住賓館(じゅうひんかん)ブログ

香川県善通寺市から心をこめて全国配送致します。 世界の逸品を集めて一味違う家具選びをご提案。

2009年10月

今回の改装で大切なキーポイントにおもてなしについて深く考えようと思いました。ご来店していただくお客様にできるだけ喜んでいただける店作りにはキッチンは大切です。自然にお茶が出て会話がはずみお客様と心から意見交換できる売り場作りを考えました。おもてなしは私た
『おもてなし用のアイランドキッチン』の画像

先日入荷したばかりの1400の丸のテーブルを本日納品してきました。天板と脚ははずれますから普通のドアのサイズからも納品可能でした。置くとやはりリビングソファーからテーブルの方を見ると天板の表情より脚が目にはいりとてもお客様に満足してもらいました。4本の脚のデザ
『プロビンシャルの納品』の画像

前回紹介しました高松市にあるすばらしいカフェです。山の上にある左の和風住宅です。正面石垣を左に曲がれば駐車場があります。裏口からの入り口ですが正面玄関からのお庭は心安らぐ風景です。本日夕方におじゃましてお休みなのにおいしいお茶をいただきました。土曜と日曜
『茶亭客主人』の画像

先日途中工程を説明したワイド2600の会議用テーブルを納品してきました。脚と天板はばらばらになりますが納品が二階のためぎりぎり天板の納品ができました。天板はつき板ですがぐるりは無垢板のため重さはひかくてき重く自分の体力の衰えを感じました。商品はすばらしく
『ワイド2600会議テーブル』の画像

本日は朝から新商品の入荷が多かったです。その中でもこの木の葉をモチーフにデザインしたダイニングテーブルはお勧めアイテムです。日進木工のホワイトウッドシリーズの新しい仲間です。ベンチを使うことによって場所をとらずのたくさんの人がかけられます。肘付きチェアー
『飛騨高山からの新商品』の画像

本日入荷のダイニングセットの椅子は1960年代に作られていた3号イスはトーア社の高い技術に裏づけされた原点のイスです。名前もサンディとして現代生活に合うようにサイズやディテールを検証して復刻しました。イスの価格も19000円と手ごろな価格帯で写真のダイニング5点で約
『1960年代の復刻版の椅子』の画像

ひじょうに思い出のあるベッドです。16年前にドイツにケルンの家具の展示会の時にかぜをひき大変な思いをしました。ケルンの展示会でルフ社を見るのを楽しみにしていたのにずっとホテルでアスピリンの薬をのみ寝ていました。ツアーでいっていたのでまわりにも迷惑をかけまし
『ドイツルフ社のベッド』の画像

北欧モダンスタイルをモチーフしながらも日本の住空間に合う新しいスタンダードです。普通のソファーを作るのは実は大変です。すべてのバランスを考えながら飽きのこないデザインを作らなければいけません。普通を特徴にしなければいけません。ファッションでも普通のスタイ
『時代に流されないナチュラルベーシック』の画像

日曜日の休みの日にゆっくり本でも読もうと思った時に長く座れて眠くなった時にうたた寝ができる椅子です。座面も程よい硬さでリクライニングする時と戻す時にほとんど力がいらず電動ならではの良さがあります。ヘッドレストは上下機能が付いていてまた前後の可動しますから
『快適電動リクライニングチェアー』の画像

プロビンシャルの新しい仲間の1400ミリの丸のサイズのテーブルが入荷してきました。脚も4本の脚で支えていて見た感じもおしゃれです。実際この写真はリビングソファーに座った時と同じ目線です。脚のデザインは大切です。サイズも1400ミリもありますから4人でゆっくり座れて6
『プロビンシャルの新しい仲間』の画像

お勧めサイドボードを納品してきました。最近ボードどいえばテレビボードばかり話題になりますがサイドボードもどんどん進化しています。個人的にシンプルモダンが好きなために北欧風のデザインのものをよく提案します。写真のボードは天板と側面と底板まですべて無垢板です
『シンプル北欧風のサイドボード』の画像

