ブログネタ
豊かな暮らしのお手伝い! に参加中!


おはようございます。

戸建ての住宅は、管理が大変です。
特に庭や菜園は、それ全体が生き物ですから、日ごろからコツコツ管理し、温かく見守ってあげることが必要です。


庭木は、意外にも知らないうちに大きくなってしまうものです。
背が延び、枝や葉が茂ってきます。

低い庭木のときは、手入れしやすいですが、少し大きくなると、上部の方にまでは手が届かなくなり、自然に頭でっかちな庭木になってしまいます。


先日、台風で倒れた庭木も7~8mほどの頭でっかちの庭木に育っていました。
この規模になると、専門家の手を借りなければならず、だんだん面倒になってきます。


庭の花壇や菜園も、花が綺麗に咲いていたり実っている頃はいいのですが、それが終わると無残な姿になります。
で、片付けるのが面倒になってしまいます。

この片付けられない庭は、泥棒が狙いを定める目印になると言われています。
管理が行き届いていないことは、多くのことに無頓着になっているようです。

綺麗に管理されている庭は、私たちが作業で訪れたときでさえも、足を踏み入れることに躊躇します。
綺麗な芝の上に落ち葉を見つけたときは、拾い上げてしまうほどです。

片付けは、防犯上の効果があるようです。