受験生活・サービス業と経営

個人事業や小さな会社がサービス業で効果的に活躍するための事業経営を応援しています。

カテゴリ: トラブルや事故

旅館やホテル、飲食店などで、期待に沿わなかったとき、あなたは苦情や文句を言うほうですか?
それとも、「二度と利用しない!」ことを決めて、文句を言わないですか?

宿泊施設や飲食店などで、約束の条件(依頼した内容)などが整っていないときは、おおむね文句を言い、条件どおりにしていただくことを求めます。

でも、実際には、多くのお客様は、サービスの程度や品質、対応に文句を言いません。
それには、いくつかの理由があります。

一つ目は、今後利用する対象から消し去り、、「二度と利用しない!」ことを決めているから。

次に、「注意や文句を言っても、直そうとしないから・・・。」です。

そして、「自分が嫌な思いをするから・・・。」などです。

ときには、苦情や文句に反論する従業員などがいるからです。

自分が直接被害を被っても、「面倒だから言わない!」と言う人もいます。

話は、身近なところで・・・
隣地に植わっている樹木の枝が、自分の敷地に伸びていたり、道路側に伸びていたらどうでしょう?

昨今、戸建住宅であっても、近隣の交流が少なくなり、他人に注意や要望を言うことを躊躇する傾向があります。
多くが、指摘すると、相手の感情を損ね、自分も嫌な思いをしてしまうことが頻繁だからです。

ときには、ニュースを賑わしますが、隣家のことを指摘したためにトラブルになり、殺人事件という重大事件になってしまうこともあります。

相手の不備を指摘しない!

平和な関係を維持する最良の方法のように感じます。
しかし、本来は、何かしらの干渉が良好な地域社会を構築する要素にもなっています。

逆に、あなたの敷地内の樹木の枝が隣家に伸びていたとき、隣家の住人は、もしかしたら我慢をしているのかも知れません。
指摘することで、静かな関係を壊してしまうのではないかと、恐れているからです。

道路側に伸びていたとき、通行人や車両の運転手が不満を持ちながらも黙って通り過ぎているかもしれません。

エコ社会が言われ、戸建住宅などの生け垣や庭に樹木を植えることが推奨されています。
しかし、多くの場所で生け垣や樹木が道路などにはみ出しています。

植えることは良いことと思いますが、適切な管理が求められます。

何しろ、他人は、指摘するのを耐えているのですから・・・。

便利屋検定

生活支援サービスなど、便利屋は、必要になったときに相談し、依頼できることに価値があります。

必要なときに依頼するのですから、その業者のことは、インターネットやチラシ、タウンページなどの媒体で知ることになります。
でも、それらの媒体は、広告媒体ですので、基本的に誇大広告や言いにくい部分を小さく書いたり、書かなかったりする傾向があります。

と言うことは、その業者を選別することは、意外と簡単ではないということになります。
「特定商取引に関する法律」などによると、ネット販売や訪問販売等においては、業者を特定するための表示が決められています。
しかし、これとて、どこまでがほんとうなのかわかりません。

私たちは、お見積りに際し、『書面の交付』を必ず行うように指導しています。

業者を特定できる情報はもちろん、仕事範囲、代金の総額、作業日、代金のお支払方法などを書面に記載し、その場で複写した書面をお渡しするようにしています。

便利屋などに依頼しようとするときは、ほとんどが緊急です。
緊急ですから、業者を吟味している時間がありません。

で、業者選択のミスがトラブルや事故を引き起こしてしまうのです。


最近、協会の方に相談をいただきました。

私たちとは関係がない業者でしたが、・・・
引っ越しの準備で部屋の片付けを依頼したようです。

ところが、家財を余分に持ち出して帰ってしまったようです。

窃盗なのですが、どうもお客様が依頼した内容もはっきりしません。
忙しかったようで、口頭で漠然と依頼したようなのです。

まるで文書が残っていないようなのです。
実際には、それでも被害届は出せそうですが・・・

このようなトラブルは意外と多いようです。
引越しシーズンで、お客様も業者も忙しがって「書面の交付」を怠ります。

トラブルや事故が起きないことの方が不思議なほどです。

便利屋や家事代行、引っ越し業者に依頼するときは、仕事範囲、代金の総額、作業日、代金のお支払方法などを書面に残しておくようにしてください。
場合によっては、作業方法や作業順序なども業者に記録していただいて、双方が保管しておくことをお勧めします。

