小学校受験・幼稚園受験

小学校受験新聞ブログ - livedoor Blog(ブログ)

2016年09月14日

「有名私立小にパイプがある」 裏口入学を持ちかけられるが息子は不合格 被害総額1億円か

「有名私立小にパイプがある」 裏口入学を持ちかけられるが息子は不合格 被害総額1億円か 詐欺容疑で女逮捕

 

 「有名私立小に入学できるパイプがある」などと嘘を言い、東京都世田谷区の会社役員の女性(49)から保証金名目で現金440万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は14日、詐欺容疑で、横浜市港南区東永谷の自営業、中野真紀容疑者(54)を逮捕した。「学校関係者なんて誰1人知らない」と容疑を認めている。

 被害女性の息子は不合格で別の小学校に入学したが、その後も中野容疑者は「編入させることができる」などとして女性に金を要求し続けていたといい、捜査2課は被害総額は約1億円にのぼるとみて裏付けを進める。

 逮捕容疑は平成21年11月中旬、「希望する私立小に入学するための面接の枠が残っている。入学後も学校に迷惑をかけないことを示すため、お金が必要」などとして、数回にわたり預金口座に計440万円を振り込ませたとしている。

 捜査2課によると、中野容疑者は共通の知人の紹介で女性と知り合った。別の女に学校関係者を名乗って電話をかけさせるなどし、女性を信じ込ませていたという。息子が入学できず不審に思った女性が警視庁に告訴していた。



2016.9.15  サンケイニュースから転載


小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。





jyukennews at 23:35|Permalink小学校受験 

2016年09月08日

早生まれの1年生 月齢順クラス分けで成長を見守る


早生まれの1年生 月齢順クラス分けで成長を見守る


 

早生まれの1年生 月齢順クラス分けで成長を見守る

玉川学園低学年部では、1、2年生は学級担任制を採っており、 国語、算数、総合科(生活科及び図画工作)は担任が指導、音楽、体育は専科教員が指導している 。3年生以降は、すべて専科の教員の指導に移行

 

 

 早生まれの子育てについて考えるシリーズの第2回。前回の記事では、主に0、1、2歳児の親が抱える悩みについて現役保育士に話を聞いた。体力や発達の差などはほとんど心配する必要はないというアドバイスをもらったのだが、一方で「幼稚園年少ごろから手先の器用さや運動能力に月齢差が出る」という気になる発言もあった。保育士の言う通り、あくまで個人差はあるだろう。しかし、小学校に入って勉強が始まったら、その差はどの程度現れるのだろうか。
そこで、小学校1年生のときだけ、誕生日順ごとに生徒をおおむね半分に分けて、「年長」「年少」の2クラスを設置している私立玉川学園小学部の授業に密着し、早生まれの小学生の実際の様子と、現役教師の見解を探った。




■生徒の誕生日を基準にクラス分け

  6月下旬のある月曜日。時計の針が11時20分を指すと、それまで廊下でおしゃべりや遊びに夢中になっていた生徒達が、一斉に自ら席につき、慣れた手つきで筆箱を机に置いて行く。

「では、始めます。みんなが『朝起きてからやること』って、どんなことがあるかな。考えてみよう」。先生の一言で、1年あやめ組の4時間目の授業が始まった。

東京都町田市にある私立玉川学園小学部。小学校1年生から4年生までが過ごす低学年校舎では、授業の開始を知らせるチャイムは鳴らない。子ども達が合図によって動くのではなく、時計を見ながら自主的に行動する力を育てる。それが玉川学園小学部のモットーだ。チャイムだけではなく職員室も存在しない。教職員は各教室の一角にあるオープンなスペースで、学習の準備や昼食、遊びの時間といった1日のすべての時間を生徒達と共に過ごしている。
飴色の木の廊下や、大きく開口された窓から覗く青々としたヒマラヤ杉。テラスにはベンチやテーブルが置かれ、お弁当を食べることもできるという。教育は「6・3・3」ではなく「4・4・4」制を採っており、小学校5年生からは中学部の校舎で学ぶ。校舎はわずか4学年分の生徒のために用意されたとは思えないほど広々としており、すぐそばには低学年専用のグラウンドもある。まるで高原のリゾート地のような環境だ。


