小学校受験・幼稚園受験

小学校受験新聞ブログ - livedoor Blog(ブログ)

2022年07月27日

武蔵野東小学校からのご案内


 武蔵野東小学校からのご案内です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

武蔵野東小学校 オンライン個別相談会


健常児クラス
 オンライン個別相談会 開催のご案内

8月17日(水)、8月20日(土)、8月23日(火)
オンライン(Zoom)による個別相談会です。
相談時間は一家庭30分以内となります。

詳細・申し込みはこちらから


jyukennews at 01:03|Permalink 小学校受験 

2022年06月29日

国立音楽大学附属小学校からのご案内


7/23(土)第3回学校説明会・第2回プレスクール 申込受付中


プレスクールでは、音楽・リトミック、造形、理科、生活の体験ができます。


学校説明会では、本校の教育について、
まだ本校の説明会に一度も参加されていない方も複数回ご参加いただいている方にとっても音小の様子が伝わるように内容を充実して行います。


ご希望の方を対象に個別相談も行います。


詳細は、こちら





小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』


にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室(教室・先生)へ     にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室へ    にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ



 



jyukennews at 01:55|Permalink

2022年06月10日

関東学院六浦小学校からのご案内


関東学院六浦小学校からのご案内です。



◆6月のオープンスクール(※毎月開催) 

時間        20226月1日()6月24() 11001200 13301430 

場所        本校 

対象        本校に興味をお持ちの方 

内容        児童の学校生活の様子をご覧いただけます。 

HPよりご予約下さい。 

 



◆小学校体験入学 

時間        2022625()10001200 

場所        本校 

対象        年長・年中に在園中のお子様および保護者の方 

内容        本校の教員による授業を体験できます。 

HPよりご予約下さい。 

https://kgm-es.jp/entrance-exam/11591.html




是非、足をお運びください。




小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』


にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室(教室・先生)へ     にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室へ    にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ







jyukennews at 13:35|Permalink

2022年04月28日

洗足学園小学校 2023年度入試が変わります。

洗足学園小学校(川崎市) 
2023年度入試の変更点について発表がありました。

2022年度入試の出願者数が700名を超え、2日間入試が厳しくなってきましたので、2023年度入試から変更することとなりました。


◆募集人員  ※変更ありません。 
第1学年 男女約50名 (内部入試進学者を含みません)



◆親子面接
いままでは 事前親子面接 → 考査

でしたが、2023年度入試からは

1次試験(学力考査、運動機能検査、行動観察) の合格者に対して、2次試験(親子面接)に変更になります。

☆2022.4.27追記
 親子面接は約15分


評価方法は
1次試験は学力考査、運動機能検査、行動観察で判定。
2次試験は、親子面接、1次結果と併せて総合的に判定。

注意・・・2次試験の合否は親子面接だけで判定するものではありません。
     1次結果と併せて総合的に判定、とのこと。


◆試験日程
2022年度入試は、男女に分けて2日間で行われましたが、
2023年度入試は、生まれ月で3日間に分けます。

2022年10月18日(火) 4・5・6月生まれ
2022年10月19日(水) 7・8・9・10月生まれ
2022年10月20日(木) 11・12・1・2・3月生まれ

男子 8:20〜
女子 11:00〜

1次試験結果発表
2022年10月20日(木)夕刻(予定)
男女各100〜120名(予定)
合格者に親子面接の指定日時をお知らせ




◆2次試験  親子面接約15分
男子 2022年10月22日(土)
女子 2022年10月23日(日)
※日時変更はなし。
※面接当日、控え室にて簡単なアンケートあり。

結果発表
10月26日(水)9:00〜 10月27日(木)15:00まで

男女各50名程度(予定)


以上です。


☆2022.4.27 追記
◆女児 併設中学校への進学は「権利を持ちながら外部受験OK」
12月初旬に内部入試を行い、合格者は他校との併願が可能。

2021年 36名在籍 受験者33名 合格者21名  併設中に進学8名
2020年 42名在籍 受験者41名 合格者32名  併設中に進学16名


◆併設高校の大学合格実績  ( )数字は過年度生
東大  2021年度 20(2)名/ 2020年度 10名 / 2019年度 7名
慶早上智 2021年度 301(9)名/ 2020年度 278名(16) / 2019年度 172名(6)





小学校受験新聞 編集部






jyukennews at 18:09|Permalink 小学校受験 

昭和女子大学附属昭和小学校 インタビュー


昭和女子大学附属昭和小学校は
2022年4月から、真下校長先生が「統括校長」に、そして新しい校長に前田崇司先生を迎えてスタートしました。

人事が大きく変わりましたので、役割や教育についてインタビューさせていただきました。


最後までお読みください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Q: 新しく校長に就任しました前田先生の経歴を教えてください。

