公立学校

2022年11月22日

都内公立小の教員不足が拡大、夏休み明け130人欠員…ハローワークに求人出す区教委も


 東京都内の公立小学校で、今年度当初で約50人だった教員の欠員が、夏休み明けに約130人にまで増えたことが都教育委員会への取材でわかった。休職者の増加などが原因とみられる。年度途中の補充は難しく、学校側はハローワークに求人を出すなど人員確保に努めている。


 学校現場は近年、教員不足が深刻化しており、都教委は今年度、始業日(4月7日)のほかに5月1日、9月1日の各時点の欠員状況を初めて調べた。それによると、始業日で約50人だった欠員は5月1日時点では変わらなかったが、9月1日時点で約130人に増えた。病気による休職のほか、産休・育休の取得、自己都合の退職が増えているとみられるという。


 都教委によると、各校は例年、新入児童数がほぼ確定する3月下旬から、都教委に登録した採用希望者らに声をかけ、4月に集中して補充する。今年度は、始業日までに1744人を補充した後、9月1日までに443人を追加で補充した。都教委の担当者は「補充を上回るペースで欠員が増えた。年度途中で採用したくても、別の仕事に就いていることを理由に断られることも多い」と頭を抱える。


 欠員が補充できない小学校では、校長ら管理職が教壇に立つなどしている。板橋区教委では、今年度初めてハローワークに求人を出した。区教委の担当者は「教員免許を持つ人材は限られるが、とにかく広く募るしかない」と語った。


2022.11.22
読売新聞から転載



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』


にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室(教室・先生)へ     にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室へ    にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ







jyukennews at 09:23|Permalink

2021年12月12日

立川国際付属小の“入学カード”を得るには…初の都立小中高一貫教育校は「倍率30倍」!



 全国初の公立小中高一貫教育校として、来年4月に開校する東京都立立川国際中等教育学校付属小学校(立川国際付小)の一般枠募集の合格者は58人で、応募者数(1797人)に対する倍率は約30倍だったことが明らかになった。


 同校の特徴は語学に力を入れようとしていること。小学校1年生から英語の授業は週に4時間あり、中学校からは第2外国語としてフランス語、スペイン語など6言語から1つ選択して学習する。“都立版インターナショナルスクール”として保護者の目には非常に魅力的に映ったようだ。しかも、ブランド私立小学校のような高額の入学金や授業料はかからない。応募者が殺到するのは当然といえば当然だが、この高倍率のプラチナカードを得るにはどうしたらいいのか。



■大切なのはツキと…

「合格までの流れは国立小学校とほぼ同じです。はじめに抽選があり、その後、筆記試験を経て、合格者が再度抽選に臨み、通過者が最終合格となります」(学習塾関係者)

 問題は筆記試験(適性検査)をどうクリアするかだろうが、都教育委員会が今年5月末に公表した資料には「本校として、塾などに行くことは想定していません」と書いてある。

「基本的にお手伝いや遊びなど家庭での生活体験が豊富で、筆記用具を使って運筆や塗り絵ができればペーパーテストには対応できると思います」(前出の学習塾関係者)

 用意周到な試験対策よりも合格に必要とされるのは「運」だという。「名門校の真実」の著者で小学校のお受験事情に詳しいジャーナリストの田中幾太郎氏がこう言う。

「合格倍率が約30倍と狭き門で知られる筑波大学付属小学校の選考も、やはり第1次と第3次は抽選、つまりクジ引きです。もうひとつ、意外な盲点として母子分離が欠かせません。試験時間がわずか1時間程度とはいえ、その時間、椅子にジッと座って問題に取り組めなければ解答することさえできません。今後、大きなトレンドとして、公立の小中高一貫校の動きは広がっていくでしょう。小学校受験を考えている家庭は、子供が母親と離れていても不安がらないように、少しずつ母子分離の訓練をしていくことをお勧めします」

 運だめしで小学校受験をする家庭も増えそうだ。


日刊ゲンダイ デジタル
2021.12.12 から転載




jyukennews at 23:04|Permalink

2021年12月06日

都立立川国際附属小の応募倍率は30.98倍 「日本初の公立小中高一貫校」の人気が鮮明に

注目を集めていた都立小中高一貫校「立川国際中等教育学校付属小学校」(立川市)の人気ぶりが鮮明となった。4日、都教育委員会は来年度の一般枠募集の合格者は58人で、応募者数(1797人)に対する倍率は30.98倍だったことを明らかにした。
11月に抽選で男女各200人に絞られた後、適性検査と再抽選を経て合格者が決まったという。


立川国際付属小に応募者が殺到したのは、「日本初の公立小中高一貫校」ということだけが理由ではないようだ。校名に“国際”という言葉が冠されていることからも分かるように、同校は「国際社会で活躍して貢献できる人材の育成」を教育方針に掲げ、語学力と言語能力の育成に注力するとしている。  


小学校1年生から英語の授業は週に4時間あり、中学校からは第2外国語としてフランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、韓国語、アラビア語の6言語から1つ選択して授業として学ぶことになる。  


小学校4年生までの英語は、文科省の検定教科書がないため、都教育委員会が作成したテキストを使って学習するという。他にも同校は「探究的な学び」といった独自の教育方針を掲げている。来年以降も「公費で明るい未来のパスポートを得たい」と思う保護者の子供が立川国際付属小に押し寄せそうだ。


日刊ゲンダイ から転載
2021.12.6




jyukennews at 16:03|Permalink

【小学校受験2022】立川国際中等附属小、第2次の運動遊び・筆記検査で加点


 東京都教育委員会は2021年12月1日、2022年度(令和4年度)立川国際中等教育学校附属小学校の一般枠募集について、第2次(適性検査)の採点上の対応を公表した。運動遊び検査で女子全員に一律15点、筆記検査でCD音声を聞いて答える設問で男子全員に一律6点を加算する。



 全国初の公立小中高一貫教育校として、2022年4月に開校する東京都立立川国際中等教育学校附属小学校の一般枠募集には、募集人員58人(男29人、女29人)に対して、1,797人(男916人、女881人)が応募。11月14日の第1次(抽選)を経て、11月28日に第2次(適性検査)が行われた。