玉川学園小学部において最も特徴的なのは、全国でも珍しい月例順のクラス編成だろう。小学校1年生時のみ、生徒を誕生日順に並べておおむね半分にし、クラスを分けている。昨年までは3カ月ごとに分けていたが、今年度からバイリンガルクラスを導入したため、バイリンガルの年長、年少、一般クラスの年長、年少の4クラスとなったそうだ。今回は、一般の2クラスの授業風景を取材させてもらった。



 

■音楽の授業はバイリンガルクラスの先生も指導

一般クラスは4月から9月生まれの子どもが多い年長の「きく組」と、早生まれの子どもが多い年少の「あやめ組」とに分かれている。男女の構成比は年度によって違うが、今年度は女子のほうがやや多めとのこと。各クラス30名弱と、教師の目も行き届きやすい少人数制だ。
取材を始めた3時間目は、あやめ組は音楽の授業中だった。

「ボーイズ!」「ハーイ!」。声をかけられた男子生徒達が手を挙げる。男子と女子が手遊びを交えて輪唱するという授業内容だが、歌っているのは英語の歌だ。音楽の専任男性教諭と共に指導にあたるのは、外国人教員であるオーストラリア人の女性音楽教師。今年から取り入れられたバイリンガルクラスの音楽の授業を担当することが主だが、一般クラスの音楽の授業も週に一コマ、チーム・ティーチングという形で担当している。


先生が口ずさむ英語の歌を、聞き取って繰り返すあやめ組の子ども達。「音楽は世界の共通言語」とよくいわれるが、臆することなく英語で答え、ハツラツと授業に参加する子ども達の様子を見ていると、バイリンガルクラスと一般クラスの違いはもちろん、年長クラスと年少クラスの差などほとんどないのではないかと感じられる。

 


■一目で分かる、年少クラスとの体格差



しかし、年長のきく組のクラスに移動してその考えは変わった。数名ずつのグループに分かれて算数の授業を受けている子ども達の体形が、明らかにあやめ組の子ども達より大きいのだ。中には頭一つ分大きく、ひょっとして一つ上の学年ではないかと思わせる子もいる。



きく組には、年度が始まってまもなく7歳の誕生日を迎える子が半数近くいるという。統計によると、7歳男子の平均身長は119.6cm。一方、あやめ組の3月生まれの子が6歳3カ月くらいと考えると、平均115.0cm(厚生労働省による乳幼児身体発育調査2000年)。実際に5cm近い身長差があってもおかしくはないのだ。手を挙げてハキハキと答える声も、心なしかあやめ組よりもはっきり大きく聞こえる。

教室を見回すと、最近描かれたという絵が壁に沿って張り出されていた。絵は大人でも得意不得意があるが、きく組の絵には描写の細かさ、タッチの強さなどが平均して現れている感じがする。一方で、あやめ組の教室に飾られていた絵は、どことなく子どもらしい愛らしさが残る。
「2クラスの違いは、画力以外の部分にも現れていると感じます」。あやめ組の担任で、昨年は年長クラスを担当していたという小川浩輝先生は、それぞれのクラスの違いについてこう話す。

「僕が担当する国語の授業で、絵を見てそれに沿った文章を書くという時間を時々取り入れています。2つのクラスを受け持った経験でいうと、年少クラスには指示したことをもう一度確認したがる子や、慎重になりすぎてなかなか取り組めない子が少なくありません。それに対し、年長クラスは積極的で、失敗にも臆さずに書き始める子が大半です」(小川先生)

それは、絵と同様に文章の得意不得意という個人差ではないのだろうか。

「もちろん個人差はあります。ですが、指示を待ってしまうのは、飲み込みに時間がかかっているということ。先生の指示はこれで本当に合っているのか、という不安が年少クラス全体から感じられます」(小川先生)



 

■年少クラスの子には自分の殻を破ってほしい

  子ども達が話の内容を理解できているか。その都度反応を確認しながら、指示の出し方や言葉の言い回しに注意を払っていると小川先生は話す。

 「不安な様子が見られても一から説明し直さず、『次はどうするんだっけ?』と自分で考えさせます。授業以外の部分でも物事にワンクッション置いてしまう子が多いのが年少クラスの特徴。慎重さも大切ですが、その殻を破ってほしいという思いがあります」(小川先生)

