2012年08月

2012年08月29日

教員免許は2種類に 大学院修了を要件 教員免許で中教審答申

中教審は28日の総会で、新卒者の教員免許を2種類にし、正規教員として教えるには原則、大学院修了を要件とする制度を創設するよう平野博文文部科学相に答申した。


 文科省は今後、カリキュラムや取得条件などの具体的な制度設計に着手し、受け皿となる教職大学院の拡充を推進する方針。ただ、現状では修了しても教員採用で優遇されないなどメリットが薄いため定員割れの教職大学院も多く、実現には課題が残されている。


 新制度は、大学4年に加えて大学院で1~2年学んで取得できる免許を「一般免許」と規定。大学院では教育実習中心で指導力を養い、情報通信技術の活用など新しい指導法も学ぶ。


 大卒だけで得られるのは「基礎免許」とし、担任をせずに授業補助などに役割を限る案もあるが、仕事の範囲は今後の検討課題とした。別に、中堅教員が大学院で学び直し、生徒指導や教科指導で高い専門性を身に付けて得られる「専門免許」も設ける。


(2012.8.28    産経ニュースから転載)

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』




jyukennews02 at 09:01|Permalink 政治関連 

2012年08月27日

8月の始業式、広がる…授業日数を確保

小中学校で、2学期の始業式を8月中に前倒しするところが目立ってきた。学習指導要領が新しくなって指導内容や授業時間が増え、授業日数を確保するためという。

 今年は9月1、2日が土、日曜のため従来なら同3日からだが、早い学校では27日、新学期がスタートした。

 文部科学省によると、昨年度から今年度にかけて指導要領が改定され、授業時間が小学校で年70~35時間、中学でも年35時間増えた。

 滋賀県では、小学校228校中90校(39%)、中学100校中55校(55%)が8月最終週から始業。同県草津市の市立小中は全19校が昨年度から2学期の始業式を1週間前倒ししており、今年度も27日に実施した。

 市立玉川中でも、生徒たちが元気に登校した。1年の男子生徒(13)は「宿題を済ませるのが大変だった。夏休みが減るのは残念」と休みが名残惜しそう。3年女子生徒(15)は「これから受験勉強に励まないといけない時期だから」と、気持ちを引き締めていた。

 大阪府でも小学校621校中254校(41%)、中学290校中148校(51%)が8月に前倒し。京都府も2学期制の学校を除く公立の小学校236校中180校(76%)、中学100校中79校(79%)が8月中に授業を始め、いずれも過去最多。京都府教委は「今年は大幅に増えた」という。

 必要な授業時間が増えたことについて文科省は、「授業日数を増やさなくても対応できる範囲だ」とし、学校独自の行事を削るなどして対処してほしいとの考え。兵庫県は、始業式は変えず、1週間あたりの時間数を増やしたり、行事をなくしたりしているという。

 国立教育政策研究所教育政策・評価研究部の葉養(はよう)正明部長は「無理に詰め込んで授業すると教科書の発展、補充的な内容にまで手が回らず、習熟度に差が出かねない。余裕を持って教えるには、ある程度、2学期を前倒しする学校が出てくるのは仕方がないだろう」と話している。


2012年8月27日  読売新聞から転載)



jyukennews02 at 17:43|Permalink 公立 

いじめ生徒を出席停止へ 品川区が積極方針

各地で子供のいじめ問題が相次いでいることを受け、東京都品川区の教育委員会は、いじめを繰り返している児童・生徒を出席停止にできる制度を積極的に運用していく方針を決めた。出席停止にする場合の具体的な基準や手続きを定めた手引書を作成し、9月5日に小中学校の教員を集め、配布する。


 同区などによると、出席停止は学校教育法に基づく措置。同法は「他の子供や教員に危害を加えたり、物を壊したりするなどの問題行動を繰り返す子供について、教育委員会は出席停止にできる」などと定めている。ただ、対象となった子供の教育を受ける権利が阻害されるため、これまでは慎重に運用されてきたという。


 だが、同区はいじめによる自殺などが相次いでいることから、いじめられている子供の人権を守ることがより重要と判断、出席停止措置の積極運用を決めた。こうした方針や手引書は保護者を通じて子供たちにも説明し、いじめを減らしていく考えだ。