 11月28日の第2次(適性検査)は377人(男187人、女190人)が受検。当日は、適性検査中の受検者(幼児)の行動への対応等が必要となったため、検査の開始・終了時間に遅れが発生した。特に女子の適性検査では、筆記検査終了後、予定になかった昼休憩1時間を追加し、午後にインタビュー検査と運動遊び検査を実施。インタビュー検査終了後、運動遊び検査までの間、体調不良を訴える受検者がいたため、その対応等が生じたという。

 このような点に配慮し、運動遊び検査については、女子全員に一律15点を加算する。運動遊び検査全体の配点は15点満点。

 検査の開始時間が遅れた中、男子の筆記検査では、最初のCD音声を聞いて答える設問について、一部の会場で録音内容の一部分を重複して再生した。そのため、筆記検査の該当設問について、男子全員に一律6点(満点)を加点する。筆記試験全体の配点は30点満点。

 一般枠募集では今後、12月4日に第2次(適性検査)通過者の発表、第2次通過者を対象とした第3次(抽選)、合格者発表を行う。入学手続期間は、12月4日から6日午後3時まで。第3次抽選の結果、合格者とならなかった受検者については、繰上げ合格の順番を決定し、入学候補者(合格者のうち入学手続きをした者)が募集人員に満たない場合に繰上げ合格候補者を決定する。


リセマム から転載
2021.12.6



jyukennews at 16:02|Permalink

2021年11月16日

立川国際中等附属小、第1次抽選倍率4.49倍

東京都教育委員会は2021年11月14日、2022年度(令和4年度)東京都立立川国際中等教育学校附属小学校の一般枠募集について、入学者決定第1次(抽選)実施状況を公表した。

募集人員58人に対し、応募人員1,797人、抽選による第1次通過人数400人。抽選倍率は4.49倍となった。



 東京都教育委員会は2021年11月14日、2022年度(令和4年度)東京都立立川国際中等教育学校附属小学校の一般枠募集について、入学者決定第1次(抽選)実施状況を公表した。募集人員58人に対し、応募人員1,797人、抽選による第1次通過人数400人。抽選倍率は4.49倍となった。


 全国初の公立小中高一貫教育校となる東京都立立川国際中等教育学校附属小学校が2022年4月に開校する。12年間の探究プログラム、第1学年から週4時間の英語授業、CLIL(内容言語統合型学習)的な学びによる内容を重視した語学学習等、探究的な学びや語学力と言語能力の育成を特色としている。



 一般枠募集には、募集人数58人(男29人、女29人)に対して、1,797人(男916人、女881人)が応募。志願者数が第2次(適性検査)実施可能な人数を超えたため、11月14日に第1次の抽選を実施した。


 抽選の結果、第1次の通過者となったのは400人(男女各200人)。抽選倍率は、4.49倍(男4.58倍、女4.41倍)。今後、第1次通過者を対象に11月28日に筆記、インタビュー、運動遊び等を組みあわせた第2次の適性検査を実施。第2次通過者を対象に再度、第3次の抽選を行い、合格者を決定する。


 第2次の発表と第2次通過者を対象とした第3次(抽選)、合格者発表は12月4日。第3次抽選の結果、合格者とならなかった受検者については、繰上げ合格の順番を決定し、入学候補者(合格者のうち入学手続きをした者)が募集人員に満たない場合に繰上げ合格者を決定する。


 なお、海外帰国・在京外国人児童枠において、入学手続人員が募集人員に満たなかった場合、一般枠募集の募集人員に未充足分を加えた数とするとしていたが、入学手続人員が募集人員12人(男6人、女6人)に達したため、一般枠募集の合格人員は、一般枠募集の募集人員と同数となっている。



2021.11.16 リセマムから転載



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』


にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室(教室・先生)へ     にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室へ    にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ






jyukennews at 18:32|Permalink

2021年06月04日

東京都立立川国際中等教育学校附属小学校  願書受付は10月18日〜25日


 東京都教育庁は2021年5月27日、2022年度(令和4年度)4月に開校する東京都立立川国際中等教育学校附属小学校について、募集人員、入学者決定に関する実施要綱・同細目等を公表した。募集人員は2学級70名。願書受付は10月18日〜25日で、抽選および適性検査にて合格者を決定する。


 東京都は、全国初の公立小中高一貫教育校となる東京都立立川国際中等教育学校附属小学校を2022年4月に開校。都立立川国際中等教育学校につながる12年間の一貫教育を実現する。教育理念は、次代を担う児童・生徒ひとりひとりの資質・能力を最大限に伸長させるとともに、豊かな国際感覚を養い、世界で活躍し貢献できる人間の育成。世界で通用する語学力と言語能力を柱の1つとして重視しており、外国語科(英語)で使用する教材も都独自で作成。12年間一貫教育の中における小学校段階としての6年間という新たな教育を展開する。


 1期生となる第一学年児童の募集人員は2学級70名。内、一般枠募集は男女各29名、計58名。海外帰国・在京外国人児童は男女各6名、計12名。一般枠は、通学区域内に住所を有し、通学区域内から通学することが確実な者等。海外帰国・在京外国人児童枠は、日本国籍を有し保護者に伴って連続して1年以上海外に在住している者等。または、外国籍を有し入国後の在日期間が入学日現在、原則1年以内の者等。いずれも2015年4月2日〜2016年4月1日に出生し、保護者と同居する児童が対象。


 一般枠募集の願書受付は10月18日〜25日。受検者が一定の人数を超えた場合に行う第1次(抽選)および発表が11月14日。筆記・インタビュー・運動遊びで行う第2次(適性検査)が11月28日。第2次の発表が12月4日。あわせて、第2次通過者を対象に行う第3次(抽選)および合格者発表も12月4日に行う。なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、2022年度の入学者決定の適性検査においては集団活動は実施しない。


 海外帰国・在京外国人児童枠の願書受付は10月16日・17日。同じく第1次(抽選)および発表が10月20日。口頭による質問と運動遊びを適切に組み合わせた検査による第2次(適性検査)が11月7日。第2次の発表、第3次(抽選)および合格者発表は11月11日に行う。


 詳細は東京都Webサイト掲載の5月27日付け報道発表資料で確認できる。



◆2022年度(令和4年度)東京都立小学校入学者決定に関する事項

対象校:東京都立立川国際中等教育学校附属小学校
募集人員:70名(一般枠58名、海外帰国・在京外国人児童枠12名)

