2010年04月

高校生が戻ってきて

4月も終わりに、5月から戻りますと高校1年生から連絡が入りだしました。5月の最後のほうには中間試験があります。みんな1年生からしっかり勉強しようとしているのだなと嬉しく思いました。でも、もしかしたら色々な教科が手当てできるのでうまく塾を使おうとしているのかもしれません。それでも又戻ってきてくれるのはありがたいことです。みなさん、高1の時から頑張りましょう。

又来たよ 先生頼む 数学が 何をやるのか さっぱりわからぬ

同窓会を終えて

土曜日に無事同窓会を終えました。幹事をやってくれた、大村君、端野君、そして相変わらず面倒を見てくれた竹林先生、本当にありがとうございました。20年ぶりという方もいて、「歳を取っていたかと思ったら相変わらず代わらないですね」と皆様に言われたことは嬉しかったです。はい、私は相変わらず現役です。昔の大学院生だった講師の面々は、いまや一流企業の働き盛りや大学の先生となり、時の移りを考えさせられました。でも、集まれば前どおり、元生徒も、元講師もかつての関係を維持していました。はるか北海道、九州、京都、大阪から来てくださった方々本当に感謝しています。1時から夜中まで時を忘れ楽しんだ一日はいつまでも消えずに思い出になっていくことと思います。また相変わらずのうちの塾、元生徒たちは二次会、三次会と当然のごとく参加し、お金が無いのでよろしくとのたまわっていました。生徒千円、元先生福沢諭吉さん、という怪しい会計に、コンビニに走る元講師が続出、苦難の一日でもありました。

時が立ち 時間が過ぎても しがらみは 消えずに残る 同窓会

塾短歌パート5 秋

秋はイベントが多く生徒にとっては忙しい季節です。

文化祭 塾を休んで 練習し ちょっと気になる 中間試験

四割の 子供が信じる 天動説 わが塾生は いかがなりかや

応援団 毎日早い 登校に 見も心も 疲れているよう

14歳 時日部活に 汗だくで ゆっくり休める 時が恋しい

決められた 小遣いやりくり 修学旅行 先生たちに 生八橋

飽食の この世の中で 生徒たち 雨の降る日は 家にこもる日

今日もまた 学校休みの 都民の日 いつになったら 勉強するの

分数に 小数どころか 九九もまた 出来ない子供が 増えていく

テスト前 みんなおしかけ 大騒ぎ いつもの通り てんてこ舞い

5教科と おまけに古典も リクエスト 脳みそ六つ ほしい先生

毎日の たゆまぬ勉強 必要と 思いながらも うたた寝する

台風の 雨風の強き 今日もまた 生徒待つ身 長く感じる

初冠雪 富士のお山も 白くなり 今年も残すは 後二ヶ月だ

塾短歌パート4 合宿編 

合宿は生徒の学力が上がることは勿論親密な関係もつくることが出来ます。

風呂帰り 裸で廊下を 通り抜け やったと思えば 反省文

11時 生徒寝かして センを抜く ビールのうまさ こたえられない

夜3時 見回り出たはず いつの間に 講師となって 教える数学

気が付けば 東の空が 白くなり あわてて走る 露天風呂かな

朝6時 風呂の行きがけ ふと見れば ねじり鉢巻 まだ勉強中

食卓に 山ほど残る スイカかな 今の子供は 理解不可能

朝6時 講師が一人 足りなくて 探してみれば 風呂で寝ている

お魚の 目が怖くって 脇によけ 誰も食べない 鮎の塩焼き

とろろ芋 見たことが無い 液体に 気味が悪くて 後ずさりする

サル山を ハイキングして 帰り道 足元見れば 蛭が血を吸う

五日間 合計睡眠 7時間 朝の食堂 寝ている講師

五日間 コンビに使えぬ 生徒たち 勉強漬けの 10倍辛し

バスの中 行きは元気で 歌うたい 帰りの道中 白川夜船

塾の同窓会なんて聞いたことない?