便利屋検定

サービス業の品質について興味があって、

たぶん皆様も感じているだろう不満や苦情をホームページに掲載しています。

実際には、私は、お店などの不満や苦情を書き並べることは、あまり好きではありません。

しかし、その不満や苦情を明確にして、

それを改善することで業績が向上するのであれば価値があります。


通常、お客様に不満や苦情は、大した内容ではありません。

ほとんどはほんのちょっとしたことです。

料理にゴキブリが居たとか、食中毒になったとか言えば事件になってしまうからです。

それ以前の不満や苦情の段階で改善できる機会があれば意味があることです。


とかく、お店の経営者や責任者は、自分の足元が見えません。

見えませんから、改善する原因がわかりません。

不満と苦情、いただきました

先日、ラーメン店に行きました。

テレビなどでも頻繁に紹介されている餃子で有名なラーメン店です。

そのお店で、まだ勤務し始めらしい店員さんがお冷をもってきました。

その後の内容は、興味があればホームページをご覧ください。


オーダーを端末に打ち込んだはずなのに、厨房に届かずに待たされた。

しかし、そんなミスも人間にはあるだろうな!

その後もその店員さんにやらせて、先輩の店員さんが付いて回る。

お客様をモルモットにして、従業員教育をしているのです。

支払いのときも、研修生を呼び寄せてやらせ、先輩は後ろで指示をしている。

こんな光景に多くの人が遭遇する。

飲食店、食中毒には注意が及ぶが、お客様への迷惑には注意が及ばない。

手の込んだ商品でも安く売るしかありません。

安くてもお客様が寄り付かない状況も想定できます。


ブログネタ
一日一事!毎日を気楽に過ごす! に参加中!
ご無沙汰していましたら、5月になってしまいました。
GW真っ只中です。

ワイドショーは、高速ツアーバスの防音壁追突事故で持ちきりです。
安いものには、どこかに欠陥があると言うことです。

ですが、高いもののすべてが良質である保証はありません。
最後は、自分の知識や技術で吟味して、評価し選択しなければなりません。

被害に遭った人には申し訳ありませんが、
安価を求めた人には、それぞれに事情があったと思います。
でも、今回の高速ツアーバスのような事故で、命を奪われたのではたまりません。

ネット予約は、募集会社自体の顔が見えません。
横文字の会社で、規模や実態が良くわかりません。
ある意味、それがネットで商売をする利点でもあります。

ネットで経費を節約して安く売る!
そのように言われて信じてしまいますが、実際には、ほとんどが価格競争です。

何かが省かれているのです。
それが安全であったとすれば、とんでもないことです。

ワイドショーでは、運転手の勤務時間や勤務体制が指摘されています。
その状況を作っている企業や業界の体質を消費者として見破る必要があるのです。

そのためには、会社の顔を確認することです。
できれば、直接対面して、品質や体質を確認することです。

安価は、確かに選択の重要な要素です。
しかし、命までも奪われていたのでは、何にもなりません。

価格を比較するときは、品質が同じか、同等であることが必要です。
そのことを忘れて、価格だけで比較するのは無謀すぎます。
事故やトラブルが起きないことの方が不思議です。

自分の大切な命を、過労が蓄積した運転手に委ねていいのですか?
そんなにあなたの命は軽いのですか?