A 前田先生: 
インタビューとなるとなんだか緊張しますね。
私は小学校教諭として勤務後、横浜市教育センター指導主事や教職員人事部首席指導主事として、全国最大の基礎自治体の教職員の人材育成、学校の組織づくり支援等に関わってきました。
その後、校長として勤務後、横浜市教育委員会・北部学校教育事務所長や同・人権健康教育部長を歴任し、責任職として施策の立案や学校経営全般の支援・指導に関わってきました。
このたび、真下校長が統括校長となり、その後の体制を受け継ぐことになりました。




Q: 真下先生が「統括校長」、前田先生が「校長」というお立場ですが、なぜこのような体制を敷くようになったのでしょうか。意図とそれぞれの役割を教えてください。

A 真下先生:
私が昨年度昭和小学校の校長着任時に、坂東理事長からアサインされたミッションは
1、 昭和女子大学附属の初等中等教育学校の教育内容の刷新
(1) 小学校と、中高の教育内容の接続・連携
(2) 小学校の、グローバル化の推進と英語教育の充実
(3) 小学校での学力向上の推進
(4) アフタースクールの拡充と充実

2、 昭和小学校での校内組織体制の刷新

3、 ステークホルダーへの情報発信の強化

4、 少子化時代の学校経営戦略策定

 ほぼ1年かけて、現状把握と1〜4推進のための企画の作成、トライアルを進めました。
この結果、伝統を大切にしながらも、伝統だけに頼らず、これからの時代に生きる子どもたちに必要な力の育成を目指すための教育プログラムをスタートさせられるレベルとなったと思います。

一方、昭和小学校の教育の振り返り、見直しによる、基礎基本の強化のため、長年小学校教育のプロとしての多数の経験のある前田先生への校長着任を要請しました。

小学校に常駐し、全ての教育活動の進捗、成果を見守る前田校長と、小学校教育ー中高教育―大学教育の継続性、連携の視点で俯瞰しながら改革を進める私の二人の統括校長・校長体制で昭和小学校のさらなる教育活動の質の向上を推進する体制が構築できました。

前田校長と私は、それぞれ別の職場ではありますが前職にて、教員の資質・能力、授業力向上のための教員研修の仕組みの見直しを担当し、相互の情報共有も行ってきました。




Q: 前田先生は、真下先生からその話を聞いたときに、どう思いましたか?

A 前田先生:
最初はビックリしました。 と同時に、重責だな、と思いました。
ただ、真下先生の熱い気持ちに、心が動かされました。




Q: 「校長補佐」という役職は、私立小学校としては珍しい役職です。
   どのような役割を担うのでしょうか。

A 真下先生:
昨年度は特に2つの点に重点的に取り組むために2人の校長補佐を置きました。

鏑木校長補佐は、昭和小学校のグローバル化、英語教育の充実を担当し、そのためのプログラム企画、教員のエンカレッジを担当していただきました。

➁茅島校長補佐は、昭和小学校での授業研究を推進し、エビデンスに基づいた教育、質の高い授業、指導の個別最適化を推進するために効果測定・企画を担当していただきました。

 鏑木先生によって、グローバル化と英語教育の充実のためのプログラムが英語科により完成するとともに、新しい時代にも訴求できる学校改革プロジェクトチームの活動、提案、実装のめどがついたので、今年度は、茅島氏のみによる授業進化を継続していただこうと思っています。

鏑木先生には今年度以降もさらなるグローバル化推進、学校の進化のためにスポット的なサポートをいただく予定です。

お二方にはとても期待しています。



shouwa2022042701
 真下統括校長先生(左)と前田校長先生(右)



Q:2022年4月から「e- MAP」が始まると発表があり、とても注目されています。
どのような教育か簡単に教えてください。


A 真下先生:
国境を越えて、人々が交流し、情報が共有される時代になっています。
多様な文化を持つ世界中の人々とも協働して仕事や生活をする時、世界共通言語の英語を使いこなすことが必須です。
幼少期の第2言語習得の理論も踏まえて、e-MAPに取り組むことにしました。

 これまで昭和小学校では、週当たり、1,2年生は1時間、3〜6年は2時間の英語教育を実施してきました。
今年度入学生により、さらなる英語教育の充実を図るため、1〜6年生すべての学年で週2時間指導するカリキュラムに変更するとともに、1年生からは、体育、音楽、図工の週当たりの授業のうち1時間を、各専科教員と英語教員がペアになって、「英語をつかう」「英語で学ぶ」授業とし、2時間の英語+3時間のe-MAPで計5時間としました。