【一般枠募集】
願書受付:2021年10月18日(月)〜25日(月)※郵送必着
第1次(抽選)および発表:2021年11月14日(日)
第2次(適性検査):2021年11月28日(日)
第2次の発表:2021年12月4日(土)
第3次(抽選)および合格発表:2021年12月4日(土)

【海外帰国・在京外国人児童枠募集】
願書受付:2021年10月16日(土)・17日(日)※都立小学校へ持参
第1次(抽選)および発表:2021年10月20日(水)
第2次(適性検査):2021年11月7日(日)
第2次の発表:2021年11月11日(木)
第3次(抽選)および合格発表:2021年11月11日


リセマムから転載




jyukennews at 12:32|Permalink

2021年04月15日

特別支援教育、私立進まず 研修少なく公立と差


 私立学校法により、建学の精神や独自の校風といった自主性が尊重される私立校。文部科学省は公立校と同様に特別支援教育の推進を求めているが、態勢づくりには学校間で温度差があるのが実情だ。問題行動を起こした児童を退学処分とする前に、どこまで対応すべきなのか。今回の訴訟は、私立校の特別支援教育に一石を投じそうだ。



 「発達障害児がいないので、発達障害に関する態勢整備や教員研修はしていない」。九州の私立小の管理職は打ち明けた。教員研修はしている九州の別の私立小関係者も「専門性のある教員はおらず、ごく一般的な対応しかできない」。公立校で特別支援教育を受けるため、自主的に転校する例はあるという。

 文科省は2007年の通知で、私立も含めた全ての学校に障害児の支援などを検討する校内委員会や、特別支援教育の中心となるコーディネーターの設置を求めたが、現在でも浸透しているとは言いがたい。


 文科省の17年度調査によると、私立小で委員会を設けていたのは51・1%、コーディネーターは46・2%だった。公立小はいずれも全校で設置済み。特別支援教育に関する研修でも、受講済みの教員は公立小89・3%に対し、私立小40・8%と大きな開きがあった。


 背景には、公立は教育委員会が所管するが、私立は管轄外という側面もある。福岡県内では、公立小中の管理職や特別支援に携わる教員らに、県教委が毎年研修を行っているが、私立は県主催の研修がない。希望に応じて講師を派遣する事業はあるが、県内の私立小9校に対し過去3年の利用は年0〜2校にとどまる。


 今回の私立小の場合、教員研修は実施しているが委員会やコーディネーターは未設置という。男児の保護者には「対応できる態勢が整えられない。公立なら態勢があり、転校が男児のためになる」と説明していた。


 日本大文理学部の高橋智教授(特別支援教育)は「私立は特別支援教育の実施に関する学校間の差が大きく、『うちでは対応できない』と暗に転校を求めるケースは度々ある」とする。


 その上で「私立とはいえ義務教育段階の小学校なのだから、最大限のきめ細かな対応があるべきだ。学校単独で難しければ、特別支援学校や発達障害者支援センターなど関係機関に協力を求め、子どもたちの居心地が良い学校づくりを進める必要がある」と話している。

 (森亮輔、編集委員・四宮淳平)

2021.4.15
西日本新聞 から転載





jyukennews at 13:54|Permalink

2020年09月27日

2022年開校の都立小中高一貫教育校の通学区域などを公表


 東京都教育委員会は2020年9月24日、2022年(令和4年)4月に開校する都立小中高一貫教育校の入学者決定方法などを公表した。
通学区域は、附属小学校が学校までの所要時間がおおむね40分の範囲内の駅やバス停を含む市区町村、中等教育学校は都内全域とする。


 東京都は2022年4月、公立として全国で初めてとなる小中高一貫教育校を東京都立立川国際中等教育学校の敷地内に開校する。
高い語学力と豊かな国際感覚を備えた、世界で活躍できる人材育成を目的としており、小学1年生から独自のテキストを使って外国語授業を実施する。
義務教育期間の9年間で英語を通常の学校より1,000時間以上多く学習するほか、小学校の段階から第二外国語に触れる機会も作られる。


 新設する附属小学校は、各学年80名、6学年で計480名となる予定。
通学区域は、児童にとって負担過重とならないよう、小中高一貫教育校までの所要時間がおおむね40分の範囲内にある鉄道の駅やバス停を含む市区町村とする。ただし、該当区域内であっても、交通事情や体力などは児童により異なることから、それぞれの児童が毎日無理なく安全に通学できるか否かについては、保護者に十分考慮してもらうよう丁寧に説明していくとしている。


 入学者決定については、受検者が一定の応募倍率を超えた場合、第1次として抽選を実施する。第2次の適性検査では、1日目に筆記、2日目に集団活動、インタビュー、運動遊びを行う。遊びの要素を取り入れた検査の中で、受検者の行動を観察するなどして適性の有無などを総合的に判定。
一定の基準を満たした受検者を第2次合格者とし、その中から再度抽選を行い、最終合格者を決定する。東京都のWebサイトでは、筆記検査の問題例を公開している。

 中等教育学校は、附属小学校から全員が原則進学。そのほかに、ほかの小学校卒業予定者を80名程度募集する。中等教育学校の通学区域は、現都立中等教育学校および都立中学校と同じく、都内全域。


◆都立小中高一貫教育校の通学区域について

【附属小学校】
児童にとって負担過重とならないよう、小中高一貫教育校までの所要時間がおおむね40分の範囲内にある鉄道の駅やバス停を含む市区町村

<区部>新宿区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区

<市町村部>八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町、日の出町

※ただし、該当区域内であっても、交通事情や体力などは児童により異なることから、それぞれの児童が毎日無理なく安全に通学できるか否かについては、保護者に十分考慮してもらうよう丁寧に説明していく

【中等教育学校】
現都立中等教育学校および都立中学校と同様、都内全域



2020.9.27
リセマム から転載


小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』


にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室(教室・先生)へ     にほんブログ村 受験ブログ 幼児教室へ    にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ





jyukennews at 00:10|Permalink

2020年05月17日

9月入学で教員2.8万人不足の推計 待機児童も急増


朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染拡大で政府が検討している「9月入学」を来秋から実施した場合、学校教育や保育などにひずみを生みかねないことが、苅谷剛彦・英オックスフォード大教授の研究チームの推計でわかった。新1年生を4月生まれから翌年9月生まれまでの17カ月に再編し、特に施策を取らなければ、初年度は、教員は約2万8千人が不足し、保育所の待機児童も26万人超に上り、地方財政で3千億円近くの支出増が見込まれると試算した。


