2013年05月06日

第1回電脳川柳募集!!

★この度、有限会社コミュニティアイでは、第1回「電脳川柳」を募集しています。
下記募集要項です。

■お題は、「セキュリティ」、「ネット選挙」、「炎上」
※投稿はお一人様2句までとさせていただきます。

■締め切り:2013年5月末日

■発表:2013年6月中旬、当ホームページにて発表予定。

■大賞・準賞の方には粗品をプレゼントいたします。

はじめての方でもお気軽に挑戦してみてください。

電脳川柳投稿ページ
http://www.community-i.com/dennou_senryuu/

有限会社コミュニティアイ
http://www.community-i.com/

よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月01日

第5回肘折温泉 湯治 川柳 俳句 募集!!

★肘折がドッと込むでは、第5回「温泉、湯治に関する五・七・五(川柳、俳句)」を募集しています。
予想以上に好評で、またやってくださいという声が多くありました。

■お題は、「温泉(湯治)」、「新」、「年」、「冬・雪」
※投稿はお一人様2句までとさせていただきます。

■締め切り:2013年1月10日

■発表:2013年1月下旬予定 肘折がドッと混むサイトに入選句掲載予定。

■大賞・準賞の方には粗品をプレゼントいたします。

はじめての方でもお気軽に挑戦してみてください。

肘折がドッっと混む 山形県肘折温泉のポータルサイト
http://www.hijioriga.com/

投稿ページ
http://www.hijioriga.com/tanoshimu/575.html

よろしくお願い致します。
まだ投稿されていない方は挑戦してみてください。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 20:06コメント(0)トラックバック(0) 
お知らせ 

2011年10月12日

川柳先達探訪(8)中野頑慶句集「走馬燈」より

◆先達探訪(八) 中野頑慶句集「走馬燈」より

「二男二女」の章
両親をむきにさせてる反抗期
子のませた絵葉書が来る旅便り
家中のいたわり受ける受験の子
浴衣着て俄かに気付く娘の育ち
不宵の子ですと否定を期待する
子供らにさっぱり魅力ない家宝
理解あるおやじ惜しくも金がなし
或る日から手の届かない子らの位置


川柳あらかると

◆第十四回文芸コンクール(県民文化祭)川柳部門・一般の部

佳作第十二位
木村 奈生美
今日の幸明日の希望を見て眠る
愛を盛る菜に騙されている夫
キッチンに妻の匂いが立っている


◆東奥柳壇入選十月十七日掲載

許されて許して円い輪を描く  西野 秋子
生老病死いま向日葵を荼毘に付す 山本 弘志
ジャンケンポン職があるって楽しいな 京武 悠治


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 20:35コメント(1)トラックバック(0) 

04年10月エッセイ

◆チラシ    上野しん一

新聞の折込みチラシの入ってこない日はない。最近の或る朝のチラシを数えたら八種類ほどあったが、その日によっては、まだまだ多い日はざらにあった。
スーパー、自動車、パチンコ、衣類、健康食品、美容、住宅展示、仏壇、墓石、家具、携帯電話、教育ホームセンター、イベント、保険、その他数えればきりがない。
スーパーのチラシなどは毎日の食べ物に関係があるもので、もっとも目を引くことになる。買い物を担当する主婦にとっては必需品であり、したがってこのチラシがないと淋しいことになろう。
 これほどのチラシの種類だが、私の場合は必要なものは少なく、むしろ、取り片付けに手数がかかるだけだ。かといって全然見ないわけではなく、ずらずらと目を通して部屋の隅に置き、何日かたまると揃えて紐でしばる。同じ厚みだと新聞紙よりは格段に重い。光沢があってつるつるしたのが多いから質は良いのだろう。
 先日、“お江戸のれん東京グルメ”というのが入ってきた。栄太楼とか中村屋、常盤堂、風月堂、中央軒
木村屋、天領庵、今半、千足屋、若松、スエヒロ、ハゲ天、栄屋等々、江戸名代の味と、江戸下町職人展も併催され、袋物、版画、刃物、家具、べっ甲などの工芸実演があると記されていた。こんなのは興味があるので手まめに見る。
 それにしても毎日のチラシに使われる紙の量は大変なものだろう。南方の木の急速な伐採は日本の紙の消費もからんでいると言われているが、チラシを一つとってみてもそんな感がする。
 新聞も本紙だけ配達されるのであれば、どれほどすっきりすることか。しかし、このチラシがなくなることはないだろうし、若し、なくたったとすれば、いまではきっと物足りなく思うのではなかろうか。

