2014年01月

2014年01月27日

引きこもりや暴力…被災園児25%問題行動

岩手、宮城、福島3県で東日本大震災当時に保育園児だった子どもへの調査で、暴力や引きこもりなどの問題行動があり、精神的問題に関する医療的なケアが必要な子が4人に1人に達することが、厚生労働省研究班(研究代表者=呉繁夫・東北大教授)の調査で分かった。友人の死や親子の分離、被災地での生活体験が原因と考えられる。サポートが行き届いていない子も多いとみられ、専門家は早期の対応を求めている。


 調査には、国立成育医療研究センター、福島県立医大、宮城県子ども総合センター、岩手医大などが参加し、藤原武男・国立成育医療研究センター研究所部長が26日、仙台市で開かれたシンポジウムで発表した。

 対象は、大震災が起きた2011年3月11日に、3県内の保育園の3~5歳児クラスに在籍していた子178人と保護者。アンケートと面接を、震災後1年半以降となる12年9月~昨年6月にかけて実施した。保育園の所在地は▽岩手=宮古市、陸前高田市、大槌町▽宮城=気仙沼市▽福島=福島市、いわき市、南相馬市、富岡町。比較する非被災地域として三重県で同様の調査を実施した。

 アンケートは、子どもの精神的問題によって起きる問題行動を数値化して比較できる「子どもの行動チェックリスト」(CBCL)を使った。CBCLは、世界的に信頼性が高く、問題行動を抱える子を評価するために国内の行政や学校、医療機関でも利用される。

 面接は、児童精神科を受け持つ医師や臨床心理士が、ケアをしながら心理状態の調査を実施。CBCLで問題行動を抱える可能性がある子について、医師のアドバイスに基づくケアの必要性を判断した。

 それらを集計した結果、被災3県で25・9%の子が医療的ケアが必要な状況と分かった。原因として、▽友人を亡くした▽家の部分崩壊▽津波の目撃▽親子分離--などが挙げられた。三重では同様の状態の子は全体の8・5%にとどまり、被災地はその約3倍に達した。被災地の子たちには、めまいや吐き気、頭痛、ののしり、押し黙りなどの症状があり、このままケアを受けずにいると、学習や発育に障害が出て、将来の進学や就職などにも影響する可能性があるという。

 過去の災害と子どもの精神的問題に関する調査は、比較的年齢が高く、幼児期の被災影響に関する調査は珍しい。調査に参加した奥山眞紀子・国立成育医療研究センターこころの診療部長は「非常に多くの子どもが精神的にケアを必要としている実態が、初めて客観的データで明らかになった。震災直後はケアが必要な子どもが増えることは知られるが、調査は震災から1年半以上経過しており、気に掛かる。専門医を核に地域で子どもをサポートする仕組み作りが必要だ」と話す。

 チームは今後約10年、同じ子への調査を続け、毎年状態を把握していく計画だ。【渡辺諒、下桐実雅子】

 ◇子どもの行動チェックリスト(CBCL)

 現在または過去6カ月以内の子どもの状態について、身近にいる保護者らがアンケートに答える。「よく泣く」「大人にまとわりつく、頼りにし過ぎている」「爪をかむ」「内気、臆病」「トイレ以外で大便をする」など、113項目について▽当てはまらない(0点)▽時々当てはまる(1点)▽よく当てはまる(2点)のいずれかを選び、点数が高いほど問題行動があると判断され、ケアが必要とみなされる。このリストを使った研究報告は50カ国、4500以上になる。

 ◇調査対象の子どもの主な被災体験

 ※体験内容▽割合(%)の順。藤原武男・国立成育医療研究センター部長の資料を基に作成

 自宅が流出・全壊       25.4

 自宅が部分破壊        25.4

 避難所生活を経験       30.7

 仮設住宅に入所        20.0

 両親と一時離ればなれになった 38.9

 家族や近い親類が死亡      9.8

 友人や遠い親類が死亡     18.3

 津波を目撃          43.9

 遺体を目撃           2.8

 火災を目撃          20.7



ランキングに参加しています。

 にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

西東京版 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

幼児のためのダウンロード問題集





jyukennews02 at 10:19|Permalink 数字関連 

2014年01月23日

給食費の未納22億円 保護者のモラル低下浮き彫りに 

全国の公立小中学校で平成24年度に学校給食費を納めていない児童生徒の割合は0・9%で、未納分の総額は推計で約22億円に上ることが23日、文部科学省の調査で分かった。