 研究チームは、教育社会学の研究者やシンクタンク代表ら計7人。地方教育費調査や学校基本調査、社会福祉施設等調査などをもとに推計した。


 9月入学は、緊急事態宣言の対象が全国に広がり、休校が長期化するなか、学習の遅れを取り戻す時間を確保するために一部の高校生や東京都、大阪府などの知事が導入を求めた。安倍晋三首相も14日の記者会見で「有力な選択肢の一つだ」と言及している。


 政府は6月上旬をめどに来秋からの9月入学について論点や課題を整理する方針で、自民党が設置した「秋季入学制度検討ワーキングチーム(WT)」は5月末〜6月初旬に政府への提言をまとめるという。


 文部科学省が主に検討しているのは、小学校開始年齢の遅れを解消するために、2021年9月の新入生を14年4月2日生まれから15年9月1日生まれまでと5カ月分増やす案だ。


 研究チームの推計では、この場合、新入生は例年より42万5千人増え、1・4倍になる。14年4月2日生まれから15年4月1日生まれの児童は保育所に5カ月長くいることになるため、初年度、地方財政支出は2640億円、教員は2万8100人が追加で必要になり、保育所は新たに26万5千人、学童保育は16万7千人の待機児童が生まれる。


 一方、文科省は、現行の学年の区切り(4月2日生まれから翌年4月1日生まれまで)を変えずに、新学年を9月1日から始める案も検討する。ただ、この場合、児童全体の教育が5カ月後ろ倒しになり、小学校の開始が遅い児童で7歳5カ月からとなる。
欧米は6歳が主流で、韓国や中国も6歳。日本の児童はそれよりさらに1年以上遅れることになる。推計では、学校教育の支出や教員、学童保育の待機児童の大きな増加は見られないものの、保育所の待機児童26万5千人は初年度だけでなく毎年生まれ続ける。

朝日新聞社


2020.5.17転載





jyukennews at 12:15|Permalink

2017年04月27日

中学から第2外国語必修へ 都立小中高一貫校で計画


 東京都教育委員会は27日、2022年度の開校を目指す都立の小中高一貫校で、中学校から第2外国語を必修とし、小学校でも希望者向けに課外授業を行う方針を決めた。文部科学省などによると、中学校で第2外国語を必修とする例は珍しいという。

 都教委によると、公立の小中高一貫校の開設は全国初の試み。国際的に活躍できる人材の育成などを目指しており、外国語教育に力を入れたい考えだ。

 都立小中高一貫校では、7年生(中1)から第2外国語として仏語、中国語、スペイン語などのうち一つを必修にする。都教委は学習指導要領に縛られない指導ができる国の教育課程特例校制度を使うことなどを検討している。1〜6年生の段階でも、希望する児童には授業外で第2外国語に触れる機会を設ける。

 英語の授業も1年生から行い、6年生で英検3級(中学卒業程度)、卒業時に英検準1級(大学中級程度)水準の習得をめざす。

 大手学習塾の栄光ゼミナールによると、第2外国語学習には一部の私立中が取り組んでいるという。

 都教委は、都立立川国際中等教育学校(立川市)に付属小を新設して小中高一貫校とし、抽選と適性検査で入学者を選考する予定だ。

       

朝日新聞社


小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。






jyukennews at 22:37|Permalink

2016年04月15日

中1ギャップ、なくせるか 小中一貫の「義務教育学校」



小中学校の9年間を通して同じ学校で学ぶ制度が今月、始まった。小中学校を合わせた「義務教育学校」だ。中学入学後の環境の変化で、学習などでつまずく「中1ギャップ」の防止などが狙い。教育効果が期待されているが、今月から導入したのは全国で公立22校にとどまり、文部科学省は周知に力を入れる。


 「先輩に教えてもらってうまくなった」。春休み中の7日、千葉県市川市立の義務教育学校「塩浜学園」(児童・生徒数317人)で、吹奏楽部の練習をしていた6年生の石川栞(しおり)さんは笑顔で話した。

 市教育委員会は昨年度、隣接する市立の塩浜小と塩浜中を小中一貫校にした。吹奏楽部はそれより前から小中学生が一緒に活動する機会を設けてきた。今の部員は、5〜9年生(中学3年生)の約30人。部の顧問を務める音楽教員の高山礼子さん(63)は「中学生の音を聞いて小学生は育ち、上手な小学生が入ると中学生も頑張る。演奏レベルが上がった」と言う。

 同校は小中一貫にした際、9年間の分け方を従来の「6年・3年」から「4年・3年・2年」に変更。それぞれ「基礎期」「充実期」「発展期」と位置づけ指導内容を決める。学年の呼び方は、1〜9年生。今年4月の改正学校教育法施行を受け、義務教育学校に移行した。

 中学入学後に環境の変化から学習や人間関係でつまずく「中1ギャップ」を防ぐため、従来の中学校入学の時期を含む5〜7年生の3年間は、特に教員側の態勢も手厚い。5、6年生の算数は、学級担任と中学の数学教員が一緒に教える。子どもの習熟度に応じ、きめ細かく対応できるという。部活や生徒会活動は小中学生が入り交じる形で、主に5〜9年生が参加。校舎は1〜4年生が旧小学校、5〜9年生は旧中学校を使う。

 「小中一貫になり、教員が子どもの発達段階をよく理解できるようになった」と渡辺晴美校長は話す。小中一貫校スタート時から校長は1人だ。「小中それぞれに校長がいると、互いに遠慮して物事が決められない場合もあるが、1人なら自ら最終判断を下せる」という。


 ■学年区切り、自由に決定

 義務教育学校の主な狙いは「中1ギャップ」の防止だ。それを実現するため、9年間の区切りは各校が自由に決める。部活や一部教科の学習の開始時期を早めるなどして、従来の中学校の環境に徐々に慣れさせる取り組みも可能になった。

 教員は原則、小中両方の免許を持つ。ただ、当面はどちらかを持つ教員も勤務可能だ。教科指導では、中学の内容を小学校段階から教えることもできる。

 文科省によると、この4月には全国で公立22校が導入し、ほかに公立114校、国私立5校が今後開校する方針という。導入済みか、今後導入する公立136校のうち、学年の区切りは「4・3・2」が57%で最多。ただ、従来通りの「6・3」も12%で、2番目に多かった。