本紙より目方が重いチラシくる  しん一

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 20:26コメント(0)トラックバック(0) 
常夜燈エッセイ 

2011年10月11日

第4回肘折温泉 湯治で川柳・俳句を募集

第4回肘折温泉 湯治で川柳・俳句を募集

★肘折がドッと込むでは、第3回「温泉、湯治に関する五・七・五(川柳、俳句)」を募集しています。
前回予想以上に好評で、またやってくださいという声が多くありました。

■お題は、「温泉(湯治)」、「紅葉」、「収穫」、「秋の恋」
※投稿はお一人様2句までとさせていただきます。

■締め切り:2011年10月31日

■発表:2011年11月中旬予定 肘折がドッと混むサイトに入選句掲載予定。

はじめての方でもお気軽に挑戦してみてください。

肘折がドッっと混む 山形県肘折温泉のポータルサイト
http://www.hijioriga.com/

投稿ページ
http://www.hijioriga.com/tanoshimu/575.html

よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 12:01コメント(0)トラックバック(0) 

04年10月私の好きな句 前号残灯録から

私の好きな句 前号残灯録から


  横浜 美子 選
合併にソロバン弾く市町村  一竿
メダルだけ追うマスコミのさもしさよ  もとく
足が地につかぬわが家のキリギリス  しん一
言葉尻やっぱり気になる嫁姑  光子
人間の眠り妨害する猛暑  奈生美

  木村 奈生美 選
わたしまだ若い若いと言い聞かせ  秋子
熱帯夜続き風鈴うつになる  悠治
風鈴も人肌恋し秋の風    てつ子
脇役の演技主役を盛りたてる  一竿
ありったけ泣いてさっぱり良いドラマ  俊水

  五十嵐 てつ子 選
無駄話五七五に乗せたいね  美子
七転びまではダルマにあるゆとり  悠治
ひらかなの形で泳ぐ生き上手  一竿
しなやかな女同士に散る花火
しなやかな女同士に散る花火  秋子
ボタ餅が落ちそうもない棚乾く  しん一

  佐藤 光子 選
草を取る過去掘り起こすかの様に  奈生美
七転びまではダルマにあるゆとり  悠治
語り合う心許せる風がある  秋子
子を乗せて見守るメリーゴーランド  しん一
家中の幸せ目盛り孫の顔  てつ子

  若佐 俊水 選
青虫を潰してまわる無農薬  美子
七転びまではダルマにあるゆとり  悠治
ひらかなの形で泳ぐ生き上手  一竿
わたしまだ若い若いと言い聞かせ  秋子
風鈴も人肌恋し秋の風    てつ子

京武 悠治 選
青虫を潰してまわる無農薬  美子
弁当へ今朝の残りも少し詰め  奈生美
ひらかなの形で泳ぐ生き上手  一竿
語り合う心許せる風がある  秋子
旅一夜ホロリ地酒が効いてくる  光子

 久保田 一竿 選
皮までも脱ぎたいような夏続く  俊水
祭り笛遠い記憶を掘り起こす  悠治
したたかに吸った憎っくき蚊をつぶす  しん一
風鈴も人肌恋し秋の風    てつ子
言葉尻やっぱり気になる嫁姑  光子

  浜中 もとく 選
無駄話五七五に乗せたいね  美子
皮までも脱ぎたいような夏続く  俊水
ひらかなの形で泳ぐ生き上手  一竿
わたしまだ若い若いと言い聞かせ  秋子
言葉尻やっぱり気になる嫁姑  光子

  西野 秋子 選
ありったけガマ口開けてさがす銭  美子
草を取る過去掘り起こすかの様に  奈生美
ひらかなの形で泳ぐ生き上手  一竿
風鈴も人肌恋し秋の風    てつ子
旅一夜ホロリ地酒が効いてくる  光子

  上野 しん一 選
ありったけガマ口開けてさがす銭  美子
熱帯夜続き風鈴うつになる  悠治
ひらかなの形で泳ぐ生き上手  一竿
プレッシャーになると思うが過激励  もとく
カタツムリ小さい夢の色も褪せ  秋子