 入学から間もない4月ごろは生活のリズムも定着しておらず、それぞれがバラバラに行動していたという、あやめ組の子ども達。小川先生は休み時間など授業外の時間を使い、自分の行動を振り返らせながら、理解できる範囲での語彙を使って相手に伝える方法を指導していった。

 「何かトラブルが起きたときに、あやめ組の子に話を聞くと『だって、だって』が第一声。『だって、○○くんがイヤだった』という表現になりがちなので、相手の話からではなく『自分はそのときどうしたのか』と置き換えて話をさせるように心がけています。年長クラスの子には『僕はこれをこうしてあげたんだけど、○○くんにはダメ(通じなかった)だった』という会話ができている子も多いように感じます。語彙力だけでなく、自分と他者を比べながら会話ができるのも年少クラスとの違いのように感じます」(小川先生)

 指導の甲斐があってか、あやめ組の子ども達も周りの様子を見つつも積極的に行動できるように変わってきたという。



■年長クラスには「友達がいない」タイプの子が多い?


年長のきく組の担任である高橋慎一先生は、受け持ちのクラスをどう見ているのか。質問をすると意外な答えが返ってきた。

「『友達はいない』というタイプの子が多いかもしれませんね」

何事にも積極的で飲み込みも早いという年長クラスにおいて、これは一体どのようなことなのだろうか。

「体格が人より大きいせいもあってか、幼稚園や保育園ではリーダーシップを取ってきた子ども達が多いのが年長クラスの特徴です。だから、友達というより『自分の言うことを聞く人』としてクラスメートについ接してしまうこともある。『○○くんが口答えした!』なんて理由でケンカする子もいるんですよ(笑)」(高橋先生)

こうした年長クラスの子に対し、高橋先生は自分の主張を通すだけでなく、相手の意思も尊重すること、相手を傷つけるようなことをしたら「ごめんね」と素直に謝れるようになることを指導しているという。

小川先生、高橋先生が口をそろえていうのは、「年長クラスと年少クラスの間に学力面での差があるわけでは決してない」ということだ。月齢順で分けることによって、生活のペースや理解力に応じた生活指導や授業運営がしやすくなり、子ども達がすんなりと学校生活に溶け込める手助けになると感じているという。

2016年9月8日掲載 
日経DUAL


小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 23:23|Permalink私立小学校について 

2016年08月30日

<私立小中>授業料支援へ 年収590万円未満の世帯


文部科学省は30日、私立の小中学校に通う子どもがいる年収590万円未満の世帯に、2017年度から授業料の一部を国が負担する制度を設けると発表した。高校授業料無償化の一環で、子どもが私立高校に通う世帯には最大で年約30万円を国が負担しているが、私立小中学生の世帯にはこうした制度がなかった。文科省は来年度予算の概算要求に13億円を盛り込む。


 負担額は年収250万円未満が年14万円、250万円以上350万円未満が12万円、350万円以上590万円未満が10万円。来年度の小1と中1から順次導入する。


 文科省によると、私立小中学校の平均授業料は年間約40万円で、比較的年収が高い世帯の子どもが通うケースが多い。しかし、公立校でいじめを受けて転校したり、宗教上の理由や男女別学を希望したりして私立を選ぶ場合もあり、国の支援が必要と判断した。子どもが私立の小中学校に通う世帯のうち、約1割が年収600万円未満だという。

毎日新聞から転載

2018.8.30



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 22:10|Permalink

2016年08月17日

私立小中授業料を補助=来年度から最大14万円−文科省


文部科学省は17日までに、私立の小中学校に来春入学する児童・生徒がいる年収590万円未満の世帯に対し授業料を補助する方針を固めた。一定の年収未満の世帯も学費の高い私立校を選択できるようにするのが狙いで、年間1人当たり最大14万円を補助する。2017年度予算概算要求に12億8000万円を盛り込む。

 授業料の補助額は世帯の年収が250万円未満で14万円、250万円以上350万円未満で12万円、350万円以上590万円未満で10万円。保護者は学校に申請後、授業料から支援額を差し引いた分を支払う。

