城東労働協会

私を育てていただいたふるさと墨田区を中心として、 地域を支え・育てる交流の場として、団体を設立し運営しています。 団体活動を通じて、企業の事業継続、発展 及びそこで働く社員の労働福祉の増進に、 貢献したい思っています。 よろしくお願い申し上げます。

カテゴリ: 出来事

墨田区の城東労働協会の唐澤です。
いつもありがとうございます。

ミャンマー小学校開校式の続きです。

2月10日の朝、
私たちは7時にホテルのロビーに集合し、
バスで現地に向かいました。


今回、現地で学校建設にお世話になった
ボランティア団体フォーエバーボランティアの皆さんが、
案内してくれました。


バスで寝ようと思っておりましたが、
道中、高速道路とは名ばかりのデコボコ道。

段差の度に奇声を上げながら現地を目指しました。

ようやく村に到着すると、
沢山の子供たちが黄色い花束をもって出迎えてくれました。


P2101663_xlarge


今までは藁葺きの校舎で、
災害のたびに問題があったようですが、
今回、しっかりとした校舎が出来たことで
国からも学校として認可されることができ
国費で先生が派遣されるようになるそうです。

 

その後校舎の中に入り、開校式が始まりました。

私たちのクラブの会長が、
翻訳してもらいながら挨拶をしました。
「私達は学校をつくることしかできませんが、
ここから将来のミャンマーを背負う人たちが
育つ事を願っています」というようなお話しでした。

現地の方のおもてなしや温かさに
ジーンと感動した開会式でした。



その後は子供たちにカバンと帽子をプレゼント。

今まではビニール袋で学校に来ていたそうです。

顔に塗っているのは日焼け止めの「タナカ」

日本の御菓子も気に入ってくれたようです。

P2100703_xlarge


東京墨田区の城東労働協会の唐澤です。
いつもありがとうございます。


2
10日に、
ミャンマー小学校建設引渡式に出席してきました。

そのことについて、数回に分けて記載します。

私は、東京東江戸川ロータリークラブ
という団体に所属しています。


この団体は、世界で200以上の国と地域に、
30000以上のクラブがあり、会員数は120万人以上です。

日本では、現在のクラブ数は2,000以上、会員数は9万人です。
世界的組織であるこの団体は、
クラブや地区単位で奉仕活動が行われています。


その中の1つに、海外からの大学生や大学院生など

日本の大学に通う海外からの学生に、奨学金で支援しながら
国際交流を行い、日本と世界の架け橋となる人材を育成する
国際奨学事業ロータリー米山記念奨学事業があります。


日本を母国の架け橋になって欲しい。

この活動の目的は「日本を知って好きになって
母国との架け橋になる人材の育成」です。


留学生は、生活費をやりくりするためのバイト
と研究の日々でとても大変ですが、
奨学金を受け取ることで研究に集中しながら、
私達を通じて日本をより深く理解することにも
時間がさけるようになります。

日本全国のロータリーからの寄付金を財源に
毎年全国で800名を超える留学生に奨学金を
毎月手渡し、それぞれの地域のロータリークラブが
世話クラブとなり、奨学生を支援交流しています。

東京東江戸川ロータリークラブでは、
20164月から1年間、ミャンマー出身のモーさん
のお世話をしました。彼女が歓迎会で語った夢が、
「私はミャンマーの田舎に小学校を作りたい」という言葉が、
今回のプロジェクトのきっかけとなりました。


ミャンマーでは、5歳から9歳までの子どもが小学校で学びます。
都市部を除き、地方では教育環境が不十分で、
基本的教育の向上の支援の必要が急務となっているようです。


そして、ヤンゴン中心部より北に270キロ(車で4時間)
のバコ州ティーテェー村に、現在5歳から9歳の子ども54名(教員3名)が
学ぶ小学校に新しい校舎が完成しました。つづく

P2100724_xlarge
 


↑このページのトップヘ