2010年08月

2010年08月28日

11年度は小1、小2を35人化=6300人の教員増要求へ―文科省

文部科学省は27日、2011~18年度を実行期間とする教職員定数改善計画案を発表した。

すべての公立小中学校の1学級の児童・生徒数の上限を現行の40人から、30~35人にできるよう教員増を図る。

11年度は6300人(国の人件費増額約90億円)を純増し、小学校1、2年で35人学級を実現させるとした。

 計画によると、12年度以降も小3以上の学年の少人数化を進め、16年度までに小中の全学年で35人学級化を実現。さらに17、18両年度で小1、小2を30人学級化する。

 定数改善計画の策定は10年ぶり。授業時間数や指導内容が増加する新学習指導要領や、暴力行為、いじめといった生徒指導面の課題の深刻化に対応する。

 8年間の教員の純増人数は1万9400人で、新たな財政負担額は国が約400億円、地方が約800億円の計約1200億円を見込む。 



(2010.8.27 asahi.com より転載)


にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へいつも応援していただきありがとうございます。



幼児教育情報満載! 『小学校受験新聞』・『幼稚園受験新聞』

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』


jyukennews02 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学校教育 | 数字関連

2010年08月25日

「勉強しなさい」月20回…小3~4の母親


小学生の母親は毎月平均20回、子どもに「勉強しなさい」と言っていることが、数研出版の調査でわかった。

 調査は7月、インターネットで実施し、小学3~4年生の子どもがいる29~49歳の女性500人から回答を得た。

「子どもに対して『勉強しなさい』という言葉を月に何回くらい言いますか」との質問では、「9回以下」が39%、「10~19回」20%、「20~29回」16%、「30~39回」13%、「40回以上」12%で、平均で20回だった。

 一方、「『勉強しなさい』と言う際、嫌な気持ちになることがありますか」との質問には、74%が「ある」と答えた。「自分も言われるとやる気をなくしていたから」(36歳)などというのがその理由だ。

 しかし、自分から机に向かわない子どもの姿を目の前にすると、ついつい「勉強しなさい」と言ってしまうようだ。ちなみに昨年の夏休みに「宿題はやった?」と聞いたのは平均15回。今年も同じ場面が各家庭で繰り返されているのだろう。

(2010.8.25 読売新聞 より転載)


にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へいつも応援していただきありがとうございます。



幼児教育情報満載! 『小学校受験新聞』・『幼稚園受験新聞』

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』



jyukennews02 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)育児ニュース | 数字関連

2010年08月24日

秋田なぜ優秀? 全国学力調査トップレベル 秋田

全国学力調査で成績がトップレベルだった秋田、福井両県など成績上位県を対象に、文部科学省が、どんな取り組みが好成績につながっているのか本格的に調べることになった。上位を続ける「常連県」を実地調査し、他の都道府県での指導に生かせる手法を掘り起こすのが狙いだ。

 秋田県や福井県は、全国学力調査で毎回各教科の平均正答率の1、2位に顔を出している。先月30日に公表された今年の全国学力調査でも、やはり同じような傾向が出た。

 文科省学力調査室によると、例えば秋田県については、少人数学級化を早くから進めてきたことが背景にあるとの指摘もあるが、実証的なデータはないという。

 文科省は大学の研究者らに委託し、学校現場の実地調査や教育委員会からの聞き取り調査を通じて、好成績の理由を探る予定だ。対象県は秋田、福井のほか、同様に上位の成績を保っている富山なども候補に挙がっている。

(2010.8.23 asahi.com より転載)


にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へいつも応援していただきありがとうございます。



幼児教育情報満載! 『小学校受験新聞』・『幼稚園受験新聞』

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』



jyukennews02 at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)学校教育 | 数字関連

2010年08月03日

夏休み、子供の夜更かしに要注意 きちんと睡眠を

楽しい夏休み。海や山で遊んだり、旅行に出かけたりして、子供が寝るのも、朝起きるのも遅くなりがちになる。しかし、夜更かしは睡眠不足を招き、食事が取れなくなるなど日常生活に問題が生じることも。専門家は「夏休みもきちんと睡眠をとってほしい」と呼びかけている。

]  

グラフで傾向把握

  子供の睡眠障害の問題に取り組んでいる、兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院子どもの睡眠と発達医療センター(神戸市)では、睡眠障害の予防を目的に、福井、京都、青森の学校で、子供たちの睡眠調査を行っている。

 子供たちは2週間、「睡眠表」と呼ばれる、1マス30分、計48マスの細いグラフに、実際に睡眠を取った時間帯を黒く塗りつぶしていく。すると、睡眠の傾向が表れてくる。週末は朝遅くまで寝ていたり、平日の夕方に1時間程度寝ている時間があったりすると、黒い帯がでこぼこになる。

 センター長の三池輝久(てるひさ)さんは「土日に長く寝てしまうということは、普段の睡眠が足りていない、ということ。睡眠不足が続くと、そのうちに過眠状態を引き起こす。これが一番困るのです」。朝起きられなくなり、食事、運動、外出など日常生活に問題が起き、不登校につながることもある。

  

「2学期に悪影響」 

 もっとも、必要な睡眠時間は個人差がある。そこで、睡眠表を利用すると、必要な睡眠時間の目安が分かる。2週間、連続して睡眠表をつけた後、夜間の睡眠や昼寝なども含めて2週間分すべての睡眠時間を足し、14で割る。計算の結果、9時間であれば、起きる時間から逆算して、寝る時間を設定すればよい。

早寝早起きとは何時のことですか、とよく聞かれますが、まずは子供にどれぐらいの睡眠時間が必要かを保護者が把握し、その時間を確保できるようにすることです」と三池さん。

 ただ、最近は「日本全体が夜型」。子供たちも小学校高学年になると塾通いなどで帰宅が夜遅くなる。また、小さな子供を居酒屋に連れていくこともあり、「大人が子供の睡眠に対して無頓着です」。

 眠りは肉体の疲労を取るためだけのものではない。脳の働きを守り、維持するためにもあり、「生命維持装置と同じ」と三池さんは強調する。睡眠の乱れは、子供の場合、発達に影響が出ることもある。

 夏休みの夜更かしは「2学期にてきめんに悪影響が出ます」。やむを得ない事情があったとしても、「少なくとも中学生なら、日付の変わらないうちに寝る、朝は自分で7時から8時までには起きる生活を」とアドバイス。また、2学期になって朝起きられないようであれば早めに専門家に相談してほしい、という。

  

仏より1時間短く 

 OECD(経済協力開発機構)が昨年発表した報告書「図表でみる社会2009」によると、18カ国中、最も1日当たりの睡眠時間が長いのは、フランスで530分。日本は、韓国に次いで2番目に短く、470分だった。また、ベネッセ教育研究開発センターが昨年行った「子ども生活実態基本調査」によると、小学生(4~6年)では「22時ごろ、22時半ごろ」に寝る子供が最も多く、全体の42・3%を占めた。「23時ごろ、23時半ごろ」も16・7%に上った。


(2010.8.3 産経ニュース より転載)


幼児教育情報満載! 『小学校受験新聞』・『幼稚園受験新聞』

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』


jyukennews02 at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)数字関連