住賓館(じゅうひんかん)ブログ

香川県善通寺市から心をこめて全国配送致します。 世界の逸品を集めて一味違う家具選びをご提案。

2009年06月

オーソペディックコレクションのハニーデューは前回ご紹介したオーチャードにピローソフトがついたものです。ユーロピロートップがマットの表面につくことにより横たわった時に身体を優しく包み込みよりソフトな寝心地をもたらします。お仕事が大変でお帰りがおそい女性には
『シーリーのピローソフトが付いたオーソペディックコレクション』の画像

シーリーから新しいマットが届きました。新しいマットのシリーズ名はオーソペディックコレクションです。サイズが日本サイズになりシングルからダブルワイドまで選べます。コイルはポスチャーテックコイルです。特徴はマットレスにかかる身体の各部の重さに応じて反発力が変
『シーリーのオーソペディックコレクション』の画像

店じまいセールで人気ある椅子です。国産でナラの広葉樹を使い美しい天然木がでています。座面もクッションのバランスがよく腰に負担がかかりません。ダイニングセットを買い換えるのは大変ですが私だけの椅子の取替え用としてはベスト商品です。ご覧なれたお客様は1000
『日本製の10000円の肘付き椅子』の画像

寝室に納品した花梨のハイチェストです。ワイドは105センチで高さが130センチくらいです。私の撮影がうまくなくハイチェストの下の部分がきれてますが実物はおしゃれなチェストです。取っ手もなくシンプルで前板が花梨材を使っているため色に深みがあります。花梨とい
『寝室に入れた花梨のチェスト』の画像

 桜材をストレートにはぎ合わせてサイドは波型のテーブルです。脚はあえてスチールを使うことによりスリムな感じがします。木の温かみとスチールの融合です。サイズはワイドが160センチで奥行きが85センチです。脚がスチールのためペットにかじられることが心配いりま
『桜材を使ったウェーブテーブル』の画像

ワイド1650奥行き900高さ640センチのリビングダイニングテーブルです。椅子は360度どこからみても心誘われるデザインです。弓を引いたデザインが和風モダンのデザインです。座面は好きなファブリックを選べますがあえて抹茶色にしました。チョコレート色のテー
『リビングダイニングの提案』の画像

ワイドのサイズが162センチから232センチまで選べます。それも10センチきざみで。革のレベルも厚革仕様からセミアニリンまで。セミアニリンに関してお勧めできることはしっとり感がありソファーに座ってもすべりずらいです。特にこの革は女性の本皮のコートくらいや
『イタリアのセミアニリンの革を使ったソファー』の画像

黒檀といえば唐木とか仏壇を連想するかもしれません。黒檀は木材のランクからだと最高級素材です。現在ウェンゲとかウォールナットが流行していますが濃い色のインテリアをお探しの人に私は黒檀をお勧めします。黒色の中に薄い縞模様がはしり緊張するほど美しい表情を黒檀は
『黒檀のサイドボード』の画像

皮を編みこんだ一人掛けチェアーです。人気のブラウン色です。脚はアルミ仕様で和室においても畳も安心です。寝室にセッティングしても場所をとりません。セール価格で50000円です。
『パーソナルチェアー』の画像

家具の宝石とゆわれる木の表面に山羊の皮をはったインテリアです。ピンク色の部分が皮の部分でテーブルのベージュ色の部分がシカモアの木の部分です。直径110cmの三角テーブルです。石のテーブルが好きですが重さが重く敬遠される人がいます。このテーブルは軽く簡単に
『キットファニチャーのダイニングセット』の画像

竹を利用した飛騨の家具です。風雪に耐え青々に育った竹です。竹はすべての材料資源として見直されています。たとえば竹から布、炭、住宅用建材と利用されています。この椅子も背の部分に竹を利用して柔らかいしなりがあります。和風モダンという言葉はこの椅子にぴったりで
『環境を保護するエコな家具』の画像

ワイド120センチ奥行き33センチ高さ120センチとバランスのとれた飾り棚です。中央の引き出しは丸かんの金具が付き楢材とマッチしています。下の引き戸の部分は扉の部分に優しい網の目模様があります。焼酎からバカラのグラスまですべての小物を最高に演出してくれま
『粋な飛騨高山の飾り棚』の画像

イタリアのフォルメンティの中でこのオンダのソファーは理想的なプロポーションです。3ミリのセミアニリンの厚革を使い高さは80センチと低めです。ローバックでありながら座面の硬さが硬いためソファーにおしりをのせても疲れません。背中と座面の部分はセパレートで納品
『イタリアの理想的な3人掛け』の画像

チークのフローリングの上に楢材のシンプルなダイニングセットです。シンプルモダンは非常に高度な技術が必要です。良質の木材を見極めて作り出す、簡素で美しい絶品。北欧家具は心をなごませ部屋の中で長くいても時間を忘れます。椅子はからだにフィットする独特の感触は波
『飛騨高山から生まれた北欧家具』の画像

節つき家具は飛騨で生まれ進化してきました。一時は他のメーカーもたくさん作りましたが続けているのは飛騨産業のシリーズぐらいだと思います。木材を大切に使おうとして節の部分まで使い無駄なく木をすべて消費しようとしました。節の部分の処理は爪楊枝を使い手作業のため
『飛騨の節つき家具』の画像

↑このページのトップヘ