2016年04月21日

大阪聖母女学院が2017年4月から男女共学化!校名は香里ヌヴェール学院に



美井町(香里園方面)にある大阪聖母女学院が2017年4月から男女共学化を行い、校名も「香里ヌヴェール学院」になることが分かりました。

大阪聖母女学院といえば、小学校から高校まで揃うキリスト教カトリック系の女子校(小学校のみ共学)としてお馴染みですが、来年度から「21世紀型教育」と銘打った新しいコースとカリキュラムを導入することになったそうです。

改革の最大の目玉は、100年近く続いた伝統を変える男女共学化で、男子生徒も内部進学による12年間の一貫教育が可能になります。また新しい校名には、聖母の創立者が所属していたフランスの修道会にちなんだ名前が使用され、引き続きキリスト教の博愛精神を教育の柱にするとのことです。

特設サイトによると、箕面市の聖母被昇天学院も「アサンプション国際」へと改名されることが発表されていて、6校(大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・高校、聖母被昇天学院小学校・中学校・高校)同時に「聖母」の名前がなくなります。

改革の背景には少子化に加えて、ここ10年ぐらいの間に大学まで男女共学の私立小学校が相次いで開設されるなど、競争が激しくなっていることが考えられますが、「聖母」の名前に愛着がある人にとっては、寂しい気持ちになりますね。

(2016.4.15 寝屋川新聞から転載)   

*************************

◆学校法人 聖母女学院 ホームページから

16年04月14日
大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・高等学校の学校改革について
 本学院におきましては、これまで建学の精神である「愛・奉仕・正義」にもとづき、優れた教養と豊かな人間力を備えた、真に社会の平和に貢献できる卒業生を輩出すべく、教育の充実と学校運営の改善に向けて努力を続けてまいりました。一方、少子化を始めとする様々な社会環境の変化により、今後ますますの経営・教育の変革が求められる時代を迎えています。

 この度、大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・高等学校において、21世紀型教育を推進するため、大幅な学校改革を実施することとなりました。学校改革の内容、概略は次の3点となっており、2017年4月より実施することといたしました。
 
1.小学校、中学校、高等学校のコース体制の再編(グローバル・21世紀型教育)
2.中学校、高等学校の男女共学化
3.小学校、中学校、高等学校の校名変更
   新校名:香里ヌヴェール学院小学校
          香里ヌヴェール学院中学校・高等学校
 
(補足)新校名には、「香里」に加えて、本学院創立にゆかりの深いフランスの「ヌヴェール」の地名を冠することになりました。
 
この学校改革が実り多いものとなり、本学院の発展に寄与することとなりますよう、役職員一同、全力を捧げ努力してまいりますので、今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。  
 
 
                                                  2016年4月14日
                                                   学校法人聖母女学院
                                                    理事長 赤野 孝一


PDF  http://www.21st-century-edu.jp/pdf/np_ad_0414.pdf



コース別クラス編成
★「スーパーイングリッシュコース(SEC)」1クラス   
教科学習の60%(英語・算数・生活・音楽・図工・体育)を英語で授業をするイマージョン教育の導入

★「スーパースタディズコース(SSC)」2クラス   
総合的学力向上を目指し、アクティブラーニング(課題解決型授業)の幅広い導入



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。



jyukennews at 03:07│ 私立小学校について