 小中一貫教育は国の特例制度を利用し、東京都品川区など各地の自治体が独自に導入してきた。この取り組みを広げようと、国は法改正で正式に制度化。しかし、文科省の調査によると、小中一貫教育に取り組んでいない市区町村は全国で1513自治体(86%)に上り、このうち810自治体(54%)は「検討の予定なし」というのが実態だ。

 文科省の担当者は「導入に慎重な自治体もある。広く周知するため、夏までに小中一貫の取り組みを集めたガイドラインをつくりたい」としている。(伊東和貴、高浜行人、岡雄一郎)


 ■教員の壁無くせ

 前東京都品川区教育長で小中一貫教育に詳しい若月秀夫・政策研究大学院大学客員教授の話 小中学校を形ばかり一体化しても、教員の間に壁があっては成果が出ない。たとえば小中一貫教育に取り組む学校で、小中の職員室が別という例もあったが、「ここは小学校、ここは中学校」といった教員の縄張り意識をなくし、子どもの情報を共有する努力が重要だ。将来的には教員免許も「義務教育学校」で一本化した方が、より実効性のある一貫教育につながるだろう。

 

 ■義務教育学校の特徴

◇校長

 【従来の小中学校】各小中学校に1人ずつ

 【義務教育学校】 1人

◇教員免許

 【従来の小中学校】所属する学校の免許を保有

 【義務教育学校】 原則、小中両方を保有

◇独自教科・学習内容入れ替え

 【従来の小中学校】原則不可(国の特例を受ければ可能)

 【義務教育学校】 可


(2016.4.15 朝日新聞から転載)



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 22:56|Permalink

2016年02月02日

小学校お受験に都が参戦 小中高一貫校、6年後開校へ 看板は「エリート教育」



写真・図版
都立小中高一貫校の構想



東京都が6年後、小学校入試の「お受験」に参入する。公立初の小中高一貫校をつくり、入試で選んだ子どもを「エリート」に育てる考えだ。私立側には早くも、学費が格安なライバル出現を懸念する声がある。


 「世界で活躍し、日本の将来を担う人材を育成する」。都教育委員会の幹部らでつくる一貫校新設の検討委員会はログイン前の続き、一貫校の目標をこう掲げている。

 2022年度開校を目指す一貫校の看板は、「英語教育」。小学校低学年から外国人が指導し、中学・高校では英語で論文を書いたり、議論したりする力をつける。海外留学にも力を入れる考えだ。他の教科も土曜授業などで授業数を増やし、中学の内容を小学校で教えるなどの「先取り教育」をする。

 児童は入試で選ぶ。ただ、小学校の入試に受かった全員が高校まで進めるわけではなく、中学入学時には小学校の成績を踏まえふるい分けるという。

 元々発案したのは猪瀬直樹前知事。「理数系人材の育成」を掲げたが、「幼児段階で理数系の才能を評価するのは困難」などと疑問視され、猪瀬氏の辞任もあって頓挫。その計画が内容を変えて復活した。「都立ブランド向上の一助になれば」と都教委幹部はいう。

 都立校では、日比谷高校などが難関大への合格者数の多さを誇っていたが、1970年ごろから私立が優勢に。都教委は03年の学区制撤廃などで挽回(ばんかい)を図り、05年から都立中高一貫校を10校新設した。授業料が格安で、毎年東京大などへの合格者を出しており、応募倍率は5〜7倍ほどと人気だ。そこに今度は小学校も加え、「子どもの資質や能力を一層伸ばす」(都教委幹部)という。別の幹部は「私立に通えない低所得層の受け皿としても公立の一貫校が必要」と話した。

 新設校は、都立中高一貫校の立川国際中等教育学校(立川市)に付属小を設ける形で開校する予定。教育委員からは「都立にしかできない学校像が見えない」など異論も出たが、検討委は「公立校の新たな教育モデル」にしたい考えだ。

 文部科学省によると、公立小が入試を行うことは、法令上問題ないという。担当者は「東京など財政力のある自治体に限った動きだろう。現行の『6・3・3』より良い学制を探る例として注視する」と話す。


 ■学費格安、戸惑う私立

 都の構想に、私立側からは困惑する声も漏れる。

 「受験競争の過熱化を招き、教育格差を拡大する」。1月下旬にあった都教委の定例会で、都内の私立426校でつくる東京私立中学高校協会が出した「抗議文」が紹介された。協会の幹部は「少子化が進み、私立小の児童募集は難しくなる。なぜ今さら公立が進出するのか」と言う。

 「小中は学費無料でしょ? 子どもをとられる学校が出てくると思う」。東京23区内のある私立小学校長は都立小の影響を心配する。私立小の初年度納入金は100万円超が珍しくない。「都立一貫校から難関大に多く進んだり、今後23区内にもできたりしたら、人気を集めるだろう」と話す。

 一方、23区の別の私立小学校長は「私立小に通わせる親は校風を気に入っていたり高所得だったりする人たち。都立小は受験層を広げる可能性はあるが、私学に影響はない」と冷静だ。

 受験情報サイトを運営するバレクセル(東京都渋谷区)などによると、私立・国立の小学校は東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に約100校あり、約1万人が受験する。子どもの多くが受験準備で塾に通うといい、費用は年100万〜200万円も珍しくないという。

 長女(3)を受験塾に通わせる東京都新宿区の主婦(35)は「安い学費は魅力だけど、公立には教員異動があるので不安」。

 小学校受験塾「アンテナ・プレスクール」(渋谷区)の石井至校長は「都立小の成否は、どれだけ優秀な教員を集められるかがカギ」とみる。

 「〈お受験〉の歴史学」の著書がある同志社女子大の小針誠准教授(教育社会学)は「東京の公立復権のためには、特殊な1校をつくるだけでは意義が薄い。公立全体の底上げにこそ力を入れるべきだ」と話す。


2016.2.2  朝日新聞から転載



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。





jyukennews at 01:41|Permalink

2015年11月24日

公立初の小中高一貫校、都が開校へ…英語を重視

東京都は2022年度をめどに、都立の小中高一貫校を開校する方針を固めた。
   
  都教育委員会によると、設置主体が同一の公立小中高一貫校は全国で初めて。12年間の継続したカリキュラムの中で、実践的な英語教育を展開するなどし、世界で活躍できる「グローバル人材」の育成を目指す。