(2012.8.27 産経ニュースから転載)



jyukennews02 at 17:38|Permalink 公立 

2012年08月25日

「早寝早起き朝ごはん」+「朝うんち」 学校でトイレを我慢しない

快眠・快食・快便は健康の基本として、「早寝早起き朝ごはん」に「朝うんち」の標語を追加し、生活指導に取り組む小学校がある。自宅の洋式トイレに慣れた子供たちは小学校の和式トイレに慣れず、排便を我慢しがち。良い排便習慣の確立には家庭だけでなく学校の努力も欠かせない。

◆オープンに指導

 「学校で排便を我慢しなくなったことで、勉強に集中し、給食もたくさん食べるようになった」と、岩手県遠野市土淵町の市立土淵(つちぶち)小学校(児童数82人)の中村説子校長は話す。

 昭和53年築の校舎にあるトイレは和式。タイル貼りの床は汚れがたまりやすく、なかなか臭(にお)いが取り切れない。

 そのため、「小学校のトイレぴかぴか計画」のCSR(企業の社会的責任)活動を行う小林製薬(大阪市中央区)から2年前、洋式トイレと床面シートを寄贈してもらった。これに合わせ、排便習慣を確立するため、「早寝早起き朝ごはん」国民運動に「朝うんち」を追加。児童の健康調査に「朝の排便」の欄を加えたほか、登校後に「うんちをしましたか」など担任らがオープンに指導を開始。朝の排便がなかった児童には「いつ行ってもいい」と、トイレに行きやすい雰囲気をつくった。恥ずかしがっていた児童も、やがて「今日はしました」「まだ、していません」とはっきり答えるようになり、周囲から冷やかしを受けることもなくなった。



◆和式が苦手


 なぜ、子供たちは学校で排便を我慢するのか?

 小林製薬が6月、小学生の保護者412人にインターネットで調査したところ、46・1%が「我慢したことがある」と答えた。理由として、「恥ずかしい」(53・7%)、「和式トイレが苦手」(35・3%)、「トイレが臭(くさ)い」(27・9%)など心理面と環境面の両方が挙がった(複数回答)。

 一方、生活習慣では排便について、毎日が51・7%、週5~6回が29・1%で、8割がほぼ毎日。しかし、週3~4回が16・5%、週1~2回以下も2・6%おり、排便に問題があるケースも少なくないと推測される。

 また、和式しかない小学校が11%あった。トイレ環境の改善に取り組むNPO日本トイレ研究所(東京都港区)の加藤篤(あつし)代表理事は「学校では和式と洋式の両方ある方がいい。学校でうんちをすることは恥ずかしくないと伝えることも大切。食育とともに排便についても家庭と協力して取り組む必要がある」と指摘する。


◆子供に多い直腸性便秘


 「排便外来」のある、さいたま市立病院(さいたま市緑区)の中野美和子・小児外科部長によると子供に多い排便障害は、直腸に便がたまる「直腸性便秘」だ。

 排便を我慢し、便がたまりすぎると、子供は「痛い」という恐怖感などで自力で出せなくなる。たまった状態に慣れると直腸の感受性が低下し、より便意を感じにくくなる悪循環に陥る。さらに、悪化すると肛門から便がこぼれ落ちる便失禁を起こすこともある。

 排便障害がある児童の場合、和式トイレは苦手▽便が漏れたときに着替えが必要▽便意が突然起こり、我慢が難しい-などの問題があり、小学校入学以降に症状を悪化させやすいという。

 中野部長は「排便異常はいつの間にか進行するため、自分では気づかない。気づいても大人には知られたくなくて隠すこともある。排便の自己管理ができるまでは、学校を含めて周囲が環境を整えることが大切」と話している。


(2012.8.24  産経ニュースから転載)

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』




jyukennews02 at 00:12|Permalink 学校教育 | 数字関連

2012年08月24日

カルピスが自主回収 微生物混入で4万本超

カルピスは24日、200ミリリットル紙容器入りの「カルピス&フルーツビタミン もも」のうち、賞味期限が10月14日の約4万1300本を自主回収すると発表した。微生物の混入によって一部に強い酸味を感じる商品があることが分かったため。