加えて希望者には、放課後の英語GP(グローバルプログラム)も提供しています。

当然ですが一条校※ですから、日本の教育カリキュラムもきちんと身に付けます。
学校での生活の中で英語を楽しんで使う、楽しんで学ぶ気持ちが育つよう、普段の生活の中での英語使いを目指すとともに、同じキャンパス内にあるBST(ブリティッシュククールイン東京)やTUJ(テンプル大学ジャパン)の学生さんたちのとの交流にもチャレンジします。

※一条校・・・専門学校ではない学校教育法に第1条に規定された学校




Q: 昭和小学校のネイティブ英語教員は現在何人いるのですか?
   将来的には増えるのでしょうか?

A 真下先生:
昨年までの2名のネイティブに加えて今年度1名(アメリカで小学校教員経験のある教員でこれまで中高で勤務)を小学校に異動し、ネイティブ3名体制にするとともに、英語専科の日本人英語教員も採用し、専科3名体制としています。これ以降も英語教育カリキュラムコーディネーターも含め、英語指導スタッフをさらに強化していく予定です。



Q: 前田校長先生、これから昭和小学校をどのような小学校にしていきたいですか。

A 前田先生:
『世の光となろう』というスクールモットーを大切に、昭和ブランドとして積み重ねてきた様々な取組を「礎」にしつつ、今後いかに変化する社会においても、自律した個々人として、グローバルに活躍できる人材の育成をめざしたいです。

「学びの内容」としてのe-MAP含めた英語教育の強化やICT教育やSTEAM教育の推進、「学びの環境」としての学園内各機関との連携やアフタースクールの充実等、次代に応じ、未来社会に生きる子どもたちのために、さらに前進した取組をすすめていきたいと考えています。  

今年度からは、『Lead Yourself 自分リーダーシップ』を昭和小の子どもたちの育成で目指す資質能力の柱として位置づけています。
リーダーシップを立場や役割にかかわらず、誰もが開発、発揮できる力としてとらえ、何事にも主体的に他と協働して取り組める人づくりを目指していく。  同時に学齢期の発達段階は「自分っていい」「人って大事だな」といった情緒や「いろいろなことにチャレンジし続けたい」好奇心など、土台としての自尊感情の育成で重要なとき。保護者の皆さんとともにそうした「自己効力感」を育みながら教育の営みをすすめていきたいと考えています。



Q: 最後に。昭和小、中、高 は今後どのような学校になっていくのでしょうか。   
   展望を教えてください。

A 真下先生:
今後、坂東理事長のリーダーシップのもと前田校長と私のペアで小学校と中高の教育連携と教育力の一層の向上を積極的に進めでいきます。
例えば、今計画中ですが、DS(データーサイエンス)の学びも、この分野の専門家の協力を得て、発達段階に合わせた、小学校→中高→大学との継続性のあるカリキュラムを構築中です。

100年の歴史の中で、小学校として大切にしてきた建学の精神「世の光となろう」を、現代化し、精神を大切にしながら、立ち止まらずに進化を続ける学校でありたいと思います。
創設者の人見先生は、昭和ボストンも構想された、もともと革新的なイノベーター。いろいろな場面でそのイノベーションの血を引き継いでいきます。

児童生徒が、自分自身の良さを自覚し、力をつけて、自分自身が幸せに生きるとともに、社会に貢献することを自分の幸せと考えることができる学びの場面を提供し続けられる学校でありたいと思います。
中高は、いまだジェンダーギャップが見え隠れするこの時代にも、女子校のジェンダーフリーの環境で、女子がのびのびと生活できる場としての存在感を示すとともに、あらゆる分野で力を発揮するマインドと、実力のある女子生徒の育成を目指します。
小学校から中高部への進学の仕組みも見直しを計画しています。



― 新体制も、「e-MAP」という英語教育も楽しみにしています。
  来年、途中経過を取材させてください。
  今日は長い時間、答えていただきありがとうございました。 終




shouwamoshi.dai20220328





jyukennews at 17:58|Permalink

2022年04月27日

田中学園立命館慶祥小学校 2022年度 入学選考試験 について

田中学園立命館慶祥小学校
「2022年度 入学選考試験を振り返って」


4月15日、立命館慶祥小学校の入試説明会がありました。

★印は弊社が受験生に取材させていただいた内容です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆出願・試験の日程 ※昨年の1年生の入試

