1: 樽悶 ★ 2024/06/08(土) 04:46:23.47 ID:AIkaxqtm9
島左近=大阪城天守閣蔵
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240606-00050065-yom-000-23-view.jpg

 戦国武将・石田三成の重臣・島左近のものと伝わる墓の発掘調査が5日、京都市上京区の教法院(きょうぼういん)で行われ、ほぼ全身の骨が見つかった。左近の骨かどうかは不明だが、今後、骨の年代などを調べるという。

 左近は「治部少(三成)に過ぎたる(もったいない)ものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と評されるほど有能な家臣だった。関ヶ原の戦い(1600年)で討ち死にしたとされるが、生き延びたとの説もあり、墓が左近の出身地とされる奈良県など各地にある。

 教法院の墓には、左近が土葬されたと伝わる。墓碑と過去帳には、左近が1632年(寛永9年)に没したと記されている。

 調査は、墓石の修復と建屋の新設に伴い、京都市文化財保護課や京都芸術大の石神裕之教授(近世考古学)らが実施。読経後に墓石があった場所を約20センチ掘ったところ、甕(かめ)式の棺(直径45センチ)が見つかり、中に頭や顎、骨盤などの成人とみられる骨が入っていた。

 調査に立ち会った歴史学者の磯田道史さんは「左近は民衆や敵方からも崇敬を集めた武将だった。本人の骨かはわからないが、研究が進むのを楽しみにしている」と期待した。

 教法院の三木天道住職(53)は「今後、専門家と協力して骨の調査を進め、実像に近づければ。墓所は整備後に改めて公開したい」と話している。

6/6(木) 12:46配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/577541bd265bbb5c3e6182b799bc1fb32831b538
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240606-00050065-yom-001-23-view.jpg

戦国武将、石田三成の腹心で、慶長5(1600)年の関ケ原の戦いでの勇猛な戦いぶりが伝わる島左近の墓の発掘調査が5日、立本寺(京都市上京区)の塔頭(たっちゅう)、教法院(きょうぼういん)で行われた。関ケ原で島は討ち死にしたとされる一方、遺体は見つからず、合戦後の消息については生存説を含めて複数の説があった。この日の調査では複数の人骨が見つかり、三木天道住職は「骨はないと思い寂しい気持ちだったが、(骨が見つかり)ありがたい話だ」。今後、さらなる実態解明を進める。

三木住職によると、島の墓所は全国に5カ所ほどあるというが、教法院の墓石には唯一「土葬」との文字が刻まれている。教法院には島の墓牌と過去帳などが残されており、それによると島は関ケ原の戦いから32年後の寛永9(1632)年に亡くなっていた。また三木住職は、関ケ原の戦いの後も島が京都で生存していたなどの証言があることも強調した。

発掘調査は島の墓石の修復や建屋の建立に伴い実施された。この日、調査に先立って墓前で三木住職が読経する中、関係者が手を合わせた。その後、協力した京都芸術大の石神裕之教授(近世考古学)らがスコップで土を掘り、慎重に作業を進めた。地表から約20センチ掘り進めた場所で壺が見つかり、中から頭蓋骨や骨盤などが見つかった。骨は状況から18歳以上の成人とみられる。石神教授は「(骨は)大変いい状態で残っている」と話した。

「治部少(石田三成)に 過ぎたるものが二つあり 島の左近に 佐和山の城」と評価されるほどの武将だった島。だが関係史料は少なく、その実像には謎が多い。教法院や関係機関は引き続き調査を進め、島の生存伝説の解明を目指す。(森天音)

6/5(水) 18:47配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9358ea5ed8ecc9e6dfa02d1180c57cbe6642c1f6
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240605-00000166-san-000-5-view.jpg

引用元: ・【京都】石田三成の腹心、関ケ原後も生存? 名将・島左近の墓から全身の骨発掘、今後年代など調査 三木住職「実像に近づければ」 [樽悶★]

3: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 04:50:21.68 ID:d0YT0krG0
サコンの力
4: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 04:50:46.53 ID:jhhc73nD0
生きてたら再雇用されそうだけど
5: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 04:51:28.95 ID:8D9Qs5OO0
左近の墓ってたくさんあるからなぁ
9: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 04:53:37.54 ID:N+1heXL10
三成にはもったい武将?
41: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 06:09:42.69 ID:KFlkcb3Q0
>>9
島左近の方が過大評価されてる
10: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 04:53:42.17 ID:LGvTmNJQ0
京都で潜伏は無理やろ
顔バレするは
13: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 05:02:11.74 ID:Y8OU2NX60
北斗の拳の人が書いた左近の漫画、打ち切りだったな。
24: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 05:28:19.74 ID:vFP9E3LS0
薩摩とかに落ち延びずに、衆人の目につき易そうな京都に居たのか
意外
28: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 05:38:15.13 ID:RytzNX0g0
京都で生存って無理っぽいけどな
出家でもしたとか?
31: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 05:42:03.64 ID:YS08M6C70
たった20cm掘っただけの所に埋めるか?
戦国時代から20cmぽっちの土が雨風に流れもせず暴かれもしなかったのか?
どうも胡散臭いな
33: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 05:47:47.60 ID:1lCDZT+O0
>>31
継続してる寺院の墓地なんだから管理されてたに決まってるだろう
32: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 05:45:17.02 ID:JkUeq+sq0
DNAから本人再生して話しを聞けば良い
37: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 05:59:33.51 ID:co5yW1/m0
前田慶次の漫画では生きてたよ!
44: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 06:12:14.34 ID:Yskymy1V0
もし生きてて1632年に死んでたとすると大阪の陣に出て来そうなのに出てない辺り偽物だろうな。
46: 警備員[Lv.9] 2024/06/08(土) 06:16:00.37 ID:I5ja9bZC0
「〇〇には過ぎたるものが二つあり」って言うの、戦国時代に流行ってたのか?
49: 名無しどんぶらこ 2024/06/08(土) 06:17:37.83 ID:9s52hy3q0
石田三成の生存説も興味がある
大河ドラマでやって欲しい