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 11:50コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月08日

04年10月百箭集と合評会

◆合評吟(一人二句選)

3点・台風の夢ばかり見る落ちりんご悠治
(しん一、もとく、一竿)

2点・秋だなあ母が炊いてる栗御飯  一竿
(しん一、秋子)

2点・余所ごとでなし救急車また出番もとく
(秋子、奈生美)

1点・わびしいネほほをなでなで秋の風てつ子
(奈生美)

1点・残るのも先に逝くのも不安です秋子
(一竿)

1点・期待したほどでなかった門構えしん一
(もとく)



百箭集 上野しん一選

○ジャンケンポン勝ったばかりに肩がこり  悠治
勝つことによって、注目されることになり、何等かの荷を背負うことになる。誰もが勝ちたいと思うのだが、それによってむしろ、負担を強いられ、安閑としていられない立場にもなるということであろう。

○ネクタイの裏で言い訳組み立てる  悠治
ネクタイをつけているのだから背広姿であろう。
急に、残業になってとか、上司に誘われてとか、遅くなった理由を考えねばならない。たまには、一人、好きなようにふるまいたいのに、なにかにつけ、見えない糸がついているしがない蟻の日常である。

○砕けるに上手な波は詩人かも  悠治
大きく或いは小さく、強く弱く波は砕ける。みなそれぞれのリズムを持って語るかのように。人間はそ れに呼応して詩心をゆさぶられる。そこに波があって人がいて詩は成立するのであろう。


○ハンカチを白く洗ってゆとり持つ  悠治
ハンカチも手まめに洗うことにより白く映える。余裕のないくらしではハンカチもついくすんでいくような気がする。いつも白いハンカチを手にする。それはゆとりのかたちではなかろうか。

○手さぐりの子育て壁に突き当たり  悠治
昔は二世代も三世代も同居するのが、普通だったから子育ての先輩が傍にいて緊急時も難なく切り抜けら れた。核家族になってからは、それができなくなり、その都度、病院や医院へ走ることになる。伝えられるべき知恵がことごとに断絶し、いつも初心からの出直しで、それだけ難渋を繰り返すことになり、エネルギーの消費は大きい。子育て教室などもあるようだが、過度な負担は解消すべくもない実情といえそうだ。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 18:44コメント(0)トラックバック(1) 
常夜燈2004年発行分 

04年9月句会席題「五」

席題「五」 浜中 もとく 選

月火水木金続く趣味五日  奈生美
雛壇へ五人囃子が興を添え  しん一
三々五々散りゆく子等の俄か雨  一竿
オール五へ父母も喜ぶ通知表  奈生美
三方へ逃走をした五人組  しん一
四捨五入すればため息ばかり出る  秋子
五十円ショップで無駄を買わされる  奈生美
重箱の五段重ねという豪華  しん一

  秀句
五人目の出産またも女の児  秋子
五分五分になれば互いに気も和む  一竿
五十肩傘寿の母が病んでいる  秋子

  特選
五里霧中生きた戦後の茨道  一竿

  軸吟
てこずった下五が決まる一週間  もとく

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 18:04コメント(0)トラックバック(0) 
常夜燈2004年発行分 

2011年09月02日

04年9月句会宿題「輪」

宿題「輪」 上野 しん一 選

家族の輪保って地味な母がいる  奈生美
イヤリング揺れて少女は夢を追う  光子
せんべいの耳たぶ廻し食べる癖  雅男
輪になってみればみんなの良い笑顔  昭雄
友の輪はいいな気分は青い空   奈生美
争いはここだけにしたいもの五輪  もとく
輪の中に温い言葉を入れておく  悠治
温もりが欲しくて下戸も輪に入る  一竿
暑い夏だったな輪ゴム戻れない  もとく
夢誘う昼寝知恵の輪から貰う   もとく
まだうぶな少女レモンを輪切りする  とき子
友情の輪の中にいる安堵感   悠治

  五客
知恵の輪のいくつ昭和の母がくれ  瑞穂
病みあがり母の指輪がちと緩む  一竿
華やかな嘘も交える女の輪   秋子
輪ゴムほどの束縛ならば心地よし  昭雄
輪の中で鬼が眠った振りをする  秋子