たまたま30年のチラシを作っていたとき、塾の同窓会をしたらと思いつきました。私もこれから何年現役で居られるかはわからないのでいい機会だと思ったからです。みんなに学校じゃなく塾の同窓会など聞いたこと無いといわれた割には、50名ほどの人が集まることになりました。北は北海道から、南は九州まで、みなさん集まってくれるようです。昨日も書いたように大人になった生徒たち、そして中年の域に達した元講師のみんな、変っているかもしれないし、そのままかもしれません。さぞかし楽しいときが過ごせることとわくわくしています。

昨日から つながる明日 楽しみに 越し方いずこ 夢の中かも 

同窓会が近づいて

同窓会が近くなり、決まった場所を皆さんに知らせています。たいがいがメールなのですが昨日メールのわからない子に電話をしました。なんと彼女は薬剤師になり、奥さんにもなっていました。「え〜、あなたが料理作って奥さんやっているなんて信じられない!」という私の言葉に「もう28なんだよ」という答えが返ってきました。あの13、14、15の頃とどう変っているのでしょうか。きっときれいになって道で会ってもわからないでしょう。子供たちの成長の早さを驚くと共に、普段感じていない歳を少しだけ意識した日でした。

アヒルの子 白鳥になる日 いつか来る 生徒のみんな 大人になった?
 

毎日寒くて親も大変

毎日寒かったり雨だったり、三寒四温とはいえ、春らしくない日が続いています。あまりに雨が降るので、生徒たちは自転車が使えず、お母様やお父様の車の送り迎えが多くなっています。子供のためとはいえ、ご両親も大変だなと頭が下がる思いです。最もこの雨ゆえ、部活も早く終わったりするらしく、遅刻の生徒が少ないのは幸せです。

幸せだ 雨なら車で 送り迎え 海より深い 親の恩だね

塾短歌パート4 合宿編

   夏は合宿 生徒も先生も大変です。諏訪湖の温泉で合宿です。

現地での 待ち合わせした 高校生 パトカー乗ってて みな驚き

置き引きと 間違われし わが生徒 心の痛手 いかばかりか

部屋の中 鴨居に濡れた バスタオル テレビで見てた 入りかたした

フロントで 先生ちょっと 声掛かり 見れば外人 俺英語だめ

なかいさん 丁寧言葉に 生徒たち 意味がわからず 戸惑うばかり

お前たち わかったのかと 問う講師 簡単言葉 理解できます

真夜中の 見回りかずが あわなくて 押入れ見れば ドラえもん

朝六時 おこして回る 生徒たち 可愛い寝顔 ふと微笑む

ドアを開け 廊下に出れば 泣く生徒 説明わからぬ 助けて先生

夜中まで みんなで勉強 してみたら 人のやり方 僕にもやれる

塾短歌続き

僕やだな あの先生は やめてよね 宿題だらけで 死んじゃうよ

講習で 違う講師に 教わって 生徒のみんな ちょっと緊張

サッカーの 帰りにちょっと 顔を出し 疲れたから 俺休むね!

大切な 普段の勉強 放り投げ テストの前だけ 騒ぐの得意

ね、先生 今度のテスト ロリコンの 話なんだよ 源氏物語

高校生 テストが終わると 休み出す 大好きなのは 一夜漬けなり

孔子様 あんぐり口を あけている 少年遊びやすく 学成り難し

真珠湾 真珠が取れる? 本当か? 戦争知らない 日本の子供

小学生 合わせていくつ? はい、五つ じゃあ全部で? え〜と、知らない

卒業生 戻ってきたよ 講師になって 生徒の気持ち 良くわかるんだよ

ここで休憩、明日は夏に・・・

20年あまりの塾長日記より

塾百人一首の続きです。ご賞味ください。

春の部です。

新学年 希望を持って スタートに 着いて抱負を 胸に抱こう

夢に見た 憧れ抱いた 高校の 身にまとった 新しい制服

  今も変わらないようです。昨日も制服を見せに来てくれました。

いつか見た 先輩の姿 思い出し 私もすらっと 見えているかな

先輩の 顔色見ながら 後輩が そっと差し出す テストの結果

やっぱりね 英語がちょっと ショックだよ 今年はきっと 頑張るからさ

ねえ、見て 通信簿来た あがったでしょう 体育なんか 10とったもの

成績を 言うのはやだな それならば 普段の勉強 大事にしてね

廊下には 合格速報 先輩全員 私も来年 大丈夫かな

つづく
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
.
.
  • ライブドアブログ