育児・子育て ニュース

育児・子育てに関するニュースを掲載しています。 特に乳児・幼児をお育ての保護者の方に知っていただきたいニュースを紹介しています。

知っ得 情報

おいしい給食レシピ本人気

食べ残しを減らそうと、東京都足立区が始めた「おいしい給食」事業が予想以上の効果を上げている。

 実際に提供したレシピも好評で、家庭用にアレンジした料理本が人気を集めている。


 この事業は、2008年度からスタート。各校の栄養士が工夫し、一流シェフが献立を考えた「スーパー給食」も提供してきた。この取り組みで、減少した食べ残し量は、09~10年度で約49トン減を実現した。


 料理本の作成では区も全面協力。今年7月に「東京・足立区の給食室」として発売したところ、1万6000部のヒット作となった。おいしさだけでなく、1日に必要な12栄養素がバランス良く取れ、一食あたり(1人分)で「650キロ・カロリー」、食材費が300円未満と、体にも家計にもやさしいのが特徴だ。


 予想以上の売れ行きに、出版元の「アース・スター エンターテイメント」(渋谷区)は「『給食』という言葉の懐かしさや楽しさが、購買意欲をかき立てたのでは」としている。


 料理本の好調な売れ行きに気をよくした区では、29日に区立島根小で、「おいしい給食&食育フェスタ」を開催する。朝食向けのサンドイッチやお菓子作りに挑戦するコーナーを設け、「おいしい給食」をPRできればとしている。

(2011.10.26 読売新聞から転載)






ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』



イクメンに人気、米国生まれの「ファーザーズバッグ」

【人気の一品】

 「イクメン」をご存じだろうか。育児を積極的に率先して行う男性を意味し、イケメンをもじった言葉だ。近年、イクメンブームの波に乗って、百貨店の子供服売り場では男性用の子育て用品が売れ始めている。

 西宮阪急(兵庫県西宮市)では4~7月の男性用子育て用品の売れ行きが前年比10%も増加。なかでも紙おむつ、ほ乳瓶、おもちゃなどをコンパクトに収納できるファーザーズバッグ(男性用育児かばん)の売れ行きが伸びており、とくに米ダッドギア(デンバー市)の「ビルボード」シリーズが人気という。

 サイズは縦32センチ×横42センチ×幅15センチ。ウエットティッシュをワンタッチで取り出せるプラスチックケースを取り付けたほか、かばん側面のファスナーを開くと、ほ乳瓶やペットボトルが片手で直接取り出せるなど、さまざまな工夫を盛り込んだ。

 最大の特徴は、バッグを覆う前面フラップ(ふた)に、デンバー市近郊に設置されていた布製の巨大屋外看板(ビルボード)を切り取ってリサイクルしたことだ。

 同店子供服販売部ベビーセレクト商品ブランド担当の矢野香代子さんは「個々のバッグのデザインは世界に1つしかありません」とPRする。

 従来、男性用の育児かばんはほとんど存在せず、女性用の育児かばんを夫婦で共有するケースが多かった。しかし、かわいらしいデザインの女性用かばんを持つことに抵抗を感じる男性も多く、数年前にダッドギアの商品が輸入販売されると、ファッション好きの男性に売れ始めた。希望小売価格は2万1840円。ダッドギアの通常タイプのかばんより5千円ほど割高だが、西宮阪急では月平均2個が売れているという。

 輸入総代理店、ダッドギアショップ(横浜市)の飯田富男代表は「ダッドギアの創業者が屋外看板をチェックして、カットする部分を細かく指示するほど、かっこいい男性用育児かばんにこだわっている」と説明する。

(2011年8月13日 産経新聞から転載)

子育てランキング:支援実績、富山市が1位

NPO法人「エガリテ大手前」は27日、市町村が策定した次世代育成支援行動計画の前期(05~09年度)の進捗(しんちょく)状況を独自に検証し、ランキングをまとめた。政令市と中核市計56市のうち1位は富山市で、「保育所の待機児童ゼロ」などが評価された。

 行動計画の策定は次世代育成支援対策推進法で義務化され、各自治体は保育所の定員増の数値目標などを設定。10年計画で09年度に前期が終了し、達成率も公表している。ただ目標を低くすれば達成率が高くなることから、同NPOは目標の難易度も含めて評価し、「やる気と実績ランキング」を算出した。

 トップの富山市は、休日に子どもを預かる「休日保育」の実施施設が5園から24園と約5倍に拡大した。2位は新潟市で、待機児童がいなかったうえ、地域子育て支援センターの設置数が5年間でほぼ倍増。3位は岡山市で、通常保育の定員が5年で約2割増えた。

 東京23区は別に集計し、1位は千代田区、2位は北区、3位は新宿区だった。千代田区は人口が少なく潤沢な税収を背景に保育所定員などが充実。北区は延長保育が23区でトップだった。

 同NPOの古久保俊嗣代表は「前期をしっかり総括して後期に生かしてほしい」と話している。ランキングはNPOのホームページ(http://egaliteo.com/)で公表する予定。

