札幌市は13日、市内の高齢者施設に入所していた80代の女性1人が腸管出血性大腸菌O(オー)157に感染し、死亡したと発表した。また、市内の病院に入院していた4歳の女児もO157で11日に死亡していたことが判明した。
 札幌市によると、80代の女性は9日から腹痛などを起こし、12日夜死亡した。女児は同市内在住の幼稚園児で、6日から腹痛、下痢などの症状が表れ、11日に入院したが、同日死亡した。病院が行った検便検査の結果、O157が12日に検出された。
 11日に同市で死亡した100歳代の女性からもO157が検出されている。
 北海道庁によると、札幌市を含め道内10施設で約100人が症状を訴えているという。
 一方、消費者庁は13日、高齢者や乳幼児のための施設などで食事を提供する際に、食中毒に注意するよう呼び掛けた。 

子育て・育児情報が満載


logo


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』