住賓館(じゅうひんかん)ブログ

香川県善通寺市から心をこめて全国配送致します。 世界の逸品を集めて一味違う家具選びをご提案。

【飛騨産業 2013】

飛騨産業の森のことばシリーズの半円形テーブルSN390WPです。半円形ですが、丸に近いデザインです。ワイドが1500ミリで奥行きが1000ミリで高さが705ミリです。自然な節使いはモダンなイメージがあります。たくさんのメーカーが森のことばのヒットでたくさんの節使いの商材が
『【限定特価】飛騨産業の森のことばシリーズの半円形テーブル・SN390WP』の画像

本日の夕方に丸亀市に飛騨産業のプレシェルトのソファ2.5Pを納品に行きました。先日、先にクワヤのスイートシリーズのTVを納品していて、ソファは入荷待ちで本日、入荷したので、早速、お届けしました。ワイドが1665ミリの2.5Pはバランスのいいフォルムです。チークのフロー
『丸亀市に飛騨産業のPresceLtoシリーズのソファ2.5P・PS105Wを納品』の画像

飛騨産業のSEOTOシリーズのワイドが1710ミリのソファ2.5PKD12WLUとセンターテーブルKD102TUです。奥行きが735ミリで高さが745ミリのコンパクトソファです。背中部分から肘と前脚にかけて一体デザインになっているフレームです。ブラックウォールナット無垢仕様の切れ味の鋭い
『【限定特価】飛騨産業のSEOTOシリーズのソファ2.5P・KD12WLU』の画像

飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズのソファP1307とオリジナルスツールが入荷してきました。今回の張地は本革HK017にしました。最近まではファブリック仕様で展示していましたが、キャメル色の本革にすることで深い味わいになりました。革は味わいのある薄塗装に仕上げてい
『飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズの本革仕様のソファP1307とスツールが入荷』の画像

本日の午前7時に店を出発して兵庫県明石市に飛騨産業のプレシェルトシリーズのソファとスツールの納品に行きました。今回は私が行けずに配送のスタッフが写真撮影してくれました。淡路大橋からの風景も天候がよく、綺麗に撮影できています。明石市に到着したのは午前10時ごろ
『兵庫県明石市に飛騨産業のプレシェルトシリーズのソファとスツールを納品』の画像

飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズのP18 ゲートレッグテーブルが入荷しました。今回も仕上げはうづくり仕様を深くしてカラーをP淡色にしました。うづくりを深くしてP淡色すると木肌の表情が豊かになり、プロヴィンシャルの質感がいっそう高くなります。ゲートレッグテーブ
『飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズのうづくり深めでP淡色のP18 ゲートレッグテーブルが入荷』の画像

今回の飛騨高山の展示会で飛騨産業ショールームは改装され増築されていました。ゆったりとコーナー展開され森のことばなどをシステムキッチンと連動させたコンセプトショップなどもありました。写真は新作のCOBRINAシリーズで単純に全体的に小ぶりなアイテムの集積です。ビビ
『飛騨産業ショールーム2013』の画像

飛騨産業のTUGUMIシリーズは素材がブナ材とナラ材があります。私の店ではブナ材で展開しました。ブナ材のナチュラル色のNY色がTUGUMIシリーズのデザインンの自然なやわらかさにマッチしていると思います。甘い香りがただよう自然なデザインです。天板の厚さは30ミリで面形状
『【飛騨の家具 先行予約会 2013】飛騨産業のTUGUMIシリーズのダイニングセット・VZ332B・VZ213B』の画像

本日の午前中に丸亀市に飛騨産業の別注サイドボードを納品に行きました。ワイドが1500ミリで奥行きが500ミリで高さが850ミリです。上部に引き出しを3杯付け、下は引き戸スタイルにしました。引き戸扉の上部は輸入アワガラスで下は目隠しと安全のために板戸にしています。イン
『丸亀市に飛騨産業のプロヴィンシャル別注サイドボードを納品』の画像

今回の先行予約会は飛騨産業の商品もすべて対象アイテムです。写真のプレシェルトのソファは奥行きが790ミリで高さが795ミリのコンパクトサイズです。肘部分の曲面デザインはしっかりと肘を受け止めてくれ、先端部分もつかみやすいデザインになっています。一筆書きのように
『【飛騨の家具 先行予約会 2013】飛騨産業プレシェルトシリーズのソファ2.5P・PS105W』の画像

先日の大阪の展示会でオーダーしていたTUGUMIシリーズのソファが入荷してきました。展示はブナ材のポリウレタン樹脂塗装です。素材違いでナラ材もあります。ワイドが1700ミリで奥行きが775ミリのコンパクトスタイルです。ワイドが1470ミリの2Pあります。肘やサイドから見ても
『飛騨産業のTUGUMIシリーズのソファVZ11SOBが入荷』の画像

iPhoneから本日の飛騨産業の大阪展示会を少しだけご紹介しましたが、もう一度、ご紹介します。今回の飛騨産業の新作は写真のTUGUMIシリーズのリビングセットでした。素材はナラ材とブナ材です。ワイドが1700ミリで奥行きが775ミリで高さが785ミリのコンパクトスタイルです。
『飛騨産業の大阪展示会・総集編』の画像

