住賓館(じゅうひんかん)ブログ

香川県善通寺市から心をこめて全国配送致します。 世界の逸品を集めて一味違う家具選びをご提案。

軽い椅子

マスターウォールのUC3は軽量でアームから前脚にかけての曲面ラインのフレームは繊細で美しいラインです。レザーの背もたれは強くもたれても背骨に違和感がなく快適です。通常の座面高は430ミリですが450ミリのインターナショナルサイズにもできます。450ミリだとALTACOM な
『マスターウォール(MasterWaL)UC3ダイニングチェアSH450 インターナショナルサイズ』の画像

ループチェアは背の繊細なスピンドルが背クッション無しでも背中を包みこみ快適です。肘を曲木に合わして置くこともできます。背まで高さは737ミリのロースタイルですがフォルムから更にコンパクトに感じ軽量です。和室や廊下にもセットできます。座面もしっかりウレタンがは
『【2018柏木工早期予約会】ウィンザースタイルのパーソナルチェア・ループチェア・LLC41F』の画像

冨士ファニチェアのAuraアームチェアはワイドが590ミリ、肘付きチェアでも前脚を気にせずゆったりと座れます。座面部分だけでもワイドは515ミリあります。座面部分のクッション性もソフトで長時間座っても腰に負担がかかりません。前傾姿勢でパソコンやタブレットをお使いに
『【2018サマークリアランスセール】冨士ファニチェア・AuraアームチェアD04260A•セミアニリン仕様が98000円』の画像

本日は大阪で開催された日進木工展に行きました。9月の高山での展示会と同様に新作や参考出品がたくさんありました。特にコントラクト用の椅子が充実していました。写真のタイプも軽量でカバーリング仕様です。カバーリング仕様でもこだわりがあります。座の後部がピンと張る
『【2018大阪日進木工展】コントラクト用の椅子』の画像

マスターウォールのUC3チェアは軽量で背中面は本革仕様のため、フィット感が良く、座面も程よいソフト感があります。木部は繊細な優しい曲線フレームです。手触り感も良く立ち上がり動作の時には助けになります。座面はカバーリング仕様です。簡単に取り外しもできます。一枚
『マスターウォール(MasterWaL) UC3 ダイニングチェア』の画像

去年の大阪の展示会でオーダーして秋ごろに展示した写真のSOFのダイニングセットは人気商品です。テーブルの天板の面カットと脚のVラインが特徴です。モダン空間にもお勧めしたいテーブルです。このV脚はテーブルのサイズが2100ミリになってもグラツキはありません。天板の上
『【2018年日進木工展】SOF・V脚ダイニングテーブル・SWT-894とセミアームチェア・SWC-833』の画像

geppoシリーズでお勧めした椅子があります。メインとしてはダイニングチェアですが、リラックスチェアとしても使えるこだわりの作りです。座枠にはダイメトロールを張り、座と背は置きクッションスタイルでそれぞれのウレタンの構成を変えることで、長時間座れます。背までの
『【2018年日進木工展】geppoシリーズのアームチェア・NFC-1211』の画像

後姿が美しい椅子はたくさんありますが、ループチェアは特にどの角度から見ても優美な姿をしています。身体を優しく包み込むために数多くのスピンドルはピッチ・角度が調整され、深く座っても浅く座っても快適です。斜めに傾斜された背の曲げ木部分は繊細なフレームですが、
『【2018柏木工早期予約会】後姿が美しいループチェア・LLC41F』の画像

飛騨高山のKAYA工房にコンパクトスタイルのイージーチェアがあります。ワイドが600ミリで奥行きが550ミリのため、小柄な女性にお勧めです。背の傾斜も少なく、少し浅めの座っても背のあたり感は自然で立ち上がり動作もスムーズにできます。座面高は390ミリで座面傾斜も少ない
『【小柄な女性にお勧めのパーソナルチェア】飛騨高山・KAYA工房のコンパクトイージーチェア』の画像

パーソナルチェアで軽量スタイルタイプをお探しのお客様がたくさんいらっしゃいます。お勧めしているのが柏木工のBOSSイージーチェアです。背までの高さは730ミリのロースタイルですが、背の当たり感が良く、座面も広くアグラも組めます。座面に上がり、体全体が背に力がかか
『【2018年・柏木工早期予約会】BOSS・イージーチェアELC51W』の画像

去年の9月の飛騨高山の展示会でオーダーしていたイージーチェアが入荷しました。2014年から開発され現行型になるまでは改良がありました。今回のイージーチェアも飛騨高山で見た時よりラインは細くシェイプアップされています。背も座もペーパーコードの鹿の子仕様で自然な弾
『北欧スタイルの空間にお勧めの軽量イージーチェア・craft design KUNI』の画像

