2010年11月

2010年11月24日

教育費、家計圧迫 年収の37%超す 教育ローン利用者対象調査

小学生以上の子どもを持つ家庭の教育費(在学費用)が二〇一〇年度は平均で百九十八万二千円となる見込みで、年収の37・6%に達することが二十日、分かった。日本政策金融公庫が教育ローンの利用者を対象に調査しており、比較可能な二〇〇〇年度以降で最も高い負担割合となった。

 
不景気のあおりで世帯年収が下がる一方、授業料や塾代などの在学費用が五万二千円増えたためで、負担割合は前年調査の33・7%から上昇した。年収が「二百万円以上四百万円未満」の世帯では56・5%に上り、家計のやりくりが厳しさを増していることが示された。

 
年収別の負担割合は「四百万円以上六百万円未満」が37・7%、「六百万円以上八百万円未満」が30・0%、「八百万円以上」が27・2%。年収「八百万円以上」の在学費用は二百三十七万八千円で、年収「二百万円以上四百万円未満」より七十一万一千円多く、格差も見られた。

 
高校入学から大学卒業までにかかる費用(入学費用も含む)は子ども一人当たり千五十九万八千円と五十二万一千円増加した。

 
調査は七月に実施し、約五千四百世帯から有効回答を得た。



(2010.11.23 東京新聞より転載)

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へいつも応援していただきありがとうございます。

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』



jyukennews02 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)数字関連 

2010年11月09日

小中助成10億円削減し高校無償化拡大へ…大阪

大阪府の橋下徹知事は、来年度の私学助成について、小中学校に支出している運営補助金(経常費補助)を約10億円削減し、対象世帯を拡大する私立高校の授業料無償化に充てる方針を固めた。

 
財政難の府は2008年度から、小中学校で補助金を07年度比各25%削減しているが、小学校で07年度比50%、中学校で35%までカットする。

 
ほとんどの私立小はすでに入試を終えており、学校関係者は「新入生の保護者に今さら授業料を値上げするとは言えない」と困惑している。

 
府は来年度、私立高校の授業料無償化世帯を年収350万円未満から同610万円未満まで広げ、610万~800万円未満への助成も手厚くする方針。

 
実現には約40億円が必要だが、府内の私立小17校(児童数7695人)と私立中65校(生徒数2万4624人)に支出している補助金約63億5000万円を、来年度は約10億円削減するとともに、府職員の人件費カットなどで賄うという。

 
08年度の25%削減により、府の児童生徒1人あたりの補助額は、小学校(今年度17万6000円)、中学校(同20万5000円)ともに全国最低となっている。来年度の1人あたりの補助額を今年度実績から試算すると、小学校11万7000円、中学校17万8000円となる。

 
運営補助金は学校運営費の3割を占め、助成が削減された08年度以降、多くの私立小中が授業料を値上げした。府私立小学校連合会の津田克彦会長は「不況で保護者の経済的負担は増えており、再値上げは難しい。いじめや不登校で私立小に通わざるを得ない子もいるのに、知事は私立小を切り捨てようとしている」と反発している。



(2010.11.9 読売新聞より転載)

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へいつも応援していただきありがとうございます。

jyukennews02 at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治関連 | 学校教育