受験生活・サービス業と経営

個人事業や小さな会社がサービス業で効果的に活躍するための事業経営を応援しています。

タグ:資格

5月12日実施の第28回便利屋検定(5級)の「便利屋検定実施案内」を配布中です。

便利屋の開業には、公的な資格などは必要ありません。

実際には、便利屋の作業によっては、営業許認可が必要な場合があります。

ですから、多少の学びが必要になります。

しかし、開業に際して資格や免許が必要ないことから、不心得な便利屋なども多く、利用者に迷惑をかけている現実があります。

便利屋などは「特定商取引に関する法律」の訪問販売などの規制を受けますが、
便利屋の多くが小規模経営であり、それに対しての認識の乏しさがトラブルや事件を引き起こしています。

実際にはお客様とのトラブルや事故が多発しているのですが、ときどき表に出る程度で、多くはお客様が泣き寝入りしています。

この状況は、便利屋などの業界全体の信用を落とし、需要を萎縮させてしまうことになります。

昨今、多くの便利屋が営業活動をし、各地で活躍しています。
不心得な便利屋は、ほんの一握りかもしれません。


あなた自身は、健全なお客様対応や仕事ぶりで、お客様に喜んでいただいていると思います。

ですが、あなたがどんなに頑張っていたとしても、ほんの一握りの不心得な同業者のために、不信感はあなたにまで及んでしまいます。

それは、インターネットやその他の広告宣伝だけでは、お客様は不心得業者を選別することができないからです。
不心得業者は、健全な業者を真似て広告宣伝をすることが得意だからです。


便利屋検定が平成21年から実施されています。
便利屋検定は、オンライン(ネット)で受験できるようになっています。

随時「便利屋検定実施案内」が無料で配布されています。

過去の試験問題などを検証すると、
「便利屋で、効果的に稼ぐ!」ための必要条件になることも考えられます。

できれば、健全に運営している便利屋など訪問サービス業の経営者に率先して受験していただきたいものです。

便利屋検定


便利屋検定(モバイル)



最近、物忘れが多くなって、・・・

あなたも?

ときどき、さがしているものがなんだかわからなくなって・・・
頭の上にある眼鏡をさがし歩くことも珍しくはありません。

物忘れに怯えていることもそうですが・・・
運転免許証の更新ができなくなってしまわないかと、心配しています。

人間、年齢とともに記憶力が低下するようです。
とは言っても、そのスピードは人によってまちまちのようです。

であれば、物忘れが少ないほうがいいですよね!
自分が自分を見失ってしまったら悲劇ですものね!

自分が意図しないところで、他人にも、社会にも迷惑をかけることになります。

そうだ・・・・脳ミソを鍛えよう!

ふと、以前ちょっと考えていた国家資格の受験に挑戦してみよう!
間違えて、最高齢合格者なんてことになるかも・・・なんて、

もちろん、簡単に合格するとは思っていませんが、・・・
脳ミソの活性化ですよ!

目指すのは、運転免許証の更新がスムースにできること、そして周りに迷惑を掛けないこと。
結果的に国家資格の試験に合格すれば、儲けもの。

そんなつもりでやってます。

資格や免許は、お金に似ています。
あればとても便利です。

多くても邪魔にはなりません。
持っていれば、自分自身の考えや行動にも余裕が生まれます。

私の場合、資格を取得したからって、利用する機会はないかもしれませんが、・・・

試験勉強は、継続と忍耐です。

資格試験の場合、合格するためには、試験実施の意図や傾向を読むことが必要です。
法律もそうですが、必要だからできているわけです。

そのように考えると、資格試験ができたその時代の大きな事件や背景が気になります。
そして、何となく試験実施の意図や傾向を読み取ることができます。

例えば、建築士ならデザインより利用者の安全とか避難が重要です。
利用者の安全とか避難を優先しているところを意識して受験することと思います。

宅地建物取引士なら、不動産取引などにおけるお客様(消費者)の保護が重要になります。
不動産の取引は、業者は日常的に行いますが、消費者にとっては人生の一大事だからです。

調理師であれば、基本にあるのは食品衛生のような気がします。
調理が上手とか、盛り付けが上手とかは、その先の話です。

私なり受験の要点が的を射てるとは思いませんが、遠からずと思います。

そんなこんなで、いくつかの資格は取得できました。

でも、実際に受験勉強をして合格できなかった資格があります。
受験勉強をして合格しなかったなど、人生の汚点です。

と言いたいところですが、あまり強くは感じていません。
気楽に生活し、その中で8ヶ月間頑張ってみようと思います。

ほんの少しだけ、意地もあります。

資格や免許を取得することは、とても大事なことです。

資格や免許を取得しなければ希望する仕事ができないこともあります。
ときには人生が変わってしまうかもしれません。

資格や免許が仕事や人生の役に立つことは周知のとおりです。
ですが、資格や免許に頼り過ぎると失敗することもあります。

実際、資格や免許を取得するためには努力と忍耐が必要です。
まあ、センスも必要ですね!

