2010年01月20日

04年9月百箭集と合評会

百箭集 上野しん一選

○トゲのない造花のバラにあるゆとり  悠治

トゲがあると手折ることも容易にできないし、近付くことも躊躇することになる。それだけバラは、いつでも身構えていることになろう。一方、造花の方は殆ど持ち去る人もなく、色褪せるまで、そのまま立っている。ゆとりと言えばゆとりだが、ふり向かれることがないという淋しさもいなめない。

○へそくりを撫でて一日満ち足りる  悠治

自由になる金があるのは心強いこと。しかし、金が溜まってくると、減らしたくないと思うことにもなって、溜めたものを有効に使うよりも、溜まるのが面白くなってしまう、そんな状況なのであろうか。“満ち足りる”は、そう思わせられるところがある。

○真二つに割れてくす玉安堵する  悠治

割れて当然。若し割れなければイベントの第一歩でつまずいてしまう。主催者にしては、そんなところにも気を使わなければならない苦労がある。

○無欲にはなかなかなれぬ波頭  悠治

自然の猛々しさを目の前にしても、わだかまりを拭い去ることは容易にでき難い。そこが人間の弱さ悲しさであろうか。しかし、やがては、人は脱皮し、新しい自分へ辿りつく力を持っていることを信じたい。

○星月夜若い二人を歩かせる  悠治

昔も今も変わらない光景であろうか。都会のきらめきの中でなく、降るような星夜の方が二人を歩かせるにはふさわしい。

○エリートに育てた母の腹話術  悠治

腹話術は使い手の通り相手が応答してくれる。人形ではない生の人間を自分の思い通りに育てることは至難の技である。余程、知徳に傑出した母の像を見る。

○鍵っ子の話し相手になるこけし  悠治

こけしでも縫いぐるみでも、鍵っ子には大事な相手である。そして、なんとか情緒のバランスを取っている鍵っ子の実情を知らなければならない。


◆合評吟 (一人二句選)

(光子、しん一、奈生美、秋子)
4点・ 夫婦茶碗二つ並んでいる平和  一竿

(しん一、美子、俊水)
3点・ イラクから戻る切符は妻が買う  悠治

(一竿、秋子)
2点・ 太鼓判押されて自信取り戻す  俊水

(光子、美子)
2点・ メダル無い選手の心情思いやる  もとく

(一竿、奈生美)
2点・ 幸せのリズムで明日の米を研ぐ  秋子

(もとく)
1点・ サングラスはずせば悲し別の顔  てつ子

(もとく)
1点・ 草のよに生きろと子等へ自立させ  奈生美

(俊水)
1点・ ストレスを刈ったらどうだ針ねずみ  雅男

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 11:27コメント(0)トラックバック(3) 
常夜燈2004年発行分 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ニャンとまあ  [ 車いす、フルスロットル ]   2010年02月07日 19:53
我輩は猫である。 通りすがりの猫である。 名前はあるが事情があって言えない。 と言っているかどうかは分からない。 ぴーろこが図書館への道すがら偶然会ったら、髄分と人馴れしているらしくスリスリと懐いてきた。 「寒いのにご苦労さん」 「暇だから遊んでちょうだい」 ....
2. 雲の上の青  [ 車いす、フルスロットル ]   2010年02月08日 19:24
どんな厚い雲でも、その上は青々と晴れわたっているんだなあ。 写真のような青空と灰色の雲の境目を目にすると、人間が考えていることなんてちっぽけだなと思う(苦笑)。 飛んでいる鳥はなんだろうか‥‥鷹か鷲の仲間かな‥‥。 暮れかかったオレンジっぽい空は心に沁みる....
3. まんが図書館  [ 車いす、フルスロットル ]   2010年02月11日 19:49
商店街の中にできた「まんが図書館」。 まんが専門?の図書館だそうだ。 空き店舗を利用し、土日だけだが開いている。 試みとしてはとても面白い。 実はここは、以前は同級生の酒屋さんだったところだ。 今後も蔵書が増えて、開いている曜日も増えるといいが、そうなると大変...

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ご訪問ありがとうございます
常夜燈 野辺地川柳社
ごろりごろり芋虫まるぞ人なるぞ

短詩型サイト「木馬館」

↓ブログランキングへの応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
ゼロの握手ページ
・柴崎昭雄プライベート
ゼロの握手オフィシャルサイト


「ゼロの握手」は握力ゼロの握手であっても、人と人との握手(出会い)を大切にしたいという思いと、頚髄(頚椎)損傷というハンディを負ったことで、人生をゼロから出発するという意味がこもっています。

柴崎昭雄エッセー集「ゼロの握手」
柴崎昭雄エッセー集「ゼロの握手」
・Amazonオンライン書店や全国の書店で注文、購入が出来ます。


【楽天ブックス】ゼロの握手

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

川柳の本


最新記事
Recent TrackBacks
コスモスの季節 (車いす、フルスロットル)
04年10月百箭集と合評会
もったいないもの (考える人にならなぬチャレンジド)
04年8月句会席題「残暑」と「無駄」
第一詩集「てのひらの月」を出版 (野辺地発「木曜クラブ通信」)
04年9月エッセイ
啓蟄や (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
今日から3月 (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
神明宮 (野辺地発「木曜クラブ通信」)
04年9月エッセイ
彼の地では (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
まんが図書館 (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
雲の上の青 (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
ニャンとまあ (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
記事検索