2012年06月28日

チャイルドシート未装着は4割以上…JAF・警察庁

日本自動車連盟(JAF)と警察庁は、自動車乗車中の6歳未満の子どもを対象に「チャイルドシートの使用状況」と「チャイルドシートの取付け状況」などの合同調査を全国で実施した。

チャイルドシートの使用状況では、6歳未満の子どもの使用率は前年比1.8%増の58.8%とわずかに向上したが、依然として4割以上が未使用だった。また、乳児用シートを使用する割合の高い1歳未満が77.6%と、高い装着率だったのに比べ、ジュニアシートを使用する割合の高い5歳児の着用率は37.2%と低かった。年齢が上がるにつれて使用率が低くなる傾向は前年と変わっていない。

チャイルドシートの取付け状況では、取扱説明書通り正しく取付けられていたものは、乳児用シートが45.7%、幼児用シートが35.0%。ミスユースの原因は「シートベルト(腰ベルト)の締付け不足」が最も多く、60%以上を占めている。

チャイルドシートの着座状況では、取扱説明書通り正しく着座していた子どもは、全体で68.8%。ミスユースで最も多い原因は、乳児用シートが「ハーネスの高さ調節」、幼児用シートが「ハーネスの締付け不適正」、学童用シートが「肩ベルトの通し方間違い」だった。


(2012.6.13 ヤフーニュースから転載)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』




jyukennews02 at 18:14│ 数字関連