 私立高校生の授業料を一部補助する制度は既にあるが、私立小中学生への補助制度はなかった。私立の平均の年間授業料は小学校で約43万円、中学校で約41万円。文科省は子どもが私立に通う世帯の負担が重い状況を解消するためにも、支援が必要と判断した。

 また、公立の小中学校でいじめを受けたことを理由に、私立に転校する生徒がいる一方、経済的な理由で中途退学する生徒もいるなど、家庭によっては私立を選ぶさまざまな事情があるという。文科省はセーフティーネットを設ける観点からも私立小中学生の授業料を支援する必要があるとみている。 


jyukennews at 22:25|Permalink私立小学校について 

2016年05月25日

聖徳学園小学校がテレビで紹介されます。

5/26(木)朝 フジテレビ系列めざましテレビで


聖徳学園小学校の教育内容が紹介されます。

先週に引き続いて、聖徳学園小学校の教育内容がテレビで紹介されます。
内容は以下の通りです。

・6年生数学の授業の様子
・2年生ゲーム工作の授業の様子

レポーターはHey! Say! JUMP 伊野尾 慧さんです。


5月26日(木)7時〜7時半 6分程度 の予定です。

(ニュース内容によって放送内容が変わる可能性があります。)


jyukennews at 23:27|Permalink私立小学校について 

2016年04月21日

大阪聖母女学院が2017年4月から男女共学化!校名は香里ヌヴェール学院に



美井町(香里園方面)にある大阪聖母女学院が2017年4月から男女共学化を行い、校名も「香里ヌヴェール学院」になることが分かりました。

大阪聖母女学院といえば、小学校から高校まで揃うキリスト教カトリック系の女子校(小学校のみ共学)としてお馴染みですが、来年度から「21世紀型教育」と銘打った新しいコースとカリキュラムを導入することになったそうです。

改革の最大の目玉は、100年近く続いた伝統を変える男女共学化で、男子生徒も内部進学による12年間の一貫教育が可能になります。また新しい校名には、聖母の創立者が所属していたフランスの修道会にちなんだ名前が使用され、引き続きキリスト教の博愛精神を教育の柱にするとのことです。

特設サイトによると、箕面市の聖母被昇天学院も「アサンプション国際」へと改名されることが発表されていて、6校(大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・高校、聖母被昇天学院小学校・中学校・高校)同時に「聖母」の名前がなくなります。

改革の背景には少子化に加えて、ここ10年ぐらいの間に大学まで男女共学の私立小学校が相次いで開設されるなど、競争が激しくなっていることが考えられますが、「聖母」の名前に愛着がある人にとっては、寂しい気持ちになりますね。

(2016.4.15 寝屋川新聞から転載)   

*************************

◆学校法人 聖母女学院 ホームページから

16年04月14日
大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・高等学校の学校改革について
 本学院におきましては、これまで建学の精神である「愛・奉仕・正義」にもとづき、優れた教養と豊かな人間力を備えた、真に社会の平和に貢献できる卒業生を輩出すべく、教育の充実と学校運営の改善に向けて努力を続けてまいりました。一方、少子化を始めとする様々な社会環境の変化により、今後ますますの経営・教育の変革が求められる時代を迎えています。

 この度、大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・高等学校において、21世紀型教育を推進するため、大幅な学校改革を実施することとなりました。学校改革の内容、概略は次の3点となっており、2017年4月より実施することといたしました。
 
1.小学校、中学校、高等学校のコース体制の再編(グローバル・21世紀型教育)
2.中学校、高等学校の男女共学化
3.小学校、中学校、高等学校の校名変更
   新校名:香里ヌヴェール学院小学校
          香里ヌヴェール学院中学校・高等学校
 
(補足)新校名には、「香里」に加えて、本学院創立にゆかりの深いフランスの「ヌヴェール」の地名を冠することになりました。
 
この学校改革が実り多いものとなり、本学院の発展に寄与することとなりますよう、役職員一同、全力を捧げ努力してまいりますので、今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。  
 
 
                                                  2016年4月14日
                                                   学校法人聖母女学院
                                                    理事長 赤野 孝一


PDF  http://www.21st-century-edu.jp/pdf/np_ad_0414.pdf



コース別クラス編成
★「スーパーイングリッシュコース(SEC)」1クラス   
教科学習の60%(英語・算数・生活・音楽・図工・体育)を英語で授業をするイマージョン教育の導入

