に発展してきた種ですが、その間に何度か氷河期を経験しています。

氷河期が訪れて、北極や南極の氷が拡大するとそれまでその地域で栄えていた生命はいなくなってしまいますが、氷河期になっても凍り付かない熱帯に住む生物はその間も進化と多様化を続けることができます。

◆3:環境収容力が高いから
環境収容力とは、ある環境に生息できる生き物の量のことです。この仮説では、熱帯地方にはより多くの資源があるのでより多様な動物が生息すると説明しており、そういう意味ではエネルギーが豊富なことを理由にしている1つ目の仮説と関連性があります。

しかし、チェコにあるプラハ・カレル大学の生態学者であるデビッド・シュトルヒ教授によると、熱帯では新たな生物種が誕生する種分化が進む一方で、絶滅も頻繁に起きているとのこと。なぜなら、狭い地域で多くの生物が生存競争を繰り広げるとそれぞれの種の集団は小さくなり、絶滅のリスクが増すからです。

※続きは元ソースでご覧ください

GIGAZINE 2022年09月18日 20時00分
https://gigazine.net/news/20220918-many-species-tropics/

引用元: ・【ライフ】なぜ熱帯地方は多様な生命であふれているのか? [Ikh★]

3: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 11:04:38.69 ID:z8yKOOB/
体温の維持にエネルギーを割かなくて良いからでは???
11: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 12:51:32.70 ID:SW5LLe6m
>>3
何故哺乳類と鳥類限定なんだよ
32: 名無しのひみつ 2022/09/20(火) 06:01:59.88 ID:q6pitUKI
>>3
なぜ寒冷地のが哺乳類は大型化するんだっけ?
温める面積増えて不利な気がするけど
33: 名無しのひみつ 2022/09/20(火) 06:07:49.70 ID:j5WlZUcU
>>3
体が大きい方が体積の割に体表面積が小さくなる(2乗3乗法則)ゆえ
熱を保ちやすいから、とよく言われる
7: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 11:25:02.09 ID:epf1aArP
大型哺乳類の多様性だとサバンナ地域が高くなるが
もっと高温乾燥で砂漠に近くなると水分を多く要求する
殆どの哺乳類は住めなくなる
こういう気候では爬虫類の方が有利だし、また三畳紀には哺乳類というか
単弓類はそれで双弓類に生存競争で敗れてしまった
8: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 11:29:53.59 ID:fAy557dt
温暖化でジャングルが増えるならいいんだけど
実際は砂漠化がどんどん進んでる
砂漠化はヤバい
38: 名無しのひみつ 2022/09/21(水) 15:22:52.61 ID:w94HEMYr
>>8
地球の緑化が進んでるとNASAが発表してたぞ
42: 名無しのひみつ 2022/09/21(水) 21:34:16.98 ID:z0IlvbzO
>>38
町の電柱とか道路も緑化してる
コケだが藻みたいのがすごい
9: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 11:46:10.15 ID:to7Iw9qm
生物の体を構成しているタンパク質の耐熱性が許す限り、
暖かいほうが、化学反応速度も上がるから、代謝も活発になる。
違う種類のタンパク質グループを選ぶと、最適温度が違うとかね。
(細菌の類に、実例があったような。)
12: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 13:35:40.83 ID:epf1aArP
北方の方が個体数だけなら多い、という所も多い
種分化は少ないけどな

海は蒸発が多い熱帯では川からの栄養塩類を含むコロイドが
下降で塩析して沈殿してしまい、マングローブ林の生物多様性は高いし
褐虫藻を共生させたサンゴ礁の海の生物多様性も高いが
その沖に行くと魚が少ない

北の方だと川から栄養塩類がどんどん流れ込んで
あまり種数は多くないが、様々な魚種が巨大な群れを作って回遊できる

ベルクマン法則などにより北の方が大きな種類がいる、というのも多い

その代わり、熱帯だと植物がどんどん育つせいでギャップ的な多種多様な環境が出来て
そこに暖かさもあって細かなニッチに合わせて色んな種類が出て来る
14: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 13:51:57.87 ID:epf1aArP
猛禽類を例にすると
東南アジアではベルクマンの法則に準じるような法則により
あまり大型の猛禽類が、フィリピンを除くほとんどの地域で存在しない
最大でもカザノワシとか
日本みたいにイヌワシ、クマタカ、オジロワシ、オオワシといった
大型で3kg越えの種類はいない

温帯だとイヌワシならウサギをメインに狩れば良いが
東南アジアでもウサギはいるもののあまり多くなく、またこれも小さいのが多い
カザノワシだって「他の鳥の巣を襲いヒナを取るのがメインの餌」というものだ

クマタカの仲間は世界の暖かい地域に多いのだが、日本のクマタカは世界で2番目に巨大である
北方の寒い所で森にサルやカモシカがいて、その子供を襲う、というところでニッチに嵌った

オジロワシやオオワシは沿岸部に集まるサケなどを捕まえる、というニッチがある
東南アジアではこういうものを猛禽の得意な様式で捕まえる、というニッチが
ちょっと無いわけだ

ところでフィリピンを除くと書いたが、フィリピンだけはオオワシとほぼ同大のフィリピンワシがいて
深い森の樹冠にいるサル類や大型のリスなどを餌にしている
そもそもサルが森の樹冠に常時いて、常緑の木の葉を反芻までして食べて数を増やせる環境は
落葉樹の多い温帯では成立しない
そういうニッチに嵌れば大型の猛禽類が出来てしまう
東南アジアの他地域だとネコ科の中型種などで木の上まで登って来てヒナを襲うものもいて
こういう生態が成立しにくい

また東南アジアの例だけで熱帯では平均したら猛禽は小さいのか?というと
アフリカでソウゲンワシがトンビ並みの生息密度で見られるところもある
ソウゲンワシは80cm3.5kgでかなり大きいが死肉をもよく食べ
大型哺乳類の多いアフリカ草原地帯に適応している
17: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 14:10:30.07 ID:vZCyEna0
暑いからに決まっている。
化学反応は高温で促進する。
生化学も同じ。
反応が多ければバリエーションも多い。
当たり前としか思えない。
18: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 14:14:34.01 ID:fYeOAeSB
人間も寒いと不健康になる

簡単なこと
19: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 15:44:56.51 ID:a2o+QUmN
変温動物は寒い所には殆ど居ないな
40: 名無しのひみつ 2022/09/21(水) 21:31:12.88 ID:z0IlvbzO
>>19
体温を気にしないで済むのは大きいだろうね
恒温機能を持つことはロスというのは
そもそもエアコンで考えても判る
24: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 20:08:43.16 ID:ISTc8R3S
日本の例を見るに降雪や凍結は必ずしも一方的に多様性を減じる方向に働くとも思えないが
寒けりゃ寒いでそれに適応した種が生活できるので仮に熱帯の生物種がいくら(数の上で)多様だとしてもそっちにはない形質(寒冷耐性)を持った種がでてくる

生物種の数のみをもって多様性を論じるのは危険
27: 名無しのひみつ 2022/09/19(月) 20:59:12.00 ID:FWpTrCrV
寒い所は調査が進んでないだけ
かもね
43: 名無しのひみつ 2022/09/21(水) 21:36:55.45 ID:z0IlvbzO
>>27
一方の寒い地方の深海などは
丸い透明な球みたいのがゆっくり一つ転がってる感じ
根本的に時間の流れの違いを感じる
北極深海10万年で熱帯の1秒って感じ
29: 名無しのひみつ 2022/09/20(火) 01:24:42.21 ID:Q/2YjlR+
熱帯地方だからに決まってんだろ