育児・子育て ニュース

育児・子育てに関するニュースを掲載しています。 特に乳児・幼児をお育ての保護者の方に知っていただきたいニュースを紹介しています。

健康管理

突発性発疹ってどんな病気? うつったりくり返したりすることはあるの?



 生後6ヵ月から2歳頃までにほとんどの赤ちゃんが経験する「突発性発疹」。元気だった赤ちゃんが突然高熱を出すため、特に初めてのママ、パパは驚く方が多いようです。しかし、突発性発疹は症状などが比較的はっきりしていてわかりやすく、また深刻な副作用もあまりないといわれている病気。慌てずしっかり対応すれば問題ありません。子どもなら誰もがかかる感染症のひとつとして、突発性発疹について知っておきましょう。




発熱は3~4日、高熱があっても比較的元気

 突発性発疹は、38~40度を超える熱が出ることもありますが、発熱の期間は3日から4日ぐらい。特徴としては赤ちゃん本人はいたって元気。家でもご機嫌で遊びまわるかもしれません。ただし、熱は高いので水分補給には十分気をつけ、念のためけいれんやその他の症状が出ないか(突発性発疹以外の病気の可能性もあるため)見守ってあげてください。少しうんちが緩くなったり、下痢になったりすることもあります。

 

3日程度の高熱が続いた後、体温は急激に下がります。発熱時よりこの頃のほうが、赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうことが多いようです。そして、熱が下がった頃によく見ておきたいのが赤ちゃんの肌。解熱直後から翌日くらいの間に、細かな赤い発疹が現れます。これが突発性発疹の最大の特徴です。お腹や背中を中心に広がりますが、非常に色が薄く気づきにくい場合もあります。

 

 

突発性発疹の感染力は非常に低い

 突発性発疹は、「ヒトヘルペスウイルス6型」というウイルス(一部は「ヒトヘルペスウイルス7型」)に初感染することにより発症するもの。ウイルスが原因ですのでうつる危険はありますが、風邪やインフルエンザなどに比べると非常に感染力が低いため、解熱さえすれば登園や外出も可能です。

 

また、突発性発疹は1度経験すれば抗体ができ、同じウイルスが原因で再び発症することはありません。ただし、上記でご紹介したように、原因となるウイルスは2種類ですので、子どもによっては2回突発性発疹を経験することもあります。

 

 

小児科には行かなくていい?

 原因も対処法もわかっているし、特効薬などがないのなら病院に行かなくてもいいかな、と考える方もいるかもしれません。が、問題は突発性発疹にかかっても、最初から突発性発疹だと判断するのは難しいでしょう。区別しにくい別の病気などもありますので、念のため小児科を受診すると安心です。先生にケアのアドバイスなどをたずねておくといいですね。赤ちゃんの発熱については、いつも「大事を取って」「念のために」という考え方で行動するとよいのではないでしょうか。

 

提供元:Learning Park



ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

知らないと怖い!「発達障害の発症リスク」を高めるママのNG行動2つ

近年、発達障害の子どもが増加傾向にあることをご存じでしょうか? 文部科学省が2012年に行った調査によれば、小中学生の6.5%にあたる推計約60万人以上の子どもが発達障害の可能性があるとのこと。

発達障害が増えている要因としては複数あるようですが、知らずにやっている習慣が発症のリスクを高めている可能性も……!

そこで今回は、心療内科医・医学博士の星野仁彦先生の著書『発達障害を見過ごされる子ども、認めない親』などを参考に、“発達障害の発症リスクを高める”NG習慣をご紹介します。

 

■遺伝的要因の可能性が高い

同著によれば、そもそも、ADHDやアスペルガー症候群、自閉症といった“発達障害”の発症については、遺伝的要因の可能性が高いことがわかっているといいます。

<(略)発達障害と遺伝には深いつながりがありますが、親や兄弟が発達障害だからといって、必ずしも発達障害になるわけではありません。あくまでも「障害の持ちやすさ」が遺伝しているのであり、複数の遺伝子といくつかの環境要因が重なることで発症すると考えられています。>

上記のとおり、複数の要因が重なると発症する可能性があるとのこと。もし、遺伝的な要因を持っていたとしても、“環境要因”を避けることで、発症のリスクを低くすることができるでしょう。

では、避けたい環境要因とは、どのような習慣なのでしょうか?

