タクシー大手の日本交通(東京都北区、(電)03・5575・2151)は、出産間近の妊婦がスムーズに病院に駆け付けることができるサービス「陣痛タクシー」を始めた。夜間や早朝を含め24時間対応で、妊婦の強い味方となりそうだ。

 利用する場合は、事前に専用のウェブサイト(http://www.nihon-kotsu.co.jp/taxi/use/jintsu.html)で、自宅など乗車場所や出産予定病院、緊急連絡先、出産予定日などを登録。陣痛が始まった際に同社のタクシーを呼ぶと、細かい説明をすることなく病院まで運んでくれる。

 サービス開始にあたり、同社は約7500人の全乗務員に助産師による講習会を実施。乗降の手助けをするほか、病院の受付まで荷物を運んだり、慎重な運転をしたりするなどの対応を行う。車内で破水するなどの緊急時は乗務員が病院に電話し、医師から対処法について指示を受ける。

 通常料金で利用でき、迎車料金として400円が必要。対象エリアは東京23区と三鷹市、武蔵野市。

 同様のサービスは、三和交通(横浜市港北区)も横浜市や東京都八王子市、府中市、埼玉県の一部などで「陣痛119番」として手掛けている。登録は同社のホームページ(http://www.sanwakoutsu.co.jp)などでできる。

2012.5.22 産経ニュースから転載


子育て・育児情報が満載


logo



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』