先日ご新築でお世話になりました岡山のお客様にウォールナットのキュリオケースを納品してきました。素材はテレビボードのウォールナット材で統一しました。ダイニングからリビングの通路の場所であり隣の扉が玄関からの入り口になるためボードのサイズを考慮しました。ワイ
『岡山にキュリオケースを納品』の画像

お客様のご依頼でリビングの置ける仏壇の相談がありこのタガヤサンの現代仏壇を提案しました。下の台もワイド900のチェストを作りました。素材に関しては紫檀系とお悩みになりましたがタガヤサンにすることで紫檀よりは少しうすく優しい感じになりました。サイズはワイド
『タガヤサンのモダン仏壇』の画像

シューズロングのソファーはたくさんありますが魅力のひとつに下の写真のシューズ部分の横幅の広さと硬さです。広さは105センチあり肘の部分も低いため長く座ってもずれ落ちる感覚がありません。硬さも長く座っても疲れないように座面にはフェザーシートが入って優しく体を包
『イタリアンレザーのシューズロング』の画像

アフリカのジンバブエ共和国の標高1500メートル以上の高地で有機栽培され、最高級を誇る綿品種のひとつがジンバブエです。枕カバーと一緒に布団カバーのコンフォーターケースにジンバブエはいかがですか。お部屋のイメージに合わせてカラーも9種類から選べます。写真の物はブ
『ジンバブエのメーキングセット』の画像

アメリカホテルベッドシュアーナンバーワンのサータと国産ウォールナットとのコラボです。写真のチェストのシリーズのベッドのフレームはシングルからクイーンまであります。サータのすべてのマットをのせることが可能です。その隣に写真の奥行き45cmのチェストをコーディネ
『ウォールナットとサータとのコラボ』の画像

軽さを追求した究極の椅子です。3200グラムの椅子でも耐久性は抜群です。座面に95キロのウエイトを載せた状態で背部に対して水平に一秒間約33キロの荷重を50000回繰り返し耐久チェックをしています。これ以上に本体の耐久性も座部に85キロの荷重を載せ6000回の確認を
『3200グラムの国産の軽い椅子』の画像

素材が写真のウォールナットとメープルの二種類から選べます。北欧のナチュラルテイストをお好みの人にはメープルをお勧めします。もっとモダンにするにはたとえば引き出しの一番上だけをメープルにして本体のウォールナットとコンビにするのもおしゃれです。引き出しの上の
『お気に入りのリビングチェスト』の画像

ワイド2600の会議用テーブルの製作中です。ほぼ骨組みの完成で写真は裏面の状態です。ぐるりにしっかりまく板を取り付けそり止めをいれ4本足をつけていきます。お客様と何度も打ち合わせをしてテーブルの形と脚の仕様も決まって製作日数は約2週間です。現在このような
『ワイド2600の会議用テーブル』の画像

1400の楕円のダイニングテーブルにあえて少し大きめのベンチをセットしてみました。コーディネートのポイントはベンチの背中の部分の形とテーブルの形の統一でした。楕円どうしだとひじょうにやわらかい感じがします。脚の部分も細く円柱のデザインが共通していますから
『バランスよくアレンジしたダイニングセット』の画像

サイズバランスとデザインがすばらしいサイドボードです。高さが168センチというのは他にはフルオーダーしかありません。この高さダイニングチェアーに座った時の目線にひじょうに相性がよく圧迫感がありません。素材もウォールナットで引き出しの部分はルーバー仕様のデ
『ウォールナットのサイドボード』の画像

楢材の節の部分もポイントとして使うことによりあじのある家具です。仕上げはオイルフィニッシュで自然の感じを残しています。前面は曲面仕上げのほりこみ取っ手です。チェストのサイズはワイド80センチから150センチまであり洋服箪笥もあります。シリーズとしてはテレ
『素材を生かした節あり家具 』の画像

私の店はなかなか学習机が毎年展示できなくお客様にご迷惑をかけています。学習机が得意なお店は100台くらい展示しています。毎年こだわりのある厳選した机を3台くらい展示しています。これはそのうちの一台です。エコとか自然環境にたいして考慮した飛騨産業の机です。
『飛騨産業の最新の学習机』の画像