★「スーパースタディズコース(SSC)」2クラス   
総合的学力向上を目指し、アクティブラーニング(課題解決型授業)の幅広い導入



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。



jyukennews at 03:07|Permalink私立小学校について 

2016年04月15日

中1ギャップ、なくせるか 小中一貫の「義務教育学校」



小中学校の9年間を通して同じ学校で学ぶ制度が今月、始まった。小中学校を合わせた「義務教育学校」だ。中学入学後の環境の変化で、学習などでつまずく「中1ギャップ」の防止などが狙い。教育効果が期待されているが、今月から導入したのは全国で公立22校にとどまり、文部科学省は周知に力を入れる。


 「先輩に教えてもらってうまくなった」。春休み中の7日、千葉県市川市立の義務教育学校「塩浜学園」(児童・生徒数317人)で、吹奏楽部の練習をしていた6年生の石川栞(しおり)さんは笑顔で話した。

 市教育委員会は昨年度、隣接する市立の塩浜小と塩浜中を小中一貫校にした。吹奏楽部はそれより前から小中学生が一緒に活動する機会を設けてきた。今の部員は、5〜9年生(中学3年生)の約30人。部の顧問を務める音楽教員の高山礼子さん(63)は「中学生の音を聞いて小学生は育ち、上手な小学生が入ると中学生も頑張る。演奏レベルが上がった」と言う。

 同校は小中一貫にした際、9年間の分け方を従来の「6年・3年」から「4年・3年・2年」に変更。それぞれ「基礎期」「充実期」「発展期」と位置づけ指導内容を決める。学年の呼び方は、1〜9年生。今年4月の改正学校教育法施行を受け、義務教育学校に移行した。

 中学入学後に環境の変化から学習や人間関係でつまずく「中1ギャップ」を防ぐため、従来の中学校入学の時期を含む5〜7年生の3年間は、特に教員側の態勢も手厚い。5、6年生の算数は、学級担任と中学の数学教員が一緒に教える。子どもの習熟度に応じ、きめ細かく対応できるという。部活や生徒会活動は小中学生が入り交じる形で、主に5〜9年生が参加。校舎は1〜4年生が旧小学校、5〜9年生は旧中学校を使う。

 「小中一貫になり、教員が子どもの発達段階をよく理解できるようになった」と渡辺晴美校長は話す。小中一貫校スタート時から校長は1人だ。「小中それぞれに校長がいると、互いに遠慮して物事が決められない場合もあるが、1人なら自ら最終判断を下せる」という。


 ■学年区切り、自由に決定

 義務教育学校の主な狙いは「中1ギャップ」の防止だ。それを実現するため、9年間の区切りは各校が自由に決める。部活や一部教科の学習の開始時期を早めるなどして、従来の中学校の環境に徐々に慣れさせる取り組みも可能になった。

 教員は原則、小中両方の免許を持つ。ただ、当面はどちらかを持つ教員も勤務可能だ。教科指導では、中学の内容を小学校段階から教えることもできる。

 文科省によると、この4月には全国で公立22校が導入し、ほかに公立114校、国私立5校が今後開校する方針という。導入済みか、今後導入する公立136校のうち、学年の区切りは「4・3・2」が57%で最多。ただ、従来通りの「6・3」も12%で、2番目に多かった。

 小中一貫教育は国の特例制度を利用し、東京都品川区など各地の自治体が独自に導入してきた。この取り組みを広げようと、国は法改正で正式に制度化。しかし、文科省の調査によると、小中一貫教育に取り組んでいない市区町村は全国で1513自治体(86%)に上り、このうち810自治体(54%)は「検討の予定なし」というのが実態だ。

 文科省の担当者は「導入に慎重な自治体もある。広く周知するため、夏までに小中一貫の取り組みを集めたガイドラインをつくりたい」としている。(伊東和貴、高浜行人、岡雄一郎)


