2011年03月

中学受験は大変

うちの塾では原則として中学受験はやっていません。そんな中、たまに普通の授業を受けていた生徒が中学受験に変心する場合があります。なるべく他の塾に変わってくださいとお願いをするのですが、たまに残ってしまう生徒が出ます。今年もそんな生徒が1名、マンツーマンで見ているのですが、今までの上の勉強をしなければならないので本人も大変です。たまたまうちの塾は比較的レベルの高いテキストを使用していたし、本人もやる気があるので、ちょっと努力してくれれば何とかなるでしょう。今まで皆さん合格しているのですから今年もやるしかないと私の辛い1年が始まる気がしている今日この頃です。

本人も 辛い気持ちを 持つだろう 教えるこちらも 地獄に突撃

数学多すぎる!

今年は数学嫌いの生徒が多いです。春期講習も文系、理系と交互に入れているのですが、なぜか数学が多いような気がするらしい。とかく人間、自分の嫌いなものは無理やりやらされているような気がして、好きなものに逃げる傾向があります。皆さんも、勉強とゲームどっちからやるといわれれば、ゲームと答えるでしょう。そして夢中になるうちに勉強のことなど忘れえてしまうはずです。きっと今年の生徒も相思っているのでしょう。でも苦手をなくすのには3月は一番いい時期です。何しろ新しい学年はまだ始まっていないのですから。

気合いれ 苦手な教科 取り組めば いつの間にか 得意に変身

春期講習

塾は例年通り春期講習中。とはいえこの地震で被災地のことを思うとなかなか例年のごとく気は進みません。現地の小中学生はどうしているかな、近くにいれば勉強を一緒にやってあげるのにと映像を見るたび思います。私の性格を知っている友達から、連絡取れないけど現地にいるのかと問い合わせがありました。単に珍しく体調を悪くしていただけなのですけれど。
東京にいる生徒たちは自分たちの幸せな立場をしっかりかみしめて勉強に励んでください。

幸せな 生徒の皆さん 考えて 勉強できるは とてもラッキー

帰りが遅くなってお困りでしたら連絡を

地震、原発事故と世の中が大変なことになっていて、皆様も何かと落ち着かない毎日をお過ごしのことと存じます。中3生は卒業式も終わり、新たな道を選び始めているところでしょう。塾も講師がこれなくなったり、余震を恐れて生徒さんがお休みと普段とは違う状況が続いています。計画停電もまだ続くとの事、子供さんをお持ちのお母様方は大変のことと思います。もし仕事等で帰りが遅くなるようでしたら塾でお子様をお預かりしますので遠慮なく申し出てください。又、塾生でない方も非常時ですので、お預かりいたします。塾に電話を頂くか、HPから連絡を取っていただきたいです。この非常時、皆さんで協力して乗り切っていきましょう。


にぎやかな 生徒の声が 聞こえぬと 塾も淋しい みんなも同じ

被災者の方々へお見舞い申し上げます

このたびの地震、津波で被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。また、塾の生徒さんの中にもご親戚の方々がこの地方にお住まいになっていられる方が多数いらっしゃると思います。どうか激しい被害にあわれていないよう心からお祈り申し上げます。まだまだ余震の続く毎日です。東京でも計画停電が始まるとの事、この塾のある上町の世田谷線もホームにはいったまま、動く気配もありません。文明社会に育った私たちにとって電気、ガス、水道は欠かせないものになっていることは確かです。とはいえみんなが協力してこの危機を乗り切っていくしか方法はありません。私はボランティアでネパールに行くのですが、毎日の停電は日常茶飯事です。カンボジアではエレベーターに閉じ込められ真ん中の階で扉を開けられ、ようやくの思いで出ることが出来ました。漆黒の夜の闇の中で見たろうそくの明るさは思いもかけないほど明るいものでした。地震でろうそくは使えないでしょうが、懐中電灯の明るさもきっと驚くほどの物になるでしょう。落ち着いてこの二、三日を乗り切って行きたいと思います。

困ったら ふと落ち着いて 深呼吸 それから行動 あわてず騒がず

地震大丈夫でしたか

酷い地震でした。皆様お怪我なかったでしょうか。都内は電車も止まっていて講師の皆さんも塾に来られないようです。生徒の皆さんは家が近いこともあって大丈夫でしょうがくれぐれも気をつけてください。塾は本箱の本が落ちたぐらいでどうもないのですが、私の家はマンションの12階だったので、立っていられないぐらいのすごい揺れでした。勿論エレベーターも止まっていますので帰りは地獄の昇りとなるでしょう。熱帯魚の大きな水槽から水は漏れて床は水浸し、私の部屋の何百冊かの本も高いところの物は床に落ち明日の片づけが思いやられます。とはいえ東京はまだ増し、震源地に近い皆様がご無事であられることを祈っています。今も余震の最中です。

まさか来た! 日本も大きな 地震です 被害がないと いいんだが

世田谷地域密着マガジンTORICO

トリコという雑誌に塾のことが出ました。記事を見た高校生「ふ〜ん・・・嘘は書いてないよね!」「兄弟多いよね!お前の兄ちゃんも・・あいつもだろ・・・」「自分から勉強か?」「いまやってるじゃん」「ああそうか・・」「偏差値10アップ!そうだよ、あいつ準2とって○○に行ったよな」と喧々諤々。いやはや賑やかなことです。いつものことですが半分は家のようなもの。彼らは色々なことに関心があり、コメントをだすのです。生徒様のきつい判定に合格しているのはいいことか、悪いことか、なかなか楽しい毎日です。

漢文ね まるで失敗 やばいんだ きっと補習だ 先生見てよ

都立入試結果

都立入試の結果はほぼ予想通り。倍率が高いところを受けた生徒が二人落ち、下の方の高校を受けた生徒は合格という所です。一番危うかった生徒も合格、とりあえず全員高校合格というところで今年の受験戦争は終了しました。一年間皆様有難う御座いました。昨日着てくださったお母様には、「模試よりかなり高いところに受かったのは何故でしょうね!」といわれましたが、例年そのような減少は起きています。結局はどこの高校を選ぶか、私たちがその高校入試にあった授業が出来るか、又生徒が着いてきてくれるかに尽きると思います。そして二月の入試直前に生徒の学力をピークに持っていくこと。これが一番難しくなかなか出来そうで出来ないといえるでしょう。また新たな中3が来年の入試に挑むこととなります。終わりよければ・・・

母親の 優しい笑顔 戻り来て 子供も笑顔 幸せ家族

都立発表

今日は都立入試の発表日。朝から生徒のメールか電話を待っているのですが、なしのつぶて。一人だけ連絡あったのみです。今頃ぼつぼつと合格した子が報告に来ていますが、かなり危うかった人たちからは何の連絡もありません。こちらから聞くと落ちていた場合には悲しいだろうと思うと電話も出来ず、焦りながらも報告を待っています。この間の日曜日、都立高校の養護の先生と飲む機会がありました。彼女は都立のトップ3に入る高校で勤務しているのですが、「いいわね〜楽で」という私の言葉に摩訶不思議な笑みを浮かべていました。「色々な生徒がいるから・・・」どこでも子供と付き合うのは大変なようです。

辛くなる 待つ身はいつも 自分から 動けぬ時が 過ぎ去るのみ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
.
.
  • ライブドアブログ