2013年05月24日

幼稚園・保育所の無償化を要請…自民2次提言

自民党教育再生実行本部(遠藤利明本部長)は23日、小学校から高校までの「6・3・3制」の学制の弾力的運用や、高校在学中に複数回受けられる「達成度テスト」を創設することなどを盛り込んだ提言を、安倍首相(自民党総裁)に提出した。

 幼稚園、保育所などの幼児教育無償化を来年度に実現することも政府に求めた。今後、政府の教育再生実行会議や中央教育審議会などで検討される。

 提言では、学制について、「社会状況や子どもの実態などに応じて学校制度を多様化・複線化する」とし、「4・4・4制」や「5・4・3制」など地域ごとに弾力的に運用できるよう求めた。小中一貫の義務教育学校(仮称)の創設や、飛び級、補習の推進なども促した。3~5歳の幼児教育を無償化することも求め、さらに5歳からの幼児教育義務化への検討も提言した。



jyukennews02 at 00:55│ 政治関連 | 子育て支援