住賓館(じゅうひんかん)ブログ

香川県善通寺市から心をこめて全国配送致します。 世界の逸品を集めて一味違う家具選びをご提案。

断捨離 (だんしゃり) する

LDルームやワンルームマンションで機能性のあるテーブルやパーソナルチェアは活躍します。今回のConvitaとPARISの組み合わせはお勧めスタイルです。Convitaは背にクッションを置くとダイニングチェアとしても使えます。写真のポジションだと座面高は430ミリでテーブルの高さ
『【断捨離した後に残したいパーソナルチェアと昇降テーブル】ノルウェーVAD社・Convita20-10とCOMPAR社のPARIS』の画像

シビルイージーチェア・CC54Kはパーソナルチェアとして人気があります。ナチュラルテイストの空間やモダンスタイル空間にセットしても絵になります。軽量チェアのため、リビングから寝室やベランダに移動するのも楽にできます。ベランダで景色を見ながらビールでも飲みたくな
『【断捨離した後に残したパーソナルチェア】柏木工・シビルイージーチェア・CC54K』の画像

日進木工のac-centシリーズにはお勧めしたい小物関係がたくさんあります。その中でも2WAYSIDE TABLEはリビングルームから寝室までの空間で多機能に使えます。シンプルなデザインですが、サイズ、重さ、美しさを極めたサイドテーブルです。スツールとしても使える強度もありま
『【断捨離した後に残したいサイドテーブル】日進木工・2WAY SIDE TABLE・チーク仕様』の画像

イマダのコンチェットシリーズの480ティーテーブルは天板位置を変えることにより3パターンの使い方ができます。一枚のテーブルからライフスタイルに合わせて簡単に変化できる多機能テーブルです。天板と脚はすべてウォールナット無垢仕様です。素材違いでナチュラル色のメー
『【断捨離した後に残したいティーテーブル】イマダ・コンチェット・480ティーテーブル』の画像

飛騨高山のKAYA工房よりオリジナルイージーチェアが再入荷しました。先日のサローネでもこれだけ繊細な削り出し仕様の完成されたイージーチェアはありませんでした。極限まで削り出しされたフォルムは眺めているだけでも癒されます。ゆったりとかまえたフォルムは優しく体を
『【断捨離した後に残したいパーソナルチェア】KAYA工房のオリジナルイージーチェア』の画像

COMPAR社のシンプルラウンドリフトテーブルは昇降以外に簡単にテーブルの型を直径1200ミリの丸のテーブルに変えれます。レバーは二つあり、向って左側は昇降レバーで右側は伸長レバーです。使い方は非常に簡単です。テーブルを昇降する時はコンパクトサイズの状態がベストで
『【断捨離した後に残したい伸長式昇降テーブル】イタリア・COMPAR社・シンプルラウンドリフトテーブル』の画像

KAYA工房のワイドが1000ミリのネイルソファは多目的に使えるソファであり、椅子です。奥行きが720ミリのため空間を選ばずセットできます。座り方も自由です。椅子はそのままで斜めに座っても背のクッションは肩から下の部分をうけとめてくれ、安定した姿勢がとれます。座る位
『【断捨離しても残したいコンパクトソファ】飛騨高山・KAYA工房の1.5Pソファ・ネイル』の画像

松創のMEETEEのNadiaラウンジチェアは生き物のような動的な表情があります。繊細な削り出しから生まれる力強さもあります。眺めているだけでも満足感があります。曲木ではできない、曲面ラインは体全体を包み込む籠のようです。ラタン家具の自然なラインが削り出しでも表現で
『【断捨離した後に残したいラウンジチェア】松創・MEETEE・Nadiaラウンジチェア』の画像

イタリア・COMPAR社のリフトテーブル・パリスの天板はヨーロピアンウォールナットの突板仕様でアメリカンウォールナットとくらべてマイルドな表情です。脚はポリウレタン仕様でカラーはブロンズ色です。昇降テーブルの脚はほとんどがスチール脚ですがこのPARISは質の高いポリ
『【断捨離した後に残したい昇降テーブル】イタリア・COMPAR社のリフトテーブル・PARIS』の画像

高さが600ミリの飛騨産業の侭テーブルに柏木工・CHAIRSのフランアームチェアをセットしました。この組み合わせだとコンパクトサイズの空間にもセットできます。通常は座面高430ミリのフランアームチェアには高さが700ミリのテーブルをセットしますが、今回は600ミリのテーブ
『【断捨離した後に残したいテーブルセット】飛騨産業・侭リビングテーブルに柏木工・CHAIRS・フランアームチェアをセット』の画像

フルオーダースタイルのオリジナルチェスト・フルーです。サイズ・素材・仕様変更など、ほとんどがオーダー可能です。プロパースタイルが写真の状態で4段引き出しで一番上の段は三杯スタイルで二段目は二杯スタイルです。小引き出しと大引き出しの位置やサイズも変更可能です
『【断捨離した後に残したいチェスト】クオーレ中央・オリジナルチェスト・フルー』の画像

総桐箪笥に関してお問合せがあると、一番に松創の初音をご紹介します。厳選された素材から作りに関してすべてこだわりを感じます。桐の力を最大限に発揮させるために、同一地方に育った同世代の桐を使い一棹の箪笥を手加工で作り上げます。また初音は全体的に丸みをつけて薄
『【断捨離した後に残したい総桐箪笥】松創の総桐箪笥・初音』の画像