 小中高一貫校は現在、中高一貫教育を実施している「立川国際中等教育学校」(立川市)の近隣に、都立の小学校を新設する形で開設する。

 小学校入学時に適性検査などを行って選考。さらに、人間関係の固定化を防ぐため、中学校入学時にも追加募集を検討する。教育課程を前倒しして、海外留学や体験型の学習の充実など、発展的な学習を行いやすくする。

 都立の小中高一貫校を巡っては、猪瀬直樹・前都知事が12年12月の初当選直後に構想を発表。都教委は13年8月に理数系人材の育成に主眼を置き、小中高を現行の「6・3・3制」ではなく、「4・4・4制」とする一貫校を目黒区と武蔵野市に分散した形で、17年度に開校するとの方針をまとめた。しかし、13年12月に猪瀬前知事が辞職し、事実上、計画はストップしていた。

2015.11.24  読売新聞から転載

*************************

東京都が小中高一貫校を新設 公立で全国初、英語に力 

 東京都は24日までに、公立としては全国初となる都立の小中高一貫教育校を新設する方針を固めた。中高一貫の都立立川国際中等教育学校(立川市)に2022年度をメドに付属の小学校を新設する。国際的に活躍できる人材の育成を目指し、英語教育に力を入れた12年間の一貫教育を行う。26日の都教育委員会で報告する。

 小学校入学時に適性検査などで選考をし、中学校からの入学枠も検討する。現在、立川国際中等教育学校の定員は1学年160人で、小学校の定員は今後検討する。一方的な授業にとどまらない体験型の学習や、留学をしやすい環境を目指す。


 都は13年、理数系に強い人材の育成を目的とした都立の小中高一貫教育校の検討を始めた。しかし、小学校入学の時点で理数教育への適性を見極めるのは難しいとの指摘も出ていた。今後、英語を中心とした国際教育の重要性が高まるとの判断もあり、グローバル人材の育成を目指す方向にシフトした。

 都は今後、教育委員会の議論を踏まえ、パブリックコメントを取るなどして、12年間のカリキュラムなどの具体化を進める。

2015.11.24  日本経済新聞から転載


*************************


小中高一貫校:東京都が全国初の公立開校 立川に


東京都は24日、全国初となる公立の小中高一貫校を2022年度をめどに開校する方針を明らかにした。都教育委員会によると、中高一貫教育を実施している都立立川国際中等教育学校(立川市)の近くに付属小学校を新設する。26日の都教委定例会で報告される。

小学校の入学者は適性検査などで選考する。小学校から高校まで12年間継続した教育課程で、海外留学や体験型学習などの充実を図り、世界で活躍できる英語力を備えた「グローバル人材」の育成を目指すという。

 都立の小中高一貫校構想は猪瀬直樹前知事が12年12月の初当選直後に発表した。都教委が有識者らによる検討委員会を13年4月に発足させ、同8月に公表された中間報告では、理数系分野で世界的に活躍できる人材育成を目指し、従来の「6・3・3制」でなく「4・4・4制」を採用するとされた。現行の中学2年までに義務教育の学習を終え、中学3年から高校の授業を先取りするとし、17年度開校の方針だった。

 猪瀬氏は13年12月に辞職し、14年2月に当選した舛添要一知事の就任後、改めて検討が再開された。「小学校入学時の段階で理数系の能力を見極めるのは困難」などの指摘があり、計画が見直された。

2015.11.24 毎日新聞から転載



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 23:44|Permalink

2015年06月24日

学力、お金、人間関係…「公立校と私立校」選択の差



学力、お金、人間関係…「公立校と私立校」選択の差


私立中高一貫校を中心に、私立校が人気だ。教育力が高そう、生徒一人ひとりを丁寧に見てくれる、生徒指導がしっかりとしている、裕福な家庭が多いのでイジメが少なそう…などさまざまな理由がありそうだが、公立校に比べて学費が高い私立校は本当に“おトク”なのだろうか。



 『公立VS私立』(橘木俊詔/ベストセラーズ)は、小学校、中学校、高校、大学に至るまで、「学力」「お金」「人間関係」の3要素で「公立VS私立」を比較している。公立と私立の選択で、どれくらいの差が表れるものなのだろうか。本書では、政府の統計、週刊誌のランキング、そして独自に行った公立中高・私立中高出身者へのアンケートなどを元に、徹底的に数値で比較しているのだが、データをすべて掲載するわけにはいかないので、かいつまんで紹介したい。(※本書は2014年2月に出版されており、データは最新ではない場合がある)



(1)学力…いい教育が受けられるのは?

・2013年度全国学力テスト
全国の小・中学生が対象。私立校のほうが正答率が高い。私立中学では学力試験を課し、学力が高い生徒を選別しているからと考えられる。また、入学後、塾や家庭教師といった学校外での学習が常態化していることも、大きな要因か。


・「いい大学」に行けるのは
「東大合格者ランキング」は私立中高一貫校からの合格者が圧倒。「京大合格者ラインキング」もトップ10のうち7校が私立。


・国際的な学力調査PISA(OECD加盟国の生徒に対する学習到達度調査/2009年度調査結果)
「読解力」の項目…国公立が上回る。私立高校は非常にさまざまなランクの学校があり、学校間格差が顕著であるからか。


 高偏差値の大学に行けるトップ層には私立高出身者が多いが、全般的なテストの平均値では、学校間格差が少ない公立校のほうが高い。


・「学問」の探求
日本人歴代ノーベル賞受賞者19人は、すべて国立大出身。国立大の研究補助金が潤沢だからか。また、私立と国公立大では、教員数と生徒数の割合で約2倍の開きがある。その分、国公立大のほうが濃く学ぶことができる。



(2)お金…「コスト」と「リターン」からみて経済的なのは?