  三才
遺産分けもめて身内の輪が崩れ  一竿
輪から出て宵待草へ逢いに行く  とき子
盆踊りこの世あの世が輪になって  昭雄

  軸吟
また一人巣立ってしぼむ家族の輪  しん一


※しん一さんや一竿さんとの会話が懐かしい。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 10:06コメント(0)トラックバック(0) 
常夜燈2004年発行分 

04年9月句会宿題「消す」

宿題「消す」 久保田 一竿 選

消しゴムを使う失敗ばれぬよに  奈生美
消しゴムで総て消せたらいいのにな  瑞穂
昔消えた部屋へ着替えを取りに行く  とき子
ヤクザ対ヤクザで恐い消す話   しん一
まっ先に私が消えるかも知れぬ  とき子
足跡をすべて消したい明日の為  雅男
現実に戻れば老いの恋も消え   もとく
友情が渇いた心消してくれ   秋子
哀しみの涙を霧に掻き消され   光子
落書きを消すと大人になっていた  昭雄
灯を消せば孤老五感が冴えてくる  もとく
うち明けて胸の支えがスーと消え  秋子
過去みんな消し去りたいね誇りをも  雅男
胸の内消してくれない秋の風   てつ子
しゃぼん玉夢生まれてもすぐに消え  悠治
早く消したいな私の過去の傷   奈生美
消してまた同じ誤字書くもどかしさ  秋子

  五客
街灯もネオンも閉す夜の霧   しん一
わだかまり消え穏やかな海になる  奈生美
消しゴムで消えない罪をもて余す  悠治
足跡がプツンと消えたミステリー  しん一
テレビ消す妙に淋しいもんだなあ  昭雄

  三才
過去を消す修正液を持ち歩く   悠治
懲戒免足跡みんな消し去られ   もとく
神様の消しゴム理不尽過ぎないか  昭雄


※現在は亡くなった方もおられるので、懐かしい思いに駆られる。アーカイブとして残しておきたい。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 09:59コメント(0)トラックバック(0) 
常夜燈2004年発行分 

04年9月句会宿題「プラン」

宿題「プラン」 西野 秋子 選

プランなど立てず貴男へ逢いに行く  とき子
少子化へ両家は墓地を予約する  光子
肩並べ友とプランを語り合う   瑞穂
一夜明け変わるプランにとまどいを  てつ子
年金の少ない金で練るプラン   光子
赤丸で囲む暦のスケジュール   一竿
プラン通りあなたとワイン飲んでます  とき子
何やろう私のプラン揺れるだけ  奈生美
計画の瑕疵に泣いてる町おこし  悠治
結婚のプラン果たしたマイホーム  奈生美
葬式が出せる程度の保険金   昭雄
設計図前に資金のプラン練る   もとく
激辛のプランは握りつぶされる  しん一

五客
年金のプランねずみが食いつぶす  昭雄
フルムーンのプランを子等がたててくれ しん一
計画の通りにゆかぬ資金難   一竿
増築の一間へ老母を呼ぶつもり  悠治
プラン通り行かぬ死ぬこと生きること  とき子

  三才
これからのプラン保険屋組んでくれ  もとく
裏付けがなくて画餅に帰すプラン  しん一
プランでは極楽行きと書いてある  昭雄c

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
常夜燈2004年発行分 

2011年08月29日

04年9月句会宿題「生意気」

◆九月句会  九月二十七日(於中央公民館)
出席 秋子、もとく、奈生美、一竿、しん一
投句 悠治、昭雄、雅男、とき子、てつ子、瑞穂、光子

宿題「生意気」 木村 奈生美 選

鼻っ柱折られてからの思いやり  昭雄
生意気な口も憎めぬ孫五歳  もとく
生意気なカルテおしゃべりばかりする  悠治
なり上がりでかい態度を見せたがる  しん一
生意気でいいさ未来を子に賭ける  一竿
生意気な鼻をへし折る機を睨い  しん一
生意気を喜ぶ親と叱る親   もとく
生意気に親の背を越し得意顔   光子
生意気な孫の一声乗せられる   てつ子
生意気な鼻が噂を嗅ぎに来る   秋子
生意気な棒は案外折れやすい   昭雄

五客
美人だが勝気が仇で売れ残る   一竿
年下にケアされ耳が鳴る小言   雅男
生意気な年頃もまた通過点   もとく
生意気なカラスだ俺をアホと呼ぶ  とき子
生意気なくらいがちょうど良い子供  昭雄