(2011年6月28日 毎日新聞から転載)

育児の勉強 仲間と楽しく

熊本県が、子育てのコツを楽しく学ぶ事業「くまもと親の学びプログラム」を進めている。すでに約200回が実施され、約8000人が参加する盛況ぶりだ。

 このプログラムは、乳幼児や小学生をもつ親を対象に、昨春から始まった。住民同士のつながりが薄れる中、子育ての悩みを誰にも相談できず、孤立化するのを防ぐことが狙いだ。1回約1時間で、小学校のPTA行事や幼稚園の授業参観などに合わせて開かれている。

 県教委職員や民間の子育て支援サークルの会員が進行役を務める。参加者は小グループに分かれ、「上手なほめ方、しかり方」や「子どもの反抗期」について体験談を交わしたり、簡単なゲームを楽しみながら自分の育児を振り返ったりと、内容は様々だ。

 宇城(うき)市の宮川地区公民館で開かれたプログラムでは、小学生を育てる母親9人が「育児すごろく」に取り組んだ。

 藤本真由美さん(40)がサイコロを振ってコマを進めると、「子どもの良いところを言う」と書かれたマス目に止まり、しばし沈黙。堀内克紀・県宇城教育事務所社会教育主事(49)から「気楽に考えて」とアドバイスされ、「悪いところはすぐに浮かぶけど……」と答えると、周囲から爆笑が起きた。

 藤本さんは「子育てに悩んでいるのは自分だけじゃないと気が楽になった」と笑顔を見せた。

 子育ては「親育て」から。石川仙太郎・県教委社会教育課長(33)は、「今年度中に中高生の親を対象にしたプログラムを作りたい」と意気込んでいる。


(2011.4.28  読売新聞から転載)

おでかけマップ:遊び場紹介 ママが取材、感想盛り込み /兵庫

◇海岸や公園など
 豊岡市内の子どもの遊び場69カ所を紹介する冊子「ママのおすすめ・おでかけマップ」が完成した。子育て中の市内の母親約40人が公園や広場、海岸などの各遊び場を取材して作った。

 写真や地図、施設の概要に加え、「玄武洞公園は無料ガイドが魅力。石畳や階段が多くベビーカーは不向き」「神武山公園は見晴らし最高。ただ蚊が多い」「虹の街区公園は車が少ないのでピクニックにいいが、トイレはない」と、実際に訪れて使ってみた感想を「ママの声」として掲載した。

 市内の六つの子育てセンターで活動しているボランティアグループが取材と編集を担当した。おたすけ隊代表の森谷行美さん(37)は「新たに豊岡に来る人、子どもが生まれる人に楽しい遊び場を紹介し、笑顔を運びたい」と話した。

 A5判50ページで1万部発行。野外で使うことを考慮し、表紙は防水加工されている。7カ月健診の際に無料配布する。

(2011.4.6  毎日新聞から転載)

新生児にオリジナル絵本 「語りかけ」のきっかけに

◇来月から、尼崎で子育て支援

 子育て支援をする尼崎市立すこやかプラザは4月から、無料で市内の全新生児にオリジナル絵本をプレゼントする「ブックスタート」事業を始める。指定管理者のNPO法人「子どものみらい尼崎」が絵本を作り、生後2カ月の赤ちゃんを保育士が訪問する市のこんにちは赤ちゃん事業の際に手渡す。浜田格子理事長は「まだ言葉を話せない赤ちゃんにも、気持ちを込めて語りかけることが、心や言葉の発達に重要。絵本がそのきっかけになれば」と話している。

 ブックスタートは、絵本が赤ちゃんと心を通わすきっかけになればと、92年に英国で始まり、日本でも01年から始まった。NPO法人ブックスタート(東京都新宿区)によると、現在は全国の4割にあたる752の自治体で実施されている。

 尼崎市では、09年は4194人の新生児が誕生。これまでは、生後9~10カ月検診の時に、ボランティアが絵本の読み聞かせをしていた。

 オリジナル絵本「とんとんとん」は、浜田理事長と絵本作家・森義孝さんが作った。色彩豊かで、「とんとんとん、遊びましょ」とドアをたたくと、ダンゴムシやスズメなどが「はーい」と元気よく返事をするストーリー。親が絵本を読みながら、赤ちゃんに言葉を掛けやすいよう工夫した。

 浜田理事長によると、子育てに疲れた母親ほど、赤ちゃんに声をかけるのが苦手で、無言でオムツを替えたり、テレビを見ながら授乳することもあるという。絵本には、読む大人も楽しめるよう、絵の細部に仕掛けをしており、浜田理事長は「お母さんが笑顔になって、子どもにも連鎖反応が生まれれば」と話す。

(2011年3月24日 毎日新聞から転載)
幼稚園さがし

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

お受験問題集
お知らせ
広告
家庭学習ワーク
年中児用テストあります
keiretu-toptop
最新記事
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