幼稚園バスにシートベルトは必要か――。緊急時に脱出しやすくするため、今は備え付けを義務化していないが、保護者からはけがを心配する声が上がっている。国土交通省は、ベルト義務化も含めた四つの案を検討している。


 茨城県つくば市の交差点で今年3月、送迎中の幼稚園バスが乗用車と出合い頭に衝突し、横転する事故があった。園児16人が頭などにけがをし、うち1人が重傷を負った。

 国交省によると、2003~08年、幼稚園バスに乗っていてけがをした園児らは計569人。ほとんどは軽傷で、前の座席などに顔や頭をぶつけていた。


 幼稚園バスは、道路運送車両法の省令が定める「幼児専用車」が多い。シートベルトの設置義務はない。火災や事故の際、子どもが自分で外せなくて脱出に支障がでる恐れがあることや、転げ落ちにくいようにいすが小さいこと、引率の先生も同乗していることが主な理由だ。子どもの体格差は大きく、国交省が安全性を確認できたベルトは、まだない。

2012718001

(2012.7.18 朝日新聞から転載)


子育て・育児情報が満載


logo





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』