 24日までに健康被害の報告はないという。カルピスは購入した人に料金着払いで商品を送り返すように呼び掛けている。代金は後日返却する。

 返送先は、374-0072、群馬県館林市大新田町166、カルピス受付窓口係。問い合わせはカルピスお客様相談室、フリーダイヤル(0120)811127。

t824


(2012.8.24 産経ニュースから転載)

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』




jyukennews02 at 23:15|Permalink 育児ニュース 

2012年08月20日

学童保育84万人、過去最多 設置数も

共働きや、ひとり親家庭の小学生を放課後に校内や児童館などで預かる学童保育の利用児童数が5月1日時点で、前年比2万521人増の84万6919人となり、過去最多を更新したことが全国学童保育連絡協議会の調査で分かった。

設置数も前年比441カ所増の2万843カ所で過去最多。一方で、学童保育がない小学校区は全体の約2割に当たる3855校区に上っており、協議会は「潜在的な待機児童数」は50万人を超えると推測。調査は、協議会が全国の市町村に尋ねて集計した。


(2012.8.20 産経ニュースから転載)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』


jyukennews02 at 20:45|Permalink 数字関連 

2012年08月16日

教員増が「中1ギャップ」に効果! 東京都教委の調査

政府の来年度予算では、公立学校の35人以下学級を小学校低学年以外の学年にも広げるなど教員の数を増やすかどうかが、文教関係の大きな焦点の一つになります。そんななか、教員増が「中1ギャップ」や「小1プロブレム」の予防や解決に効果があるということを示す調査結果を、東京都教育委員会がまとめました。教員数の在り方を検討している文部科学省の検討会議でも、注目された結果です。

小1プロブレムや中1ギャップとは、小・中学校への進学直後に急激な環境変化になじめず、不登校やいじめなど学校生活面での不適応を起こしてしまうことです。東京都教委は他の道府県が次々と独自の少人数学級に踏み切るなか、長く40人学級を続けてきましたが、小1プロブレムと中1ギャップ対策のため2010(平成22)年度から3年間、小学1・2年生と中学1年生で人数の多い学級(39人→38人→37人と段階的に対象を拡大)を抱える学校に実験的に教員各1人を加配(教員増)し、クラスを割って少人数学級にするか、学級はそのままでチーム・ティーチング(TT)などにするかは、学校が選べるようにしました。

調査は2回目で、2011(平成23)年度の結果によると、教員を加配した中学校では、問題行動・特別活動・学習状況・集団行動などほとんどの項目で、非加配校に比べて望ましい変化が見られました。特に「全般的な生活指導上の問題行動が減少した」「全般的な基本的生活習慣が定着した」、あるいは「教員との関係」や「家庭との連携」が改善したとする回答が目立って多くなっていることが「非常に大きな変化だ」(都教委の担当者)といいます。

少人数学級かTT等かでは、「ともに教員加配の効果があり、その効果に大きな差はなかった」と説明しています。

小学校でも、数か月にわたり授業規律が成立しない状態が続く「学級崩壊」が1年生で発生した学校の割合が、2010(平成22)年度は18.2%、11(同23)年度は19.0%と、加配前の08(同20)年度(23.9%)と比べて減っていることから、やはり加配の効果があったとしています。1年生で学級崩壊を防ぐことは、2年生での発生を抑える効果が大きいといいます。

教員加配をめぐっては、財務省などに「教員を増やしただけの効果が上がっていないのではないか。都道府県に任せればよいのではないか」として、国の基準を引き下げることに慎重な意見も根強くあります。しかし、少人数学級にして1人の先生が見る子どもの数を減らしたり、多い人数でも2人の先生で見るようにしたりすれば、それだけ一人ひとりに目が行き届くことになります。

学級では集団活動や話し合いなどを行うために一定の人数が必要ですが、1人の先生がどれだけの子どもを一度に指導できるかどうかは経験年数などによっても変わってきます。特に東京など大都市圏では近年、若い先生の採用が増えていますから、教員の数を増やすにしても、学校や先生の状況に応じた柔軟な仕組みが求められるのかもしれません。

(2012.8.16 産経ニュースから転載)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』




jyukennews02 at 23:49|Permalink 学校教育 | 公立