育児・子育て ニュース

育児・子育てに関するニュースを掲載しています。 特に乳児・幼児をお育ての保護者の方に知っていただきたいニュースを紹介しています。

育児

家庭でのケアを誤ると“発達の遅れ”が目立つ!? 「3歳児神話」より大切な「3歳までの育て方」


何十年もの間、母親たちの間で語り継がれてきた「3歳児神話」。子どもは3歳までの間に、母親のもとで育てられないと、成長に悪影響が及ぼされるという考え方です。

 平成10年版「厚生労働白書」では、3歳児神話には「合理的根拠がない」とされ、平成16年発表の厚生労働省研究班による5年間の追跡調査結果では、一定の基準を満たした保育園での生活時間の長さと子どものコミュニケーションや運動能力には、ほぼ因果関係がないことが公表されています。

 こうした報告などを機に、今では3歳児神話は「根拠のない言い伝え」ということになっていますが、とはいえ、人間の心の成長にとって「3歳頃まで」の期間がとても大切であることは、確かなことです。

■3歳頃までの成長期間はなぜ大切か?

 赤ちゃんの頃には、養育者からのマザーリング(お母さんのような愛情とスキンシップで接すること)を受けることで、育ててくれる人への信頼を感じ、自分自身や自分が生きる世界も信頼できるものだという「基本的信頼感」を獲得します。

 さらに1~2歳頃になった子どもたちは、興味をひかれたものを見よう、触れようと外の世界に歩きだしていきますが、同時にそれまで密着していた養育者から離れていく「分離不安」を強く感じるようになります。そんなとき、養育者からいつでも温かく見守られ、不安な気持ちを「大丈夫」にかえてもらうことができれば、分離不安を乗り越え、集団生活の中に溶け込んでいくことができるのです。

■3歳頃までの育児を誤ると……?

 この3歳頃までの欲求や不安に対して、養育者からの十分な対応がなされずにいると、どうなるでしょう?

 赤ちゃんは、自分が送ったサイン(泣く、ぐずる、笑うなど)に対して応えてもらえないと、他者や自分を取り巻く世界への不信感を持ち、自分自身のことも、信じることができなくなってしまいます。この不信感は、その後の人生における対人関係や社会生活にも、色濃く影響していきます。

 また、1~2歳の頃に養育者との分離不安が残ると、その不安感をその後の人生で信頼を寄せた人(友だち、教師、恋人、上司など)との関係で表出していきます。一定の関係に必要以上に密着したがり、「私だけを見てほしい」「離れないでいてほしい」と束縛したくなります。少しでも心の距離を感じると、たまらなく不安で孤独に感じてしまいます。この対人関係における極端な不安感を、「見捨てられ不安」と言います。

■「お母さん的なかかわり」で子どもは健全に育つ

 子育てにおいて、「3歳児神話」で言われるような「母親自身による常時の育児」が絶対に必要という訳ではありません。しかし、3歳頃までの子の心の発達には、子どもをいつくしみ、安全基地となるような「お母さん的なかかわり」は、欠かせないものなのです。

 たとえ専業主婦でも、育児ストレスでいつもイライラしていたり、家事や下の子の世話で忙しく、かまってあげられなかったりすると、やはり子どもの心には不信感や不安、寂しさが残ってしまいます。

 ワーキングマザーの場合はどうでしょう? 保育園などを利用していれば、保育士が母親に代わってお母さん的なかかわりをしてくれます。とはいえ、子どもが成長するベースは何と言っても家庭です。

 家庭でやすらぎや安心を得られない、お母さん的なかかわりを得られない、ベビーシッターなど養育者が目まぐるしく変わる、といった環境で過ごすと、そこで育った人の心には、やはり不信感や不安、寂しさが残ってしまいます。

■家庭では安らぎと笑顔に満ちた時間を

 冒頭で紹介した平成16年発表の厚生労働省研究班による5年間の追跡調査結果では、家庭にいて「家族で食事をする機会」がめったに得られない子どもは、対人技術や理解度の面で大幅な発達の遅れが目立つという結果が出ています。

