2012年11月13日

学童保育での事故は年間227件

親が仕事などをしている間に放課後の小学生を教室などで預かる学童保育に関連して、この1年間に子ども1人が死亡したほか、大けがをする事故が220件余り起きたことが厚生労働省のまとめで分かりました。

学童保育は、主に小学1年生から3年生を対象に、親が仕事などをしている間に放課後の時間を学校の空き教室や児童館などで預かるもので、全国の2万1000か所余りでおよそ85万人の小学生が利用しています。
厚生労働省がことし9月までの1年間に全国の学童保育に関連して起きた事故を調査したところ、33の都道府県で、こども1人が死亡したほか、大けがする事故が226件起きたことが分かりました。
このうち死亡事故は、ことし5月、大阪・中央区で指導員が先導して、小学校から学童保育の施設に向かう途中で小学1年生の女の子が車にはねられ死亡しました。このほか、遊具から転落したり、球技をしている際にほかの子どもと衝突したりして骨折したケースが182件と、全体の80%を占め、最も多くなっています。
厚生労働省は、学童保育を実施する全国の自治体に対して安全対策を徹底するよう求めるとともに、現在、指導員の配置などには法的な基準がないことから、今後、議論を始めて新たに基準を設けたいとしています。

(2012.11.11 NHKニュース)


ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

子育て・育児サイト 『キッズライフなび』



jyukennews02 at 01:45│