住賓館Style更新しました。【住賓館Style】高齢者にやさしい背クッションの椅子4種比較飛騨産業:SEOTO EX・LDアームチェア/LChair・アームチェア柏木工:BOSSダイニングチェア 日進木工:geppoLDチェア>> http://www.jyuhinkan.co.jp/style_web/style0064.html住賓館スタイ
『【住賓館Style】高齢者にやさしい背クッションの椅子4種比較』の画像

先日の撮影のクラッシックスタイルの提案でブーツラブシートもご紹介しました。コンパクトな空間にもセットできるソファでブーツラブシートはお勧めです。ワイドが1175ミリでも大人が二人座れます。セットしたティーテーブル・A-343はワイドが500ミリで奥行きが500ミリで高さ
『コンパクトな空間にお勧めクラッシックソファ・ダニエルのブーツラブシート・A-529』の画像

トーアのダイニングチェアの中でもアルコチェアは人気があり、単品でお求めになるお客様もたくさんいらっしゃいます。座面部分がダイメトロール仕様のため、布バネにくらべ、大幅に軽量で通気性に優れています。耐久性もしっかりとあり、長時間座れます。背の先端部分はもち
『トーア・アルコチェアを限定本数で特別価格販売』の画像

日進木工のホワイトウッドシリーズのLDセットが再入荷しました。先日の日進木工展でも人気のLDセットでした。テーブルのサイズはワイドが1000ミリから2100ミリありますが、ワイドが1800ミリのタイプに椅子を4脚セットするスタイルがお勧めです。二脚をソファとセットして通常
『日進木工・ホワイトウッドのLDセット・WOT-692にWOC-151をセット』の画像

今回のフェアで人気チェアはホワイトウッドシリーズのLDチェアです。背中の傾斜がダイニングチェアとくらべ、大きく座面に浅く座っても快適です。座面高の400ミリは低すぎず、ダイニングチェアとしても使えます。座面幅が広く、横座りもできます。大きめのチョイ肘は楽に肘が
『【2017年・日進木工展】座れば納得するLDセット・ホワイトウッドシリーズ・LDチェアWOC-151』の画像

フジファニチャーのソファ・Agioは厚革仕様がマッチします。ボタン留めのシワのラインやわらかいフォルムが自然です。体に接してもソフト感があり、スベリづらいと思います。背の木部の成型合板は曲木ではできないソフトラインです。背のクッションもそのラインに沿って安定
『フジファニチャー・厚革仕様のソファAgioを特別価格で販売』の画像

カヤ工房のイージーチェアは軽量で移動するのも簡単です。リビングルームや寝室などでマイチェアとして活躍します。天気が良ければ、ベランダに置き長時間、リラックスもできます。美しい椅子で座り心地が良く、快適な気持ちになれます。座面のワイドが570ミリで奥行きが530
『【体と心が癒されるパーソナルチェア】KAYA工房・イージーチェアとサイドテーブル』の画像

来週からはケルンで展示会が始まりま す。MEETEEのブースからはまた新作 が発表されると思います。今年も楽しみ にしています。昨日の夜もまだあきらめ きれず飛行機のチケットとホテルの予約 サイトを見ていました。関
『松創・MEETEEシリーズのチェア・SALLY』の画像

先日、新宿パークタワーのモービリイタリアに訪問した時に今年のFrag社の新作チェア・SQUARE Lが展示されていました。細いピンヒールのような脚にボックススタイルの本体ボディが設置され、本体が浮き上がっているかのように繊細でした。ツートンカラーがいっそう、モダンに
『新宿パークタワー・モービリイタリア・Frag社のスクエアLラウンジアームチェアとLOOP&CO社のソファ・Bardolino』の画像

10月に入って、昼間はまだまだ暑い日もありますが、朝夕はかなり涼しく、寒さを感じる日もあります。この季節が一年で一番好きな時期です。短い間かもしれませんが、湿気が少なく快適です。夏の疲れも少しずつとれてきます。この時期に、読みたい本やタブレットを少し長めに
『【軽量コンパクトパーソナルチェア】日進木工・ナチュラルブラウンシリーズ・コンパクトパーソナルチェア・NBC-315』の画像

フジファニチャーのAgioシリーズの肩肘スタイル・LO8310Hはパーソナルチェアとして最適です。リクライニングはしなくても深く座れば、頭まで支えてくれ、先端に座れば、デスクチェアのように前傾姿勢になり、ノートブックパソコンなども快適に使えます。また肩肘のために上に
『軽量コンパクトなパーソナルチェア・フジファニチャー・Agio・LO8310H』の画像