午前11時過ぎには飛騨産業のショールー ムにつきました。新作のTUGUMIシリーズ のソファがありました。 ワイドが1700ミリで奥行が775ミリで高さ が785ミリのコンパクトスタイルです。素 材はブナ材とナラ材が選べます。個人的に はブナ材が好きです。近くにある柏木
『飛騨産業の大阪展示会』の画像

本日は午前中から大阪に向かっています。 飛騨産業の展示会が大阪の飛騨の家具館 であります。TUGUMIシリーズのソファ 関係が発表されます。時間があれば柏木工 のショールームも見たいと思います。本日 も新幹線の中で岡山名物デミカツサンドを いただき元気をつけた
『飛騨産業の大阪展示会』の画像

飛騨産業の挽き目仕様のダイニングテーブルです。挽き目とは、のこぎりで木材で切った跡に残る木肌表情のことで、日本の建築や民芸品に特殊な技法として取り入られてきました。製材用の帯鋸に挽き目加工がおこなわれています。ナラ材はとても堅く、材料の送り速度や挽き目の
『飛騨産業の「挽目」ダイニングテーブル』の画像

飛騨産業のSEOTOシリーズのソファ・2.5Pを店の入り口に移動しました。開梱してみると、非常に繊細なデザインのために入り口にコーナー展開しているSWINGシリーズとテイストが似ていると思いました。パーソナルチェアWLⅡとセットするとしっくりとしました。この場所に展示す
『飛騨産業のSEOTOシリーズのソファ2.5P・KD12WLU』の画像

母の日のプレゼントに飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズのロッキングチェア・P21はいかがですか。ワイドが610ミリのコンパクトスタイルで軽量です。座面もゆっくりとザグリをとり、体にフィットします。ロッキングの角度も揺れに対してバランス良く、自然に長時間座れます
『母の日に飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズのロッキングチェア・P21』の画像

飛騨産業からSEOTOシリーズのソファが入荷してきました。素材感の伝わる削りだされたディティールで技が生み出す個性的なフォルムです。今回はワイドが1250ミリで奥行きが500ミリのリビングテーブル・KD12TUをセットしました。素材はポリウレタン樹脂塗装のウォールナット材
『飛騨産業からSEOTOシリーズのソファ2.5P・KD12WLUが入荷』の画像

本日の午後から飛騨産業の担当者が新作のTUGUMIのダイニングチェアの試作品をもってきてくれ、商品説明をしていただきました。写真の椅子はブナ材です。他にナラ材があります。ワイドが400ミリのコンパクトスタイルです。背のカーブがしっかりと体を支えてくれます。背中のス
『飛騨産業の新作チェア・TUGUMI・VZ213B』の画像

飛騨産業のオーダーテーブルの侭シリーズは天板形状は4種類あり、天板の面形状も4種類あり、サイズはワイドが2200ミリまで選べます。素材もナラ材とウォールナット材から選べ、ナラ材では7種類のカラーから選択でき。オイル塗装にもできます。また、長方形天板の角面型に限り
『【飛騨の家具 期間限定・先行予約シラカワ・飛騨産業】飛騨産業のTable system・侭』の画像

飛騨産業のCASCADAは1970年代に販売され、当時の生活スタイルに浸透していきました。北欧テイストのコンパクトなチェアとテーブルを現代の生活に合わせて、リ・デザインしました。お好みでヨーロピアンビーチ、ホワイトオークの2種類から選べます。写真はブナ材タイプです。
『【飛騨の家具 期間限定・先行予約シラカワ・飛騨産業】飛騨産業のCASCADAのチェア・CC255B』の画像

飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズは心が和みます。写真のセトルはワイドが1450ミリとコンパクトソファで手前のワイドが650ミリのティーテーブルともマッチします。セトルとは長椅子のことで、本来は背板が板で倒すとテーブルになったり、座の部分も蓋を開けると収納になっ
『【飛騨の家具 飛騨産業2013】飛騨産業のプロヴィンシャルシリーズのセトル・P22・P淡色 うづくり深く』の画像

飛騨産業の森のことばシリーズのソファは人気アイテムです。ロースタイルで高さが730ミリで座面までの高さが290ミリです。フレームの本体がナラ無垢仕様でクッションがうすいために、立ち上がる動作にも不便を感じません。それでも、最近では座面の高さが390ミリのタイプもあ
『【飛騨の家具 飛騨産業2013】飛騨産業の森のことばシリーズの背クッション付きソファ3P・SN105SO』の画像

飛騨産業の中で今でもナンバーワンチェアはクレセントシリーズのアームチェアSG260Aだと思います。最近では軽量チェアが全盛ですが、このアームチェアには軽さの比較を越える魅力があると思います。SEOTOシリーズのチェアを本日、ご紹介して、非常に魅力的な椅子ですが座った
『【飛騨の家具 飛騨産業2013】飛騨産業のCRESCENTシリーズのアームチェア・SG260A』の画像

飛騨産業のSEOTOシリーズのチェアはチョイ肘でありながら、しっかりと肘をのせられ、長時間座れる椅子です。クレセントのアームチェアとの組み合わせもお勧めします。デザイン面で同じテーブルにセットしても違和感がありません。写真はポリウレタン樹脂塗装のOU色です。ナラ
『【飛騨の家具 飛騨産業2013】飛騨産業のSEOTOシリーズのチェア・KD201AN』の画像

↑このページのトップヘ