前回(22年度)より約4億円減少したが、未納の原因について学校の多くが「保護者の責任感や規範意識の問題」と感じており、給食費を払えるのに払わないモラルの低さが浮き彫りとなった。


 調査は全国約2万9千校のうち583校を抽出し、児童生徒約20万6千人に実施。滞納者が1人でもいる学校の割合は46%で、前回より4ポイント減少した。しかし、未納の原因について学校に尋ねたところ、「保護者の責任感や規範意識の問題」が61%で前回より8ポイント増加。一方、「保護者の経済的な問題」は33%で前回より9ポイント減少した。


 給食費の徴収をめぐっては、政府が23年10月、児童手当から給食費を天引きできる制度を導入。今回初めて、同制度の活用の有無について尋ねたが、活用している学校は3割にとどまることが分かった。

 
文科省は「児童手当からの天引きは給食費徴収の有効な手段の一つであり、学校は未納の保護者に制度の利用を促してほしい」としている。


(2014.1.23 産経ニュースから転載)


ランキングに参加しています。

 にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

西東京版 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

幼児のためのダウンロード問題集



jyukennews02 at 22:50|Permalink 公立 | 注意

2014年01月10日

SAPIX・代ゼミグループと幼児教室こぐま会が提携した「幼児教室 サピックスキッズ」代々木校が2014年4月にオープン

代々木ヴィレッジやキッザニア東京を手がけたコクヨグループのUDS株式会社(東京都渋谷区・代表取締役社長 中川敬文 以下 「UDS」)が企画コーディネイト、インテリアデザイン、VI開発を手掛け、SAPIX小学部を運営する株式会社日本入試センター(東京都渋谷区・代表取締役社長 高宮英郎 以下 「サピックス」)と、幼児教室こぐま会を運営する株式会社幼児教育実践研究所(東京都渋谷区・代表取締役社長 久野泰可 以下 「こぐま会」)が提携し、幼児教育事業「幼児教室 サピックスキッズ supported by こぐま会」を立上げ、2014年4月に第一号教室となる代々木校をオープンします。

サピックスキッズのコンセプトは「未来をひろげる幼児教室」。最大の特徴は40年間幼児教室の現場で実践を継続しながら完成させたこぐま会の「KUNOメソッド」と、学習塾として小学生の学習をサポートしてきたサピックスのノウハウを組み合わせた幼小一貫教育です。小学校の授業を先取りするのではなく、小学校からはじまる教科学習の土台となる“考える力”と“表現する力”を身につけることを目指していきます。

対象は年中・年長期のお子様で、年中の4月から小学校入学前までの2年間をステップごとに繰り返し学べる「らせん型カリキュラム」で、教科学習につながる6つの領域を無理なく学びます。授業では身体を動かす活動や、立体的な事物教材を用いて試行錯誤をしながら問題解決する体感学習、子どもたちの思考のプロセスを把握し適切なアドバイスをする対話教育を重視します。

また、代々木校では子育てスタート期の保護者に対して、幼少期の子育てや教育、将来のキャリア形成についての有益な情報をお届けするために、保護者の方々にご利用いただくラウンジスペースを設けました。ラウンジスペースは北欧スタイルを基調とした落ち着きのある空間で、教育関連の書籍や資料を閲覧できるライブラリー機能、おすすめの知育教材を紹介・販売するショップ機能を備えています。今後は、子育てや教育についてのイベントも開催していく予定となっております。


幼児教室 サピックスキッズsupported by こぐま会

スケジュール:サピックス教育講演会2014年1月13日(月・祝),2月16日(日)       

特別体験授業 2014年2月23日(日),3月1日(土),2日(日) ※その他随時開催       

オープン 2014年4月(予定)

 所在地:東京都渋谷区代々木1-55-1 ベルヴュオフィス代々木 1・2F

運営主体:株式会社日本入試センター     

【業務提携】株式会社幼児教育実践研究所

カリキュラム:週1回 90分授業   年中コース 1クラス10人     年長コース 1クラス12人

料金:入会金 30,000円(税別)

