城東労働協会

私を育てていただいたふるさと墨田区を中心として、 地域を支え・育てる交流の場として、団体を設立し運営しています。 団体活動を通じて、企業の事業継続、発展 及びそこで働く社員の労働福祉の増進に、 貢献したい思っています。 よろしくお願い申し上げます。

東京墨田区の城東労働協会の唐澤です。
いつもありがとうございます。


2
10日に、
ミャンマー小学校建設引渡式に出席してきました。

そのことについて、数回に分けて記載します。

私は、東京東江戸川ロータリークラブ
という団体に所属しています。


この団体は、世界で200以上の国と地域に、
30000以上のクラブがあり、会員数は120万人以上です。

日本では、現在のクラブ数は2,000以上、会員数は9万人です。
世界的組織であるこの団体は、
クラブや地区単位で奉仕活動が行われています。


その中の1つに、海外からの大学生や大学院生など

日本の大学に通う海外からの学生に、奨学金で支援しながら
国際交流を行い、日本と世界の架け橋となる人材を育成する
国際奨学事業ロータリー米山記念奨学事業があります。


日本を母国の架け橋になって欲しい。

この活動の目的は「日本を知って好きになって
母国との架け橋になる人材の育成」です。


留学生は、生活費をやりくりするためのバイト
と研究の日々でとても大変ですが、
奨学金を受け取ることで研究に集中しながら、
私達を通じて日本をより深く理解することにも
時間がさけるようになります。

日本全国のロータリーからの寄付金を財源に
毎年全国で800名を超える留学生に奨学金を
毎月手渡し、それぞれの地域のロータリークラブが
世話クラブとなり、奨学生を支援交流しています。

東京東江戸川ロータリークラブでは、
20164月から1年間、ミャンマー出身のモーさん
のお世話をしました。彼女が歓迎会で語った夢が、
「私はミャンマーの田舎に小学校を作りたい」という言葉が、
今回のプロジェクトのきっかけとなりました。


ミャンマーでは、5歳から9歳までの子どもが小学校で学びます。
都市部を除き、地方では教育環境が不十分で、
基本的教育の向上の支援の必要が急務となっているようです。


そして、ヤンゴン中心部より北に270キロ(車で4時間)
のバコ州ティーテェー村に、現在5歳から9歳の子ども54名(教員3名)が
学ぶ小学校に新しい校舎が完成しました。つづく

P2100724_xlarge
 


城東労働協会の唐澤です。
いつも​ありがとうございます。

2月28日に、
キャリコンサルティングセミナーを開催します。

​​内容:組織が活性化する社員とのコミュニケーションの方策
①ジョブ・カードを利用したキャリアコンサルテイング
②傾聴をはじめとしたコミュニケーションの取り方​​​​​​​

日時:平成30年2月28日 午後4時~5時30分​
場所:墨田区両国2-9-5-4FーA
​料金:無料​​​​​

申込みは、下記にメールでご連絡をお願いします。
jr-kyoukai@biz.nifty.jp


​​ ​​

初めまして。
城東労働協会理事長の唐澤正樹と申します。

 私は、50年前はエントツだらけの墨田区に生まれました。
幼いころは、近所からガタン、ゴトンと音が聞こえていました。
通学中や遊んでいる時、工場・商店で働く人が近くと通ると、
声をかけてくれたり、御菓子をもらったり、遊んでくれたのを
覚えています。


 しかし、今は工場も商店は減り、マンションや駐車場が増えました。

また、工場は騒音防止のため等で、シャッターを閉めており、
近所との交流もなくなってきているように思います。


 私は、ふるさとの墨田区で社会保険労務士をしております。
お客様は墨田区を中心としました下町の城東地域が多いです。
中小零細の工場・商店が多い地域です。
この地域では特に、後継者不在、社員の高齢化、採用難など
の課題があります。

この地域の事業主は、自ら現場の業務も携わっており、
社員の採用から退職に関する人事労務や労働・社会保険について、
知識を習得する機会が少ないため、困っている方が多いように思います。


 この自分を育てていただいたふるさとで、
貢献・役に立てることはないだろうかと模索していましたところ、
地域を支え・育てる交流の場として、中小企業を中心とし
た団体を設立・運営することに思い至り、団体活動を通じて、
企業の事業継続、発展及びそこで働く社員の労働福祉の増進に、
貢献したい思っています。


これから、よろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