  三才
生意気な子だが我が家の宝もの  一竿
生意気な口を叩いて脛かじり   秋子
生意気な嫁家柄を自慢する   悠治
  軸吟
生意気に変わる確かな子の育ち  奈生美


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 19:24コメント(2)トラックバック(0) 
常夜燈2004年発行分 

04年10月残灯録(会員作品)

残灯録 会員作品

  横浜 美子
しあわせの目盛りを知っているわたし
祭り去り田畑の実り篭一杯
虫の声淋しくなって夏を恋う
十五夜へ秋を供えて騒ぐ孫
燃えた夏ほっと一息赤とんぼ

  木村奈 生美
味噌汁の匂い玄関まで溢れ
朝起きて今日の戦考える
Tシャツの白さ家庭の良さが見え
家事の間に何気なく出る一句二句
明日の夢たっぷり包んでいる布団

  五十嵐てつ子
指の先までも踊りの芯がある
コスモスもすすきも秋を連れてくる
秋の陽がそこに燃えてる彼岸花
風が来て揺れる足場にある不安
止むことを知らぬ交通禍を嘆く

  佐藤 光子
萩芒活けて職場は秋の色
忘れてた風が私をノックする
再会に過去の辛さを語り合い
糸車繋げなかった細い指
青春の痛手を綴る帯ドラマ

  若佐 俊水
台風で気が休まらぬ当たり年
小学の孫に意地張るへぼ将棋
納得の数字で終える血圧計
おれおれに老いの虎の子狙われる
何となく胡散臭いぞ骨董品

  野坂美 智子
残暑背に小さな庭の草むしる
私からあなたに贈る命の輪
ひばり聞く川の流れの様に聴く
青虫を潰すかすかな自己嫌悪
夕焼けが沈む明日をどう生きる

  京武 悠治
雑踏で他人の息を吸って生き
手鏡の裏で女の夢炎える
ネオン街熟れた女に踊らされ
前向きに生きても未練たまり出す
洗脳をされて都会を闊歩する

  久保田一竿
どちらかが折れると解ける倦怠期
一言が火花を散らす羽目になる
来世では誰と連れ添うやらお前
いい方にとれば互いに気が和む
秋風が好きとすすきの穂がなびく

  浜中もとく
独り身を決めて女は犬を抱く
種殻に同情をして生きている
むずかった虫も治まる吟醸酒
指切りをいつも忘れるのは大人
お一人様などと言わせぬキャリア嬢

  西野 秋子
女です軽い嫉妬の二つ三つ
くちびるに釘を打たれているピエロ
寒い語を持って来たのは女神です
抽出しに私の過去を眠らせる
生きてゆくための笑顔を別に持つ

  上野しん一
欲のない指にトンボが来てとまる
しぼむより風船はじけた方がいい
メールのみ打つ子自然に見放され
甘い水舐めてほたるは身を崩し
青春を満喫してる放れ駒


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 12:27コメント(0)トラックバック(0) 
常夜燈2004年発行分 

2011年08月28日

川柳先達探訪(7)中野頑慶句集「走馬燈」より

◆先達探訪(七) 中野頑慶句集「走馬燈」より

「二男二女」の章
ゴール目の前にもつれて子が転び
父さんといるから恐くない夜道
一呼吸ずらしてジャンケン子に勝たせ
父さんのみやげパチンコかららしい
あどけない顔で楯つく反抗期
子には子の意地仲裁を待って解け
子に正視されてでたらめなぞ言えず


川柳あらかると

◆デーリー柳壇入選 課題「香り」

母さんの香りいっぱい台所 木村  奈生美


あとがき

▽朝夕はもとより、日中も大分涼しくなった。今頃だと虫の音がかしましい程ではなかったかと思うが、夜、耳をすましても、まだ鳴いている風はない。夏の暑さが異常だったので、虫も感覚を惑わされたのであろうか。
▽今回はもとくさんのエッセイを載せることができた。今もっとも必要としているのは、このような文章です。
▽各地から大会の案内が届き、いよいよ大会ラッシュの季節を迎える。また、文化祭も踵を接し、秋はせわしく繰り広げられることになる。(  しん一)

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 19:35コメント(0)トラックバック(0) 
川柳先達探訪 