世界的なデザイナーのハンス J ウェグナーの1950年に発表されたYチェアーは有名ですが写真のCH36の椅子も魅力いっぱいです。アメリカのシェーカー教徒の椅子をモチーフにリデザインされた作品です。シンプルベストの代表作だと思われます。とにかく軽く質感もありカー
『デンマークの不朽の名作の椅子』の画像

時代に流されず長い時を経てかたちづくられた北欧家具の安心感のあるソファーです。シンプルにデザインされ後ろから見てもすきのない顔をもっています。ワイドは1083で奥行きは720ミリしかありません。しかし大人が二人かけられソファー自体の重さも一人で移動できる
『北欧モダンスタイルのラブソファー』の画像

プロヴィンシャルのスツールはクリケットスツールと呼ばれています。英国のスポーツであるクリケットのボールが通過する3本のゲートに似ていることから名づけられています。クリケットスツールひとつにしてもプロヴィンシャルはこだわりがあります。スツールの色はオリジナ
『プロヴィンシャルのスツール』の画像

高松市の商店街の補聴器の専門店のオープン予定の店にウォールナットのテーブルと飛騨高山の椅子と収納付きミラーを納品しました。店の中は珪藻土の壁にナチュラルテイストがあり北欧の歴史ある町並みにある店のようです。外から見てもはいりやすいように大きな引き戸の扉が
『補聴器専門店に納品』の画像

3年の歳月をかけ開発した椅子です。極限までの曲げ木の技術を使い優美であり軽さも3800グラムの使いやすい椅子です。北欧のワイチェアーはすばらしい椅子で人気もひじょうにありますがこの椅子も負けてはいません。飛騨の日進木工の技術のあつまりのようにも感じられま
『3800グラムの北欧を越えた椅子』の画像

1600サイズのいダイニングテーブルに背付きベンチと背なしベンチの組合わせはいかがですか。食事をするときはほとんど人の姿勢は前かがみです。ですからベンチ二本というのも一方が背付きの場合疲れたらもたれることが可能ですからあまり不備の具合もないと思います。と
『ベンチ&ベンチのダイニングセット』の画像

ベッドのフレームはいろいろ種類がありますが一番好きなモデルがこのフルー社のバニアです。やわらかいチェリー材でヘッドの部分の横に流れる板目がきれいです。大きな鳥が羽をひろげたイメージでヘッドの部分はデザインされています。足もとは細く宙にういた感じです。素材
『イタリア製フルー社のバニア』の画像

発売から35年を向かえています。不変のお勧めソファーです。高密度ウレタンフォームを組み合わせウレタンのみの非常に軽いソファーです。一人で簡単に移動できます。サイズは3人掛けと2人掛けもあります。張り地はたくさんありますが私のお勧めは本革仕様です。汚れても
『本皮製のロゼトーゴ』の画像

10月始めより11月の末までにサータのベッドをおもとめの人にヒルトンとかグランドハイアットの3万円分の優待チケットの抽選キャンペーンがあります。30組限定ですが確率は高いと思います。サータはこのような企画がよくあります。サータの寝心地をホテルで体験できれ
『サータのキャンペーン』の画像

ブラック色のキットファニチャーの宝石箱です。オリジナル仕様のブラック色にしたのはキットの中で私が黒が好きだからです。山羊の革を貼ることでうっすら黒に深みをおび深海の感じがします。確かに黒は難しい色だしです。洋服や宝石でも黒は大人の色だと思います。最近北欧
『家具の宝石キットファニチャー』の画像

プレシェルトと言うシリーズです。プレシェルトはイタリア語で選ばれた選抜されたという意味です。前脚と一体に仕上げられた美しい肘の部分は座った時手にしっかりなじむように有機的に削りだしています。腰をさせる部分もしっとりと体を受け止めてくれます。計算された座り
『日本で作られた北欧家具』の画像

9月の飛騨高山の展示会で仕入れたワゴンが届きました。楢材をふんだんに使いながらも繊細な部分もあります。特にこの角度から見るとカントリーデザインでありながら縦の格子の部分が日本古来の刀をイメージしているかのようです。サイズもワイドが47センチで奥行きに関し
『大きなサイズの飛騨ワゴン』の画像

↑このページのトップヘ