 

■1:妊娠・出産前後のタバコ・アルコールは止めるべし

発達障害の子が増えている要因の一つに、“妊娠中の喫煙、アルコール摂取”が挙げられるようです。

<バークレーらの調査によると、20名のADHD児の母親の妊娠中の喫煙量は、健常児の子どもの母親の2倍以上だったと報告しています。

また、妊娠中だけでなく、生後のタバコの煙(副流煙)もADHDの発症率を上げることがわかっています。さらに、アルコール依存症の女性から生まれた子どもは、多動や不注意などの症状を示しやすいとも報告しています。>

妊娠の可能性がある方は、喫煙・アルコール摂取は控えましょう。また、配偶者やパートナーが喫煙者の場合には、子どもの近くでタバコを吸わせない、禁煙をしてもらうなどの対策をとりたいですね。

 

■2:妊娠中は“汚染された食物”を避けるべし

妊娠中に口にするものも、発達障害の発症について影響を及ぼしているとのこと。

<近年、重金属(水銀、鉛など)や環境ホルモン、たとえばPCB(毒性の高い化合物)やダイオキシンなどによる環境汚染と発達障害との関連が指摘されています。ある研究では、生後3~6カ月の間に母親が鉛の影響を受けると、その子どもに多動と不注意の症状が現れやすいと報告されています。>

水銀を多く含んでいる魚介類は、マグロ、メカジキ、キンメダイなどの大型魚が知られていますよね。魚介類は、健康的な生活を送るための優れた栄養素を含んでいる一方で、食物連鎖の過程で体内に水銀が蓄積されていますので、水銀含有量の高い魚介類をたくさん食べることは気をつけたほうがよさそうですね。

 

以上、発達障害の発症リスクを高めるNG習慣をご紹介しましたが、いかがでしたか?

上記の事柄は、あらためて肝に銘じておきましょう。また、子どもが誕生してからは規則正しい生活を送らせるように心がけることも大切とか。ご参考にしてみてください。

(2015.4.22  WooRis から転載)

発達障害・多動性障害・アスペルガー症候群 情報サイト

チック症・おねしょ 情報サイト



ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

ノロウイルス変異、感染性胃腸炎が大流行の恐れ

今冬はノロウイルスによる感染性胃腸炎が大流行する恐れがあると、国立感染症研究所が注意を呼びかけている。

 ウイルスの遺伝子変異が原因で、全国3000か所の医療機関の報告では、11月26日~12月2日の患者数は1か所平均18人に急増した。最近10年間で、もっとも流行した2006年の22人に次ぐ勢いだ。

 感染研によると、変異したウイルスは、今年1月に北海道と大阪で初めて検出された後、10月までに東京や新潟、沖縄など計9都道府県に広がったことが確認された。人体には一度感染したウイルスや細菌を記憶し、効果的に撃退する免疫があるが、変異したウイルスは、免疫による防御をかわして感染しやすい。

 ノロウイルスはもともと感染力が強く、せっけんやアルコールによる消毒は効かない。体力のない幼児や高齢者がかかると、激しい下痢や嘔吐(おうと)で脱水症状を起こすことがある。感染研の片山和彦室長は「丁寧な手洗いでウイルスを流し取ることが大切。嘔吐物を処理する時は、塩素系漂白剤で消毒してほしい」と話している。

ノロウイルス流行本格化=手洗い徹底を

感染性胃腸炎のノロウイルス患者が6週連続で増加傾向を示していることが5日、国立感染症研究所の調査で分かった。流行が全国的に本格化しているとみて手洗いの徹底などを呼び掛けている。

 全国3000カ所の小児科で、1医療機関当たりの平均患者数は11月19~25日で13.02人。11.39人の前週より増加し、2002年以降で最も流行した06年に次ぐ勢い。 

(2012.12.5 ヤフーニュースから転載)


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

ノロウイルス大流行の兆し 年末ピークか、予防呼びかけ

ノロウイルスを中心とした感染性胃腸炎が流行し始めている。過去10年間で最も流行した2006年に次ぐ勢いだ。例年、12月初旬から一気に増えて年末にピークを迎える。専門家は手洗いなど感染予防を呼びかけている。

 国立感染症研究所によると、最新の1週間(5~11日)で、全国3千カ所の小児科で確認された患者は1カ所当たり平均8.75人で4週連続の増加。患者の中心は乳幼児で、0~5歳までの患者が全体の6割以上を占める。宮崎、福岡、熊本などの九州地方や西日本を中心に、全国的に増える傾向にある。

 ノロウイルスは発症すると熱が出て吐き気や下痢などを起こし、脱水症状になることもある。ウイルスを含んだ嘔吐(おうと)物や便から広まり、保育園や小学校などで集団発生することが多い。耳かき一かきほどの量の便に1億個以上のウイルスが含まれ、10~100個が体に入っただけでも感染するという。感染研ウイルス第二部の片山和彦室長は「食前にしっかりと手洗いをすることで予防してほしい」と話している。

(2012.11.27 朝日新聞から転載)