・大学卒業までにかかる学費(典型的なケース)

オール公立…949万円(小中高大とも公立)

中学から私立…1642万円(公立小、私立中高、大学は私立理系)

オール私立…2344万円(私立小、私立中高、大学は私立理系)


 低成長時代の不況下で、会社員の給料は下がるが大学費用の割合は高まっており、世帯年収の4割が学費負担に。慶應義塾大ですら、自宅通学の学生が多く「関東圏の一ローカル大学化している」とも。


・中学受験の「リターン」
年収を比較すると、中高に限っては、私立中高出身者のほうが「金銭的にはかなり回収している」。


・生涯年収(「大学別生涯賃金期待値ランキング」週刊ダイヤモンド/2012.11.3号)
1位は、主要400企業への就職率が54.4%とダントツの一橋大学。2位に国際教養大。3位は慶應。


 基本はオール国公立コースが費用最少で高リターン。ただし、卒業後は私立のほうが人脈などの面で有利な場合もあるので、中学から私立に行くという選択もあってよさそう。国立大へ入学するために私立中高を選ぶ層は少なくない。



(3)人間関係…豊かな人間関係が築けるのは?

私立校=特定の階層が集まりやすい
 とくに別学の場合は深い絆を持った同性の友だちができやすい。男子校出身者の卒業後の“親友関係キープ率”は6割を超えるというデータも。中高一貫校では、3年間の学校に比べ、そのぶん友情を育みやすい。


公立校=社会の縮図
 いろいろな子どもがいる環境で育つことで、応用力がある、幅広い考え方を持つ大人になる可能性が高い。大人になってから気づいたのでは遅すぎる。


 公立校と私立校を同列に比較するのはお門違いという意見もある。私立校は独自の教育方針に基いて教育を行い、公立校は税金の投入により特殊な教育方針に縛られることなく、国民全員に対して平等に教育水準を上げることが目的だ。子どもには個性がある。学力、お金、人間関係についての比較だけで学校選びをするのではなく、公立・私立向き、教育方針、部活動、校風に合うかなどの相性も大切にしてもらいたい。


(2015.6.24  ダ・ヴィンチニュース から転載)


jyukennews at 10:11|Permalink

2015年04月11日

「英語特区」小学校入学式

文部科学省から「英語特区」の指定を受け、今年度から全学年で英語教育を実施する都留市立都留文科大学付属小学校で7日、入学式が行われ、校内に常駐するアメリカ人の外国語指導助手、ダニー・フェントンさん(31)も、児童55人と初めて顔を合わせた。

 市教委によると、同校では特区指定により、教科に「英語」を新設。1〜4年生は年間35時間(週1時間)、5、6年生には同70時間(週2時間)の英語の授業が行われ、卒業時には英語検定4級レベルの習得を目標にしている。


 同校は市内全域から通学できるため、新1年生12人のうち、2人が従来の通学区の外から入学。うち1人の次女(6)を通わせることにした前田安正さん(45)は「自然に恵まれた学校で、小さい頃から英語に親しんで伸び伸びと育ってほしい」と話した。


 外国語指導助手の常駐は、授業に限らず、学校生活の中で生きた英語に慣れ親しんでもらうことも狙い。フェントンさんは来日4年目で、茨城県などでも外国語指導助手を務めた経験がある。この日の入学式では早速、児童らとハイタッチして交流。「子供たちが英語に興味を持って学べるように頑張ります。私が生まれ育ったニューヨーク州の歴史や文化なども伝えていきたい」と意気込んでいた。

都留市立都留文科大学付属小学校 HP
http://school-el-tsuru.jp/publics/index/33/

(2015.4.8 読売新聞から転載)



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 01:09|Permalink

2015年01月14日

千葉)市川市初の小中一貫「塩浜学園」 4月に開校


市川市では初となる公立の小中一貫校「塩浜学園」が4月に開校する。
学校の統廃合を伴わない形としては県内初。義務教育9年間をひとくくりに、学年区分を4・3・2年に分けて、子どもの発達段階に合わせたきめ細かな教育活動を目指す。地域と防災を考える独自の教科も新設される。


■小5から教科担任制


 市教委によると、一貫校となるのは、市立塩浜小学校と隣接の塩浜中学校。学年区分を前期(基礎期)の小学1〜4年、中期(充実期)の小学5年〜中学1年、後期(発展期)の中学2、3年に分ける。


 小学5年から教科担任制を導入し、中学生と一緒に部活動に参加する。中学への進学を滑らかにし、不登校や暴力行為など問題行動がみられる「中1ギャップ」を減らしたり、学び直しの機会を増やしたりといった効果が期待される。


 また、独自の教科「塩浜ふるさと防災科」を新設。小学3年から7年間、週1〜2時間ほどの授業を持つ。地域への理解と愛着を育み、災害発生時に自ら考えて行動する力を養うのが狙いだ。

 校舎は小学4年まで小学校校舎、小学5年からは中学校校舎で学ぶ。将来的には全学年が同じ校舎で授業を受けられるようにする。


 通学可能な学区を広げ、指定校変更の手続きをすれば、行徳支所管内全域(11小学校区、5中学校区)から通学可能。23日まで手続きを受け付けている。市教委は培ったカリキュラムを将来的に市内全域に生かすモデル校にしたい考えだ。


 一貫校化の背景にあるのは、地域の少子高齢化。今年度当初の児童生徒数は塩浜小141人、塩浜中115人。ピークだった20年余り前の2割ほどに落ち込んでおり、学区内では将来的に、子供の数が大きく増える見込みはないという。


 田中庸恵教育長は「これまでも市内小中高の連携を図るべく、学校行事などできることから取り組んできた。実績を生かしながら、これをスタートに市内全域に広げていきたい」と話す。



■各地で試行


 市教委は2009年3月にまとめた教育振興基本計画から中高一貫校の開校を検討。13年に一貫校設置検討委員会を発足させ、少人数を生かし、「特色ある学校作り」を協議してきた。

 小中一貫教育に厳密な定義はなく、各地で試行されている。制度上の特例を利用して独自の教育課程を組んだり、学習指導要領に沿って9年間を見通した教育をして先生が互いの授業に乗り入れたりするなど内容は様々だ。


 施設面では小・中が離れている分離型、同じ施設を使う一体型などに分かれる。ゆるやかに授業や行事の交流を行う「小中連携」に取り組む学校もある。


 昨年末に文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」が小中一貫校を新しい国の学校制度として位置づける答申をまとめ、今後は一貫校移行を検討する市町村教委が増えるとみられる。


 県教委によると、県内では鴨川市の長狭学園、市原市の加茂学園、成田市の下総みどり学園が一体型で、流山市と浦安市はカリキュラム上の連携をする分離型で実施している。


 ただ、児童生徒の人間関係が固定化することや、転校先でカリキュラムが異なって混乱する可能性、一部教職員の負担が増えることなどが課題に挙げられている。




(2015.1.13 朝日新聞から転載)