04年9月私の好きな句 前号残灯録から

私の好きな句前号残灯録から

  横浜 美子 選
シナリオにない道ばかり来た素足   秋子
父のする昔話が塩辛い  昭 雄
意地悪くいつも字余り悩ませる   俊水
先生の笛にはぐれた二、三人   しん一
回り道した人らしい物わかり   一竿

  木村 奈生美 選
再会をドラマチックにするテレビ   悠治
朝市で一番でかい母の声   昭雄
十字路で幸と不幸がすれ違う   秋子
生き下手でいいさ人間らしく生き   一竿
意地悪くいつも字余り悩ませる   俊水

  若佐  俊水 選
爪立ちで背比べする孫二人 光子
句を見たよ家族が話題盛り上げる   奈生美
人格が推しはかられるインタホン   もとく
でこぼこの道になじんだ父の靴   しん一
父のする昔話が塩辛い  昭雄

  京武 悠治 選
三食に手抜きはしない母の味   奈生美
幸せを拾う両手が短過ぎ   一竿
楽になることを信じて歯科の椅子   もとく
シナリオにない道ばかり来た素足   秋子
父のする昔話が塩辛い  昭雄

  久保田 一竿 選
三食に手抜きはしない母の味   奈生美
或る日ふと分からなくなる帰り道   もとく
シナリオにない道ばかり来た素足   秋子
一向につかみ切れない語尾の霧   しん一
父のする昔話が塩辛い  昭雄

  浜中 もとく 選
引っ越してうっかり帰った元の家   美子
肩書きが消えても元が追いかける   俊水
再会が男女の仲を狂わせる   悠治
うなずいてくれるだけでも気が和む   一竿
正装を脱いで肩から息を吸う   秋子

  西野 秋子 選
降りること出来ぬベルトに乗っている   俊水
翔んだ子に末期の水は期待せず   悠治
うなずいてくれるだけでも気が和む   一竿
或る日ふと分からなくなる帰り道   もとく
錆びついた線路も伸びる生きるため   昭雄

  上野 しん一 選
肩書きが消えても元が追いかける   俊水
幸せを拾う両手が短過ぎ   一竿
長寿金交付運動着で行こう   もとく
シナリオにない道ばかり来た素足   秋子
父のする昔話が塩辛い  昭雄

  五十嵐 てつ子 選
またやったドジな失敗繰り返す 光子
天寿まで明るく過ごす趣味の会   奈生美
うなずいてくれるだけでも気が和む   一竿
十字路で幸と不幸がすれ違う   秋子
でこぼこの道になじんだ父の靴   しん一

  佐藤 光子 選
再会が男女の仲を狂わせる   悠治
うなずいてくれるだけでも気が和む   一竿
正装を脱いで肩から息を吸う   秋子
でこぼこの道になじんだ父の靴   しん一
エプロンの母へあげたい感謝状   奈生美


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 19:23コメント(0)トラックバック(0) 
常夜燈2004年発行分 
ご訪問ありがとうございます
常夜燈 野辺地川柳社
ごろりごろり芋虫まるぞ人なるぞ

短詩型サイト「木馬館」

↓ブログランキングへの応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
ゼロの握手ページ
・柴崎昭雄プライベート
ゼロの握手オフィシャルサイト


「ゼロの握手」は握力ゼロの握手であっても、人と人との握手(出会い)を大切にしたいという思いと、頚髄(頚椎)損傷というハンディを負ったことで、人生をゼロから出発するという意味がこもっています。

柴崎昭雄エッセー集「ゼロの握手」
柴崎昭雄エッセー集「ゼロの握手」
・Amazonオンライン書店や全国の書店で注文、購入が出来ます。


【楽天ブックス】ゼロの握手

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

川柳の本


最新記事
Recent TrackBacks
コスモスの季節 (車いす、フルスロットル)
04年10月百箭集と合評会
もったいないもの (考える人にならなぬチャレンジド)
04年8月句会席題「残暑」と「無駄」
第一詩集「てのひらの月」を出版 (野辺地発「木曜クラブ通信」)
04年9月エッセイ
啓蟄や (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
今日から3月 (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
神明宮 (野辺地発「木曜クラブ通信」)
04年9月エッセイ
彼の地では (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
まんが図書館 (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
雲の上の青 (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
ニャンとまあ (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
記事検索