授業料:月額27,000円(税別) ※年中コース、年長コース共通




ランキングに参加しています。

 にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

西東京版 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

幼児のためのダウンロード問題集





jyukennews02 at 15:42|Permalink 幼児教育 

2014年01月03日

英語、水泳、ダンス…学童保育に“異業種”参入 高付加価値で待機児童の受け皿に

働く母親のサポートのため、放課後に小学生の児童を預かる「学童保育」への“異業種”の参入が相次いでいる。英語、水泳、ダンスといった習い事ができ、預かり可能な時間も長いなど高付加価値サービスが売り。小学生になり保育所を卒園すると、母親が仕事を続けられなくなる「小1の壁」や、学童保育に入れない待機児童が指摘されるなか、受け皿の一つとして注目されている。



どうせなら付加価値を



 「スタンダップ オン ザ ライン(一列に並んで)」。欧米人講師がそう宣言すると、子供たちは床に引かれた線の上に一列に並んだ。「ノー ランニング(走らないで)」と安全のためのしつけも忘れない。

 預かり中は外国人講師らが英語で保育をする「キッズデュオ」。学習塾経営「拓人(たくと)」(東京)が学童保育に参入し、教室を開設したのは平成20年のこと。「せっかく預けるなら子供にプラスになる何かを学ばせたい」という親のニーズを受けて事業は急拡大し、25年9月には運営を分社化し、新会社「拓人こども未来」を立ち上げた。

教室でのやりとりは基本的にすべて英語。専用バスでの送迎も行う。「子供たちはゲームや運動、工作などを通じて英語に親しみ、慣れてくれば、子供同士で自然に英語を話すようになる」と新会社を任された取締役の石澤一良さん(52)。週2回の預かりで月3万円(税抜き)から。月4千~8千円が主流の公立より割高だが、英語の差別化が受け、都市部を中心に現在は38校に増えた。


 学習塾「明光義塾」を展開する明光ネットワークジャパン(東京)も23年2月、学童保育に参入した。学習塾の強みを生かし、算数や国語などを基礎から教えるコースを用意する。


 保育専門の指導員を雇い、午後1時から子供を預かり、1日1、2コマの授業がついて月5万円(週5日、税抜き)。オプションで夕食などもつけられる。「低学年からしっかりと勉強をする習慣が身につけられる」と利用者の評判も上々という。




フィットネスクラブに学童保育施設を




 既存施設を活用する動きもある。首都圏を中心にフィットネスクラブを展開する「ティップネス」(東京)は昨夏、川崎市内のスポーツクラブ内に学童保育施設をオープンさせた。水泳やダンスなどの習い事が可能だ。

 各社とも送迎や延長保育に対応。午後7時までが多い公立に対し、午後10時までの預かりが可能なサービスも多く、残業にも対応している。



学童保育が新たな市場として注目される背景には、共働き世帯の増加に伴う需要の高まりがある。25年10月発表の厚労省のまとめでは、公立などに入れない待機児童は8689人に。別の調査では潜在的な待機児童は40万人に上るとの推計もある。一方、学習塾など民間企業にとっては少子化の時代、“お受験”を控えた児童らを「早い段階から囲い込みたい」との狙いもある。




理想の放課後は「多くの仲間と過ごす」




 子供の健全育成を目指すNPO法人「放課後NPOアフタースクール」が25年10月に行ったインターネット調査によると、小学生の子供がいる親581人のうち、子供の放課後の過ごし方について「満足している」と回答したのは3割程度。自宅で過ごす子供が約4割と多く、理想の放課後像については「多様な体験を重ねる」「多くの仲間と過ごす」「新しいことに挑戦する」などの意見が多かった。


 全国学童保育連絡協議会の真田さなだ)祐(ゆたか)事務局次長(58)は民間事業者の参入を歓迎する一方、公立よりも高額となる費用面がネックになるとし、「裕福な家庭ばかりではなく、費用が比較的安価な公立施設の増設も同時に進めていかなければならない」と話している。

20140102111


(2014.1.2 産経ニュースから転載)


ランキングに参加しています。

 にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


東京・神奈川の幼稚園情報満載! 『幼稚園受験.com』

西東京版 『幼稚園受験.com』

関西版 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』

幼児のためのダウンロード問題集






jyukennews02 at 21:46|Permalink サービス