 つまり、たとえ短時間であっても、自宅ではたっぷり家庭的な雰囲気を味わい、家族との団らんの時間を楽しむことが、子どもの心の成長には必要なのです。

 ワーキングマザーには、子どもと過ごせる時間が圧倒的に少ないものです。だからこそ、その限られた時間にたっぷり子どもと触れ合い、母子ともに安らぎと笑顔に満ちた時間を過ごすことが大切です。

 逆に専業主婦は、子どもと過ごす時間が長すぎて、子育てがストレスになってしまうものです。だからこそ、ときにはリフレッシュをしたり、サポートの手を借りるなどして、子どもへの愛おしさを醸し出すゆとりを持つことが必要になるのだと思います。


文・大美賀 直子(All About ストレス)


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

<子育て>イクメンも悩み?パタニティーブルー

子育てに熱心な父親「イクメン」が脚光を浴びる中、「パタニティーブルー」なる言葉が話題になっている。「パタニティー」は父性、の意味。母親が出産後などに自信喪失や涙もろさ、いらいら感に襲われる「マタニティーブルー」の言わばパパ版、らしい。それって本当にあるの?【小国綾子】


 東京都内の会社員(34)は、マタニティーブルーの妻に「気が狂いそう」と泣いて訴えられ、乳幼児2人の育児を分担し始めた。勤め先は「男性の育児休業取得の前例さえない、古い体質の職場。急な発熱で出勤を遅らせたり、早退したりするだけで白い目で見られ大変だった」。週末は泣き叫ぶ子供たちの世話に明け暮れる。手間をかけた食事を食べてもらえず「せっかくの休日に俺は何をやってるんだ?」と自問することもあった。「我が子に憎しみが生じ、自分が怖くなったこともあります」

 「主夫」として育児に専念しながら、その大変さを会社員の妻に理解してもらえなかった埼玉県のフリーデザイナー(48)は心身のバランスを崩し心療内科を探すところまで追い詰められた。「必死にやっているのに、妻が帰宅すれば子供たちは『ママー』。報われない。自分が壊れそうだ、暴れだしそうだと思った」

 「男性は、女性の産後のようにホルモンバランスが変化して身体的影響を受けることはない。だが妊娠期がない分、母親よりも急激に精神面や環境の変化にさらされる」。そう解説するのは大阪教育大の小崎恭弘・准教授(育児学)だ。

 とりわけ男性の場合、ばりばり仕事をしている自分と育児とのギャップが「ブルー」につながるようだ。40代後半で父親になった都内の大学教授(51)は、共働きの妻と交代で料理や皿洗いをしながら「論文が書きたいんだ。飯をつくるのがうまいだけのオッサンになっていいのか」との思いが消せず、仕事と育児の板ばさみに苦しんだ。そんないらだちから、泣きやまない0歳の長男をベッドに放り投げてしまったこともある。「俺には育児能力がない」と自己嫌悪に陥った。

 連合の2013年の調査によると、1000人の男性のうち自分の職場が「男性も子育てをしながら働ける環境にある」と答えたのはわずか2割。子供のいる男性525人のうち11.6%が「育児は母親の役割」「キャリアに傷がつくぞ」と言われたり、育児関連制度利用をさせてもらえなかったりといった子育て関連ハラスメント(嫌がらせ)を受けていた。

 自らも3人の息子のために育児休業を取得した小崎准教授は「自治体などのマタニティースクールには、今や9割がカップルで参加する。父親も子育てに関わるのが当然な時代なのに、職場や社会では『育児は女性の役割』との風潮が根強い。そのはざまでイクメンは傷つき、大きなストレスを受けている。ママ友の輪にも入れず孤立しがちなのも問題だ」と指摘する。

 処方箋はあるのか。父親の子育てを支援するNPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ)理事、棒田(ぼうだ)明子さんは「父親の育児ブルーは、治療が必要な女性の産後うつとは違う。子育て中に悩むのは親として当然と受け止め、夫婦でコミュニケーションを取り、互いの気持ちに共感し合えば、絆を深めるチャンス」と言う。

 小崎准教授は提言する。「マタニティースクールではもく浴とおむつの替え方ぐらいしか父親に教えない。父親への産前教育や育児中のサポート体制を充実させるべきだ。『父親も育児ブルーになる』と情報提供するだけでも、追い詰められる人は減る。職場も女性社員と同じように配慮してほしい」


