2010年02月13日

04年9月エッセイ

◆ダンス教室  浜中もとく

以前からテレビ等で見る社交ダンスを、一度はやってみたいものと思っていました。
シングルになって、一周忌が過ぎたころ、公民館で生徒募集があったので応募、そこからダンス教室を一年、その後愛好会へと続けて早十一年になります。土曜日曜夜二時間だけですがね。
出席者は五十代から六十代の人二十名から三十名くらい、女子の方が少々多いくらいです。初めの頃は、異性とこんなに近く、しかも手を取り抱き合うなんて、たまらなく恥ずかしかったものです。最初の三年くらいは、何を教わってもまるで駄目でした。
三年を過ぎた頃から、習ったものは大抵分かるよういになった気がします。多少踊れてくると、自信も出来、この頃は一番の楽しみになっています。
先生がいつも言うように、ホルモンの活性を生み、老化防止の効果が大きいようです。二時間休まずに実習しますが、疲れを感じません。多少、脚腰が痛くても行ってくると治っています。
自分の齢を考えると、そろそろ限界かなと思っているところですが、かといって、ここで諦めたら一気に老人になるような気がして恐ろしいところもあります。

残された男が組めばみな天女   もとく

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

↑一日一回のワンクリック応援よろしく!!

jyouyatou at 11:28コメント(2)トラックバック(6) 
常夜燈エッセイ 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 彼の地では  [ 車いす、フルスロットル ]   2010年02月13日 19:32
近所の公園のところに近所の除雪後の雪が集められていた。 写真では分かりにくいが、けっこうな量である。 雪のてんこ盛りだ。 おいらの家の前には融雪溝が通っているので、そこに雪を捨てている。 その融雪溝は一日に3回?くらい定時にポンプで汲み上げた水が流れるように....
2. 神明宮  [ 野辺地発「木曜クラブ通信」 ]   2010年02月13日 20:55
写真は野辺地町の中央公民館から田清へと抜ける通りにある「神明宮」。 普段は気にかけない人が多いのかもしれない。 私個人的としては神社仏閣には興味がある。 その通りも雪が降るとこういう景色になる。 豪雪地野辺地町は健在だ。 ↓↓クリックで野辺地町のランキン....
3. 今日から3月  [ 車いす、フルスロットル ]   2010年03月01日 18:58
昨日に続いて青森駅のホーム。 こういう表示も意外と面白い。 人馴れした鳩もいて見ていると平和な気分になる。(^^; 3枚目は鳩も電車を待ってるのか‥‥? バンクーバーオリンピックも閉会式を終えた。 前半部分だけを少し観た。 旗手の真央ちゃんも大役を終えてホッと...
4. 啓蟄や  [ 車いす、フルスロットル ]   2010年03月06日 18:56
青森市にある毛糸屋さん。 こうやって形になる前の毛糸を見ると懐かしいものがある。 いろんな色があってきれいだ。 昔は地元にも毛糸屋さんがあったが、だいぶ前になくなってしまった。 淋しい限りだ。 年季が入ったタケちゃんのポスター。 もうだいぶ前のはずだ。だいぶ色...
5. 第一詩集「てのひらの月」を出版  [ 野辺地発「木曜クラブ通信」 ]   2010年10月29日 20:00
今年は春から母の腰の手術、夏には私の熱中症や腎盂炎、手術とかなりの期間ブログの更新を休んでしまいました。 これから、ゆっくりでも更新していければと思います。 話は変わりますが、 ■この度、20年間詩作してきた作品をまとめた、僕の第一詩集「てのひらの月」が出....
6. 昨年平成22年ののへじ停車場ランタンまつり3  [ 野辺地発「木曜クラブ通信」 ]   2011年02月04日 20:17
おいしいものがたくさんあります。 甘酒、けつめい茶無料サービス。 冷えた体も芯からあったまります。 おなか一杯になってください。 餅つき大会もあります。 ライブ・ステージ ...

コメント一覧

1. Posted by momi   2010年09月21日 22:10
「心に風が吹くとき」ブログの引っ越しをし、一から出直しです^_^;

これからもよろしくお願いします。
2. Posted by 昭雄   2011年02月01日 20:31
momiさん
遅まきながらURLを変更いたしました。
今後ともよろしくお願い致します。(^^)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ご訪問ありがとうございます
常夜燈 野辺地川柳社
ごろりごろり芋虫まるぞ人なるぞ

短詩型サイト「木馬館」

↓ブログランキングへの応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
ゼロの握手ページ
・柴崎昭雄プライベート
ゼロの握手オフィシャルサイト


「ゼロの握手」は握力ゼロの握手であっても、人と人との握手(出会い)を大切にしたいという思いと、頚髄(頚椎)損傷というハンディを負ったことで、人生をゼロから出発するという意味がこもっています。

柴崎昭雄エッセー集「ゼロの握手」
柴崎昭雄エッセー集「ゼロの握手」
・Amazonオンライン書店や全国の書店で注文、購入が出来ます。


【楽天ブックス】ゼロの握手

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

川柳の本


最新記事
Recent TrackBacks
コスモスの季節 (車いす、フルスロットル)
04年10月百箭集と合評会
もったいないもの (考える人にならなぬチャレンジド)
04年8月句会席題「残暑」と「無駄」
第一詩集「てのひらの月」を出版 (野辺地発「木曜クラブ通信」)
04年9月エッセイ
啓蟄や (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
今日から3月 (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
神明宮 (野辺地発「木曜クラブ通信」)
04年9月エッセイ
彼の地では (車いす、フルスロットル)
04年9月エッセイ
まんが図書館 (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
雲の上の青 (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
ニャンとまあ (車いす、フルスロットル)
04年9月百箭集と合評会
記事検索