 ■教員の壁無くせ

 前東京都品川区教育長で小中一貫教育に詳しい若月秀夫・政策研究大学院大学客員教授の話 小中学校を形ばかり一体化しても、教員の間に壁があっては成果が出ない。たとえば小中一貫教育に取り組む学校で、小中の職員室が別という例もあったが、「ここは小学校、ここは中学校」といった教員の縄張り意識をなくし、子どもの情報を共有する努力が重要だ。将来的には教員免許も「義務教育学校」で一本化した方が、より実効性のある一貫教育につながるだろう。

 

 ■義務教育学校の特徴

◇校長

 【従来の小中学校】各小中学校に1人ずつ

 【義務教育学校】 1人

◇教員免許

 【従来の小中学校】所属する学校の免許を保有

 【義務教育学校】 原則、小中両方を保有

◇独自教科・学習内容入れ替え

 【従来の小中学校】原則不可(国の特例を受ければ可能)

 【義務教育学校】 可


(2016.4.15 朝日新聞から転載)



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 22:56|Permalink公立学校 

2016年02月02日

小学校お受験に都が参戦 小中高一貫校、6年後開校へ 看板は「エリート教育」



写真・図版
都立小中高一貫校の構想



東京都が6年後、小学校入試の「お受験」に参入する。公立初の小中高一貫校をつくり、入試で選んだ子どもを「エリート」に育てる考えだ。私立側には早くも、学費が格安なライバル出現を懸念する声がある。


 「世界で活躍し、日本の将来を担う人材を育成する」。都教育委員会の幹部らでつくる一貫校新設の検討委員会はログイン前の続き、一貫校の目標をこう掲げている。

 2022年度開校を目指す一貫校の看板は、「英語教育」。小学校低学年から外国人が指導し、中学・高校では英語で論文を書いたり、議論したりする力をつける。海外留学にも力を入れる考えだ。他の教科も土曜授業などで授業数を増やし、中学の内容を小学校で教えるなどの「先取り教育」をする。

 児童は入試で選ぶ。ただ、小学校の入試に受かった全員が高校まで進めるわけではなく、中学入学時には小学校の成績を踏まえふるい分けるという。

 元々発案したのは猪瀬直樹前知事。「理数系人材の育成」を掲げたが、「幼児段階で理数系の才能を評価するのは困難」などと疑問視され、猪瀬氏の辞任もあって頓挫。その計画が内容を変えて復活した。「都立ブランド向上の一助になれば」と都教委幹部はいう。

 都立校では、日比谷高校などが難関大への合格者数の多さを誇っていたが、1970年ごろから私立が優勢に。都教委は03年の学区制撤廃などで挽回(ばんかい)を図り、05年から都立中高一貫校を10校新設した。授業料が格安で、毎年東京大などへの合格者を出しており、応募倍率は5〜7倍ほどと人気だ。そこに今度は小学校も加え、「子どもの資質や能力を一層伸ばす」(都教委幹部)という。別の幹部は「私立に通えない低所得層の受け皿としても公立の一貫校が必要」と話した。

 新設校は、都立中高一貫校の立川国際中等教育学校(立川市)に付属小を設ける形で開校する予定。教育委員からは「都立にしかできない学校像が見えない」など異論も出たが、検討委は「公立校の新たな教育モデル」にしたい考えだ。

 文部科学省によると、公立小が入試を行うことは、法令上問題ないという。担当者は「東京など財政力のある自治体に限った動きだろう。現行の『6・3・3』より良い学制を探る例として注視する」と話す。


 ■学費格安、戸惑う私立

 都の構想に、私立側からは困惑する声も漏れる。

 「受験競争の過熱化を招き、教育格差を拡大する」。1月下旬にあった都教委の定例会で、都内の私立426校でつくる東京私立中学高校協会が出した「抗議文」が紹介された。協会の幹部は「少子化が進み、私立小の児童募集は難しくなる。なぜ今さら公立が進出するのか」と言う。

 「小中は学費無料でしょ? 子どもをとられる学校が出てくると思う」。東京23区内のある私立小学校長は都立小の影響を心配する。私立小の初年度納入金は100万円超が珍しくない。「都立一貫校から難関大に多く進んだり、今後23区内にもできたりしたら、人気を集めるだろう」と話す。

 一方、23区の別の私立小学校長は「私立小に通わせる親は校風を気に入っていたり高所得だったりする人たち。都立小は受験層を広げる可能性はあるが、私学に影響はない」と冷静だ。