(2014.8.28 毎日新聞から転載)



ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

ベビーカー利用に統一ルール=電車・バス内、優先マークも―国交省

国土交通省は、電車やバスなど公共交通でのベビーカー利用について、事業者ごとに異なるルールの全国共通化に向けた検討に乗り出す。近く関係府省や鉄道事業者らによる協議会を設置。ベビーカー利用者と他の乗客の相互理解を促し、子ども連れで外出しやすい環境を整える。
 公共交通機関でのベビーカー利用をめぐっては、鉄道・バス事業者がそれぞれ、事故を防ぐための注意喚起やマナー啓発に取り組んでいる。例えば、車内でベビーカーが動かないよう、車輪ストッパーや座席備え付けのベルトでの固定を呼び掛けたり、混雑状況によっては折り畳みを求めたりしている。優先スペースにベビーカーと車いす両方のマークを表示している例もある。
 ただ、ルール作りや優先スペースのマーク表示は各事業者に委ねられており、ベビーカーの利用者や周囲が困惑したり不満を感じたりするケースも少なくないという。 

(2013.5.20 時事通信から転載)



ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

「駅ナカ」保育、首都圏で次々…子育て世帯呼び込む

首都圏の鉄道会社が学童保育を含む保育事業に力を入れている。輸送人員減少や少子高齢化が進む中、子育て世帯を呼び込んで沿線価値を高めるためだ。特に保育所は自治体による待機児童解消の取り組みと歩調を合わせて急増し、今春は大手10社中6社が施設をオープンさせた。


 ◇待機児童解消にも一役

 平日の午後6時半。東急田園都市線たまプラーザ駅(横浜市青葉区)構内にある学童保育施設に、仕事帰りの女性が続々集う。

 「多少割高だけど駅ナカで便利。共働きだから助かってます」。小学2年の長男(8)を迎えにきた母親(37)は週5回利用。最長午後10時まで預かってくれる上、送迎や昼食・夕食のサービスもある。近くの保育所に預ける長女(4)も将来通わせるつもりだ。

 東急電鉄は社会福祉法人などと組んで保育所を開設、2008年には子会社「キッズベースキャンプ」を設立して学童保育事業にも参入した。東急が運営に携わっているのは4月時点で保育所14カ所、学童保育20カ所。いずれも駅に近接し利用者は「パンク状態」だ。キッズベースキャンプの広報担当者は「マンション購入条件に、駅近くの保育所と学童保育をセットに考える世帯が増えている」と話す。

 保育事業に最も早く乗り出したJR東日本。保有する遊休地やテナントを活用して1996年から駅型保育所を開設し、「子育て応援路線」と位置づける埼京線を中心に進めた。4月には計画を1年前倒しして保育所60カ所、学童保育2カ所をオープン。吉祥寺駅(東京都武蔵野市)に高齢者ケアセンターとの複合施設も設けた。

 00年の保育所運営の規制緩和で、他の大手私鉄9社も続いた。

 ベッドタウンとして子育て世帯が増える神奈川県。京急電鉄は横浜市内で運営する4カ所の保育所に加え、待機児童解消に動く横浜、川崎両市と連携して4月、認可保育所2カ所を開いた。「東京の地下鉄との相互乗り入れで都内勤務者の転入が増える」とみる。

 相模鉄道は18年度以降の都心乗り入れを見据え「沿線人口を増やすには子育てしやすい環境づくりが急務」と意気込む。

 日本民営鉄道協会の柚木浩一常務理事は「不況で共働きが増え都市部に子育て世帯が集まる中、事業化は自然な流れ。学童保育のニーズも高まるだろう」と分析する。

(2013.5.11 毎日新聞から転載)

こども園の設置進まず、自治体や企業独自に対応

幼稚園と保育所の機能を併せもつ「認定こども園」が計画通りに増えていないと、1月6日の日本経済新聞は報じた。今年度末の設置数は1000カ所にとどかず、政府が3年前にたてた目標の半分以下にとどまる見通しだ。設置のための手続きが煩雑なことなどが響いた。保育所に入れない待機児童を減らすため、自治体や企業は独自に対応を進めている。