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

「子供の予防接種」なぜ必要? 自身と周囲を感染症から守る

ポリオ(急性灰白髄炎)と日本脳炎の予防接種を受けた乳幼児が死亡する事例が相次いで報告された。ポリオの予防接種は9月から、安全性が高い不活化ワクチンに切り替えられたばかり。11月からはジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオの4種を1度に受けられる4種混合ワクチンも導入されたが、安全性に不安を持つ親は多いだろう。予防接種はなぜ必要なのだろうか。

 予防接種とは、感染症への抗体をつけるため、病原体などから作るワクチンを体内に入れること。ワクチンには毒性を弱めた病原体そのものからつくる生ワクチンと、病原体を殺して必要な成分を取りだす不活化ワクチンの2種類がある。生ワクチンはまれに病原体に感染してしまう危険があり、不活化ワクチンの方が安全性が高いとされる。

 予防接種法によると、現在8種の感染症に対するワクチンが、子供の定期接種として接種を勧められている。このうち風疹(ふうしん)やBCG(結核)などが生ワクチン、日本脳炎や百日せきなどが不活化ワクチンだ。

 不活化ワクチンの安全性が高いといっても、副作用がないわけではない。厚生労働省は「アナフィラキシー(強いアレルギー)」「脳症・脳炎」「39度以上の発熱」などを報告すべき主な副作用として医療機関に提示。平成22年度に約436万回接種された日本脳炎の予防接種では発熱やけいれんなど148件の副作用が報告された。約2万9400回に1件の割合だ。

 今年7~10月には、日本脳炎の予防接種で2件、ポリオの予防接種で1件の死亡事例も報告された。厚生労働省は、日本脳炎の1件について、男児(10)が併用禁止の薬を飲んでいたのが死亡につながった可能性を指摘。もう1件では予防接種と死亡の因果関係を調査中だ。ポリオについては、女児が嘔吐(おうと)などの症状を訴えたのが接種18日後だったことなどから、因果関係はないと結論づけた。

 定期接種になっている予防接種は、決められた期間内ならほとんどの市区町村で無料。それでも、副作用の危険があると聞けば接種を控える保護者が出ることも考えられる。また、予防接種の対象となっている感染症のうち、ポリオは昭和56年以降、自然に感染した患者は報告されていない。

 ただ、ポリオは海外では根絶されておらず、ウイルスが国内に持ち込まれた場合、免疫を持っている人の割合が80%を切っていると流行する恐れがあるといわれている。

 日赤医療センター小児科顧問の薗部友良医師は「自身がその病気にかからないためだけでなく、集団に蔓延(まんえん)させないためにも、予防接種は必要」と強調する。また、感染の恐れがある生ワクチンを接種できない難病の子供を持つ親からは、「周りが予防接種を受けることで、感染症をブロックしてほしい」との声もあるという。

 重い副作用が起きる危険はまれにあるが、自身と周囲を感染症から守るため、予防接種は必要といえる。


 ■専門家会議が安全性検証

 定期接種ワクチンの副作用報告は一般的に、因果関係を問わず医療機関から市町村に報告され、都道府県を経て厚労省に届けられる仕組みとなっている。集められた報告は年1回程度開かれる専門家会議で安全性を検証、評価されている。

 一方で、ポリオの不活化ワクチン、任意接種の小児用肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンなど比較的新しいワクチンについては、年3回程度、専門家会議を実施している。死亡事例が2件続いた日本脳炎ワクチンについては、10月末に同様の措置を講じることが決定。

 また、これまでは死亡事例や脳症など重篤な報告があった場合、月ごとにメーカーなどに依頼されてきた調査についても、副作用が疑われる報告があった時点ですぐに行うよう10月末から改められた。専門家は、定期接種のワクチン全般に同様の措置を広げるよう求めている。

24112200111



(2012.11.22 産経ニュースから転載)


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』


妊娠高血圧にご用心子供の認知機能に影響?

妊娠高血圧をご存じだろうか。高齢出産が当たり前の昨今、男性陣にも知ってほしい知識の一つ。一昔前まで「妊娠中毒症」と呼ばれていたもので、妊娠5カ月以降に初めて高血圧が生じ、分娩後3カ月までに正常に戻る場合を指す。蛋白尿を伴う腎症を併発することもある。原因はいまだに不明。妊婦の約1割に出現し、早産や帝王切開などの分娩リスクのほか、低出生体重児(未熟児)や仮死状態ギリギリでの出生など、胎児側のリスクも増加する。

 しかも、この10月に米国神経学会の機関誌「Neurology」に掲載されたヘルシンキ大学の研究グループの報告によると、妊娠高血圧は妊娠─分娩時のリスクにとどまらず、成人後の思考力にまで影響するというのだ。