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 10:26|Permalink

2014年12月07日

小6男子「宅建」合格…小学生初

実務経験者でも取得が困難とされる宅地建物取引主任者(宅建)資格試験に、愛知県安城市立里町小学校6年杉浦健斗君(12)が合格した。


 過去最年少で、小学生としても初という。2年前から関連の法律などを学び、昨年に続く2度目の挑戦で快挙を達成した健斗君は「もっと勉強して、将来は困っている人を助けられるような弁護士になりたい」と夢を膨らませる。


 実施団体によると、今年の試験は10月に行われ、受験者19万2029人に対し合格者は3万3670人(合格率17・5%)。合格者のうち18歳未満は14人で、合格者の平均年齢は35・3歳だった。健斗君は12歳4か月で、過去の最年少記録の12歳11か月を更新した。


 健斗君は小学4年の時、漢字の検定試験に小学生で合格した人の話をテレビで見て、「自分も何かに挑戦したい」と決意。宅建資格を持つ父、勝彦さん(51)の勧めで勉強を始めた。自己採点では、昨年は合格点に2点足りなかったが、今年は3点上回ったといい、3日に合格証書が届いた。


 学校では児童会代表を務める一方、けん玉が大好きという健斗君。「次は中学生で行政書士試験に挑戦したい」と話している。

(2014.12.6 読売新聞から転載)



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。




jyukennews at 21:40|Permalink

2013年08月23日

小中高の一貫校「4・4・4制」導入へ…東京都

東京都は2017年度をめどに都立の小中高一貫校を開校する方針を固めた


 文部科学省によると、設置主体が同一の公立小中高一貫校は全国で初めて。現行の「6・3・3制」ではなく「4・4・4制」(基礎期、拡充期、発展期)に基づいたカリキュラムを編成、世界に通用する理数系の人材育成を目指す。

 22日の都教育委員会定例会で、都教委の小中高一貫校の検討委員会が基本構想の中間報告として発表する。

構想では、最初の4年間は、目黒区大橋の旧都立芸術高の空き校舎を全面改修して活用

次の8年間は、08年に都立中高一貫校となった武蔵高・同付属中(武蔵野市境)を母体にする。

 小学校入学時に適性検査を実施し、理数系科目への興味や関心、適性を判断。1学年2クラス程度を想定するが、固定メンバーで進級すると人間関係が広がらず、社会性が乏しくなる恐れがあるため、途中で児童・生徒の追加募集も行う。

途中募集を「4・4・4制」「6・3・3制」のどちらに合わせるかは、今後検討する。

義務教育期間は通常の学校と同様、学校教育法に基づき9年間となる。


2013年8月21日  読売新聞から転載)


小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。



jyukennews at 12:43|Permalink

2013年05月24日

小1から英語…大阪スーパー2校 募集560人

大阪市教委は22日、私学の進学校並みの教育内容を実践する小中一貫の「スーパー校」の市立2校について、来春入学で、市内全域より小学1年から中学2年までの児童生徒を募集すると発表した。

 募集人数は計560人程度になる見込み。応募多数の学年は抽選を行う。

 
2校は、2012年春に開校した「やたなか小中一貫校」(東住吉区)と、東淀川区の啓発小と中島中を合わせて来春開校する一貫校(名称未定)。いずれも小1から英語学習を行い、小3以上にはタブレット型パソコンを1人1台ずつ配布してICT(情報通信技術)教育を充実させる。

 各校区内に住む児童生徒は優先的に入学できるが、両校とも、もとの学校に通学している人数が少なく、ほとんどの学年が1クラス編成。これを来春以降、それぞれ2クラスの規模に増やす予定で、市内全域から各学年30〜40人程度を受け入れることにした。通学には鉄道やバスの利用も認められる。15年度以降は小中とも1年生のみ募集する予定。


2013年5月23日  読売新聞から転載)



小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。



jyukennews at 09:17|Permalink

2013年02月09日

津市教委、小中一貫教育導入へ…17年度までに

三重県津市教育委員会は7日、市立の小学校と中学校が教員の交流などで連携する小中一貫教育を新年度以降、順次導入する計画案を明らかにした。

 文部科学省によると、東京都品川区や三鷹市、広島県呉市などの全公立小中校で実施されており、津市教委も2017年度までに全ての市立小中学校(小学校53校、中学校20校)での導入を目指す。

 市教委がこの日、計画案を盛り込んだ「市教育振興ビジョン後期基本計画」を市議会側に提出した。

 計画案によると、20中学校の校区ごとに、小中学校の教員による連携組織を設置。小中9年間の教育目標のほか、具体的な連携方法、スケジュールなどを決める。その上で、小中学校の教員の相互乗り入れを進める。体育や理科など専門知識を持つ中学教員が、小学校で授業を行うことなどが想定されている。

 市教委は、小中にとどまらず、幼稚園、保育所とも連携を図り、一貫性のある教育を実現したい考えだ。

 ただ、16中学校区では、小学校が2〜5校あり、小中学校間の往復に30分程度かかる校区もあることから、教員の相互乗り入れがスムーズにできるか課題もある。このため、市教委は新年度から5年間を準備期間とし、早ければ年度内から各校区で議論をスタートさせる予定だ。

 市教委は、05年度から2中学校区(南が丘、東橋内)をモデル校区に指定し、中学校の教員が、小学校で児童を指導するなど一貫教育を試行してきたほか、先行導入している宇都宮市を視察し、全小中学校での実施を検討してきた。

 津市の不登校児童・生徒は昨年度、小学校の37人に対し、中学校が193人。市教委は、中学校での新たな生活になじめない「中1ギャップ」の解消も、期待できると判断した。

 市教育研究支援課の荻原くるみ課長は「子どもたちの9年間の学びや育ちを一体的に考えたい。中学進学時の不安解消につながる取り組みにしたい」と話している。

2013年2月9日  読売新聞)


小学校受験情報満載 『小学校受験新聞』

幼稚園受験情報・有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児情報サイト 『キッズライフなび』

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ ←色々な幼児教室さんのブログを読むことができます。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ  ←受験家庭のブログを読むことができます。



jyukennews at 11:43|Permalink