認定こども園は幼稚園のもつ幼児教育の役割と、子供を長時間預かる保育所の利点をともに備えているのが特徴。2006年10月から設置が始まった。政府が10年1月にたてた計画では、12年度中に2000カ所に増やすのが目標。ただ12年4月時点で911カ所で、その後も大幅には増えていないとみられる。

制度をつくった背景には共働き世帯が増え、保育所の需要が高まったことがある。12年4月の保育所の数は約2万3000カ所と、5年前と比べて3.7%増えた。それでも入所できない待機児童は民間の推計で300万人を超す。

これに対し、幼稚園のニーズは減る一方。現在の園児数は約160万人と、ピークの1978年の6割に落ち込み、定員割れが相次いでいる。子供を預かる時間が1日4~5時間に限られ、3歳以上しか預かれないなど制約が多いためだ。

こども園を開くのはこうした実情を踏まえ、幼稚園の機能を広げるのが狙いだが、それが普及を難しくする原因にもなった。乳幼児を預かるには離乳食をつくるための調理施設や保育士の雇用が必要になる。幼稚園は教育の場との思いが強く、保育施設との併設にはなお抵抗感もある。

既存の幼稚園や保育所を衣替えする際、保育所は厚生労働省、幼稚園は文部科学省と所管が分かれ、手続きが煩雑なことも妨げになった。認定こども園を新設する場合、申請書類が二重に必要になる場合もある。

これを受け、自公民3党は12年6月、認定こども園を開くための窓口を内閣府に一本化することや、認定こども園と幼稚園、保育所でばらばらな補助金の仕組みを一つにする方向で一致した。ただ実施は15年度以降で、こども園の定着にはなお時間がかかる。

国の制度の整備が遅れるなか、自治体や企業は独自に待機児童の解消に取り組んでいる。横浜市は専門の相談員をおき、空きのある保育施設をあっせんするなどの対応を進めた。10年春に全国最多の1552人の待機児童がいたが、12年4月には179人に減らすことに成功した。企業も社員に働きつづけてもらうため、待機児童解消に力を入れる。

(2013.1.16)



東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

女優の小雪さん韓国で出産、中国にもある「産後ケアサービス」って何?

2013年1月10日、俳優の松山ケンイチさんと女優の小雪さん夫妻に第2子となる女児が誕生した。今回、特別に注目を集めているのは、小雪さんが韓国で出産したということだ。なんでも、韓国には「産後調理院(サヌチョリウォン)」という施設があり、ここでじっくり産褥(さんじょく)ケアを受けることができるのが理由とのこと。

日本ではあまり耳慣れぬ概念だが、東アジアの一部では産褥期の女性の回復を重視して、特別な食餌や休養を積極的に行うのが慣習となっている。本来は母親や姑世代が産褥婦の世話をするものだったが、核家族化が進んだ現代では、こうしたサービスを提供する民間施設も多くできている。

韓国の「産後調理院」では産後2週間~1カ月ほどこうした施設に滞在し、24時間体制で新生児のケアを任せながら、産後の肥立ちや母乳の出を考慮した食事のサービスを受けたり、じっくり体を休めたりするようになっているようだ。子宮の回復によいと言われるわかめスープを毎食食べることになるのはわりと有名な話。

同じく中国でも、産後1カ月ほどの期間に産婦が養生することを「坐月子(ズオユエズ)」と呼んでいる。この時期にはとにかく休養を優先し、授乳をすることが彼女たちの唯一の仕事となる。ここで休養を重視しないと、あとになって女性の健康に障ると考えられているからだ。この「坐月子」、一般的にどのようなことがなされ、また禁忌とされるのかなど、以下簡単にご紹介する。

1.とにかくゴロゴロと横になり、休養する
産婦の最大のお務めは、横になって休息をとることである。授乳以外の家事はすべてお任せとする。身体を冷やすのがよくないとされるため、水仕事はとくにご法度だ。