 研究グループは1934~44年に生まれた約400人の男性を対象に、その母親の妊娠中の高血圧と蛋白尿の既往を調査。男性が20歳に達したときと、平均68.5歳時に言語運用能力、数学的能力、空間把握能力についてテストを行った。その結果、母親が妊娠高血圧だった男性は、正常血圧の母親から生まれた男性に比べ、老年期のテストの点数が4.36ポイント低かった。彼らは20歳時点での点数も劣る傾向があり、老化に伴う思考力低下の度合いが大きかった。研究者らは、脳の発達過程に妊娠高血圧が影響するのではないか、と推測している。

 はたしてどこまで脳機能との因果関係があるかは検証不足だが、妊娠高血圧が母子に望ましくないのは確か。日本の「妊娠高血圧症候群ガイドライン」によると、妊娠高血圧の発症リスクの筆頭は、母体年齢。発症頻度自体は35歳以上と15歳未満で多いが、40歳以上は出産経験の有無にかかわらず、若い女性の約2倍に増加する。そのほか、高血圧の家族歴がある女性、BMI25以上の肥満女性は注意が必要だ。

 ちなみにパートナー側のリスク因子は、次回妊娠までの期間を長引かせること。5年以上間隔があくとリスクが倍増する。こればかりは神様のおぼしめしとはいえ、2人目を考える際に頭に入れておくとよいかもしれない。

 (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

ダイヤモンドオンラインから転載


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

死亡2例、因果関係認めず=日本脳炎予防接種―厚労省小委

日本脳炎の予防接種後、岐阜県の男児(10)が死亡した問題で、厚生労働省の専門家小委員会は31日、因果関係などを検討、評価する会合を開き、「接種行為が関係した可能性は不明だが、ワクチンとの関連は低い」と判断した。

 同会は引き続き調査が必要とした上で、「ワクチンの危険性が高まったわけではないので、予防接種の中止は行わない」とした。

 専門家からは男児が発達障害で3種類の薬を服用し、うち2種類が併用を認められていなかったことや肝機能障害が見られたこと、注射自体が与えたショックの影響が否定できないとの意見が出された。

 5歳以上10歳未満の子供が7月、接種から約1週間後に急性脳症で死亡したケースについては、ウイルスによる感染症が原因の脳症の可能性が高いとされるが、「原因が分からない以上、(接種との)因果関係は不明」とし、継続調査が必要とした。 

(2012.10.31 ヤフーニュース)

マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども

子どもの感染が多いマイコプラズマ肺炎の流行がおさまらない。今年は大流行だった昨年1年間の患者数をすでに超え、過去最高を記録。例年は、12月から1月ごろにかけてピークを迎えるため、専門家は注意を呼びかけている。

 マイコプラズマ肺炎は患者のくしゃみやせきを通して感染する。患者の8割が子どもで、保育園や学校など子どもが多く集まる施設で広まる。熱や頭痛などに加え熱が下がった後もせきが約1カ月続くのが特徴。重い肺炎にかかることもある。

 昨年は統計のある1999年以降で患者数が最多で、その状況が続いたまま今年も高水準で流行している。国立感染症研究所感染症情報センターによると、全国の指定医療機関から報告された患者数は最新の1週間(10月15~21日)に600人。これまでに計1万7949人の感染報告があり、昨年1年間の報告人数を1293人上回った。

 大流行の理由について、感染研の見理(けんり)剛氏は「従来の薬が効かない耐性菌に感染する患者が増えていることが影響している可能性がある」と指摘する。感染研が今年2月に5府県約30人の入院患者が感染した菌を調べたところ、8割が耐性菌だった。ただ、耐性菌が少ない海外でも流行が見られるため明らかな原因かどうかは分かっていない。

 耐性菌で発症した場合でも、従来の薬を飲めば熱は2日程度長引くが、効果はあるという。耐性菌に効く薬もあるが副作用が強い。予防策は風邪やインフルエンザと同じでマスクの着用や手洗いが有効だという。

(2012.10.31  朝日新聞から転載)


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

RSウイルス、九州・山口で流行 乳児に肺炎のおそれも

重症化すると乳児らに肺炎などを引き起こすRSウイルス感染症が九州・山口で流行している。福岡では今年、全国最多の6千人以上が発症した。専門家は手洗いの励行などを呼びかけている。

 国立感染症研究所によると、RSウイルスは2歳までにほぼ全員が感染し、症状は発熱、せき、鼻水など普通の風邪と似ている。だが、生後6カ月までの乳児や心肺に病気がある子、低体重で生まれた子らがかかると、悪化して肺炎や気管支炎の原因となる。

 今月14日現在の研究所の統計では、今年は全国で約5万7千人が発症。福岡が6334人で1割以上を占めたほか、宮崎1991人(7位)▽鹿児島1912人(8位)▽山口1855人(9位)など、九州・山口での報告例が際だつ。

(2012.10.28 朝日新聞から転載)


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

幼稚園さがし

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

お受験問題集
お知らせ
広告
家庭学習ワーク
年中児用テストあります
keiretu-toptop
最新記事
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