試験は、すべての人が合格するわけではありませんから、努力の成果は自慢しても良いと思います。

で、せっかく取得した資格や免許だから・・・
なんて、取得した資格や免許にしがみついている人がいます。

資格や免許は、仕事や人生に役に立つこともあります。
また、その資格や免許で仕事をしている人もいます。

でも、資格や免許は、取得した人の人格を決めるものではありません。
資格や免許の取得は、人生のひとつの飾り物だと考えています。

試験に合格したからと言って、その資格や免許が活かせるとは限りません。
多くの資格や免許は、取得したときが入り口で、結果ではないことです。

もちろん資格や免許がなければ、その事業ができない場合もあります。
でも、資格や免許に合格することと、商売における技量や知識、技術などとは別物です。


資格や免許を表に出して仕事をしている人がいます。
お客様は、資格や免許に見合う知識や技術を持っていることを期待します。

資格や免許に見合う知識や技術に達していないとお客様が判断したときは、どうでしょう?

そのお客様は、人間性を疑われてしまうことになります。

「資格や免許を持っているけど・・・ダメねえ!」などと・・・


いるじゃないですか!
国会議員であれば、見合う知識の答弁を期待します。

頭で考え、言葉が仕事の国会議員です。
国会議員は資格や免許とは異なりますが、国民は見合う答弁ができる人間性を期待しているのです。

受験のシーズンが終わり、新たな出発を夢見ていることと思います。

合格おめでとうございます。

一流の大学、有名な大学に入学できたからといって安心はできません。

一流の大学、有名な大学に入学できても、自分の置き場所を間違えると価値は大幅に低下します。
その置き場所の最大の要素は、友人と思います。

「環境が人生を変える!」と言われることがあります。
いい友人たちとともに、積極的に行動して、いろいろな体験をしていただけたらと思います。

私の学生時代はアルバイトに明け暮れていました。
今だから言えますが、建築関係のアルバイトに行き、帰ってきて友人を誘ってはスナック通いをしていました。

建築関係の現場のアルバイトは、比較的高額な賃金をいただいていましたので気ままに生活していました。
あるとき、仲間が国家資格を受けると言うのでそのグループと一緒に急遽勉強をしたのですが、不合格でした。

高校卒業程度が受験資格でしたので、挑戦したのですが・・・

その資格は、いまで言う「宅地建物取引士」です。
以前は、「宅地建物取引主任者」と言っていました。

思いましたが、学生時代に資格を取得することは、社会人を学ぶことになります。

例えば、「宅地建物取引士」の試験の場合、不動産の取引がどうのこうのと言う以前に、民法を始めぶ法律の数に驚きます。

法律の存在すら知らなかったほどですから、いい社会勉強になりました。
私自身は、卒業して翌年、「宅地建物取引主任者」試験には合格しました。

学生時代に挑戦したことが役に立ったように思います。
資格試験の成り立ちや問題の傾向などを知ることができたからです。

その後、いくつか国家資格を取得しました。
大学の卒業証書も大事ですが、基本的に資格や免許は取得してしまえば、無くなることはありません。

人間35歳を超えると大量が著しく低下します。
伴って、脳ミソの働きが低下して、認知と戦うことになります。

資格や免許の取得は、早いほうがいい!
若いうちどんどん挑戦して・・・

資格や免許を取得したとしても、それに振り回されなければいい!
言い触らす必要もありません。

資格や免許は、持っているだけで考える幅が広がります。

***********************

便利屋検定(モバイル)


私は、いくつかの資格や免許を取得し持っています。

その資格を使って仕事をしたこともありますが、まったく利用しなかった資格もあります。
何とか使いこなせている免許は、自動車運転免許くらいでしょうか。

資格や免許を実際に仕事で使うとなると緊張します。
資格や免許を使うことになると、その分野の知識や技術が必要だからです。

「資格者としてどうだろう!大丈夫だろうか!」
ときには自問自答します。

「資格や免許を使わないで仕事をしてやる!」と粋がった時期がありました。
若いときは、「資格じゃない、技術があれば・・・」とも考えました。

最近では、新たに資格や免許を取得する能力と体力、忍耐力がないことを知り、資格や免許の価値を今更ながら感じています。

資格や免許を取得するために勉強をすることが面倒になってきていることもあります。

やはり資格や免許の取得は、できるときに挑戦したほうがいいように思います。

年齢とともに体力が低下します。
同時に脳ミソも老化します。

そしたら、資格や免許を取得しようとする意欲が低下します。


さて、資格や免許の多くは、更新時の講習があります。

少し脳ミソを柔らかくするために講習に行ってきます。

このページのトップヘ