2.漢方医学にのっとった薬膳料理を食べる
食を通じて母体の回復を目指し、母乳の出をよくする。漢方医学の概念に基づき、滋養に富んだものを1日5~6回に分けて少しずつ食べることになる。辛いものや刺激物を避け、身体を冷やすような生ものや冷たい飲食物は避ける。加工食品や塩分の高い食品も遠ざけられる。
一方、進んで食べるのは、さまざまな漢方薬材を調合した薬膳スープ。産後15日くらいから坐月子の終了までよく食べられるのは、ゴマ油・生姜・酒で煮込んだチキンスープや、生姜と黒酢で煮込んだ豚足スープ。その他、ゴマやピーナッツ、レバーやマメなどの臓物類、レンコン、にんじん、もち米、ナマコ…と推奨されるものはたくさんある。

3.理解に苦しむ(?)禁忌
以前は、産後1カ月は入浴や洗髪が禁止という時代があった。しかし、清潔な水道水、空調設備やドライヤーなどが普及した現在は、感染症や体を冷やす心配がないということで、これらは解禁されている。
そのほか、泣く、長時間本を読む、階段を上る、針仕事をする、風に当たる、外出するなどが禁じられてきたという。

なお、西洋医学の見地からは、こうした考えは必ずしも根拠のあるものとはみなされない。しかし、出産直後の女性を周囲が手厚くサポートし労わるこのシステムは、参考にすべき点もあるのではないだろうか?



ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

和光堂ベビーフードにフィルム片、自主回収

和光堂は19日、パック入りレトルトベビーフード「BIGサイズのグーグーキッチン しらすと大根のまぜごはん」(120グラム)の数個に2~3センチ角のプラスチックフィルム片が混入したとして、自主回収を発表した。

同社によると、フィルム片に毒性はなく、のみ込んでも害はないという。

回収対象は、賞味期限が2014年1月6日の7万5264袋。全国のスーパーや量販店で販売された。製造過程で、裁断された原材料の袋の一部が混入したという。

 これまでに2件、フィルム片が入っていたとの問い合わせがあり、混入が発覚した。問い合わせは、お客様相談室(0120・88・5620)へ。

2012.11.19 読売新聞から転載



ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』


JR東日本が共同で新宿駅近くに保育所開設

JR東日本が民間保育所運営団体のパソナフォスターと共同で、来年4月にJR新宿駅近くに、近隣の企業向けの保育施設を開設することが、日本経済新聞11月13日朝刊に掲載された。

隔週で日曜日も開く。今後、他の主要駅周辺でも法人契約の保育施設展開を検討する。保育施設「キッズハーモニー・新宿」はJR東日本が保有するJR南新宿ビルの地下1階に開く。運営はパソナフォスターが担う。

対象は0歳児~未就学児で定員は30人。価格は年齢によって異なるが月14万円から。これに加え、年間費1人36万円と各企業単位で入会金20万円が必要で、料金はすべて契約企業から徴収する。パソナフォスターは事業所内の保育所を中心に約50カ所の施設を運営しているが、複数企業向けの保育施設は今回が初めて。


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

広がる離乳食ビジネス カフェ、百貨店も参入

赤ちゃんの離乳食といえば、自宅で作るか市販の瓶詰のものが主流だった。しかし、最近は新たなサービスが広がっている。カフェで素材にこだわった離乳食メニューを提供したり、百貨店が離乳食の宅配サービスを始めたり。赤ちゃんとともに日々の暮らしを楽しみたいお母さんに人気だ。

 大阪市浪速区の複合商業施設「なんばパークス」。子供の衣料品や玩具が並ぶフロアに赤ちゃんの声がにぎやかに響く。同じフロアに店を構える「アウラ」が提供する15席あまりのカフェスペースでは、赤ちゃん連れのママ友グループなどが昼食を楽しんでいた。赤ちゃんが食べているのは「離乳食セット」。玄米の粉とフランスのオーガニックベビーフードを合わせたスープ、マッシュしたサツマイモ。それに、イチゴなどがピューレ状になったデザートがつく。材料は産地にこだわり、食の安全に気を使う。「赤ちゃんは大人以上に味覚が敏感なので味付けにも気をつけています」と調理担当の木村達郎さん(28)は話す。

 「子供と一緒にご飯を楽しめる場所は少ない。以前は瓶詰のものを持ち歩いていましたが、ここでは温かいものを食べさせてあげられるし、荷物が減るのもうれしい」と話すのは、生後8カ月の男児を連れてやってきた堺市の母親(34)。現在は年齢を3段階に分けたメニューがそれぞれ一通りしかないが、木村さんは「定期的に顔を出してくださるお客さまもいるので、来月からメニューのバリエーションを増やします」と意気込む。