 受験情報サイトを運営するバレクセル(東京都渋谷区)などによると、私立・国立の小学校は東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に約100校あり、約1万人が受験する。子どもの多くが受験準備で塾に通うといい、費用は年100万〜200万円も珍しくないという。

 長女(3)を受験塾に通わせる東京都新宿区の主婦(35)は「安い学費は魅力だけど、公立には教員異動があるので不安」。

 小学校受験塾「アンテナ・プレスクール」(渋谷区)の石井至校長は「都立小の成否は、どれだけ優秀な教員を集められるかがカギ」とみる。

 「〈お受験〉の歴史学」の著書がある同志社女子大の小針誠准教授(教育社会学)は「東京の公立復権のためには、特殊な1校をつくるだけでは意義が薄い。公立全体の底上げにこそ力を入れるべきだ」と話す。


2016.2.2  朝日新聞から転載



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。





jyukennews at 01:41|Permalink公立学校 | 小学校受験

2016年01月30日

千代田女学園 小中高一貫の国際バカロレア教育を推進



武蔵野大学と千代田女学園が合併、国際バカロレア教育を推進


 武蔵野大学と千代田女学園は、平成28年4月に法人合併することを決定し、文部科学省より平成27年12月24日付で認可された。新たに武蔵野大学教育学部附属の千代田インターナショナルスクールを設置し、小中高一貫の国際バカロレア教育を推進する。

 武蔵野大学と千代田女学園は、平成27年9月に開催されたそれぞれの理事会・評議員会において、平成28年4月に法人合併することを決定し、合併契約を締結。文部科学省より平成27年12月24日付で法人合併が認可された。

 武蔵野大学と千代田女学園は、浄土真宗本願寺派の同一宗門校であり、どちらも仏教の教えを建学の精神として設立された。今回、建学の精神を同じくする両法人が合併し、互いの歴史、理念、教育に関する知見などを共有することで、仏教精神を根幹とした人格教育をさらに深め、中学校、高等学校、大学と一貫した教育の充実を図るとしている。

 千代田女学園高等学校は、文部科学省が導入を推進している「国際バカロレアDP」(日本語ディプロマ・プログラム)の認定校となることを目指し、日本語DPコースを設置する。

 千代田女学園は、新たに千代田インターナショナルスクールを設置し、そこで小中高一貫の国際バカロレア教育を推進する。そして、千代田女学園高等学校および千代田インターナショナルスクールは、武蔵野大学教育学部(教育学研究科)に設置する予定の国際バカロレア教員養成コースと連携することで、教員養成の教育効果に資するとともに、武蔵野大学教育学部の教育インターンシップなどを受け入れ、教育の質の向上を図る。

 これらの教育改革により、千代田女学園は「国際教養人の育成」とともに、仏教精神を根幹とした心の育成をさらに深化させ、社会のニーズに合った人材を育成する新たな総合学園へと発展させていくという。


2016.1.6  りせまむから転載



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。



jyukennews at 02:29|Permalinkインターナショナルスクール 

2015年11月27日

西武文理、元学園長を懲戒解雇 不適切支出5千万円超に


埼玉県で西武学園文理小学校などを運営する学校法人「文理佐藤学園」で学園長や小学校長を務めた佐藤仁美氏(44)が不適切な支出をしていた問題で、学園は26日、支出額が最終的に計5617万円に上った、との調査結果を発表した。「私的流用を疑わせるものが多数あった」として、仁美氏は今月12日の理事会で懲戒解雇された。


 学園は8月に外部からの指摘を受けて調査委員会を設置。9月上旬までの調査で、仁美氏は「学園業務の一環」として9回海外出張し、旅費や通訳費などに使った経費約7154万円のうち約1482万円を不適切な支出としていた。


 調査委がその後も期間を広げて調べたところ、2009年〜15年に米国や英国などに20回出張し、使った経費は1億1531万円に上った。法人のクレジットカードの明細書などから、学園業務に関係ない不適切な支出額が計5617万円だった、と結論づけた。


 仁美氏は役職の辞任届を出し一部を弁済したが、学園は「学内秩序を乱した」として懲戒解雇した。

2015.11.26  毎日新聞から転載



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 03:34|Permalink