本日の午前中に店内の家具の移動をしました。その時感じたことは軽量ソファは移動が簡単で楽です。写真のAgioのワイド肩肘は一人でもち上げ、移動しました。実際、部屋内での移動は脚の裏にパンチ絨毯を張っているとすらしながら簡単に移動できます。成形合板のフレームは軽
『【軽量パーソナルチェア】厚革仕様のフジファニチャ・ワイド片肘ソファ・Agio』の画像

ナチュラルブラウンシリーズのチェア・WOC-132は131と比べて、背もたれの巾が広く背あたり感がいっそう快適になりました。重さはわずか3500gです。背の部分に重さ比重を置いているので、椅子の出し入れは快適です。背のカーブ面は優しく体を受けとめてくれ、長時間、座っても
『【2016年日進木工展開催中】ホワイトウッドシリーズ・チェアWOC-132』の画像

今でもNシリーズが約10年前に飛騨高山の会場に展示されていて、すぐに日進木工本社に行った記憶があります。これこそ軽量チェアだと思いました。わずか3800gです。座り心地も快適で部屋に入れても絵になります。NシリーズでSOLAはお勧めです。テーブルの天板トップはモアビ突
『【2016年日進木工展開催中】Nシリーズ・SOLA NC-002-Bとテーブル・NT-130-B』の画像

フォルムスシリーズでも2014年にデビューしたDDC-1130は軽量と強度のためにこだわりをもつ椅子です。写真の肘付タイプで重さはわずか4400gです。背板部分はあえて成型を使っています。サイドのスポーク部分が非常に軽量のために細くしているので、接合部分に繊細な高度な技術
『【2016年日進木工展開催中】Forms・チェアDDC-1131の背の接合のこだわり』の画像

ナチュラルブラウンシリーズのチェア・NBC-404は35年前の1981年にデビューした椅子です。今でも新鮮で軽量チェアとしてお勧めです。約4000gの軽量でもちやすく、座ってもホールド感が良く、長時間、座っても疲れません。背の縦の平スポークは背骨をさけて、やさしくうけとめ
『【2016年日進木工展は3月12日がスタート】ナチュラルブラウンシリーズのチェア・NBC-404』の画像

COTYシリーズには軽量ロッキングチェア・CUC-630があります。最近、床はほとんどフローリングになっていますが、ロッキングチェアの脚の裏にパンチ絨毯を張ると、フローリングの傷を防止することができます。また、6400gの軽量ロッキングチェアは移動するのも簡単にできます
『【2016年日進木工展は3月12日からスタート】心癒されるロッキングチェア・COTY・CUC-630』の画像

松創のMEETEEシリーズのNadiaラウンドチェアのフォルムは繊細で美しいラウンジチェアです。玄関にオブジェとして置いても絵になります。座面の裏側まで手を加え360度どこから見ても美しい仕上がりです。ブラックウォールナット無垢仕様で座面まで板座でこれだけ軽量チェアは
『【玄関に置いても絵にラウンジチェア】松創・MEETEE・Nadiaラウンジチェア』の画像

先日、入荷したイタリア・GREEN社のセブンチェアを現在、接客用の椅子として使っている中国生産のセブンチェアと比較してみました。左側がGREEN社で右側が接客用として使っている中国製のセブンチェアです。右は使用が長いので表面にテカリはありますが見た目ではあまり、差
『イタリア・GREEN社のセブンチェアを中国製のセブンチェアと比較』の画像

イタリアのGREEN社のセブンチェアが4脚入荷しました。リプロダクト品ですが、作りのレベルは高い商品です。ジェネリック品でもお勧めできるセブンチェアです。背の部分のワイドは490ミリで座面部分は460ミリで座面までの高さは450ミリです。軽量でマイチェアとしてお勧めです
『イタリアのGREEN社のセブンチェアが入荷』の画像

先日は手前側のパーソナルチェアをご紹介しましたが、今回は奥のロッキングチェア・NM267RCです。飛騨産業のニューマッキンレイシリーズです。通常のロッキングチェアと比較してロッキングの角度の傾斜が少ないため、揺れは穏やかで自然です。ナラ材とオーク材のコンビですべ
『【心やすまる軽量ロッキングチェア】飛騨産業・ニューマッキンレイロッキングチェア・NM267RC』の画像

日進木工・geppoシリーズのLDチェア・NFC-1211はワイドが640ミリある、ゆったりとした掛け心地のアームチェアです。肘木の枠でL型に組まれたシートを釣り上げたような軽快でバランスのとれたフォルムです。一本一本手で丁寧に仕上げられた手触り感の良い肘木です。geppoシリ
『【軽量で移動が簡単にできるパーソナルチェア】日進木工・geppoシリーズのLDチェア・NFC-1211』の画像

↑このページのトップヘ