で、ここで、退院になります。


 ↓ ランキングの応援を!
にほんブログ村 その他生活ブログ 便利屋へ
にほんブログ村


サービス業品質判定士試験




ブログネタ
トラブルや事故の防止・回避 に参加中!

こんなことを書かなくてはならない時代が残念です。
ここのところ孤独死と孤立死が頻繁に報道されています。

こんなことが報道されているなんて、何か間違っていると思います。
政治家は、相変わらず政局に明け暮れて、・・・

自治体は、自分勝手で、・・・
公務員は、自分本位で、・・・

言いたくないけど、言っちゃった!

「いつまでも馬鹿な大人をやってるんじゃないよ!」と言いたい。

たぶん、孤独死や孤立死に陥った人も元気な頃はがんばっていたはず!
政府も自治体ももっと国民の命を大切に扱わないと・・・。

最近、特に政治が、国民を守ろうという意識が希薄になっているように感じます。
3・11ここでもう一度命の大切さを考えてみよう!

悔しいじゃないか!
日本人に生まれて、日本人として生きて、・・・。
それで、孤独死や孤立死とは。命を粗末に扱われては、・・・。

自治会長の気持ちを察すると、・・・・・・・・。
涙が出ます。





便利屋経営士





 ↓ ランキングの応援を!
にほんブログ村 その他生活ブログ 便利屋へ
にほんブログ村

ブログネタ
トラブルや事故の防止・回避 に参加中!

東日本大震災の復興があまり順調に進んでいないようです。
これから厳しい冬が到来する地方だけに早期の復興が待たれます。

東日本大震災の被災で大変なところに、原発事故が拍車を掛けています。
放射線の飛散は、各地に恐怖に近い被災を拡大させています。

何しろ、見えない放射線のことですから、憶測も飛び交い不安を拡大させています。
「政府や東京電力は、何をやっているんだ!」と言いたいところです。

が、それ以上に放射線飛散の不安からくるトラブルや事故、悪徳業者も出現している話を聞くと、怒りをぶつけたくなります。
もちろん、悪徳業者の出現には腹が立ちますが、原発事故の収束に向けての政府や東京電力の対応の鈍さには閉口します。

新聞によると、放射線の飛散は、広範囲に及んでいるようです。
で、国などによる除染が行われているようですが、それ以上に私たちの不安は高まっています。
放射線の飛散による直接的、間接的な被害は、広がるばかりです。

その不安に付け込む悪徳業者の出現には腹が立ちます。
除染にあまり知識を持たない悪徳業者が法外な除染費を請求しているようなのです。

不安は良くわかりますが、安易に除染業者に相談を持ちかけないことです。
悪徳業者は、相談を持ちかけることで彼らなりの権利を主張してきます。

ですから、飛込み的な除染を名乗る業者には声を掛けないようにすることが大切です。



<ご案内>
私たちは、小額費用で効果的に稼ぐことを提唱して事業を展開しています。
少人数なグループですが、商売の確実性を追及しています。
各地で事業経営説明会を開催しています。どうぞ資料のご請求(無料)を!

fc-468


にほんブログ村 その他生活ブログ 便利屋へ
にほんブログ村

ブログネタ
豊かな暮らしのお手伝い! に参加中!

外は雨風が強くて台風のようです。
雨が窓を強く叩いています。
風が電線を鳴らしています。

えっ!
台風なんですか!
静岡県の浜松付近に上陸したとか・・・。

どこにいらしても、被害が少ないことを祈ります。

台風となると、庭木が倒れて近隣や通行人に迷惑を掛けてしまうことがあります。
それがトラブルや事故に発展してしまうこともあります。

台風や豪雨で畑の様子や河川などの確認に出かけて被害に遭う方が毎回あります。
台風が来たときは、慎重に行動してください。

今回の台風は、静かに通り過ぎるのを見守るしかありませんが、台風が通り過ぎましたら庭木の確認をしていてください。
で、越境しそうな庭木などは適切に切除し、足元を綺麗にしておいてください。

秋は、紅葉のシーズンでもあります。
落ち葉は、私たちを感傷的にさせ、趣きがあるものです。
ですが、大量の落ち葉が下水を詰まらせて道路などを冠水させてしまうこともあります。
台風が去りましたら、落ち葉のお掃除も・・・。


<ご案内>
私たちは、小額費用で効果的に稼ぐことを提唱してFCを展開しています。
少人数なグループですが、商売の確実性を追及しています。
各地で事業経営説明会を開催しています。どうぞ資料のご請求を!