ベージュ色をベースにしてブルー色のストライプでひきしめたノルジ工房のギャベです。ナチュラル色のフローリングの上や畳の上でもお似合いになると思います。深みのあるナチュラル色のベースの上にブルーのラインはベースのベージュ色をひきたてます。この上にセットする家
『【断捨離した後に残したいギャベ】ノルジ工房のギャベ』の画像

今回、ご紹介するノルジ工房のギャベは個人的に一番、欲しい絨毯です。この絵柄とカラーバランスは私の店でお勧めしている土井木工のオーセンティシティから日進木工の北欧スタイルのリビングやダイニングにマッチすると思います。モダンクールでありながら、眺めていいると
『【断捨離した後に残したいギャベ】ノルジ工房のギャベ』の画像

断捨離した後に残したいギャベとパーソナルチェアがあります。ギャベはたくさんの工房がありますが、私が一番好きでお勧めしたのが、ノルジ工房です。ノルジ工房の中でもモダンスタイルのすっきりとしたデザインがお勧めです。また、一緒にセットしたいパーソナルチェアがKAY
『【断捨離した後に残したいギャベとパーソナルチェア】』の画像

断捨離した後に残したいリクライニングチェアが入荷しました。スウェーデンのCONFORM社のTimeoutです。CONFORM社はアームチェア専門のメーカーです。熟練の職人の手で生地が張りこまれ、磨きがかけられ、そして職人の目と手で確認されます。Timeoutは、ガスシリンダーの無段
『【断捨離した後に残したいパーソナルチェア】スウェーデン・CONFORM社のパーソナルチェア・Timeout  inbuildが入荷』の画像

ALATACOMは北イタリアでインテリジェントな工場及び設備を持ちガスリフトシステムで特許を持った金属加工専門のテーブルメーカーです。デザインとバリエーションは豊富です。上下に移動したり、テーブルが広がったり、ライフスタイルに合してセレクトできます。写真のTAVOLET
『【断捨離した後に残したいリフトテーブル】イタリア・ALTACOM社のTAVOLETTO』の画像

朝夕が少し涼しくなり、秋の気配が感じられる季節になってきました。今からの時期に断捨離生活のスタートしてはベストな時期でないでしょうか。物を厳選して最小限の必要な物だけを残すためには、お勧め収納としてすえ木工のMG ver.3はお勧めです。リビングルーム以外に廊下
『【断捨離するためにお勧めしたい壁面収納】すえ木工・壁面収納・MG ver.3』の画像

断捨離した後に残したいソファとしてAUTHENTICITY・ソファEをお勧めします。フレームの素材とクッションの中身と座り心地を考えれば、このソファEがあれば座り、横になり、自分スタイルのポジションが取れます。昇降テーブルを置けば、食事もとれます。置く場所も壁に接して
『断捨離した後に残したいソファ・AUTHENTICITY・ソファE』の画像

以前にも自分で使いたいチェストでご紹介した松創の楽シリーズ№14です。いつもショールームで立ち止まります。それだけ魅力とオーラがあるチェストです。本体ベースの桐は3年から5年の歳月をかけ、充分に天然乾燥した良質桐材を使用しています。前飾り、隅飾り、脚、ツマミ
『【断捨離した後に残したいチェスト】松創・楽シリーズ14』の画像

 本箱の他にも満杯になっている物があります。それは、整理ダンスの1つの引き出しです。いつも、その引き出しに保険や年金の書類、手紙や住所録、電気製品の説明書などを入れていきます。そして満杯になったら、その中からいらない物を捨てて、種類分けをしてクリアケース
『断捨離の連鎖』の画像

 普段読みたい本は、テレビボードの収納部分に置き、読み終わった本は書棚に収納するという行動パターンを続けていましたが、とうとうテレビボードも書棚も満杯になってしまいました。まず、書棚の中から今後読まないであろう本を取り出していきました。その時、同じ本を2冊
『必要に差し迫られて10年ぶりの断捨離』の画像

眺めているだけで心癒される椅子があります。今回の撮影は午後7時を過ぎていて、少し気温も下がっていました。このラウンジチェアに座っていると時より涼しい風がありました。今の時間から波の音が聞こえる海に行きたくなりました。海のもっていっても絵になる椅子だと思いま
『【断捨離した後に残したい椅子】松創・MEETEEシリーズのNadiaラウンジチェア』の画像

オフィシャルサイト更新しました。今回の話題は...多様化する家族形態、快適に暮らすための家具選びボーナスシーズンにうれしい「送料コミコミセール」も開催中>> http://www.jyuhinkan.co.jp/002kagu_log156.html6月に入り2016年の上半期も残りわずか。消費は相変わらず低迷
『【家具ログ】多様化する家族形態、快適に暮らすための家具選び』の画像

断捨離した後にも残したくなる椅子があります。飛騨産業のクレセントシリーズのアームチェア・SG261Aです。座り心地の快適な椅子は全体のフォルムも良く、艶のある美しさがあります。座る前から包み込んでくれる意識が生まれます。背までの高さは710ミリのローバックスタイル
『【断捨離した後に残したい椅子】飛騨産業・クレセント・アームチェアSG261A』の画像

↑このページのトップヘ