「親の所得が学力左右」文部科学白書が指摘学校暴力の対応マニュアル策定へ=多様化・低年齢化受け―文部科学省

2010年06月29日

幼稚園教諭と保育士、資格統合へ=13年度の「こども園」創設に併せ―政府検討

政府が、幼保一体化を推進するため、2013年度をめどに幼稚園教諭と保育士資格の統合を検討していることが28日、分かった。幼稚園と保育所の機能を兼ね備え、親の就労状況に関係なく子どもを預けられる「こども園」制度の創設に併せて実施する考え。現状では新資格を創設する案などが浮上している。政府は教職員免許法や児童福祉法を改正する方針だ。
 現在、幼稚園は幼児教育を重視する教育施設、保育所は共働き世帯の子を受け入れる児童福祉施設と位置付けられ、教職員の資格も別々になっている。ただ、保育所でも3~6歳児に対して幼児教育を行っており、教育面で両施設の区別はなくなりつつある。
 具体的な資格統合に際しては、両方の資質を兼ね備えた「こども士」といった新資格を創設する案がある。また、幼稚園教諭と保育士の資格を残したまま、取得カリキュラムを共通化する考え方もある。現行だと、幼稚園教諭には一種、二種などがあり、二種の場合は短大などで62単位以上の取得が必要。一方、保育士は68単位以上取得することが条件となる。一部の短大では両方の資格を取得できるカリキュラムを編成しているが、学生の負担感は大きかった。このため、カリキュラムの共通化で、より資格を取りやすくする。

(2010.6.29 時事通信から転載)



幼児教育情報満載! 『小学校受験新聞』・『幼稚園受験新聞』

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』


jyukennews02 at 09:06│Comments(0)TrackBack(0) 育児ニュース | 政治関連

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「親の所得が学力左右」文部科学白書が指摘学校暴力の対応マニュアル策定へ=多様化・低年齢化受け―文部科学省