2012年09月07日

35人学級 小中教員3万人増へ 文科省計画

文部科学省の検討会議は六日、小中学校の全学年で三十五人学級を実現するため、二〇一三年度から五年間の教職員定数の改善計画を策定するよう求める報告書をまとめた。文科省は三万人規模で増やす計画を策定し、初年度分を一三年度予算の概算要求に盛り込む。


 三十五人学級は小一と小二で導入されている。地方自治体では小三での実現や学習内容が高度になる中一を優先するよう求める意見などに分かれている。報告書は、各都道府県が実施学年を選べるようにすべきだと提言。いじめ問題などの教育課題に対応する教職員の確保も求めた。


 追加財源を伴わない工夫も必要と指摘。少子化による児童・生徒の減少で、今後五年間に一万九千百人と推計される教職員の定数減で余裕が生まれる人員の活用を提言した。

(2012.9.6 東京新聞から転載)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ   にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』




jyukennews02 at 07:58│ 政治関連 | 公立