 外出したときも忙しいときでも、いつでも手作り感のあるおいしい食事を食べさせたいという母親のニーズを受け、百貨店も動き出した。阪急・阪神百貨店グループ(大阪市北区)は昨年12月、宅配サービス「離乳食クラブ」を開始。「ブロッコリーときのこの胡麻和(ごまあ)え」「ビーフトマトシチュー」といった、大人でも食べたくなるような献立が冷凍の状態で自宅に届く。調理は、湯せんにかけるだけ。

 ベビーフード市場は、品質管理や安全性の基準が成人の食品より厳しく、新規参入が難しいといわれてきた。同社は約3年前、構想をスタート。「離乳食クラブ」担当の橋本政人さんは200人以上の母親にヒアリングし、試作品を食べてもらいながら商品化を模索、満を持して市場に乗り込んだ。商品は九州の工場で製造し、素材は全て放射能検査を実施。「機械による異物検査のほか、魚の小骨やトマトの皮の除去などは数人がかりで徹底して行います」(橋本さん)

 離乳食の完了期向け(生後12~18カ月)は1食500円弱と値は張るが、サービス開始から約半年で登録者数は約2千人、延べ2万食を販売した。母親の育児休業が終わるタイミングで注文する共働きの家庭が多いという。橋本さんは「離乳食の時期は短いですが、人の味覚が形成される大切な時期。外出先や忙しくて離乳食が作れないときも、できるだけおいしくて安全なものを食べてもらえるよう、味や価格の見直しなどを進めていきたい」と話している。

 東京・銀座のフレンチレストラン「ル・ジャルダン・デ・サヴール」のシェフ、中澤敬二さんは昨年6月、息子の離乳食を作った際のレシピをまとめた『野菜から始めるやさしいフレンチ離乳食』(彩流社、1800円)を出版した。「牛フィレ肉と小松菜のポタージュ」「若鶏モモ肉のバスケーズ」などしゃれたメニューが並ぶが、いずれも丁寧にあく抜きした野菜を使うなど、随所に工夫がみられる。濃いめの味付けにすれば大人も楽しめるという。

(2012.6.12 産経新聞から転載)

子育て・育児情報が満載


logo

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

「駅ナカ保育園」首都圏に続々 沿線住民呼び込み狙う

首都圏で保育園の経営に乗り出す鉄道会社が相次いでいる。子育て世代は、鉄道各社にとって日々の通勤に利用してくれる「お得意様」。駅前や駅ナカという好立地を生かし、4月には南関東の1都3県で10カ所が新たにオープン。現在は10社で96カ所に上る。「子育てしやすい街」として沿線のイメージを向上させる狙いもある。

 昨年秋に改修された京王線の東府中駅(東京都府中市)。改札口から徒歩30秒の駅舎内に2日、都の認証保育所「京王キッズプラッツ」が開園した。1歳5カ月の娘を通わせる会社員の相馬秀樹さん(39)は「ここなら出勤途中に預けられて便利」と喜ぶ。

 京王電鉄が保育園事業に乗り出したのは2008年。現在はグループ会社が沿線6カ所で運営する。飲食店や本屋などのテナントに比べると、施設の賃借料収入は半分ほど。社内には「テナント料収入が見込める店舗を誘致すべきだ」との声も強かった。

 だが、首都圏の鉄道利用者は減少傾向。京王電鉄でも08年度をピークに減少に転じた。15年には沿線人口の3割が60歳を超えるという試算もある。将来の人口減で、乗客はさらに減るとみられている。

 同社事業推進部の島田忠・子育てサポートチーム課長は「通勤で毎日鉄道を使う世代への支援を手厚くすることが長期的な収入源の確保になる。そのための子育て支援だ」と言う。

(2012.4.5 朝日デジタルから一部転載)


子育て・育児情報が満載


logo



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』



幼稚園さがし

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

お受験問題集
お知らせ
広告
家庭学習ワーク
年中児用テストあります
keiretu-toptop
最新記事
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