便利屋検定(モバイル)

ブログネタ
トラブルや事故を回避する に参加中!
緊急の場合、生活支援サービスや廃品回収がとても便利です。
しかし、緊急であることがトラブルや事故を引き起こす要因にもなっています。

私は、利用者から、トラブルなどの相談を受けるための110番を開設しています。そこに、先日、相談が飛び込んできました。

女性のスタッフが行う買物の代行の仕事です。
何ヶ所かの業者に概要を言って見積りを出してもらい、その説明などの対応がいちばんよかったところをまず選別しました。
そして、具体的な依頼内容を何回もメールや電話でやり取りして、再見積りを依頼し、予定の範囲内ということで、その業者に決めたようです。
そして買い物代金や業者に支払う料金を事前に振り込みました。

ところが、買い物代行する前日、業者からキャンセルの連絡が入ったようです。直接買い物代行する女性の都合で引き受けできないと言うのです。その挙句、準備費用などを差し引いて、返却するとのことです。

もちろん、お客様は、怒りました。
で、私のところにメールが来ました。

お客様に迷惑かけるようなとんでもない悪質な業者と思います。
しかし、一方的な話だけでは事実がわかりませんので、業者にも連絡していただくように掲載しました。しかし、1週間経って、その業者からは今だ連絡はありません。

この場合の取引では、お客様に特に非はないと思います。
しかし、残念なことは、業者(代表者)と顔を合わせていないこと、正式に「書面の交付」を受けていないことがあります。

これは、本来、業者側が積極的に行わなければならないことです。
怠っていることは、この種の商売をする業者として適切でないと思います。

緊急な場合、またちょっとした作業の依頼などは、お客様は、取引の手順を忘れてしまうことがあります。
それらについて、丁寧に正直に対応することも、これらの商売には大切と思います。

調子が悪かったパソコンが動き出しました。
いつでも他のパソコンに引っ越しできるように、悪戦苦闘中です。

パソコンやソフトも、
新しいものを追っかけるの結構だけど、
丈夫で長持ちするものを販売して欲しいね!
それじゃあ、商売にならないのか・・・

何しろ、今日一日中がんばるしかない!

便利屋や生活支援サービス業者など(便利屋など)に依頼しようとするときは、その理由が「忙しいから・・・!」「面倒だから・・・!」「急いでいるから・・・!」などです。いわゆる思い立って、すぐにでも依頼したいときです。緊急にやってくれることは、ありがたい。確かにそうなのですが、多くがそこに落とし穴があります。

理由が理由ですから、「見積り日と作業日を別に日にするなんて、考えられない!」という人が多いと思います。実際、便利屋などとのトラブルや事故は、多くが慌てているときに発生しています。慌てているのですから精神的にゆとりがありません。冷静に判断できない状況になっています。で、安全に取引するための手順を双方ともに省略してしまいます。

例えば、その場で見積りをすると、口頭になりがちです。業者の素性などが書面で残らなくなり、万が一事故が起きたとき、追跡ができません。ときには、財布などが不用品などに紛れて回収されてしまうこともあるからです。

「見積り日と作業日を別に日にするということは、そもそも計画的に便利屋などを利用する人です。検討する時間を自分で作り出すことができる人です。すると、自分で処理できることも増えてきて、便利屋などに依頼する回数も減り、さらに事故に遭遇することも少なくなってきます。

このページのトップヘ