□試験 .據璽僉嫉邯魁 2021年11月6日(土)
 試験 ことば・くらし 20分 / かず・かたち 20分
 保護者作文 30分

□試験◆
 行動観察 2021年11月21日(日) 30分
 面接   2021年11月22日(月)〜27日(土) 15分

□合格発表  
 合格発表  2021年12月1日(水)
 入学手続き  2021年2日(木)〜8日(水)


ペーパー試験から行動観察のテストまで2週間、さらに合格発表まで10日程あります。
 このように、入試から合格発表まで3週間以上もかかる入試は、小学校受験ではとても珍しく、
 受験家庭としては気持ち的にきつい入試になっています。
 実際に「親の精神的負担が大きい」「疲れた」との声が多かったです。
 また「親の不安を子どもに見せないように努めた」という感想もありました。
 ペーパーテストから行動観察までの期間の過ごし方もポイントかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ペーパー試験
□持ち物:受験票、検温表、上靴
 ※えんぴつ、消しゴムは学校で用意します。

□解答は〇をつけたり線で結んで答える

□間違ったら消しゴムで消す

□文字や数字を書くことはない


「間違ったら消しゴムで消す」というのは小学校受験ではとても珍しいやりかたです。
普通は、斜め二本線等が多いのですが、消しゴム使用は珍しいです。
受験生取材でも、「直前に知ったので戸惑った」という声がありました。
幼児教室でも直前に指導の変更があったようです。
当校を受験する家庭は、消しゴムの使い方も練習しておきましょう。



◆ペーパー試験内容

□ことば・くらし(20分)10問程度
 ・普段の生活上で知る様な物の名前、生き物の名前を知っているか。
 ・一定の季節感を理解しているか。
 ・お話を聞いて場面や状況を理解し、それに関わる問いに答えられるか。
 ・出題問題例・・・しりとり、「このお話をしているのはだれでしょうか」、季節と食べ物 

休憩10分

□かず・かたち(20分)10問程度
 ・両手を使って数えられる程度の数の概念があるか。
 ・上記の概念で足し算、引き算ができるか。
 ・お話を聞いて場面や状況を理解し、それに関わる問いに答えられるか。
 ・図形を見たり、描いたりして、答える問題やものの長さや重さ等「量」について答えるような問題

 ・出題問題例・・・積み木の見えない数、バスで乗ったり降りたりした人数


出題例イラストを拝見しましたが、オーソドックスな問題もあれば、少し変わった出題もありました。
例えば、積み木があって、見えない積み木の数を答える問題は珍しい出題と言えます。
また、ことばの問題で、このお話しをしているのはだれでしょう、という問題もあったようです。
これもその話をしている人の側にたって物事を考えられるか、が問われていて難しい問題かもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆保護者作文
・児童のペーパー試験終了後に30分間で実施
・第一言語で受験が可能
・字数は600字以上〜800字
・小論文という堅苦しいものではなく、準備の必要はありません。ご家庭の教育方針・保護者の教育観や、子どもの日ごろの様子など、親子の普段の関わりなどをうかがうものです。


◆保護者作文へのポイント
・“なぜ保護者作文”なのか
・保護者様も“受験”
・保護者様もイメージトレーニングを


試験当日に出された1つのテーマ(子供の学びについて)に沿って書いたそうです。
事前の入試説明会では、下記の通り課題の例が発表されました。
・お子様の家庭学習への保護者様の関わり
・ご家庭でよくなさる遊びとお子様の成長
・ご家庭の子育てにおいて、保護者様ご自身がとりわけ大切だと考えておられること。
という発表があったそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆試験◆々堝梓兒
【行動観察】上靴・動きやすい服装で
      説明・後片付け含め30分間

【活動内容】
ヾ蔽韻扮親阿鬚箸發覆ν靴
 (バランスよく多様な遊び、感覚、経験)
⊇乎張哀襦璽廚納茲蠢箸牾萋
 (ルール、お友達、我慢、協働、気持ちのコントロール)
8朕佑納茲蠢箸牾萋阿箍燭を制作する活動
 (集中力、手先の器用さ、活動理解)


2021年冬の入試では男女の人数に偏りがあり、グループで男女の割合が異なると
不公平になってしまうため、男女別に行われたそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆試験◆〔明
・保護者面接(10分)
・受験者面接(5分)
・面接ポイント
 “入試方針”に基づいた実践を日常的になさっているか。
 “想定内”の質問、“想定外”の質問。
 本来のお子様とご家庭がお持ちのお力を出していただく。


