育児・子育て ニュース

育児・子育てに関するニュースを掲載しています。 特に乳児・幼児をお育ての保護者の方に知っていただきたいニュースを紹介しています。

人口調査

出生率1・41に上昇 16年ぶり水準も出生数は最少 人口動態統計

平成24年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に出産する子供数の推計値)は1・41(前年比0・02ポイント増)で、平成8年以来16年ぶりに1・40を超えたことが5日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。しかし、女性全体の数が減っているため、出生数は前年比1万3705人減の103万7101人と過去最少。死亡数は同3188人増の125万6254人と戦後最大で、出生数から死亡数を引いた自然増減は21万9153人減と過去最大幅となった。

 厚生労働省によると、人口を維持するには出生率は2・07必要だが、高齢化で子供を産める年齢層が減っている日本では、それを上回ったとしても人口減は止まらない。24年は30秒に1人、新生児が生まれる一方、25秒に1人が死亡している計算で、厚労省は「今後も人口減は止まらないだろう」と分析している。

 都道府県別の出生率は、最高が沖縄の1・90(同0・04ポイント増)で、島根1・68▽宮崎1・67▽鹿児島1・64-の順。最低は東京の1・09(同0・03ポイント増)だった。

 年々上昇している第1子出生時の母親の平均年齢は前年から0・2歳上がって30・3歳と過去最高。15~34歳と50歳以上の出産数は減少したが、35歳~49歳では前年より増加した。

 婚姻数は同6893組増の66万8788組で、4年ぶりに増加。離婚数は同325組減の23万5394組。平均初婚年齢は夫30・8歳、妻29・2歳でともに前年よりわずかに上昇した。

(2013.6.5 産経ニュース)



ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

子どもの人口、1649万人=32年連続減、過去最少を更新―総務省

「こどもの日」に合わせて総務省が4日発表した、15歳未満の子どもの推計人口(今年4月1日現在)は、前年に比べ15万人少ない1649万人で32年連続の減少となり、1950年以降の統計で過去最少を更新した。内訳は、男子が844万人、女子が804万人。

 総人口に占める子どもの割合は、前年比0.1ポイント減の12.9%と、39年連続で低下。人口4000万人以上の主要国と比べても、米国(19.6%)、中国(16.5%)、ドイツ(13.2%)などを下回り、最低水準だった。
 3歳ごとの年齢区分で見ると、12~14歳が355万人、9~11歳が340万人、3~5歳が317万人、0~2歳が316万人で、年齢が下がるごとに人数が減少している。 


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

2060年、総人口8674万人に 減少数は1都6県消失規模に

厚生労働省は30日、社会保障審議会の人口部会を開き、合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の平均数の推計値)が、中位推計(最も実現性が高いとみられる推計)で、2060年に1・35になるとした新たな将来人口推計を発表した。少子化により人口減少が加速し、29年後には人口減少幅が年間100万人を突破。36年後に日本の総人口は1億人を割り込み、50年後の2060年に8674万人まで減る。

 50年間で総人口が4132万人減る計算で、人口数でみると日本から関東地方の1都6県(人口約4200万人)が消失するのに等しい。深刻な人口減少社会が到来する。

 将来人口推計は2006年12月以来約5年ぶりの見直し。同推計によると、少子化の指標となる合計特殊出生率(中位推計)は2024年に1・33まで落ち込んで底を打った後、やや上昇し、2060年には1・35となる。

 合計特殊出生率が多少回復しても、子供を産める年齢に達する女性の数そのものが減少していくため、生まれる子供の数は減り続ける。

 日本は2005年に人口減少社会に突入したが、出生数から死亡数を引いた人口増減は今後もマイナスが続き人口減少に歯止めがかからない。2041年以降は毎年100万~110万人のペースで人口減少が続く。人口数でみると、秋田県や和歌山県規模の都道府県が毎年1つ消滅する計算だ。
人口の高齢化も進行。2060年の日本人の平均寿命は、2010年より約5歳伸びて「男性84・19歳、女性90・93歳」となり、総人口に占める65歳以上の割合は39・9%に膨らむ。参考値として示された100年後の2110年の総人口は4286万人。


           ◇


 ■将来人口推計 向こう50年間の人口がどうなるかの予測。国勢調査の結果をもとに厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が5年に1度見直して発表する。数字は海外にいる日本人は除き、日本在住の外国人を含む。社会保障政策のほか、交通・住宅需要といった国土計画などに活用される。

20120130-01

(2012.1.30  産経ニュースから転載)


子育て・育児情報が満載


logo



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』



出生率:1.39 2年ぶり増…少子化傾向変わらず

厚生労働省は1日、2010年の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)が1.39となり、前年を0.02ポイント上回ったと発表した。上昇は2年ぶりだが、1.37で横ばいだった08、09年をはさみ、06年以降の上昇基調は続いている。ただ、出産しやすい年齢(15~49歳)の女性人口は減り続けていて、全体の出生数は0.1%増の107万1306人にとどまった。少子化傾向に歯止めが掛かったとはいえない状況だ。

230601


 同出生率は05年に1.26と過去最低を記録した後、上昇傾向に転じている。厚労省は晩婚化が定着し、増え続けている30代で出産する人の出生数が、集計に反映され始めたのが原因とみている。第1子出産時の平均年齢は29.9歳。前年より0.2歳上昇した。

 しかし、最も出生率が高かった30~34歳の女性が14万人減るなど、15~49歳の女性は3万9000人減少した。この傾向は続いており、1人が何人産んだかを示す合計特殊出生率は増えても、全体の出生数が増加に転じたわけではない。

 都道府県別の同出生率は、高かったのが(1)沖縄1.83(2)宮崎、島根1.63--の順。低かったのは(1)東京1.12(2)北海道1.21(3)京都1.22--だった。

 一方、死亡数は前年比4.8%増の119万7066人で、戦後最多を更新した。高齢化の進展が原因で、出生数と死亡数の差「人口の自然増減数」はマイナス12万5760人。4年連続のマイナスで、初めて10万人を超えた。

(2011年6月1日 毎日新聞から転載)

子どもの数30年連続減少 人口割合13.2%過去最低

総務省は2日、全国の子どもの数(15歳未満)が4月1日現在の推計で、1年前から9万人減の1693万人になったと発表した。30年連続の減少で、過去最低を更新した。総人口1億2797万人のうち子どもが占める割合は37年連続で低下し、過去最低の13.2%となった。

 こどもの日を前に国勢調査やその後の動向から推計した。東日本大震災の影響は反映していない。男女別では男子が868万人、女子が825万人。年齢別では12~14歳が359万人、9~11歳が352万人、6~8歳が332万人、3~5歳が324万人、0~2歳が325万人だった。

 子どもの割合は1950年には総人口の3分の1を超えていたが、その後は第2次ベビーブーム(71~74年)でわずかに上昇した以外は低下が続く。97年には初めて65歳以上の高齢者人口の割合を下回り、今回の推計では高齢者の割合(23.2%)を10ポイント下回った。

 子どもの割合は新興国では20~40%台が一般的。主要国でもドイツは13.5%、韓国16.2%、中国18.5%、米国20.1%で、日本は世界的にみても最低水準にある。

(2011年5月3日 asahi.com から転載)
幼稚園さがし

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

お受験問題集
お知らせ
広告
家庭学習ワーク
年中児用テストあります
keiretu-toptop
最新記事
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