2015年02月

都立入試

 今日は都立入試。雨も降らず雪も降らずちょうどいい陽気です。昨日は私にさんざん忘れ物するな、遅刻するな、消しゴム二つ持って行けと騒がれた生徒、きっと今頃は入試問題と取っ組んでいることでしょう。何とか受かってほしいなと念じています。
 一方で連日受験していた高3の生徒が何も言ってこないので電話をかけてみました。な、なんと残りの大学もすべて合格、六大学の一つに進むことになりました。
アヒルが白鳥に華麗な変身です。私たちも努力のかいがあったと大喜び。こんな小さな塾ですから大学受験生が沢山いるわけではなく、手塩にかけた生徒が合格すると喜びも一塩です。もっとも電話の向こうで生徒が、「大笑いしているでしょう」と、鋭い突っ込み。そりゃ笑いたくもなりますよね。

大笑い ついついほころぶ 顔だらけ 努力の結果 頭も下がる




二分の一成人式

小学四年生が「先生、忙しいから宿題少なくしてね!」と真剣に言ってきた。何で?という私の問いに「学校で二分の一成人式やるの…」
聞いた事のない言葉に何かと聞いてみると、10才は20才の半分なので学校で二分の一の成人式をやるそうです。
生徒たちは前に出て、自分の将来や夢、やりたいことなどを言うそうです。
素晴らしいですね!でも皆んなが述べるとすると、膨大な時間がかかりそうだったので、学年何人いるのか聞いてみました。58名との事。人数が少なくなったからこそいろいろな事が出来るのですね。
この世田谷は私立に行く子が多く、保育園や幼稚園は過当競争なのに小学校は少人数です。
その中で大事に育てられるのもいいことかもしれません。

世の中を 夢を描いて 進みゆく 若き心に 輝く未来を

ダメ生徒が華麗なる変身

中3生の私立受験も終わり、無事合格。滑り止めも出来安心して都立受験に迎えるとほっとした笑顔。素晴らしい!
でももっと素晴らしいのは高3の生徒。思えば高2の時に進級出来るかどうか、学校から呼び出しくらったと飛び込んできた生徒でした。1年経った今、多分学校の成績が素晴らしいとは思えないけど又々3校合格。段々学校のレベルも上がり、他の講師と大笑い。「何でそんなに笑うんですか?」と本人は憮然としていますがその経過が面白い。試しに塾の廊下に生徒の合格大学を貼り出したのですが、紙は異常に長くこれ又大受け。「いくら受験料払ったの?」と聞くと「クレジットカードだからわかりません」という返事。凄い!今は受験料もカードの時代なのですね〜親御さんは本当に心配で山程願書を出したのですね。何しろセンターと一般合わせて10校は合格しているのですから。
まだまだ合格通知は届きそうです。

春風に 嬉しい便り 乗せまくり いつまで続く 合格通知

魔の金曜がhappy dayに

昨日の金曜はあさから朗報続き。
アメリカの中1の生徒が朝の授業で英検準2と2級一次受かってます。と冷静に。
その後は同じくアメリカの生徒が数学で自信を付け、Honor Rollで表彰されましたと写真が届きました。
夜の授業では絶対落ちると思っていた中2の生徒が英検3級一次合格ですという嬉しい報せ。
そのあとは高3のセンター入試の結果待ち。当人が到着した所でノートパソコンを教室で広げました。
他の学年の生徒も隣の教室から移動。「落ちてたら死ぬ!」という本人の声もなんのその。忘れたといいながら受験番号を入力。皆んなが固唾を呑む中、「おめでとう、合格です。合格通知を郵送します。」という文字が。「おめでとう!」
そんな時間ケーキ屋さんもないので早速ドミノピザに電話。生徒全員でお祝いしました。
これを機会に一般入試もドミノの如く合格して欲しいですね。勿論中3も。

弾み出す ドミノのように 突っ走れ 入学試験 怖くはないぞ

石川トンキって誰?

「ボス、トンキの歌分からない」生徒の声にトンキ?中国人いたっけ?と顔を上げた私に「石川トンキ」と繰り返す声。そうか、「石川啄木」か。吹き出しそうになったのをぐっとこらえて、「その人ね、生活が貧しかったから「働けど働けど…」と言う短歌も読んでた人。働きに行く彼を奥さんが停車場に」「停車場って何?」「列車の駅」「駐車場の事じゃないんだ」どうやらチグハグな会話のようです。

啄木も 子供にかかれば 変な人 消えゆく日本語 時代と共に
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
.
.
  • ライブドアブログ