志望理由や学校への理解を問う質問がでたそうです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上です。

今後も注目の小学校です。











jyukennews at 02:37|Permalink 小学校受験 | 私立小学校について

2022年04月21日

校名改称「奈良育英グローバル小学校」玉井式を活用


  奈良育英小学校は2022年4月1日、校名を「奈良育英グローバル小学校」に改称した。「玉井式」の教材・教育メソッドを活用し、さらに先進的な教育に取り組んでいく。


 同校は2021年4月に、ICT教材の企画・開発・販売を展開しているタマイインベストメントエデュケーションズ代表取締役の玉井満代氏を副校長に迎え、「玉井式」の教材・教育メソッドを活用したグローバル教育の実現を目指してきた。世界一の小学校をつくるプロジェクトを一層進めていくため、2022年4月1日付けで、学校名を「奈良育英グローバル小学校」へ正式に改称した。


 奈良育英グローバル小学校の目標は、「世界に出ても負けない子どもに育てる」「目指すのは『母国語重視型トランスリンガル』」「『STEAM教育』を通して、自身の強みを最大限に活用できる力の育成」の3つ。子供たちひとりひとりの強みや個性を正しく伸ばし、自主創造の能力と友愛協同の態度を育てることを教育方針とする伝統の良さを継承しつつ、玉井式と力をあわせ、さらに先進的な教育に取り組んでいくとしている。


303640




2022.4.21
リセマム から転載




jyukennews at 01:08|Permalink 私立小学校について 

私立小中一貫校「志明館」2024年開校、福岡県北九州市


福岡県福岡市に本部を置く学校法人博多学園は2024年4月、北九州市の旧北小倉小学校の跡地に小中一貫の「志明館(しめいかん)」を開校する。「2・3・3・1制」による9年間の新しい教育システムを導入。2023年秋ごろ募集開始予定。


 2019年3月に閉校した旧北小倉小学校(建物付き土地)の売却にあたり、北九州市による同校利活用事業者検討会の審査の結果、学校法人博多学園が最優秀提案者に選定されていた。


 志明館は、未来を拓く新しい志教育を掲げた私立小中一貫校。校舎と体育館は既存施設を改修して活用し、2024年4月に小学校、2029年4月に中学校を開校する計画。1学年70人(1学級35人)で、全学年完成年度時の児童生徒数は630人。2022年8月より校舎等の改修工事に着手。プールは解体し、跡地に104人収容規模の寮を建設する。


 子供たちの成長にあわせた新しい教育システムとして「2・3・3・1制」を導入。9年間の授業内容を8年間で終え、最後の1年間は将来に向けた研究や進路準備活動に専念できる時間とする。


 募集開始は2023年秋ごろの予定。入学案内等も同時期に公開予定としている。



2022.4.20
リセマム から転載





jyukennews at 00:58|Permalink 小学校受験 

2022年04月08日

関東学院六浦小学校 春の説明会について

関東学院六浦小学校からのご案内です。


春の風がとてもさわやかな季節になりました。 


私ども関東学院六浦小学校は、この4月に校長が松田和憲から黒畑勝男に代わり、新しい体制でスタートを切りました。6日に始業式を行い、7日に入学式を行い、38名の新入生を迎えました。


皆様の働きが守られ、子どもたちにとって豊かなものとなりますことをお祈りしております。


早速ではありますが、4月の予定をお伝えします。


415()18:3019:30 お仕事帰りの説明会 

 

418()422() オープンスクールウィーク 

 午前の部11:0012:00 午後の部13:3014:30 少人数 

 

本校ホームページからの申し込みとなります。すべて自家用車での来校が可能です。 

 



関東学院六浦小学校 HP  https://kgm-es.jp/





小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』


にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室(教室・先生)へ     にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室へ    にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ








jyukennews at 22:22|Permalink 小学校受験 | 私立小学校について

2022年03月11日

川村小学校 春のオープンスクール のご案内



令和5年度入試にむけて、新年長児対象の春のオープンスクールを開催いたします。

「お城」をテーマにして、親子製作と表現活動に取り組みます。川村小学校の教室や図工室、校庭で活動しながら、小学校生活を紹介できたらと考えております。

 
・川村小学校 春のオープンスクール

・日時 令和4年4月2日(土)10:00、14:00、

      4月4日(月)10:00、14:00

 
なお、予約受付は、川村小学校ホームページにて開始いたしました。
 

ぜひ、ご参加ください。








jyukennews at 22:54|Permalink 私立小学校について