つかまり立ちを始めた赤ちゃん向けに、スニーカーのようなデザインのかわいらしいシューズが人気を呼んでいる。

 足裏部分がシリコン、筒部分は綿混の布地でできた、よちよち歩きのトレーニング用。韓国・ソウル大学で開発され、ヒロ・コーポレーション(大阪市淀川区)が3月から輸入・販売を始めた。

 同社担当者が、2月にドイツで開かれたベビーショーで見つけ、帰国してよちよち歩きの孫に履かせてみたところ、「底がシリコンなのでフローリングの床でも滑らないし、すっすっと歩くので驚いた」。

 足裏のシリコンはおしゃぶりにも使われている素材で安全。生体力学に基づいて作られているため、はだし感覚で歩くことができ、洗濯機で30回洗っても品質が落ちなかった。基本はルームシューズだが、乾いた地面なら屋外でのちょっとしたつかまり立ちもOK。発売以来、じわじわと口コミで広まり、既に3万足を販売。出産祝いとしても喜ばれているという。

 〈メモ〉11.5センチと12.5センチの2サイズ。デザインは6種。1995円(税込み)。

20111221001
(2011.12.21  産経ニュースから転載)



子育て・育児情報が満載


logo



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』