住賓館(じゅうひんかん)ブログ

香川県善通寺市から心をこめて全国配送致します。 世界の逸品を集めて一味違う家具選びをご提案。

2009年09月

先週の木曜日に三層コートのワックスをかけましたが明日もう一度三層コートのワックスをかけます。六層にすることにより磨きをより強くしたいと思います。上に展示する商品も大切ですがカラーの面積をとる床は大切です。ご新築で大切な部分はカラーと素材選びのフローリング
『明日はワックスがけ』の画像

秋の気配はまだ朝と夕方ぐらいで暑さが続きますがまもなく10月になれば涼しくなると思われます。家でゆっくりくつろぎ映画を見たり音楽を聞くのにぴったりなソファーです。背中の部分はリクライニングしクッションが腰にフィットします。座面の新素材テンションは新型新幹
『座りごご地はファーストクラス』の画像

本日午前中に岡山県へ納品に行ってまいりました。実は先週のお届けでどうしてもマットが間に合わず本日の納品になりました。マットはいろいろ検討されポケットコイルのなかで一番たくさんコイルがはいっているマイクロドリームを選んでもらいました。マイクロドリームのマッ
『岡山県へ納品』の画像

先日紹介したオリジナル杉デスクを納品してきました。横に二つ並べてみるとワイドサイズが200センチになり白でありながら質感がよりでました。引き出しの掘り込み取っ手も程よい深さで一番下の部分はA4の雑誌もはいります。天板の厚さも十分あるため手前の波打ったデザ
『杉デスクの納品』の画像

丸テーブルはとにかく話をするのが楽しくなります。正面から相手の顔を見ないで斜めに向かい会話できるからです。お子様に宿題を教えるのにも適している角度です。今リビングに置く学習机で横長の180センチ以上が流行していますが私は丸テーブルのほうが角度的に適してい
『家族のなごみは丸テーブル』の画像

本日白の杉デスクが完成しました。杉の木目を残し白色をつけますが本体が杉の無垢のため深みある机になりました。同じものを2本お求めになってもらいました。隣同士でふたつをならべることもでき引き出しの下もキャスターをつけ可動自由です。本体にも小さな引き出しをつけ
『オリジナルの杉デスク』の画像

明日から入り口のある前面の部分のワックスがけです。特にピカピカにして14年の汚れを取ろうと思います。8月5日まら始まり約50日が経過しましたが展示商品の内容も少し変化がでてきました。いろいろ出張したり買い物をしたりするとかなりデフレスパイラルははじまって
『ピカピカのフロアーになる前日』の画像

築60年の家をリフォーム中でまず正面の本格的な倉が完成しました。以前は納屋でした。しかし昔からの柱を使い外からは白壁のグレーの瓦が現代的でモダンなイメージがします。倉の中には20年前ぐらいにおもとめになってもらった食器棚を復元し納品しました。リフォームは
『築60年のリフォーム』の画像

奥行きも浅く高さも玄関をさえぎらず床の素材にあわした下駄箱です。素材も選べサイズは1センチきざみで作ることができます。納期はオーダーして10日間でできます。これほど早い納期のフルオーダーのシステムは他にはありません。最近いくらいいものでも納期の速さは大切
『フルオーダーのオリジナルシューズボード』の画像

いつも展示会でイタリア製のスランプ社の照明に目がいきます。素材がプラスティックとファイバーグラスをブレンドして作っているため軽くても壊れにくく燃えにくいため簡単に汚れがとれます。リビングでも寝室でも間接照明として利用できます。私も寝室で利用してこの照明だ
『イタリア製の間接照明』の画像

リビングダイニングが主流になり同じ部屋にダイニングセットとソファーを置くことがあります。その時テレビは一台ですましているところがあります。どうしてもソファー中心にテレビをセットするためダイニングの椅子からテレビを見るとき一般にソファーが邪魔になります。こ
『ロータイプの本物ソファー』の画像

楢とウォールナットとチェリーとメープルの4種類の材をコンビネーションしたテーブルです。さらに背付きの楢材のベンチと背なしの楢材のベンチとスツールの組合わせです。自然素材のインテリアは心を癒してくれます。テーブルの脚のシャープなデザインはカントリー家具では
『日本から生まれる北欧家具』の画像

新作のオーセンシティーのソファーは背中の部分をウォールナット材に変更してよりワイルドな感じがします。もちろん肘の部分は一本木を使い前から後ろまで木の目がそろっています。張り地は50種類くらいから選べますが今回は紫をベースにした生地を選びました。改装後の顔
『オーセンシティーからの新作ソファー』の画像

後姿からやサイドから見ても美しい椅子はバランスがいいと思います。普通見えない部分におしゃれしていることはその商品のゆとりを感じます。洋服でもジャケットの内側のデザインとか靴のインナーのカラーとか普段見えないとろの気配りでそのアイテムの深さがわかります。壁
『360度から美しいソファー』の画像

三本脚のこの椅子はデンマークで15世紀ごろ農民の作業のため生まれました。三本脚の理由は多少凹凸のある地面でもぐらつかず作業がしやすいという実用的な理由からです。座面は厚い無垢のブナ材からの削りだしです。一個ずつ職人の手仕事のため無垢特有の一つ一つ違った美
『デンマークのスツールとワゴン』の画像

昨日広島県まで右に写っている住賓館のトラックで仕入れに行ってきました。自分の目で確かめ自分で自信を持ち紹介したい商品を選びました。しかし最近疑問を持つことがあります。確かに小売業には仕入れを安くすることは重要です。よく問屋を超えすべて直接直接と川上に上が
『広島県まで仕入れ』の画像

現在これだけ個性化しているインテリアデザインの世界で普通のものを作ることは大変になってきています。その中であえて普通のチェスト整理ダンスを紹介したいと思います。素材は流行中のウォールナットです。このウォールナットは素材がよく仕上げもオイル仕上げ調のマット
『ウォールナットのスタンダードチェスト』の画像

いつもホテルで泊まると部屋の中に風が欲しくなり必ず窓を開けたくなります。高層階になればなおさら窓を開けれて風が入れば快適にすごせると思います。マンションだと高層階でもベランダがあり窓を開き風をいれることができます。寝室で空気の循環は大切でそれも機械のエア
『ホテルと風』の画像

8月の中ごろから始めたフローリングが完成しました。時間と手間が予想以上でした。これから塗装にはいります。ドイツ製のオイルをたっぷり塗りワックス仕上げにはいります。ケーキを作っている感覚です。まわりのスタッフからはなぜここまでフローリングにこだわるか非難が
『フローリングの完成』の画像

改装後のひとつのテーマがいかに家の中で快適で長くいられるかと考えています。そのためにストレスを感じなく疲れが取れ家族の会話がはずむインテリアを探しています。   そのひとつの提案がプロヴィンシャルです。
『心温まるプロビンシャル』の画像

飛騨の下呂近くの写真です。久しぶりに火曜日の9月1日から金曜日の9月4日まで大阪から始まり東京と飛騨高山と名古屋とハードな出張でした。東京では新宿のオゾンの中にあるモダンイタリアの取り扱いのモービリイタリアでフラッグ社の背中に優しいダイニングチェアーがあ
『飛騨高山の出張』の画像

↑このページのトップヘ